プロミス

プロミスの特徴

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる
プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。また、初めての利用であれば借り入れ日の翌日より30日間無利息サービスも利用できる大手カードローン業者です。

プロミスのおすすめのポイント

おすすめポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで手続きから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間

プロミスの詳細情報

申し込み資格 年齢満20歳~69歳までの安定した収入がある人
学生、主婦でも安定した仕事をしていれば申し込み可能
利用限度額 1万円~500万円
利用期間 最長1~80回(6年9か月)限度額契約のため回数をオーバーしてもデメリットなし
借入利率 実質年率:4.5%~17.8%
借入方法 店頭窓口・プロミスATM・提携ATM・振込融資
返済方法 店頭窓口・プロミスATM・提携先ATM・ネットバンキングからの振込・銀行振り込み
返済期日 毎月指定期日
担保・保証人 不要
保証会社 なし

プロミスカードローンの大きな魅力

初回限定で借入日翌日から30日間無金利サービスを実施

プロミスでは初回限定で借入日の翌日より30日間無利息で利用することができます。
短期間の利用の場合は便利なサービスといえるでしょう。また、30日以上借りる場合でも30日分の利息が浮くのでうれしいサービスだと思います。
ただし、30日無利息サービスを利用するに下記の手続きが必要となります。

  • 申込みの際にメールアドレスを登録する
  • 明細をWeb明細に変更する

Web明細への変更は、プロミス会員ページから変更可能です。

プロミスは申し込みから融資まで最短1時間

プロミスは申し込みから融資までの時間を最短1時間と宣伝しています。

審査スピードの面で考えると、最短1時間で申し込みから融資まで完了できるのはプロミスとアコムのみです。融資の早さと考えると消費者金融業者や銀行カードローンの中でも一番早いといえるでしょう。

来店契約をする場合

プロミスでは、店頭窓口、自動契約機、三井住友ローン契約機のいずれかで申し込み・契約を行うとその場でカードが発行されます。上記の3つはそれぞれ営業時間が異なりますので注意してください。下の図に各営業時間をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

店頭窓口 平日10:00~18:00(一部店舗では平日20:00、土日祝日18:00まで)
自動契約機 年中無休9:00~22:00(一部21時まで)
三井住友ローン契約機 年中無休9:00~22:00(一部21時まで)

来店せずに契約する場合(ホームページや電話での契約)

プロミスではホームページやメールまたは電話などからの申し込みで申し込みから契約そして融資までを来店なしで済ませることができます。

この場合、平日の14時までに契約して、14:50までに振込キャッシングを依頼しないと申込日当日の融資には間に合いません。

また、振込先として三井住友銀行またはジャパネット銀行の口座を指定した場合には24時間振込可能です。

最短10秒で振込反映する振込キャッシング

プロミスのカードローンに契約完了後、プロミスの会員ホームページや電話で振込キャッシングを行うと指定口座に借り入れ金が振り込まれます。

振込先として、三井住友銀行またはジャパネット銀行を指定した場合には24時間いつでも振込が可能です。ただし、上記の2行以外の金融機関の口座を指定した場合、平日の14:50までに振込依頼をしないと、申込日当日の融資には間に合いません。

郵送物なし&カードレスのWEB完結サービス

プロミスでは、2015年11月よりWeb完結サービスを実施しています。
Web完結サービスとは下記の4つのサービスをいいます。

  • 自宅への郵便物をなしにできる
  • カード発行をしなくても借り入れができる
  • 借り入れは振込キャッシングで行える
  • 返済は口座振替で行う

プロミスから自宅へのカードの送付または、明細書などの郵便物の送付がなく、カードレスで借り入れが可能ですので大変便利なサービスです。
また、Web完結サービスを選んだ場合でも、自動契約機または店頭窓口でカードを発行することはできますので安心してくださいね。

ポイントサービスがある

プロミスではインターネットサービスの利用に応じてポイントが貯められるサービスがあります。初回のプロミスポイントサービス申込やインターネットサービスのログインまたは収入証明書類の提出などでポイントを貯めることができます。貯まったポイントで、無利息サービスや提携ATM手数料無料サービスなどの特典を受けることができます。

プロミスで即日融資を受けるなら

プロミスでは申し込み日当日の融資、つまり、即日融資を受ける事が可能です。
平日の場合、14時までにインターネットでの申し込みから審査、契約を終わらせておくことで指定口座への即時融資が可能となります。
もし、15時を過ぎてしまい銀行の営業時間が終了してしまうと、振込をしてもらってもその反映は翌営業日となるためにその日の内に口座に借入金が融資されません。

銀行の営業時間が過ぎてしまった場合には、無人契約機にいってローンカードを発行してもらうことでATMから借り入れ金の引き出しが可能となります。
プロミスの場合、審査受け付け時間は21時です。そのため、20時までに申し込みをして審査を完了させ、21時までに契約ができれば、無人契約機も22時まで営業しているので申込日当日の借り入れが可能となります。

土日祝日に即日融資を受ける場合

土日祝日にどうしてもお金が必要になって、すぐに融資してほしい場合、プロミスでは土日祝日の即日融資も可能です。
しかし、土日祝日は銀行が営業していないために、基本的に振込融資での即日融資はできません。土日祝日に振込融資で申し込みしてしまった場合には、銀行の翌営業日に反映となりますので注意が必要です。
一方、無人契約機であれば365日年中無休の9時~22時(一部店舗は21時)まで営業しているので、無人契約機に出向いてカードを発行することでATMから借入金を引き出すことができます。

インターネットバンキングなら土日祝日の振込融資もできる

プロミスでは、三井住友銀行またはジャパンネット銀行のインターネットバンクの口座があれば、土日でも振込融資が可能となります。この2行は、プロミス独自のサービス「瞬フリ」が利用できるため24時間最短10秒での振込が可能です。

インターネットバンキングを利用して土日の即日融資を実施する際には、プロミスの営業時間内に審査を完了させて、口座に振り込んでもらうことが必須となります。よって、遅くとも20時までには申し込み・契約を完了させている必要があります。

土日祝日で勤務先への在籍確認が取れない場合

土日祝日にプロミスに申し込みした場合、会社が休みなどの理由で在籍確認ができないケースが出てくる場合が多いです。
プロミスでは書類で在籍確認を済ませることができたのですが、現在では電話での在籍確認は必須となっています。そのため、土日に借り入れする場合には会社にいって電話に出ることで土日でも在籍確認をすることが可能となります。

また、プロミスの担当者に事情を相談することで、例外的に在籍確認を翌営業日にして土日祝日の申込日当日に融資をしてもらうケースもあるようです。特に、勤務先がお休みで在籍確認できない場合には申し込み時にまずプロミスの担当者に相談してみることをおすすめいたします。

即日融資する際の注意点

プロミスで現在2つの申し込み方法が存在します。それは、「カンタン入力でお申し込み」と「フル入力でお申込み」というものです。実は、「フル入力でお申込み」を選んだほうが実際の審査時間は短くなるケースが多いです。

なぜなら、「カンタン入力でお申し込み」は一見素早く申し込みできると思いがちですが、「カンタン入力でお申し込み」の申込後にプロミスの担当オペレーターより電話がかかってきて審査に必要な項目についての詳細を聞かれます。その電話での回答をうけて審査開始となるために、ネットですべての項目を入力する、「フル入力でお申込み」で申し込みほうが結果として審査時間の短縮になります。

ただし、「フル入力でお申込み」の場合でも入力ミスや入力漏れがあると審査に時間がかかる場合があるので、入力項目に間違いや漏れがないかを注意して申し込みしましょう。

プロミスの申し込み方法

プロミスの申し込み方法は下記の5つになります。
インターネット

 

  • 自動契約機・店頭窓口
  • 三井住友銀行ローン契約機
  • 電話

 

 

  • 郵送(郵送の場合は、申し込み後、融資まで数日かかります。)

インターネットでの申し込み

インターネットでの申し込みは次の流れの通りです。

インターネット申し込みの流れ

    1. プロミスホームページより申し込みをします。

この時に契約方法を下記の2つの契約方法を選択してください。

      • WEB契約
      • 来店契約

WEB契約の場合、本人確認書類などの必要書類は、メールまたはプロミスのアプリで送信すれば問題ありません。
(スマートフォンなどで必要書類を撮影して、その画像を送信)

    1. 審査結果の通知

メールまたは電話で審査結果が通知されます。

    1. 返済方法の選択

返済方法について、ATMまたは口座振替のどちらかを選びます。

WEB契約の場合

WEB契約の場合 契約内容がメールにて送付されますので、送られてきたURLにアクセスして契約内容を確認し、ボタンをクリックして承諾すれば、契約は完了となります。
ここからの流れは返済方法によって異なります。

    • 返済方法でATMを選択した場合

後日カードが郵送されます。

    • 返済方法で口座振り込みを選択した場合

まずカードの有無を選択します。カードの郵送を希望すれば、カードが郵送されます。
カードの郵送を希望しない場合でも店舗や契約機まで行けばカードは受け取ることができます。

来店して契約する場合

店頭窓口や自動契約機または三井住友ローン契約機で契約手続きが完了すれば、その場でカードを受け取ることができます。

Web完結希望の場合に注意点

郵便物なし・カードレスのWEB完結サービスを利用する場合には、申し込み時や契約時に下記の選択肢を選んでください。

    • 契約方法:「WEB」

 

    • 審査結果の連絡方法:「メール」
    • 書面の受取方法:「ホームページにて書面を確認」
    • 返済方法:「口座振替」
    • カードの郵送あり・なし:「なし」

 

上記の選択肢をきちんと選ばないとWEBのみで完結しないので注意しましょう。

自動動契約機・店頭窓口・三井住友銀行のローン契約機での申し込み

「借り入れ前に質問や相談しながら申し込みがしたい」、「インターネットでの申し込み手続きがわからない」、または、「すぐにローンカードを発行してほしい」などの場合には店頭窓口や契約機での申し込みをおすすめします。

本人確認書類などの必要書類を持参して、自動契約機・店頭窓口・三井住友銀行ローン契約機で申し込み手続きが可能です。なお、申し込み・契約手続き完了後、その場でカードが発行され、すぐにプロミスATM、提携先ATMで借り入れが可能です。

自動契約機・店頭窓口・三井住友銀行ローン契約機の営業時間を下の図にまとめましたので参考にしてみてくださいね。

店頭窓口 平日10:00~18:00(一部店舗では平日20:00、土日祝日18:00まで)
自動契約機 年中無休9:00~22:00(一部21時まで)
三井住友ローン契約機 年中無休9:00~22:00(一部21時まで)

電話での申し込み

電話での申し込みの場合には、申し込み後に店頭窓口または自動契約機に来店して契約手続きを行う必要があります。契約手続き完了後、融資が可能となります。

時間短縮できる申し込み方法

プロミスの申し込み方法で最もスピードが早い方法は、下記の2つの方法になります。

  • ホームページで申し込み、WEBで契約(インターネットの手続きの流れで説明)
  • ホームページまたは電話で申し込み、来店して契約
ホームページまたは電話で申し込み、来店して契約する

この場合、まずホームページまたは電話から申し込み審査に通過した後に、
店頭窓口または自動契約機・三井住友銀行のローン契約機に行って契約鉄続きをします。

この申し込み方法の場合、あらかじめ氏名、住所、勤務先などの申し込み情報を入力しているため、店内での申し込み情報の記入の時間や審査の時間が短縮されますし、万が一審査に落ちてしまったとしても審査結果がわかってから来店するために時間が無駄になりません。

なお、事前申し込みをせずに直接来店する場合でも、申し込みから審査まで最短1時間ほどで完了します。

ただし、営業終了時間間際の場合には、申し込み当日にカードが発行されない場合もあるので、即日融資の場合には時間に余裕をもって来店しましょう。

プロミスの審査について

審査に必要な本人確認書類

プロミスの審査に必要な書類は、下記のいずれかになります。

  • 運転免許書
  • パスポート
  • 個人番号カード等

本人確認書類と申込込み先との住所が異なる場合には、下記の書類も必要となります。
(最新の6か月に発行されたものが有効となります。)

    • 固定電話・電気・水道・NHKなどの公共料金の領収書

(携帯電話の領収書は不可)

  • 社会保険の領収書
  • 納税証明書または国や地方税の領収書

収入証明書が必要な場合

借入総額が、50万円以上の場合や他社とプロミスで希望する利用限度額が100万円を超える場合には収入証明書が必要となります。

審査の中に在籍確認も含まれる

プロミスの在籍確認は必ず電話で行われます。在籍確認際には、プロミスの会社名で勤務先に電話がかかってくるのではなく、プロミスの担当者個人名で電話がかかってきますので安心してくださいね。たとえ、申込者本人が勤務先に不在だとしても、会社に在籍していることが確認できるのであれば在籍確認は完了となります。

お試し審査

プロミスでは簡単な質問に答えるだけで、「融資可能かどうか」の目安がわかる「お借入診断」というサービスがあります。
下記の3つの項目を入力するだけで簡単に診断が可能です。

  • 生年月日
  • 年収
  • 他社借入金額

ただし、診断結果として表示されるのは、

「ご融資可能と思われます」
「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

このいずれかになります。このお借入診断はあくまでも融資の目安なので、実際の審査結果とは異なることもあります。

プロミスカードローンの融資方法

プロミスでは下記2つの融資方法を選ぶことができます。

  • 振込キャッシング
  • ATM

振込キャッシング

振込キャッシングとは指定口座に振込で融資してもらえるサービスです。
プロミスでは会員ページよりログインして手続きするか電話での手続きも可能です。

また、振込先が三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は、24時間365日ほぼ即時振込融資が可能です。この他の金融機関の場合は、振込を依頼した時間によって振込が反映する時間が異なります。

この上記2行以外の金融機関の振込キャッシングでの振込時間と振込反映時間について下の図にまとめましたので参考にしてみてくださいね。

振込依頼時間 振込反映時間
平日0:00~9:00 当日9:30 頃に振込み
平日9:00~14:50 ほぼリアルタイムで振込み
上記の時間帯以外 翌営業日に振込み

なお、この振込キャッシングサービスは手数料無料で利用できます。

ATM

プロミスのATMと提携ATMを利用して借り入れができます。プロミスのATMはプロミスの店頭窓口や無人契約機に併設されていることが多く、全国に設置されています。提携金融機関の提携ATMも利用できます。主な提携先ATMは次のとおりです。

  • 三井住友銀行(ATM利用手数料無料)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット

ただし、プロミスと三井住友銀行のATMは手数料無料ですが、それ以外の提携ATMは1万円以下の利用の場合には、108円、1万円を超える利用の場合には216円が利用ごとにかかります。

おまとめローン

プロミスでは「貸金業法に基づく借り換えおまとめローン」という返済専用の商品もあります。このローンに関しては通常消費者金融のカードローンは総量規制の対象になりますが、総量規制の対象にはなりません。ただし、6.3~17.8%とおまとめローンとしては金利が高いのであまりおすすめはできません。

返済について

インターネット返済

プロミスの会員ページにログインして、ネット上で操作を行うだけで、家にいながらでもどこでも返済が可能です。また、手数料もかからないので便利なサービスをいえるでしょう。
インターネット決済を利用するためには、
下記のいずれかのインターネットバンキングの銀行口座を用意する必要があります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

アコムの場合、Pay-easy(ペイジー)というネットワークを使用しているので、かなり多くの金融機関を利用できますが、プロミスの場合には上記にあげた5つの金融機関しかインターネット決済に対応しておりません。

ATM

プロミスのATMだけでなく、銀行やコンビニなど多くの提携ATMで返済を行うことができます。主な提携ATMは下記です。

  • 三井住友銀行(手数料無料)
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-net(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ポプラなど)

ただし、提携ATM利用の際は毎回108~216円の手数料が発生するので注意してください
なお、プロミスATMと三井住友銀行のATMは手数料無料で利用できます。

コンビニのマルチメディア端末を使って返済もできる

プロミスでは、コンビニのマルチメディア端末を使って返済する方法もあります。
利用できるコンビニのマルチメディアは下記の2つです。

  • ローソン、ミニストップに設置されているLoppi
  • ファミリーマートに設置されているFamiポート

いずれも手数料無料で返済できます。

このほかにも銀行振込み、口座振替でも返済が可能です。
特に口座振替の場合には、返済日を忘れてしまう心配がなく安心して返済できる方法です。なお、Web完結サービスを利用した場合は、必ず口座振替での返済となります。
一方、銀行振込みは、手間がかかるうえに振込手数料が利用者負担なので、あまりメリットが感じられない返済方法ですのでおすすめできません。

返済方式

プロミスの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式です。
最低限返済しないといけない額、月々の最少返済額は、下記のように計算されます。
月々の最少返済額=最終借入後の残高×決められた割合

「決められた割合」は、「最終借入後の残高」によって異なります。

最終借入後の残高 決められた割合
残高30万円以下 3.61%
30万円超過~100万円以下 2.53%
30万円超過~100万円以下 2.53%

例えば、プロミスから10万円を借り入れした場合には
10万円×3.61%=3,610円
1,000円未満を切り上げるので、10万円借りた場合の最少返済額は4,000円となります。

プロミスでは、毎月の返済時、最少返済額以上であればいくら返済しても問題ありません。月々の返済額が多いほど元金が減りますので利息も節約できます。お金に余裕のある時には多めに返済するようにしましょう。

プロミス利用時のよくある質問

プロミスを利用する際によくある質問をまとめましたので、ご紹介いたします。

家族にわからないように借り入れしたいのですができますか?

プロミスでは、郵送物なし&カードレスのWEB完結サービスを2015年より実施しております。インターネットなどで申し込みした

ブラックでもプロミスを利用できますか?

ブラックリストに載ってしまった方がプロミスのカードローンの借り入れをするのは困難だと思います。ただし、ブラックリストに載ってしまったとしても条件次第で借り入れができる場合もあります。たとえば、過去に債務整理している場合には、債務整理後5年以上経過していて、現在債務を返済している状態でかつ安定した収入がある場合には借り入れが利用できる場合もございます。

なぜなら、信用情報の記録が5年で消えているからです。一方、金融事故情報が記録されてから5年以内の場合には、プロミスの申し込みは可能ですが、審査に通る可能性は低いでしょう。

専業主婦でも借り入れ可能ですか?

プロミスでは専業主婦の方の借り入れはできません。
プロミスを含む大手消費者金融では、年収の3分の1を超えての借り入れは総量規制という規制があるために借りることができません。専業主婦は無職という扱いのため消費者金融での借り入れができないまたは、配偶者の方を保証人にする必要があります。

プロミスやアコムなどの大手金融業者では申込者の配偶者を保証人にするのであれば、申込者になればいいという考えがありますので、専業主婦に貸付を行っていない業者が多いです。

専業主婦の方の場合、総量規制の対象外である銀行のカードローンや配偶者貸付制度を利用すれば、たとえ所得がなくても借り入れをすることができます。

アルバイトやパートでもキャッシングできますか?

プロミスでは安定した収入があればアルバイトでもパートの方でも申し込みや借り入れが可能です。ただし、20歳から69歳までが申し込み対象となります。

WEB完結とはどういうことですか?

WEB完結とはインターネットを通じてはじめて契約する場合の手続き方法です。
口座振替(口フリ)による返済方法を選択すれば、明細書などの郵送物なしでの契約が可能です。ただし、その際に選択された金融機関で本人確認がなされていることが条件となります。本人確認がなされていない場合、契約書類等は郵送となりますので注意してくださいね。

勤め先にプロミスからの電話はかかってきますか?

プロミスでは、申し込み審査時に勤務先の在籍確認を行うため、利用者のお勤め先に電話させていただきます。その際には、プロミスの担当者の名前を名乗り、用件は本人にしか伝えませんので、ご安心ください。

プロミス

おすすめポイント

申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
(インターネットで手続きから借り入れ・返済まで可能)

  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間