おりもの

おりものについて、なんとなく知っているけれどしっかりとは知らない。
そんな人も多いのではないでしょうか。

おりものに対して「汚い」「恥ずかしい」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実は女性の体にとってはとても大切なものです。

詳しく知ることにより自分自身の身体の状態を把握できたり、病気の予兆なども察知することができます。

おりものについて改めてしっかりと理解をして自分の身体の状態を知ることができるようにしましょう。

おりものとは

おりものは子宮や膣など女性器から分泌される粘性のある分泌液(粘液)です。

漢字で書くと「下り物」となり、子宮から膣口に向けて分泌物を集めながら下りてくることが名前の由来とされています。
特に膣から分泌されるおりものを「膣帯下」と呼びます。

おりものは膣壁が乾燥するのを防ぎ、ばい菌などの細菌が膣を介して体内に侵入してくるのを防ぐバリアとしての役割があります。
おりものがあるおかげで、膣内は弱酸性で清潔な状態に保たれており、これを「膣の自浄作用」と呼びます。

膣内の状態は抗生物質などによっても変化し、病気に繋がることもあります。
おりものの状態や量については個人差がありますので、普段から自分のおりものがどういう状態なのかをチェックしておくことが重要です。

おりものの変化するタイミング

おりものは女性の身体のいろいろな状態によってその量や質が左右されます。

変化する代表的なタイミングをまとめました。

月経周期

おりものの色や粘度、量が日によって違うと感じることがあると思います。
人によってその度合いは異なりますが、こうした変化があるのは正常なことです。

おりものは子宮や膣内からの分泌物であることからも、女性ホルモンバランスや生理周期と深く関係しています。

一般的に生理の終わりごろにはおりもの量が一番少なくなり、そこから徐々に増え、排卵期にピークを迎えます。
その後また分泌量が減っていくため、おりものの量が少なくなることで「そろそろ生理かな」と思う方もいます。

また、生理後にはサラサラで無色のおりものだったのが、排卵期を迎えて次の生理が始まるのに向けて徐々に粘度が高く、白濁とした色からやや黄色っぽい色に変わっていきます。

通常は基礎体温や排卵日検査薬で排卵日を調べるものですが、おりものの状態をよく観察していればいつ排卵日や生理になるかがわかるようになるわけです。

普段の自分のおりもの状態をしっかりと把握しておくことで、異常なおりものが出た際には体の不調に気づけるようにもなるため日頃から注意を払ってみることを心がけておきましょう。

妊娠

妊娠初期症状として、高温期にはおりもの量が増える傾向にあります。
生理がないままおりもの量が増えた場合には妊娠検査薬を使ってみると良いかもしれません。

また、妊娠後期の臨月の場合にも子宮頚管が柔らかくなることからおりもの量は多くなります。
出産間近なので破水の可能性もありますが、おりものとは量も質も違います。

いずれの場合も違和感があった場合は産婦人科への相談を第一に考えるようにしましょう。

年齢

おりもの量は女性の年齢によっても変わってくるものです。

女性ホルモンのバランスが不安定な10代には少なかったおりもの量が、20代、30代となるにつれてピークを迎え、40代以降は量が減っていく傾向にあります。

おりものが伝える身体のサイン

おりものは健康な大人の女性なら誰にでもあるものです。
ただ、普段とは違ったおりものがでた場合には、免疫力や抵抗力の低下など、何かしらのサインである可能性もあるのです。

量の異常

おりものの量は個人差の大きい部分で他人とは比較しづらいもの。
普段の自分の生理周期とおりものの状態がどうであるかを把握したうえで、普段の状態の自分と比較をする必要があります。

自分の通常時のおりものと比較した上でいつもと異なる量のおりものが確認される場合には、身体がSOSを出していることを疑ってみても良いでしょう。

よくあるケースとしては膣内に異物が入り込んだりしている場合です。異物を身体から排除しようと膣の自浄作用が強く働いているのです。
それ以外にも病気が原因となるケースもありますが病気だった場合にはおりものの色などもあわせて変化することが多いです。

詳細:おりものの量が多い時に確認したいこと

また、まれに極端に量が少ないことから「おりものがない」という方がいます。
もし本当におりものが全くなければ腟内の自浄作用が働いていない可能性もあり、身体のバリア機能が低い状態であると考えられます。
気になるようであれば病院の専門医に相談してみましょう。

質の異常

おりものは生理周期によってその粘度にも違いが出てきます。
ホルモン分泌量に左右されている状態です。

生理直後から卵胞ホルモンが増える卵胞期にはサラサラで、排卵日から次の生理まで、黄体ホルモンが増える黄体期には白濁として粘着性が出てきます。

もしそうした生理周期以外で、おりものがカッテージチーズや豆腐カスのような状態でボロボロしていたり、やけに水っぽかったり膿性であったりするような場合には膣カンジダ症などの病気を疑う必要性があります。

色の異常

おりものは基本的には無色透明から薄い白濁が正常です。

もしそれ以外の色がある場合には注意が必要です。

よくあるのが茶褐色のおりもの。
生理予定日前後であれば経血がおりものに混じった可能性が考えられますが、それ以外の時期であれば不正出血のおそれがありますので、他の病気を疑う必要があります。

また、普段に比べて明らかに黄色味をおびていたり灰色や緑色などのおりものであれば、同じく病気の可能性があります。

いずれも婦人科での検査をおすすめします。

詳細:黄色や茶色のおりものは異常? おりものの色から見る症状の違い

においの異常

おりものは通常やや酸っぱい、ヨーグルトのようなにおいがします。これはおりものが弱酸性であることが原因ですが、個人差があるものなので、全くにおわなかったとしても異常ではありません。

ただし、魚の腐ったような生臭さが強くにおうような場合には性交渉によって細菌感染した性感染症なども疑った方がよいでしょう。

詳細:おりものが臭い時の原因と対策

おりものから分かる病気

このようなおりものの異常からわかる病気とその症状には以下のようなものがあります。

  • 腟カンジダ症・カンジダ膣炎:カッテージチーズのようなボロボロのおりもの。外陰部のかゆみなど。
  • トリコモナス膣炎:緑色で泡っぽいおりもの。痛みやかゆみなど。
  • 細菌性膣炎:水っぽく生臭いおりもの。下腹部痛など。
  • 淋菌感染症:黄色く、強く臭うおりもの。不妊、失明など。
  • クラミジア感染症:黄色いおりもの。排尿時の痛みなど。
  • 子宮膣部びらん:黄色く量が多いおりもの。痛みやかゆみなど。
  • 子宮内膜炎:黄色く膿のようなおりもの。下腹部痛など。
  • 子宮体がん・子宮頸がん:茶褐色から赤いおりもの。腹痛など。
  • 非特異性膣炎:黄色、緑、茶褐色、強く臭うおりもの。痛みやかゆみなど。

おりものの異常が病気の場合の対処方法は、婦人科の治療になります。

排出されたおりものは放っておかない

おりもの自体には膣の自浄作用という重要な役割がありますが、ひとたび体外へ排出されたおりものを放置しておくことは望ましくありません。

特に量が多い人の場合は下着に付着して黄色いシミになってしまった経験もあるのではないでしょうか。
そのままにしておくと、特に通気性の悪い状態においてはデリケートゾーンのかぶれやにおいの元になることがあります。

膣内を清潔に保ってくれているおりものでも、膣外に出ると肌にとっては清潔ではないものとなってしまうのです。

おりものシートの活用をする

おりものが出た時には下着を取り替えることが基本ですが、下着を持ち歩くのも抵抗がありますし、都合よく履き替えられないことの方が多いです。
また、下着に付着したおりものは普通に洗っただけでは綺麗に取れないこともあります。

そのため、普段からおりものシートを着用し、その替えを持ち歩くことをおすすめします。
おりものシートを利用することで下着が汚れるのを防ぐこともできますし、肌への影響も少なくすることができます。

詳細:おりものシートを使うことによるメリット・デメリット

黄色や茶色のおりものは異常? おりものの色から見る症状の違い

おりものは分泌される時期によってその色が違います。
生理周期と結びついており、時期によって色が違うこと自体は特に異常ではありません。

ただし、普段の正常な周期による色の変化とは違ったおりものが出る場合には身体の状態が普段と違っているというサインのことがあります。
場合によっては病気ということも。

代表的なおりものの色と考えられる要因について確認しておきましょう。

続きを読む

水っぽいおりものが出る場合には病気の可能性もある

おりものがやけに水っぽいと不安に感じる方もいるのではないでしょうか。
おりものは生理周期によってその様態が変化するのが普通なので、多くの場合は特に心配する必要はありません。

ただし、水っぽいだけでなく色味やにおいも普段と違うような場合には感染症などの疑いもあるので注意が必要です。

続きを読む

おりものの量が多い時に確認したいこと

おりものの量や色、においには個人差があるものです。

そのためどのようなものが適正なのかも分かりづらく、またデリケートな話なので「私のおりものの量はもしかして人より多いんじゃないか」「こんなにおりものが多く出るのは異常なんじゃないか」と思ってもなかなか他の人に聞くことができません。

そして他人のおりものを見る機会なんてありませんから、比べることもできず本当に自分だけで完結させるしかありません。

おりものの量が多いと悩んでいる方は、普段から多めなのか、それともある時期だけ多くなるのか、多いだけでにおいはきつくないか、など複合的に見ていって、正常なのか異常なのかを判断する必要があります。

また、セルフチェックでは限界がありますので、少しでも気になることがあれば病院での検診を受け、必要に応じて治療していくことをおすすめします。

続きを読む

おりものシートを使うことによるメリット・デメリット

おりものは膣内を清潔に保つため、体にとって必要なものです。

しかし、必要だとわかっていても、大量のおりものが分泌されることはやっぱり不愉快なものに違いありません。

特に下着に染みついてしまった時の黄ばみは洗濯しても綺麗に落ちないこともあり、恥ずかしいを通り越してイライラするものです。

続きを読む

おりものが臭い時の原因と対策

女性にとってずっと付き合っていかなくてはいけないおりもの。
いつもなら特に気にならない範囲のにおいなものの、ある日を境に急に臭いが気になってくるようなことがあります。

おりものがくさいと何か病気なのではないかと疑ってしまうもの。
事実、病気になった場合におりものが変化をして臭いが変わってくるようなことがあります。

続きを読む