デリケートゾーン脱毛

ワキ毛やスネ毛のお手入れはしていても、デリケートゾーンの脱毛はどうしようか迷う人も多いと思います。

特にワキ毛やスネ毛は普段から見える可能性が高い部分なので、脱毛サロンに通わず自己処理をしている人も含めたら相当数の方が処理しています。

でも、デリケートゾーンは基本的に誰かに見られる部分ではありません。

たまに友達と温泉旅行に行った時に見られるとか、夏場に水着になったらムダ毛が気になるということはあるかもしれませんが、日常生活ではほとんど気にしなくてよい部分です。

でも実は、衛生面を考えてもデリケートゾーンのムダ毛がそのままの状態というのは良いことではありません。

実際にどれぐらいの女性がデリケートゾーンの脱毛をしているのでしょうか。

どのくらいの人がデリケートゾーンの脱毛をしているのか

ある会社のアンケートによれば、実に半数以上の女性がデリケートゾーンの脱毛経験があるという結果が出ていました。
普段は見えない部分であるデリケートゾーンの脱毛を多くの人が経験しているという結果に驚かされます。

実際に脱毛されている方の意見としては、生理の際に面倒であることや清潔に保てない可能性があることが脱毛の決め手となっているようです。
当然ムダ毛の量も人それぞれですから、全く気にならない程度の人もいるかもしれませんが、ムダ毛が気になる場合には多くの人が同じように悩んで脱毛をしていると考えて良さそうです。

さて、デリケートゾーンとひとくちに言っても「VIO部分」と呼ばれる部位で分けられています。
脱毛をする人はどの部位の脱毛をしているのでしょうか。

VIO脱毛とは?

女性のデリケートゾーンのムダ毛はその形状からVIOという3つのアルファベットで例えられます。

Vライン

体の正面から見た時のおへその下から陰部に続く部分。
いわゆるデリケートゾーンの上部ですね。
ここはV字になっているのでVラインと呼ばれます。

Vライン脱毛は下着や水着のラインからムダ毛がはみ出すのを防ぐために行うもので、自己処理をしている人も多い部分です。

Iライン

次に性器の両サイド。
ここをIラインと呼んでいます。

Iラインはデリケートゾーンの脱毛においてもっとも重要な部分です。
ここを処理しておくことで、デリケートゾーンの蒸れを防ぐ、においを軽減する、生理の際なども清潔に保つことができるなどの効果があります。

ただし、敏感肌の人でなくともIライン部分は身体で一番敏感な部分なので、自己処理をしてしまうと肌トラブルが起きやすく注意が必要です。

Oライン

最後に肛門周り。
おしりの穴をぐるっと回るようにムダ毛が生えるのでOラインと呼ばれています。

Oラインも衛生面を考えて処理しておきたい部分です。

海外ではこれらVIO全てを脱毛する「ハイジニーナ脱毛」が好まれていますが、日本人の場合はVラインをある程度残して、IラインとOラインを処理する施術が好まれる傾向にあります。

男性側の「IラインやOラインが脱毛されていると清潔感があって好感を持てる」「Vラインまでツルツルなのはちょっと引く」といった適度に残している方が良いという意見から、Vラインを残す方が好まれる傾向にあるのかもしれません。

Vラインを残しつつ、Vラインに続くIラインも自然になるように脱毛をすることで、正面から見た時は違和感がないままに清潔なデリケートゾーンを作ることができるようになります。

VIOラインの処理は自分で行う自己処理方法か、脱毛サロンやクリニックなどを利用する方法があります。

自己処理での脱毛

デリケートゾーンの脱毛を自己処理する場合、多くの方がカミソリや電気シェーバーを使って剃るか、毛抜きで抜くといった方法を用いています。
自己処理による脱毛には以下のようなメリットとデメリットがあります。

自己処理のメリット

自己処理脱毛の良い点は、自分の時間が空いた時にいつでも手軽に行えることにあります。

自己処理ではなく脱毛サロンにて処理してもらう場合、どうしても知らない人に陰部を見られるという恥ずかしさがあります。
自己処理派の人は自宅でこっそりとできることにメリットを感じている人が多いです。

自己処理のデメリット

自己処理脱毛の悪い点は肌トラブルを起こしやすいところです。

デリケートゾーンの肌というのはとても敏感な部分であるため、カミソリ等で皮膚を傷つけてしまえば、肌荒れやかゆみの原因となるのです。
カミソリを使わずとも、毛抜きで抜く場合には埋没毛や黒ずみなどのトラブルに発展してしまいます。

さらに毛は剃っても抜いてもまた伸びてしまうものですから、ムダ毛の処理は一生終わりを迎えず、極端に言うと肌荒れ等のリスクを背負った行為を永遠に続けなければいけません。

自己処理をしたい場合、肌荒れの観点から肌に優しいVIO除毛クリームををおすすめします。

一般的な除毛クリームはVIOラインへの使用を推奨していませんので、必ずVIO用のものを使うようにしましょう。

脱毛サロンでの脱毛

デリケートゾーンの脱毛を真面目に考えるのなら、脱毛サロンへ行くことも検討するのが良いでしょう。

脱毛サロンでは主に光脱毛と呼ばれる技術を用いてのVIO処理を行っています。
回数を繰り返すことで毛質を変化させ、毛量が多い人の減毛にも効果があるとされています。

脱毛サロンのメリット

脱毛サロンのメリットは何と言っても綺麗に仕上げてもらえるところです。
プロによる施術なので、肌トラブルなどの心配も減りますし、仕上がりが変になってしまうということもありません。
Vラインサイドをカットしてビキニラインに整えるだけでなく、好きな形にアンダーヘアをデザインしてもらうこともできますので、脱いだ時に可愛いアンダーヘアに仕上げるなんてことも可能です。

また、高額な印象のある脱毛サロンですが、キャンペーンを上手に利用することで自宅での自己処理と変わらないぐらい安価に行うこともできますし、アンダーヘアだけでなく顔や全身の脱毛も含まれたコースもあるので、お試しでサロン体験をしてみるのもいいでしょう。

有名なサロンではミュゼやキレイモなど。
回数無制限で一定料金のプランなどがありお得です。
また光脱毛に比べて痛みが少ないとされているハイパースキン法を用いているディオーネなどもあります。

脱毛サロンのデメリット

脱毛サロンを利用するデメリットは、「恥ずかしい」と感じる点ではないでしょうか。

実際に施術される店舗スタッフの方はそれを生業としているプロの方なので、特に恥ずかしいと感じる必要はありません。
施術には紙ショーツという使い捨てのパンツを着用したうえで施術してもらえるので安心ですし、あまりにも恥ずかしい体勢での施術というのもありません。

痛みに関しては全くないとは言えないものの、我慢できない程ではないためそこまで不安に感じることはないでしょう。

ただ、脱毛サロンの場合は自己処理と同じく何度も脱毛を行わなければならない点もデメリットに挙げられます。
大手サロンでの光脱毛では毛周期によって異なりますが、10~20回程度、2~3年は通わなければ完了しません。

また、永久的に脱毛できるような施術ではないため、気になった時には再度通わなければなりません。

そこに煩わしさを感じる場合にはクリニックで行われる医療レーザーによる永久脱毛という方法もあります。

クリニックでの脱毛

脱毛を行ってくれるクリニックでは医療レーザーを用いて永久的に脱毛処理をしなくて済む施術を行ってもらえます。

クリニックのメリット

クリニックを使うメリットは「永久脱毛」ができることに尽きます。
煩わしいアンダーヘアはもう生えてこなくていいと思っている方にとっては永久脱毛できるに越したことはありません。

クリニックのデメリット

クリニックを利用するデメリットは、高額な費用、そして永久脱毛すると取り返しがつかないという点です。

最近では施術料金も安価になってきたとはいえ、脱毛サロンや自己処理に比べたら一回にかかる費用は高額になります。
ただし脱毛サロンは継続的に行わなければならないことを考えると、クリニックで永久脱毛してしまった方が長期的な視点では安価になります。

一番のデメリットになるのは「永久脱毛すると取り返しがつかない」ということ。
たとえば今はアンダーヘアが邪魔で「VIOラインは前部ツルツルにしてしまおう!」「人気のハイジニーナVIOラインにしたい」と思うかもしれませんが、今後の人生において「やっぱりハイジニーナVIOラインは変かも…」と思う日がいつ来るかは誰にもわかりません。

そんな時に永久脱毛してしまった場合にはもう二度と生えてこないため、取り返しがつかないわけです。

事前に必ず無料カウンセリングを受けること、また公式ページ以外での実際に施術した人の体験談などを参考に決断するようにしましょう。

デリケートゾーンの毛を自己処理する方法と注意点

暑い季節になるにつれて気になってくるのがムダ毛の存在です。
特に露出しやすい腕毛やスネ毛、ワキ毛の処理は多くの女性がしていることでしょう。

ただ、下着や水着にならないと気にならないデリケートゾーンのムダ毛処理は手付かずという方もいるのではないでしょうか。

アンダーヘアは全く誰にも見られる心配がない、見られても問題がないというなら気にする必要もないですが、いつどこで見られる状況になるかはわかりませんよね。

そこで、デリケートゾーンの脱毛をしようと考えた時に、脱毛サロンへ行くか自己処理で脱毛するかという二つの選択肢があがってきます。

続きを読む

デリケートゾーンが毛深い場合の処理方法

デリケートゾーンが毛深いんだけど、私だけ?
みんないったいどうやってお手入れしてるんだろう?

安心してください。その悩みはあなただけのものではありません。

アンダーヘアの毛量が多い、または毛質が硬いことを悩んでいる女性は多く、デリケートゾーンのムダ毛を何かしらの方法で処理しています。

続きを読む

デリケートゾーンの脱毛によるかゆみの原因と対策

デリケートゾーンのムダ毛処理、脱毛をする際に「かゆみ」はつきものです。

そもそも毛が濃いことでかゆかったから脱毛したのに、脱毛することで別のかゆみに襲われるようになったという女性もいるのではないでしょうか。

デリケートゾーンのムダ毛が多いと、生理の際にナプキンについた経血で陰部が蒸れ、さらなるかゆみにも繋がるもの。
せめてVIO部分のIラインだけでも処理をして通気性を確保しておきたいものです。

続きを読む