デリケートゾーンの黒ずみ

他の人と比べたわけではないけれど、アソコがなんだか黒ずんでいる気がする…。

陰部の黒ずみはなんとなく不潔そうだったり、不健康そうな印象がある気がして嫌だと感じる人も多いと思います。
普段見えない部分であるだけに、夏場のビキニラインなどのような誰かに見られるシーンにおいては特に気になる部分。男性によっては「遊んでいる証拠」と思っている方も少なくありません。

デリケートゾーンの黒ずみは原因を知り対策を行えば解消していけるものです。
また、今後黒ずみが起こらない、悪化しないように防止していくことも可能です。

黒ずみはどうして起こるのか

デリケートゾーンの黒ずみはなぜ起こるのでしょうか。
黒ずみの原因はデリケートゾーンの皮膚が敏感肌であることに関係しています。

女性の陰部はデリケートゾーンと呼ばれるだけあって皮膚が薄く敏感です。
身体の他の部位と同じ程度の刺激を受けてもデリケートゾーンにとっては肌トラブルの原因となるのです。

黒ずみの正体は肌に色素沈着したメラニン色素。
メラニン色素は皮膚に刺激を受けた際に肌を守るために分泌されるものです。

たとえばお風呂で体を洗う際にナイロンタオルにボディソープをつけて体でゴシゴシとする方は多いと思います。
これを同じようにデリケートゾーンにやってしまうと、デリケートゾーンにとっては強い刺激となってしまいメラニン色素を分泌する原因となります。

黒ずみの対策

本来ならば黒ずみは肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって古い角質の除去、新しい皮膚の再生が行われることで解消されていくものです。

ただ、加齢による女性ホルモンの分泌量減少やホルモンバランスの変化、生活習慣の乱れなどによってターンオーバーの周期が乱れていると黒ずみはなかなか解消されませんし、肌の奥深く(真皮)に沈着した黒ずみであればターンオーバーだけではどうにもなりません。

黒ずみができてしまった場合のケアの方法には次のようなものがあります。

デリケートゾーン用クリームの使用

デリケートゾーンの黒ずみが肌の表面付近に出来たものであれば、デリケートゾーン用の黒ずみ解消クリームによって対策することが可能です。

美白有効成分であるハイドロキノンやトラネキサム酸を含むクリームタイプの専用商品で、これらの美白成分がメラニン色素の生成を抑えたうえでターンオーバーを繰り返すことにより、黒ずみを解消していけるという仕組みになっています。

顔や手の黒ずみに有効なビタミンC誘導体を含んだ美白美容液や美白化粧品もありますが、それらはデリケートゾーン用に作られていないことがほとんどなので、必ず専用の美白ケアアイテムを使うようにしましょう。

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーンを洗う際、一般のボディソープを使ってしまうと洗浄力が強く、強い刺激となってしまっています。
デリケートゾーン専用に作られた弱酸性のボディソープ(または石鹸)を使うことで黒ずみの原因となる刺激を抑えることが可能です。

においやかゆみといった他の悩みも解消できる商品が多いので黒ずみだけではなくこうした症状に悩んでいる人にもおすすめです。

レーザー治療

肌の深い部分に出来てしまった黒ずみの場合は、自宅ケアでは限界があり、美容皮膚科や美容クリニックでのレーザー治療が効果的です。

レーザーによって沈着したメラニン色素を破壊し、ターンオーバーによって改善させていく方法です。

黒ずみ対策の商品

黒ずみ対策効果が期待できる商品として代表的なものを紹介します。

これ以外にも商品はたくさんありますので比較検討しながら自分の肌に合ったものを選んでいきましょう。

イビサクリーム

黒ずみ対策用の陰部専用クリームとして口コミ人気が高い商品として、トラネキサム酸配合で医薬部外品指定のイビサクリームが挙げられます。

お肌の状態を整えてくれる美容成分のグリチルリチン酸カリウムや潤い成分なども含まれており、黒ずみ解消だけでなく消炎効果にも期待できる美白クリームです。

ジャムウ・ハーバルソープ

デリケートゾーン専用の石鹸。

美白効果があるというわけではなく、あくまで低刺激での洗浄を行える石鹸という立ち位置。
どちらかと言えば刺激が少ない状態でデリケートゾーンを洗浄し、黒ずみ防止をするという立ち位置のアイテムです。泡パックを作り、身体に乗せて洗浄します。

黒ずみの防止方法

黒ずみは一度解消したとしても環境次第ではまた起こるものです。
普段から気を付けることで防止していくことが可能です。

洗い方を見直す

普段使うボディソープの刺激がデリケートゾーンにとって強すぎると黒ずみの原因となるため、デリケートゾーン専用石鹸を使うことをおすすめしましたが、デリケートゾーン専用石鹸を使っても強く洗ってしまうと意味がありません。

必ずきめ細かな泡を立てて、陰部を優しく包むように手で洗うのがよいでしょう。
手のひらで立てた泡で陰部に泡パックをする方法もおすすめです。

泡立てが苦手な場合には泡タイプのボディソープを用意するようにしましょう。

下着や生理用品を見直す

下着や生理用品と陰部が擦れることでも刺激となり、黒ずみに繋がってしまうもの。
自分の肌に合わないような素材の下着だったり、締め付けが過ぎるようなものは避けるようにしましょう。

アンダーヘアのムダ毛処理に注意する

アンダーヘアのムダ毛を自己処理している方も多いと思います。
この処理時にカミソリなど肌への刺激となる方法を用いてしまうと、これも黒ずみの原因となるのです。

そこで、アンダーヘアの脱毛は脱毛サロンでのVIO脱毛など、肌への刺激を少なくできる方法を選択するようにしたいところです。
ただし、人気のレーザー脱毛による照射が黒ずみの原因となることもあるので、施術前にしっかりとカウンセリングを受けるようにしましょう。

デリケートゾーン用クリームで保湿する

デリケートゾーンの肌は顔の皮膚よりも薄く、保湿に優れていません。
美容液を用いても十分に保湿できないと言われています。

肌が乾燥し、潤いを失うと刺激を受けやすくなるので黒ずみが起こる可能性が高まります。

そこでデリケートゾーン用のケアクリームを使って普段からスキンケアしてあげることも黒ずみ予防の対策となります。

デリケートゾーンの黒ずみ用クリームを選ぶ方法

気になるデリケートゾーンの黒ずみ。
プールやビーチなどの着替え、着替えた後のビキニラインなど、彼氏や友達に見られる時に気になることからどうにかしたいと思っている方も多いでしょう。

クリニックでの治療など解消方法はいくつかありますが、ここでは自宅でもセルフケアできる黒ずみ用のクリームを利用する方法について、選び方のポイントなどを中心に紹介します。

続きを読む

デリケートゾーンの黒ずみの解消方法

デリケートゾーンが黒いのは遊んでいる証拠という都市伝説があります。
デリケートゾーンの黒ずみについて悩んでいる人ならその原因について調べるので「黒ずみが遊んでいる証拠ではない」ということを知ることをできますが、悩んでいない人からしたらどうでもよいことなので都市伝説を安易に信じてしまうのでしょう。

ただいくら都市伝説とは言え、自分のデリケートゾーンが黒ずんでいるとどうしても気になってしまうものですし、男性がもしそのように見ていたら…と思うとゾッとします。

他人の陰部と比較することもないと思うので自分が他人と比べて黒ずんでいるかどうかは判断しにくいところですが、もし「自分は黒ずんでいるのでは?」と感じた場合には、その原因と解消方法について知っておくとその後のケアも格段と楽になります。

続きを読む