新生銀行カードローン レイク

レイクの審査時間と審査結果がすぐに来ない場合の対応

お金が急に必要なときに活躍するのがカードローンですが、新生銀行カードローンのレイクはその中でも審査時間が短いことでよく知られています。

借り入れまで2~3日かかることも珍しくない銀行カードローンにおいて、即日融資も可能なレイクのスピード審査は大きなメリットの一つでしょう。

そこで今回は、レイクの審査受付時間・審査結果の通知時間帯に着目し、詳しく解説していきます。

続きを読む

レイクの審査時における他社借入の影響

CMなどでおなじみの新生銀行レイクのカードローンは、20歳~70歳で安定した収入があれば、アルバイトやパートの方でも申し込みができます。

しかし、すでに銀行カードローンや消費者金融など他社のから借入があって、レイクに申し込みする際には、レイクの借入時の審査に通るかどうかが気になるところだと思います。
レイクでは、カードローン申込時に、他社借入時があっても返済能力があれば申し込み可能ですそれでは、他社からどのくらいの借入金額や借入件数があると、レイクのの審査に影響がでるのでしょうか。
ここでは、他社借入金額や件数のレイクの審査に影響するのか、また他社借り入れがあってもレイクの審査に通過する方法について解説いたします。

続きを読む

レイクの審査に落ちた原因と対応策

新生銀行カードローンのレイクは知名度が高く、お金を必要とする際に申し込みを検討した方も多いでしょう。借り入れにはもちろん審査があり、残念ながら落ちてしまう場合があります。落ちてしまったときに原因を考えず、適切な対処法を取らなければ、また残念な結果を繰り返すことになります。

そこで今回は、どうしてレイクの審査に落ちてしまうのか・レイクの落ちてしまったらどのように対応したらいいのかを紹介していきます。

続きを読む

プロミスとレイクの審査通過率や金利や利用限度額・無利息期間などの比較

お金が必要になってカードローンのキャッシングを利用する際に、「消費者金融のカードローンと銀行カードローンどちらにするのか」といった選択肢があります。

一般的に比較的金利が低い銀行カードローン、または申し込みから審査、融資までの時間が銀行カードローンに比べて消費者金融カードローン、双方にメリットがあります。
そこで、ここでは大手消費者金融であるプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、2008年に銀行カードローンに生まれ変わった新生銀行のレイクで、審査通過率や利用限度額や金利、無利息期間などの項目を比較してみました。
プロミスレイクの特徴や両者の違いなどについて解説いたします。

プロミスカードローンの特徴
プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント
  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK



続きを読む