SMBCモビットの利用限度額の増額方法と増額審査の内容

SMBCモビットを利用されている方には、利用者ごとに利用限度額や金利がが定められています。

この利用限度額は、SMBCモビットでの借入額の上限のことですが、「もう少し利用できる利用限度額が増えてくれたらうれしい。」「今月は出費が多いから利用融資額を増やせないかな?」と思う方も多いでしょう。

そこで今回は、SMBCモビットでの利用限度額の増額申請の方法増額時の審査について詳しく解説いたします。

SMBCモビットでの利用限度額の増額をするためには増額申請後が増額審査に通過する必要がある

SMBCモビットに借り入れの申し込みをして、審査通過後に設定される金利や利用限度額があります。

これらの金利や利用限度額は、申込者の属性(年収・勤務先・勤務年数など)と他社借り入れ件数や他社借り入れ総額を元にして申込時の初回審査の結果決められます。なお、SMBCモビットでは契約後の利用限度額の増額(増枠)も可能です。
ただし、利用限度額の増額(増枠)をする場合には、増額申請をしてから増額審査を受けることが必要となります。

利用限度額の増額が出来る目安とはどのくらいなのか

利用限度額の増額を申し込み際には、申込時の審査を申し込んだときよりも、年収や他社借り入れ状況が好転していることが、増額審査に通過する最低限の条件といってもいいでしょう。

SMBCモビットをはじめとする消費者金融では、初回契約の段階では、利用者の返済能力が本当にあるかがわかりません。
そのため、申込者の年収や職業などの属性情報・他社借り入れ状況を審査して返済能力に問題がないかを判断しています。SMBCモビットで利用限度額の増額をする際にも、増額後の利用限度額に対して返済能力があるかと審査することになります。

また、SMBCモビット借り入れ後に毎月の返済を続けることも、増額審査を通過するための条件の1つとなります。つまり、利用実績があがり返済に対しての信用が高まっていくということです。
SMBCモビットでの増額審査が通る一般的な目安として、契約後最低6ヶ月以上なおかつ、これまでの返済を滞りなく行っていることも、利用限度額の増額か可能となる目安となります。
利用限度額の増額は以下のような条件を満たしている場合に認められる必要があります。

  • 申し込み時点よりも収入が上がる・他社借入件数が減っているなど状況がが好転している
  • 最低6ヶ月は延滞なく返済し、信用が高まっている

利用限度額が増額されるということは、もちろん借り入れできる額が増えて利便性が高まりますが、
実はもう一つ大きなメリットがあります。それは増額することで金利が下がることです。

利用限度額を増額するメリットは金利が下がること

SMBCモビットはじめ消費者金融では、利息制限法によって利用限度額が上がるほど、上限金利は下がることになっています。
下の表は、利息制限法で定められている上限金利です。消費者金融では、この利息制限法の上限金利を超える金利設定は無効とされています。そのため、
この上限金利が、SMBCモビットを含む消費者金融での上限金利といっていいでしょう。なお、この表にある上限金利を超えた場合にはその超過分は無効となります。

利用限度額 上限金利
10万円未満 20.00%
10万円~100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%

上の表から利用限度額が100万円を超えると金利が下がるのがわかると思います。たとえば、現在SMBCモビットで80万円~90万円の借り入れがある人の場合には、利用限度額を増額して100万円にすることで金利が下がります。

この点を見ても、利用限度額の増枠は「増額できる状況であるならばばすべき」といえます。

利用限度額の増額申し込み方法は電話とWEBから申し込み可能

SMBCモビットの増額申し込みは電話で受け付けています(電話番号:0210-24-7217)。
電話での受け付け時間は、土日祝日を含む9:00~21:00となっています。
また、SMBCモビットの会員専用サイト「Myモビ」に「増額審査を申込む」と表示されることがあり、この場合はMyモビからそのまま増額の申し込みをすることができます。
増額の方法は電話でMyモビでも同じですが、必ず申告しなければならないのが「いくら増額したいのか」ということです。
「できることならいくらでも増額したい」と考えたくなりますが、例えば、現在の利用限度額が30万円である方が「500万円まで増額したい」などと答えるのは禁物です。
いくら属性が好転していて信用が積み重なっていても、これほどの大幅な増額が実際に認められることはないでしょう。それどころか「どうして急にそんな大金が必要なんだろうか?お金に困っているのだろうか?」と不信感を抱かれ、少額の増額さえも認められなくなる可能性があります。

増額の審査回答時間帯は土日祝日を含む9:00~21:00

増額の審査回答時間帯は、増額申し込み時間と同じく、土日祝日を含む9:00~21:00です。
早ければ増額の申込後即日で増額審査の結果が出ることがありますが、目安として最低でも増額の申込から2~3日はかかると思っておきましょう。ちなみに増額審査・審査回答ともに土日祝日を問わず毎日9:00~21:00に行われています。
なお、増額審査の結果連絡は電話で行われますので、確実につながる電話番号が登録されているか確認してから審査の申し込みをしましょう。

増額申込には収入証明書が必要なこともある

収入証明書が必要な場合は下記の2つの場合です。

  • 増額後の利用限度額が50万円を超える場合
  • 他社借入金額とSMBCモビットの利用限度額の総額が100万円を超える場合

この2つの条件は、申込時の審査で収入証明書が必要な場合と同様です。
ここでいう収入証明書とは、源泉徴収票、給与明細、住民税特別税額決定通知書、所得証明書などを指します。
なお、収入証明書は正社員やパート、アルバイトなどの給与取得者と自営業などをされている個人事業主とで書類が異なります。
SMBCモビットで有効な収入証明書については、正社員や会社員などであれば源泉徴収票、給与明細、一方個人事業主や自営業であれば、住民税特別税額決定通知書、所得証明書です。。

増額審査の基準と落ちてしまう項目

SMBCモビットの利用限度額増額審査の基準は、主に下記の4つの項目です。

  • 年収などの属性状況がが申し込み時より高まっているか
  • 他社借り入れ状況が好転しているか
  • 返済に遅れがなく最低6ヶ月が経過し、信用が高まっているか
  • 総量規制の範囲内であるか(申込者の年収の3分1以内であるか)

増額審査に落ちてしまうということは、この4つの審査基準によって増額が認められなかったということになります。
また、この増額での審査基準は、申込み時の審査基準よりも利用限度額が上がるか可能性があるために、審査のハードルは高です。
4点目の「総量規制」とは消費者金融を規制している貸金業法によって「全ての借り入れを合わせて、年収の3分の1までしか借り入れできない」とするものです。
例えば年収300万円のAさんがすでに他の消費者金融から50万円・SMBCモビットから50万円を借り入れているとすると、すでに年収の3分の1である100万円を借り入れていることになります。そこでこのAさんは増額審査を申し込んでも、増額されることはありません。
また、「他社借り入れ状況」ですが、借り入れ総額が同じでも借り入れ件数は少ない方が審査には有利になります。
例えば、利用限度額100万円のA社から10万円・利用限度額50万円のB社から20万円…とバラバラに借り入れている場合には、なるべく借り入れをまとめて借り入れ件数を減らしてから増額審査に申し込むことが大切です。

増額申込時の注意点

増額審査=再審査」であることをまず認識しましょう。しかも、現在の利用限度額を上げてほしいというお願いをするということは、初回申し込みの際に受けた審査より厳しい審査を受けることになります。つまり、利用限度額の増額どころか逆に減額となったり、場合によってはカードの利用停止(返済のみの利用)という措置が取られることもありえます。
必ず先に触れた「4点をチェック」+「必要最低額の増額を申請」するようにしましょう。
また、SMBCモビットでの増額審査時には、初回申し込みで行われた「在籍確認の電話」は勤務先が変わっていなければ通常は行われません。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有


新規で他のカードローンを申し込むという選択肢もある

万が一、SMBCモビットの増額審査に落ちてしまった場合でも、他社借入件数や信用情報が原因で審査に落ちたのでないのであれば、他社のカードローン会社で新規に融資を受けられる可能性も高いです。また、消費者金融以外の銀行系カードローンも各金融機関ごとに様々な種類のカードローンが存在します。
SMBCモビットカードローンの利用限度額の増額を検討する際には、同時に他社のカードローンの申し込みも検討してみてはいかがでしょうか。SMBCモビットの増額審査に落ちてしまった場合でも、他社の消費者金融であれば、新規での契約をできることもあるでしょう。たとえば、SMBCモビットで既に契約していて、まだ、アコムで契約や借入をしてないようなら、アコムでのキャッシング審査に通る可能性もあるでしょう。
SMBCモビットの増額申請を検討する場合には、消費者金融以外にも銀行カードローンでの新規申し込みも同時に検討してみるのもいいと思いますよ。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間