アコムの金利と利息額の計算方法

アコムのテレビCMをよく目にしますが、アコムカードローンの借り入れ時にどのくらいの金利で毎月の返済額いくらになるのかについては、よくわからないことが多いと思います。

アコムのキャッシングを利用したいけど金利が高そう。」「アコムでの毎月の返済の時の利息や返済額はどのくらいになるの?」など、カードローンを利用する際に心配になるのが、利息や毎月の返済額だと思います。
アコムの公式ホームページには、アコムカードローンの金利は3.0~18.0%と記載されていますが、実際この金利が高いのか安いのかどうかわからないこともあると思います。
ここでは、アコムの金利の計算方法や他の大手消費者金融との金利比較、また、返済時に利息額を減らす方法についても解説いたします。

アコムのおすすめポイント
  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり



アコムの金利は高いのか

アコムでお金を借りると、返済時に利息を付けて返済する必要があります。アコムは利用者にお金を貸すことで、借りた人から利息をうけとっています。利用者が支払った利息がアコムの利益となります。アコムに限らず、消費者金融や銀行カードローンでは、返済時に支払う利息額は金利で決まりますので、金利が高いほど支払う利息額も高くなります。
アコムの金利を銀行カードローンや他社大手消費者金融のカードローンの金利と比較してみることにしましょう。

アコムカードローンの金利は年率3.0%~18.0%と消費者金融の中では一般的な金利

アコムの金利は、公式ホームページに記載されているとおり、実質年率3.0%から18.0%の範囲です。
アコムで初めてお金を借りる際には、上限金利である18.0%になる場合が多いです。
(利用限度額が100万円以上の場合には、初回契約の場合でも、利息制限法の上限金利である15.0%になります。)

なぜなら、アコムをはじめて利用する場合には、利用者にまだ返済能力があるかどうかが、実際のところわからないためです。そのため、アコムを含む消費者金融や銀行では初回の申込の場合には、上限金利で設定されることが多いです。
それでは、アコムの金利と銀行カードローン・他社の大手消費者金融の金利を比較してみることにしましょう。
下の図は、銀行系カードローンと大手消費者金融各社の金利を比較したものです。

銀行各社カードローン金利比較
銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%
大手消費者金融金利比較
消費者金融会社 金利(実質年率)
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%

上の表から、銀行カードローンの方が、消費者金融カードローンに比べて、金利が低いことがわかると思います。銀行カードローンに比べて、アコムなどの消費者金融の金利が高い理由は、保証人や担保が不要であること、最大の理由がの返済をしていない利用者の貸し倒れ分を補填するためと考えられます。

また、消費者金融の中で、初めて借りる場合の金利(上限金利)を比較すると、プロミスが金利が17.8%と一番安く、アコム、SMBCモビットアイフル、ノーローン各社とも18.0%と横並びです。したがって、アコムの上限金利18.0%は消費者金融会社の中では、そこまで高い金利ではありません。

新規でアコムカードローンに申し込む場合

アコムカードローンに新規で申し込みする場合には、下記より申し込みが可能です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。


消費者金融の金利の上限は利息制限法で制限されている

アコムを含む消費者金融(貸金業者)の金利は、利息制限法という法律によって借入金額ごとに上限金利が決められています。かつての消費者金融では、グレーゾーン金利とよばれる出資法の上限金利29.2%を適応していましたが、2010年6月18日 改正貸金業法および改正出資法が施行され、現在の金利に制限されるようになりました。(利息制限法で定められた上限金利より高い金利を設定したとしても、その超過した金利分は無効となります。)
下の表に、利息制限法で定められた借入額と上限金利をまとめました。

アコムカードローンの借入元金と上限金利
借入元金 上限金利
10万円未満 年20.0%
10~100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

そのため、アコム利用限度額ごとに金利が異なります。下の図は、アコムカードローンの利用限度ごとの金利です。

利用限度ごとの適応金利
利用限度額 適用金利
1万円~99万円未満 7.7~18.0%
100万円~300万円 7.7~15.0%
301万円~500万円 4.7~7.7%
501~800万円 3.0~4.7%

上の表からアコムでの利用限度額が100万円を超えると、アコムの金利は15.0%以下になります。18.0%の上限に近い金利でアコムより借り入れをしている人は、利用限度額を増額することで金利が下がることがあります。たとえば、現在アコムカードローンで80~90万円程度の借り入れがある方は利用限度額の増額(増枠)をして利用限度額を100万円以上にすることで金利を下げること可能です。ただし、アコムで利用限度額の増額をする場合には、増額審査があります。増額審査に通過しないと利用限度額の枠を上げることはできません。

アコムカードローンの金利(利息)の計算方法

それでは、アコムの金利から利息額の計算をしていくことにしましょう。
アコムカードローンの金利・利息計算をする前に、はじめて金利、利息について解説します。

金利は「%」(割合)で表され基本的に年率で表記される

キャッシングやカードローンの金利は、「18%」といったように「%」割合で表し、基本的に年率です。
アコムやプロミスなどの消費者金融や銀行カードローンで「金利」というときは、年利のことをいいます。
たとえば、金利18.0%であれば、借入額に対して年間18%の利息を支払うことなります。
また、利息と同じ意味で使われる「利子」という言葉もあります。
「お金を借りた場合に支払うものを利子」「お金を貸した場合に受け取るものを利息」という形で一般的には使い分けていますが、「利息」と「金利」ほぼ同じ意味だと思っていいでしょう。

アコムカードローンの利息額は日割りで計算される

それでは、アコムを利用する際の利息を具体例用いて計算していきましょう。
例えば、30万円を年利18.0%で1年間借りたとします。

30万円××18.0%=5万4,000円 

30万円を年利18.0%で1年間借りた時の利息の総額は、5万4,000円になります。

また、3か月や6か月などといった1年未満の期間借りる場合も金利(年利)から計算します。
この場合、1年間の利息は日割りで計算します。利息は下記の式から計算できます。

利息=借入金×金利(年利)÷365日×借りた日数

例えば、30万円を18.0%で90日借りるとします。このときの利息は

300,000円×18.0%÷365日×90日=13,315円(1円未満切り捨てます)
となります。
また、30万円を18.0%で180日借りるとします。このときも同じように計算すると、

300,000円×18.0%÷365日×180日=26,630円

となります。
ここで、90日借りた場合と180日借りた場合を比較すると、利息合計額に約13,000円(約2倍)の差があります。
つまり、同じ金額を借りるとしても、なるべく早く返済したほうが利息総額が安くなります。ただし、早く返済しようとして返済額を多めに設定して無理をしてしまうのもあまり良くはありません。
なぜなら、アコムでは返済期日に間に合わず、返済金を延滞や滞納した際には、遅延損害金を支払う必要があるからです。なお、遅延損害金の金利は20.0%です。アコムカードローンの最大金利18.0%よりも高い金利ですので注意しましょう。(アコムでの返済を延滞や滞納をしてしまった場合の対応などは、「アコムで遅滞・滞納してしまったときの対応方法」で詳しく述べています。)

新規でアコムカードローンに申し込む場合

アコムカードローンに新規で申し込みする場合には、下記より申し込みが可能です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。


無利息サービスを利用することで利息を含めた返済総額を減らすことができる

アコムでは、初回の契約限定でサービスとして契約日の翌日から30日間金利ゼロになるサービスがあります。
30日間金利0円サービスは、なおかつ返済期日を35日ごとに設定した方のみ有効です。なお、この金利ゼロのサービスは契約日の翌日からスタートします。
また、金利0円サービス中に返済額全額ではなく一部だけを返済してもこのサービスは適用されます。

例えば、アコムで30万円をキャッシングして、この金利0円サービス期間中に30万円のうちの10万円だけを返済したとします。その場合、サービス終了後以降からは利息が付きますが、利息がつくのは残っている20万円に対しての利息となります。

ただし、金利0円サービスは契約日の翌日からスタートします。つまり、契約日と借入日の間隔が長くなるほど、金利がゼロになる期間(無利息期間)も減ってしまいます。
ですから、金利ゼロのサービスを最大限利用したい場合には、契約日の翌日までには借り入れをするようにしましょう。

なお、アコムカードローンの無利息期間については、「アコムカードローンの金利0円サービスの上手な利用法」で詳しく解説しております。

アコムカードローンの返済期日と返済額

アコム借り入れ金にかかる利息を節約するにはどのようにしたらいいかについて解説してきました。
それでは、アコムからお金を借りた際に、いつまでにどのくらいの金額を返済していけばいいのでしょうか。みていくことにしましょう。

アコムの返済期日は35日ごとの返済と毎月指定期日の返済

アコムの返済期日についてから解説いたします。
アコムでは下記の2つから返済期日のタイプを選ぶことが可能です。

  • 35日ごとの返済
  • 毎月指定期日の返済

それぞれの返済タイプを解説していきます。

35日ごと返済

この返済タイプは文字通り35日ごとに返済期日を設けて、借入金を返済していく方式です。
35日ごとの返済では返済期日と次回の返済期日との間が35日以内であれば、その期間の内でいつ返済しても問題ありません。

例えば、前回の返済期日が5月1日場合には、次回の返済期日の6月5日までに返済をすればいいということです。
ただし、35日ごとの返済期日の場合には毎月ごとに返済期日が異なりますので、返済日を忘れてしまう可能性があります。

毎月指定期日の返済

毎月期日指定の返済とは、利用者が返済期日を指定して 毎月その日に借入金の返済をしていくタイプの返済方法です。なお、口座振替で返済する場合には、返済期日はあらかじめ毎月6日と決められます。
ただし、返済期日よりも15日以上前に返済した場合には前月分の追加入金とみなされてしまいますので注意が必要です。

アコムでは毎月しなかればならない最低の金額が決まっている

それでは、具体的に利息も含めて毎月どのくらいの金額を返済したらいいのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。
アコムでは、毎月これだけは返済してほしい最低金額をあらかじめ決めています。これを最少返済額といいます。
この最少返済額はアコムカードローンの場合、利用限度額によって一定の割合になっています。下の図に利用限度額と最少返済額を図にしましたので参考にしてみてくださいね。

借入額 最低返済額の割合  利用限度額×割合 決定返済額
10万円 4.2% 4,200円 5,000円
20万円 4.2% 8,400円 9,000円
30万円 4.2% 12,600円 13,000円
40万円 3.0% 12,000円 12,000円
50万円 3.0% 15,000円 15,000円

毎月返済しないといけない最少返済額は、
借入残高×一定の割合=最低返済額
(1,000円未満は切上げます。)で計算されます。

それでは、利用限度30万円の利用者が、30万円借りた場合の返済額を計算してみましょう。
利用限度額 30万円×4.2%=1万2,600円

アコムの返済の場合、千円単位となるので百円単位は切り上げて返済額は1万3,000円です。
この場合の最少返済額は1万3,000円となります。

では、利用限度50万円の利用者が50万円借り入れた場合は、
50万円×3.0%=15,000円
最低返済額は1万5000円となります。

このように、最低返済額を毎月返済していれば。延滞や滞納の心配がなくアコムからの取り立ての電話や催促状もくることがないでしょう。アコムでの10万円・20万円・30万を借りた場合の返済シミュレーションについては、「アコムの返済シミュレーション」で詳しく解説しています。

ただし、最少返済額を毎月返済していくだけでは、なかなか元金が減っていかず結果として、完済までに時間がかかってしまい。なおかつ利息総額も多く支払うことになってしまいます。
それでは、どのようにしたらいいのでしょうか。アコムでは、最少返済額よりも多くの額を返済したりまた、返済期日以外に返済が可能な追加入金という方法があります。それでは、追加入金についてみていくことにしましょう。

返済額を追加入金をすることで利息の節約や早期の完済へつながる

追加入金とは、最少返済額よりも多く返済することや毎月の返済期日以外の別の日に返済することをいいます。
例えば、利用限度額30万円以下の人が30万円を借り入れた場合最小返済額は1万3,000円となります。
このときに、最小返済額の1万3,000円よりも多く合計2万円の入金をした場合
7,000円が追加入金しての扱いとなります。

この時の利息分が3,000円である場合には、1万7000円が元金の返済にあてられます。

一方、同条件で最低返済額 つまり13,000円しか支払わなかった場合、
1万3,000円-3,000円=1万円
つまり、1万円が元金にあてられることになります。

このように、最低返済額よりも多めに入金するほど、元金の減りが早くなるために完済までの期間も短く、利息の総額も節約することができます。
なお、追加入金の方法は、申し込み時に選択した返済より毎月決まって返済する金額(約定返済額)よりも多く入金するだけです。アコムでの一括返済については、「アコムから借金を一括返済・全額返済する方法とメリット」で詳しく解説しております。
ただし、毎月の返済方法で口座振替(口座引き落とし)を選択している場合には、口座振替以外の方法で追加入金する必要があります。

アコムでの利用実績がある場合には金利を下げてもらえることもある

アコムと銀行カードローンと比較した場合に、利用しやすいけど金利の高さが気になるという方も多いかと思います。
アコムでは下記の条件を満たしている場合には、契約後であっても金利をさげてくれることもあります。

  • アコムでの利用実績(返済実績)がある
  • これまでに返済を遅れたことがない
  • 他社から借りている場合、他社への返済もきちんとできている

つまり、返済能力に問題がないことをアコムにアピールするわけです。ただし、上記の条件は、アコムで金利を下げてもらう上での最低条件です。
最終的にはアコムの担当者が利用者状況を総合的に判断して決めることになるようです。
もし、金利をさげてもらいたい場合には、カードローンでの利用実績を作ってからアコムの担当者に相談してみてもいいかもしれませんね。

なお、アコムの金利を下げる方法にについては、「アコムカードローンの金利を下げる方法」で詳しく解説しております。

また、アコムの公式ホームページ内の「返済シミュレーション」を使って、「返済回数から毎月の返済金額」や「毎月の返済金額より返済回数」などを調べることができます。また、アコム公式ホームページにある返済シミュレーション無料で何度でも利用できますので、アコムでの借り入れ前に返済計画を立ててみるのもいいかもしれませんね。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間