アイフルの金利と利息額の計算方法

アイフルは、コミカルなテレビCMを行っている大手消費者金融です。アイフルという名前はご存知かと思いますが、実際にアイフルのキャッシングローンを利用する際に、どのくらいの金利で、どのくらいの利息を支払うのかが気になったりしませんか。

「アイフルでのキャッシングを考えているけど金利(利息)が高そう」「カードローン返済時の利息や返済額はどのくらいになるの?」など、アイフルのカードローンを利用する上で、実際支払う利息額などわからないこともあるかと思います。

アイフルカードローン(フリーキャッシング)の金利は4.5~18.0%(実質年率)と公式ホームページなどに記載されていますが、この金利が銀行カードローンや他の消費者金融の金利と比較してどうか実際にわからないないといったこともあるでしょう。

ここでは、アイフルの金利や利息額の計算方法、そして返済時に支払う利息総額を減らす方法などをご紹介いたします。

アイフルの金利(利息)は年率4.5%~18.0%である

アイフルのカードローン(無担保キャッシング)の金利は年率4.5%~18.0%です。この金利は審査通過後の契約時によって利用限度額とともに申込者個々に設定されます。ただし、この借入金額によってかかる金利はことなります。借入金額と金利の目安は以下の表に記載しています。

借入金額 実質年率
50万円以下100万円未満 18.0%
100万円以上300万円以下 15.0%
300万円超500万円以下 12.0%

上の表からも分かる通り、借入金額が増えれば、金利も低く利用することが可能です。

他の消費者金融と比べるとアイフルの金利は同水準である

アイフルの金利は、他の消費者金融や銀行カードローンの金利と比較すると高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。アイフルカードローンの金利を他社消費者金融や銀行カードローンとの金利の比較してみることにしましょう。
下の図は、銀行系カードローンと大手消費者金融各社の金利を比較したものです。

銀行各社カードローン金利比較
銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%
大手消費者金融金利比較
消費者金融会社 金利(実質年率)
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%

上の表から、銀行カードローンの方が、消費者金融カードローンに比べて、金利が低いのがわかると思います。銀行カードローンに比べて、消費者金融の金利が高い理由は、保証人や担保が不要であること、最大の理由がの返済をしていない利用者の貸し倒れ分を補填するためと考えられます。

アイフルカードローンは総量規制対象のカードローンである

アイフルのキャッシングローン(無担保ローンは)は総量規制の対象のカードローンですので、申込者の年収の3分の1を超える借入はできません。アイフルのカードローンの金利や利用限度額は審査によって契約時に、アイフルでは他社の大手消費者金融と初回の契約時では、借入金額によって異なりますが、18.0%の上限金利が適応されるケースが多いです。

アイフルでの利息の計算方法

それでは、アイフルキャッシングローンの返済時の利息はどのように決められるのでしょうか。
借入金の利息(金利)がどのように計算されるのかをみていくことにしましょう。

アイフルの借入金の利息額は日割りで計算される

アイフルの4.5~18.0%という金利の数字は、1年間の借りた時の利率「年利」で示しています。銀行やカードローン会社で金利というときには、この年利を表します。
つまり、利息額の計算方法は以下になります。
利息=借入金×金利(年利)÷365日×借りる日数
それでは、具体的にアイフルの利息額を計算してみることにしましょう。

アイフルで返済時に支払う利息額はいくらになるのか

それでは、アイフルカードローンの金利から返済時に支払うべき利息額の計算をしてみましょう
例えば、アイフルから50万円を年利18.0%で1年間借りたとします。
50万円××18.0%=9万円
アイフルで、上記の金額と金利設定で1年間借りた時の利息額は、9万円になります。
それでは、3か月や6か月などといった1年未満の期間借りる場合はどのように計算するのでしょうか。
このような場合、利息額は、1年間の利息の日割りで計算します。
利息(金利)は、先ほどの計算式

利息=借入金×金利(年利)÷365日×借りる日数

を使って計算します。
例えば、50万円を18.0%で90日(3か月)借りるとします。このときの利息総額は
50万円×18.0%÷365日×90日=2万2,191円(1円未満切り捨て)
となります。

また、50万円を18.0%で180日(6か月)借りるとします。このときも同じように計算すると、
50万円×18.0%÷365日×180日=4万4,383円(1円未満切り捨て)

となります。

ここで、アイフルから同じ金額・同じ金利で90日借りた場合と180日借りた場合とを比較すると、利息総額で約2万2,000円の差があります。

同じ金額を同じ金利で借りるとしても、返済期間が短いほうが利息総額安くお得になります。
ただし、早く返済しようとして返済額を多めに設定して無理をしてしまうのもあまり良くはありません。

なぜなら、アイフルでは他の消費者金融などと同様に返済日に延滞や滞納してしまいきちんと返済できなかった場合には、遅延損害金を支払わなければなりません。なお、遅延損害金の金利(実質年利)は20.0%です。この遅延損害金の金利については、公式ホームページにも契約書にもきちんと記載されてます。
この延滞損害金は返済期日を1日でも過ぎてしまった場合にでも、日割りで適応されますので注意してください。

アイフルには毎月の最低返済額がある

アイフルの返済方式は定率リボルビング方式

アイフルカードローンの返済方式は、毎月の支払額を一定する定率リボルビング方式です。
アイフルの毎月の返済額は金額が固定ではなく、借入残高と所定の割合で決められます。まず所定の割合について説明いたします。加えて、約定日制とサイクル制の場合には返済時の最低返済額がかわりますので注意しましょう。

アイフルの返済期日は2パターンある

アイフルでは、約定日制とサイクル制の2タイプの返済日を選ぶことができる
返済日はいつどのように設定できるのでしょうか。それでは返済期日についてみていくことにしましょう返済期日は毎月指定期日またはサイクル制の返済のどちらかを選ぶことができます。

約定日制

約定日制とはカードローン利用者が毎月の返済期日を決めて返済していく方法です。たとえば、毎月20日を返済期日とした場合、返済期日までの10日間が返済期間となります。
ただし、返済期日よりも10日前に返済をした場合、前月分の追加入金扱いとなってしまいます。この場合、返済期日にもう一度返済しないといけなくなります。
たとえば、返済期日を毎月20日に設定した場合、5日以前に返済した金額に関しては前月分の追加入金扱いとなります。この場合には、もう一度20日までに再度返済が必要となります。

サイクル制

サイクル制の返済とは35日ごとに借り入れ金を返済していく方法です。
はじめの支払いは、借り入れの翌日から数えて35日までに返済をします。
たとえば、借入日が3月1日だった場合には3月2日から4月6日までの間に支払いをします。2回目以降の支払いについては返済日の翌日から35日までに返済することとなります。

返済額から利息を引いた額が元金の返済に充てられる

返済金額の内、元金の返済に充てられるのは、返済額から利息分を引いた額になります。(返済時に、提携先ATMを利用するなどして利用手数料が発生する場合には、利息より先に返済金か最初に利用手数料を差し引きます。)
つまり、利息金額が多いほど元金をなかなか減ることはありません。それでは、どのようにしたらいいのでしょうかアイフルでは借入額の繰り上げをすることが可能です。
ただし、返済方法の中で口座振替以外の返済方法の場合には、毎月の返済額を多く入金することによって繰上返済(追加入金)や一括返済が可能です。繰り上げ返済や一括返済することで利息総額が少なくなりかつ、元金の減りが早くなります。そのため、返済完了までの時間が早まりますので、お金に余裕のある時には繰り上げ返済をして完済まで早めることが重要です。

無利息サービスを利用することで返済総額を節約することができる

アイフルでは、初回の申し込み限定でサービスとして契約日の翌日から30日間金利ゼロになるサービスがあります。
また、金利0円サービス中に返済額全額ではなく一部だけを返済してもこのサービスは適用されます。
例えば、アイフルで50万円をキャッシングして、この金利0円サービス期間中に30万円のうちの20万円だけを返済したとします。その場合、サービス終了後以降からは利息が付きますが、利息がつくのは残っている30万円に対しての利息となります。

アイフルでの利用実績がある場合には金利を下げてもらえることもある

アイフルは銀行系カードローンと比較した場合に、金利の高さが気になるという方も多いかと思います。
アイフルでは下記の条件を満たしている場合には金利をさげてくれることもあります。

  • アイフルでの利用実績(返済実績)がある
  • 返済を遅延したことがない
  • 他社金融機関からお金借りている場合、他社への返済もきちんとできている

つまり、返済能力に問題がないことをアイフルの担当者にアピールするわけです。ただし、上記の条件は、アイフルで金利を下げてもらう上での最低条件です。

最終的には、現在の金利を下げるかどうかについては、アイフルの担当者が利用者状況を総合的に判断して決めることになるようです。
もし、金利をさげてもらいたい場合には、アイフルでのカードローンでの利用実績を作ってからアイフルの担当者に相談してみてもいいかもしれませんね。

アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間