消費者金融の店頭窓口や自動契約機(無人契約機)の店舗での申込や契約方法

アコムアイフルプロミスSMBCモビットといった大手消費者金融業者のカードローンに申し込む際には、借入や返済を行う時には営業時間を知っておく必要があります。店頭窓口、無人契約機、ATM、電話受付の営業時間はそれぞれ異なっていることが多いので気を付けましょう。

ここでは大手消費者金融業者であるアコムアイフルプロミスSMBCモビットの営業時間を解説します。

店頭窓口や自動契約機(無人契約機)の営業時間を一覧表で解説しますので、大手消費者金融でどのカードローン会社を選ぼうか迷っている際には参考になるかと思います。

大手消費者金融の店頭窓口の営業時間は平日9時~18時

店頭窓口つまり、消費者金融の有人店舗でのカードローン申し込み・審査の受付時間はそれぞれの消費者金融でどうなっているのでしょうか。下の表に大手消費者金融の店頭窓口の営業時間をまとめましたので、参考にしてみてください。

消費者金融会社名・商品名 店頭窓口の営業時間
アコム 平日9:30~18:00(土・日・祝日は休業)
アイフル 平日10:00~18:00(土・日・祝日は休業)
プロミス 平日10:00~18:00(土・日・祝日は休業)
SMBCモビット 店頭窓口なし

消費者金融での店頭窓口を利用するメリットは、直接対人で申し込み・契約を行える安心感でしょう。
もちろんアコムやプロミスでは店頭窓口で借入・返済を行うことも可能で、なお消費者金融のでの店頭窓口での借入・返済は手数料が無料となっています。

なお、消費者金融の店頭窓口では返済や借入の相談に乗ってくれたり、申し込み手続きなどのわからないことを教えてくれたりもします。(アイフルの店頭窓口では通常のフリーローンの申し込みはできますが、融資は行っておりません。)
一方、消費者金融での店頭窓口のデメリットは、店頭窓口の数が少ない点です。
加えて、後述する自動契約機(無人契約機)やWEB申し込みとと比べると営業時間が短く、土日祝日が休業になっていることです。

消費者金融の無人契約機(自動契約機)やATMは土日祝日も含めて営業している

無人契約機(自動契約機)というのは自動契約機とも呼ばれる大型の情報機器ことです。
この無人契約機を通してカードローンの申し込みや契約を行うことができます。

消費者金融の無人契約機の営業時間
会社名・商品名 無人契約機の名称など 営業時間(支店によって例外あり)
アコム むじんくん 8:00~22:00(年中無休)※年末年始除く
アイフル 無人契約ルーム 8:00~22:00(年中無休)※年末年始除く
プロミス 自動契約機 9:00~22:00(年中無休)※年末年始除く
SMBCモビット ローン申込機・ローン契約機(三井住友銀行内)

8:00~21:00(年中無休)※年末年始除く(一部店舗は異なる)

消費者金融の無人契約機(自動契約機)を使うメリットは、店頭窓口などと比べて営業時間が長く、ほぼ年中無休で営業していることです。また、カードローンの申し込みをする際に、人目につきにくいという安心感もあります。

無人契約機は全国各地にあるので、わざわざ遠くの店舗に出向く必要がないこともメリットの一つです。
無人契約機は営業時間が店頭窓口に比べて長く、土日祝日も営業しているため、即日融資を受けたい場合、比較的遅い時間の申し込みでも間に合うというメリットもありますね。

ただし、確実に即日融資を受けたい場合は時間に余裕を持って申し込みをするべきでしょう。審査は最短30分となっている金融業者が多いですが、在籍確認などに手間取ると数時間かかったり、回答が翌日になったりするケースもあります。

なお、在籍確認とは申込者が申告した職場に実際に在籍しているかを、消費者金融の担当者が電話をかけて確認することです。電話をする際には、金融業者名は名乗らず担当者の名前を名乗るケースが多いです。在籍確認は審査の上で非常に重要なので、確実に回避することは難しいです。絶対に職場に電話をされたくない場合は担当者に相談をしてみるとよいでしょう。

店頭窓口・無人契約機で申し込み・審査をする時に必要な書類とはなにか

消費者金融での店頭窓口もしくは無人契約機に出向く場合には、本人確認書類を持参する必要があります。
消費者金融での借入申込の際に本人確認書類として利用できるのは以下のものです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証、パスポート、住民票など

本人確認書類は、各消費者金融業者によって利用できるものが異なりますので、事前に確認してみるといいでしょう。

収入証明が必要な場合もある

収入証明書が必要になるのは、「利用限度額が50万円を超える場合」「他社との借入金合計が100万円を超える場合」です。収入証明書として利用できるのは以下のものです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1ヵ月)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)

※利用可能な所得証明書は消費者金融業者によって異なるので注意してください。
消費者金融のATMを使うと手軽に借入・返済を行うことができます。消費者金融のATMは店舗や無人契約機に併設されていることが多いです。

消費者金融の自社ATMの営業時間は無人契約機と同様に土日夜間も営業している

大手消費者金融では、店頭窓口または自動契約機で契約を完了させると、ローンカードがすぐに発行されます。
その発行されたローンカードを利用して、消費者金融の自社ATMや銀行などの金融機関または提携先コンビニのATMからお金を借りることが可能です。それでは、大手消費者金融の自社ATMの営業時間をみていきましょう。

消費者金融ATMの営業時間
会社名・商品名 営業時間
アコム 24時間(全日)
アイフル 7:00~23:00(全日)
プロミス 7:00~24:00(全日)
SMBCモビット 自社ATMはなし

大手消費者金融は自社ATMだけではなく、セブン銀行ATMなどのコンビニや銀行などの提携先ATMを利用できます。
また、SMBCモビットのように専用の自社ATMがないところでも、コンビニや提携先ATMを使うことで、借入・返済を行うことができます。
また、消費者金融の多くでは、申込者の銀行口座に直接振込をする振込融資もできますが、振込融資が可能な時間帯は
原則として銀行営業日の15時までです。そのため、平日の15時以降や土日祝日は振込融資をしたとしても銀行の要影技行日になってしまうため、即日での振込融資ができません。
例外として、アコムで楽天銀行を利用する場合やプロミスで三井住友銀行やジャパネット銀行を利用する場合には、銀行営業時間外の即日の融資が可能です。

インターネット申し込みなら24時間申し込み受付しているが審査時間は9:00~21:00

大手消費者金融ではインターネットでの申し込みも可能になっています。

消費者金融のインターネットによる申し込み営業時間
会社名 ・商品名 営業時間
アコム 24時間
アイフル
プロミス
SMBCモビット

全ての大手消費者金融では24時間365日WEBからの申し込みが可能となっています。パソコンだけではなく、携帯電話・スマートフォンなどからも申し込みできます。インターネットでの申し込み時に注意したいことは、インターネットでは24時間申し込み受付を行っていますが、審査も24時間行っているわけではないということです。審査が最短30分だからと言って、午前1時にWEB申込みをして午前1時半や午前2時頃に回答がくるわけではありません。審査の時間が終了している場合は、翌日に回答がくることになります。

消費者金融の電話での営業時間

消費者金融では電話でカードローンの申し込み受付や、借入・返済に関する手続きが行えるところが多いです。
消費者金融カードローンの電話申し込みの営業時間

会社名・商品名 営業時間 電話番号
アコム 24時間365日 0120-07-1000
アイフル 9:00~21:00 0120-201-810(はじめてのお客様専用ダイヤル)
プロミス 9:00~22:00 0120-24-0365(プロミスコール)0120-86-2634(女性専用ダイヤル)
SMBCモビット 9:00~21:00 0120-03-5000

大手消費者金融では電話で借入・返済の手続きを行うことも可能です。申し込み・審査とは営業時間・電話番号が異なっているケースがあります。
消費者金融の電話による借入サービスの営業時間

会社名・商品名 営業時間 サービス名・内容 電話番号
アコム 24時間 プッシュホンサービス24 0120-134-567
借入申し込み・残高照会など
アイフル 24時間 振込受付の手続き 0570-000-417
0120-201-884(女性専用ダイヤル)
プロミス 24時間 プロミスコール 0120-24-0365
振り込みキャッシングによる借入手続き

なお、SMBCモビットは、申し込みと同じ電話番号・営業時間です。

営業時間からみる消費者金融でのおすすめの申し込み方法

消費者金融を利用する場合におすすめの申し込み方法はパソコン・ケイタイ・スマートフォンによる「インターネット申し込み」です。

その理由は、365日24時間受け付けていることと、自分のペースで申し込みに必要な個人情報を入力できるからです。
インターネットから申し込みをした後は、契約方法は次の方法があります。

  • インターネットで審査・契約・借入まで完結させる方法
    (WEB契約)
  • 審査・契約は店頭窓口や無人契約機で行う方法
  • 郵送などを使う方法

いずれの方法を利用するにせよにせよ、申し込みをインターネットから事前にで行っておくと、審査時間も短縮できます。
なお、大手消費者金融の申し込み条件は多くで「20歳以上で安定した収入があること」となっています。申し込み者の信用事故情報がなく、安定した収入がある人の場合は審査に通る可能性が高いでしょう。この事故情報とは、個人信用情報機関に記録されている信用情報の一種で、長期延滞、自己破産、債務整理、代位弁済などのネガティブな情報のことを事故情報といいます。事故情報の記録が残っていると銀行系カードローンや大手消費者金融業者での審査に通る確率は著しく低くなります。

この事故情報の記録が残っている場合は、銀行系カードローンや大手消費者金融業者での審査には通りにくくなるので、中小消費者金融業者で柔軟に審査に対応してくれるところを探す必要があるでしょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間