消費者金融の無人契約機(自動契約機)利用時の申し込みの流れ

アコムアイフルプロミスSMBCモビットなどの大手消費者金融では、無人契約機(自動契約機)(自動契約機)を利用して申し込み・審査・契約を行うことができます。

直接対面で審査されるのは避けたいという人でも、無人契約機(自動契約機)を通してなら緊張せずに審査を受けられるというメリットがあります。

では、実際の消費者金融での無人契約機(自動契約機)(自動契約機)での申し込み・審査はどのようになっているのでしょうか?気を付けるべきことや、持って行くべきものは何なのでしょうか?

ここでは、消費者金融の無人契約機(自動契約機)(自動契約機:での申し込みや契約方法や審査の流れについて解説いたします。

消費者金融の無人契約機(自動契約機)の基本情報や営業時間

無人契約機(自動契約機)とは、自動契約機とも呼ばれる情報機器ことで、消費者金融の無人店舗やなどに置かれています。

無人ではありますが、カードローンの申し込み・審査・契約は全て無人契約機(自動契約機)で行うというわけではなく、無人契約機(自動契約機)に設置された電話で、消費者金融の担当オペレーターが案内することもあります。
大手消費者金融では、ほぼ全ての業者で無人契約機(自動契約機)が導入されています。それでは、各消費者金融業者の無人契約機(自動契約機)の名称や営業時間についてみてみましょう。

会社名・名称など 営業時間(支店によって例外あり)
アコム 自動契約機(むじんくん) 8:00~22:00(年中無休)※年末年始除く
アイフル 契約ルーム・てまいらず 8:00~22:00(年中無休)※年末年始除く
プロミス 自動契約機(無人契約機) 9:00~22:00(年中無休)※年末年始除く
SMBCモビット 自動契約機 8:00~21:00(年中無休)※年末年始除く
レイクALSA 自動契約機 9:00~24:00(平日・土曜日)8:00~22:00(日曜日・祝日)(年中無休)※年末年始除く
ノーローン 自動契約コーナー 8:45~21:00(第3日曜日は19:00まで)

消費者金融の有人である店頭窓口が土日祝日が休みなのに対して、無人契約機(自動契約機)は、土日祝日含めほぼ年中無休で営業しており、9時~22時くらいまでと営業時間が長いことが特徴です。
無人契約機(自動契約機)からカードローンの申し込み・契約をして<、a href="https://user-re.com/archives/424.html">即日融資を受けたい場合は、無人契約機(自動契約機)の営業時間が終わる1時間前には申し込みをする必要があります。

なお、事前にWEB申込みやWEB契約をしてから、無人契約機(自動契約機)に行くと、申し込みから審査完了までの審査時間を短縮することや、万が一、審査に落ちてしまった場合でも無駄足になることがありません。そのため、事前にWEB申し込みをして、審査結果が出てから、無人契約機(自動契約機)に出向いてで契約するようにしましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


銀行カードローンも無人契約機(自動契約機)からの申し込みが可能である

消費者金融だけなく、大手銀行ではカードローン契約専用の無人契約機(自動契約機)を導入しています。無人契約機(自動契約機)を導入している代表的な銀行系カードローン一覧を下の表に記載いたします。

銀行・カードローン名 無人契約機(自動契約機)の呼び方 営業時間(店舗により異なるケースあり)
三井住友銀行カードローン ローン契約機(ACM)(※プロミス・SMBCモビットの申し込みも可能です。) 9:00~21:00(土日祝)
バンクイック(三菱UFJ銀行) テレビ窓口(※一部でアコムの申し込みも可能です。) 9:00~20:00(平日)10:00~18:00(土曜・祝日)10:00~17:00(日曜)

上の表から、銀行カードローンの無人契約機(自動契約機)も消費者金融と同じように平日はもちろんのこと、土日祝日もも営業していることが、わかるかと思います。

消費者金融の無人契約機(自動契約機))の申し込みから審査・契約までの流れ

それでは、消費者金融での無人契約機(自動契約機)での申し込みから審査・契約までに流れを見ていきましょう。
「むじんくん」という愛称でおなじみのアコムの自動契約機(むじんくん)を参考例として解説します。細部の違いはありますが、大手消費者金融機関の無人契約機(自動契約機)での申し込み方法・審査の流れに大きな違いはありません。
消費者金融での無人契約機(自動契約機)を利用しての申し込み・審査・契約・借入の流れは以下になります。

  1. 自動契約機(無人契約機(自動契約機))に出向く
  2. 自動契約機(無人契約機(自動契約機))内で申し込みを行う
  3. 申し込み完了後審査が行われる
  4. 審査通過後、契約を行う
  5. ローンカードの発行
  6. 借り入れ

消費者金融の無人契約機(自動契約機)に出向く

消費者金融の無人契約機(自動契約機)は、国道沿いや駅前の雑居ビル内または消費者金融の店頭窓口にあります。利用する消費者金融のホームページなどで場所を確認してから行くようにしましょう。

下記に、アコム、プロミス、アイフルの各公式ページに記載されている大手消費者金融の自動契約機の検索ページを記載しておきます。
(参考:アコムの店舗検索プロミスの店舗検索アイフルの店舗検索

無人契約機(自動契約機)に出向く際には本人確認書類などの必要書類を持参する

無人契約機(自動契約機)で申し込みをする場合に持って行かなければならない契約時に必要書類があります。
必要書類には本人確認書類と収入証明書があります。
本人確認書類は次のような書類です。

上記以外の書類でもその他、パスポートや住民票を本人確認書類として使える業者もあります。申し込みを行う前に、各消費者金融業者で有効な本人確認書類を確認しておきましょう。

収入証明書類が必要なケースもある

消費者金融の申し込みで収入証明書が必要なケースは「50万円を超える契約を行う場合」と「他社と合わせて借入総額が100万円を超える場合」です。収入証明書として使えるのは「源泉徴収票」「給与明細書(直近1か月分)」「市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)」「所得証明書(最新年度のもの)」から一点となります。(※アコムの場合。)

無人契約機(自動契約機)内で申し込みを行う

無人契約機(自動契約機)の中に入ると申し込み、必要書類の読み込みを指示通りに行っていくことになります。
申し込みに関しては氏名・年齢・住所・勤務先などの情報を入力していきます。この手続きに関しては事前にWEBを使って済ませておくとスムーズに行うことができます。必要書類に関しては、スキャナーのような書類を読み込む機械がついているので、コピーを用意する必要はありません。

審査結果の回答から契約まで

消費者金融でのキャッシング審査の審査結果はその場でわかります。
大手消費者金融業者では審査時間は最短30分とうたわれています。これは、各利用者のケースバイケースで在籍確認(後述)で時間がかかる場合は長くなることがあります。審査に通っていると契約なされ、ローンカードが発行されます。借り入れはローンカードを利用して、無人契約機(自動契約機)の近くに設置されている場合が多い自社のATMなどからすぐに行うことができます。

無人契約機(自動契約機)で申し込みする場合の在籍確認はどのように行うのか

在籍確認というのは、銀行や消費者金融といった金融機関でローンの審査を行う際に申込者が実際に申告した勤務先に在籍しているかを電話などで確認することです。職場に消費者金融への申込をしたことがバレないかどうか心配になる人もいると思いますが、担当者が電話を掛ける時には担当者の苗字を名乗り消費者金融機関名は名乗りません。

業者によっては書類によって在籍確認をしてくれるところもありますが、在籍確認は審査において特に重要なものとなっているので、絶対に在籍確認の電話が会社にいかないという保証はありません。また、時間帯によっては会社の事務所が閉まっており在籍確認がとれないというようなケースも考えられます。その場合、審査時間が長くなったり、その日のうちに審査の回答がなされない場合があります。

無人契約機(自動契約機)で申し込みする際のでの審査内容とはどのようなものか

無人契約機(自動契約機)での審査の内容は、店頭・WEB・電話などで申し込みをして審査する内容と変わりません。審査項目は申込者の「信用情報」と「属性情報」の二つです。一つ一つ、どんな内容なのか確認していきましょう。

信用情報とが申込者のローンやクレジットの履歴のことである

信用情報というのは、信用情報機関に記録されている個人の過去のクレジットカード・ローンの申し込みや借入・返済に関する情報のことです。信用情報の中でも、長期延滞、自己破産、債務整理、代位弁済といったネガティブな情報のことを事故情報と呼びます。信用情報機関に事故情報の記録が残っている場合は、銀行系カードローンや大手消費者金融業者での審査にはまず通りません。そういう意味では、次に解説する属性情報よりも大切と言えますね。

属性情報は申込者の勤務先や年収などの個人情報である

属性情報というのは申込者の個人情報のことです。属性情報で審査されるのは以下の項目となります。

  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤務先・勤続年数
  • 年収
  • 収入形態
  • 居住年数・居住形態
  • 住宅ローンや家賃負担額
  • 家族構成
  • 固定電話の有無
  • 健康保険の種類

大手消費者金融機関は審査においてスコアリングシステムというものを導入しています。スコアリングシステムというのは、それぞれの属性情報にスコア(点数)をつけてその合計点数を審査の判断材料にするというものです。各属性においてどういう状態であればスコアが高くなるかに関しては次の表をご覧ください。

属性情報 属性情報からみた判断基準
年齢 23歳から60歳までは年齢が高い方がスコアが高い
職業 医者・弁護士・公務員などのスコアが高く、自営業はスコアが低い
勤務先 上場企業・大手企業のスコアが高い
勤続年数 長いほうがスコアが高い
年収 高いほうがよいが、年収に関しては利用限度額上限との関わりが強い
勤務形態 固定給のほうが歩合給よりスコアが高い
居住年数 長いほうがスコアが高い
居住形態 持ち家のほうがスコアが高い
家族構成 家族が少ないほうがスコアが高い・ただし独身の場合はスコアが低い
固定電話か携帯か 最近ではそこまで重要視されていない
健康保険の種類 社会保険、組合保険のほうが国民健康保険よりよいが、どちらかというと在籍確認の一環として調べられる程度

医者・弁護士・公務員や上場企業・大手企業の社員などのスコアは高くなり、審査にも通過しやすくなります。とはいえ、「信用情報に事故情報がなく」「安定した収入があり」「他社から多くの借入がない」などの条件を満たしていれば、大手消費者金融の審査では十分に通る可能性があります。

自動契約機(無人契約機(自動契約機))での審査を行う際も在籍確認の電話連絡ははなされる

自動契約機(無人契約機(自動契約機))で申し込み・審査・契約をする場合でも勤務先への在籍確認の電話は行われます。
申込者の職業・勤務先などは返済能力あるかどうかを確認するために。極めて重要なので、原則的に在籍確認の電話をなしで済ますことはありません。在籍確認がとれない場合は、その場で審査回答がもらえないこともあるので注意しましょう。
ただし、消費者金融の在籍確認では、申込者本人が不在でも申込者の勤務先の方が電話にでて申込者がその勤務先に在籍していることが判明すれば、在籍確認は完了となりますので、申込者が無人契約機(自動契約機)内にいる場合でも問題なく在籍確認は行われますので安心してください。

消費者金融の無人契約機(自動契約機)のメリット

消費者金融の無人契約機(自動契約機)を利用するメリットについて見ていきます。

  • 消費者金融の担当者に会わないで契約ができる
  • 店頭窓口よりも営業時間が長い(土日祝日も営業している)

消費者金融の担当者会わずに済む

無人契約機(自動契約機)の特徴は、人と会わずに申し込みから契約やカード発行まで可能です。
カードローンを利用者の中には、消費者金融の店頭窓口のスタッフと直接会うのは嫌な人もいます。
そういった人には無人契約機(自動契約機)がオススメです。また、無人契約機(自動契約機)の操作方法に不明な点があっても、無人契約機(自動契約機)に併設されている電話でオペレーターが対応してくれるので、操作方法に困ることもありません。

店頭窓口よりも営業時間が長い(土日祝日も営業している)

消費者金融の店頭窓口の場合、営業時間は平日の9時~18時までの会社が一般的です。

一方、無人契約機(自動契約機)の営業時間は、土日も含めて9時~22時までのところが多いです。

加えて、大手消費者金融の無人契約機(自動契約機)の土日祝日も営業しているため、土日祝日でも申し込みや契約手続きができることです。消費者金融の無人契約機(自動契約機)なら毎日営業しているので、土日祝日でもキャッシングが可能です。

そのため、土日祝日にお金が必要になっても、すぐに申し込みを行って融資を受けられるのは大きなメリットといえます

契約書類やカードがその場で受け取れる

消費者金融の利用を考えている人の中には、自宅に消費者金融からの郵送物が届いて、消費者金融の利用が家族にバレてしまう不安に思う人もいるでしょう。
無人契約機(自動契約機)で契約手続きをすれば、その場で契約書類ローンやカードを受け取る事ができるので、自宅に郵送物が届くことはありません。

消費者金融の無人契約機(自動契約機)利用時の注意点

消費者金融の無人契約機(自動契約機)を利用すると多くのメリットがありますが、以下のような注意点もあります。

  • 無人契約機(自動契約機)がある場所まで行く必要がある
  • 家族や知人に見られてしまう可能性がある。

契約時に無人契約機(自動契約機)まで出向く必要がある

カードローンの申し込みはネット(スマホ)からできるもものの、契約書類やカードを無人契約機(自動契約機)まで取りに行く必要があります。

そのため、近くに無人契約機(自動契約機)がない場合などは、ローンカードなしで借り入れ可能な方法を利用しましょう。ローンカードなしで借り入れできる方法は、銀行振込での融資やアプリを利用してセブン銀行ATMからお金を引き出す方法(プロミス・SMBCモビット、アイフル)の2つの方法があります。

関連項目:「プロミスの公式アプリ「アプリローン」でスマホATM取引できる
関連項目:「SMBCモビット公式アプリのスマホ取引機能や使い方
関連項目:「 アイフルの公式アプリは申込み、カードなしの借入が可能

また、無人契約機(自動契約機)で申し込みをしたからといって、審査に通過しないと融資を受けることはできません。無人契約機(自動契約機)まで出向いて申し込みしたのに、審査に通らなかったためにお金を借りることができなかったというケースもあります。そのため、自動契約機に出向く際には事前にWEBで申し込みをしてから、審査通過の連絡をまって出向くようにしましょう。

家族・知人に無人契約機(自動契約機)に入るところを見られるリスクがある

消費者金融を利用している人の中には、家族や知人に借金をしていることを内緒にしたい人もいるかと思います。
無人契約機(自動契約機)まで行き、必要書類やカードの受け取りをする必要があります。

そのため、無人契約機(自動契約機)に入るところを家族や知り合いに見られてしまう可能性もあります。
消費者金融を利用していることを隠している人にとっては、無人契約機(自動契約機)を使うのはリスクが高いかもしれません。
そのため、どうしても家族や知人に無人契約機(自動契約機)に入るのを見られたくな場合には、WEB申し込み後に、WEB契約を行ってWEB上から振込融資を受けるか(WEB完結)、または、住まいや職場の最寄りの無人契約機(自動契約機)ではなく、不便であっても住まいや職場より少し離れた無人契約機(自動契約機)を利用するようにしましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間