アイフルのキャッシングローンは総量規制対象のカードローン

テレビCMや電車の中吊り広告で見かける大手消費者金融のアイフルの無担保カードローンは総量規制の対象のローンです。

総量規制とは、貸金業法で定められた貸付の制限のことで、消費者金融業者、信販会社。クレジットカード会社などからの融資は年収の3分の1にまで制限されています。

アイフルカードローンのキャッシングを利用する際には、この総量規制の対象ですので、借入限度額の上限は年収の3分の1までとなります。
また、アイフルでは総量規制対象外のローン商品である「借り換えローン」や「ビジネスサポートカードローン」などの商品も存在します。

ここでは、総量規制対象のカードローンであるアイフルのキャッシングローンついてみていくことにしましょう。

アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



アイフルのカードローンは総量規制対象のカードローンである

アイフルでは,下記のローン商品を取り扱っています。

  • キャッシングローン(カードローン)
  • ファーストプレミアム・カードローン(カードローン)
  • SuLaLi(女性専用カードローン 利用限度額10万円まで)
  • 目的別ローン(用途によって利用限度額が異なる)
  • かりかえMAX・おまとめMAX(借り換え・おまとめローン)
  • 事業サポートプラン(ビジネスローン)

上記のうち総量規制の対象になるのは、キャッシングローン、ファーストプレミアムローン、SuLaLi、目的別ローンの4つのローン商品です。
これらの商品を利用する場合、年収の3分の1を超える借り入れはできません。
アイフルでは一般的なキャッシングローンの申し込みをするには安定した収入がないと融資受けることができません。

総量規制とは年収の3分の1を超える貸付はできないという規制である

総量規制とは、貸金業法内の規制の名称で、年収に応じて借入額を制限するものです。原則年収の3分の1までに制限されます。例えば年収が300万円の場合、貸金業者が貸し付けできる総額は100万円が上限となります。
総量規制の対象となる借り入れは以下の通りです。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社(ショッピング枠を除く)

なお、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などの業者は貸金業者ではないため、楽天銀行スーパーローンやみずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローンなどの銀行カードローンは総量規制の対象外となります。(銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法によって運営されています。)
貸金業法の規制対象となる貸金業者は、借入の申込みを受けたとき、個人信用情報機関をとおして利用者のローンやクレジットの申し込みや借入履歴が記載されている信用情報というデータから、個々人の借入情報を知ることができます。
個人信用情報機関とは、信用情報を管理している次の3つの機関をいいます。

  • JICC((株)日本信用情報機関
    消費者金融などの貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関が加盟
  • CIC((株)シー・アイ・シー)
    主にクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟
  • 全国銀行個人信用情報センター
    銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟

信用情報とは利用者のこれまでのクレジットやローンの利用履歴

信用情報というのは、個々人の借入の情報が記載されたデータのことで、各金融機関によって共有されています。その中には、現在の利用者の借入額、返済履歴などお金の貸し借りに関する情報が全部記載されています。例えば、返済期日に遅れて返済をした「遅滞」や返済が未払いになっている「滞納」などの金融事故が信用情報に記載されます。
消費者金融業者などの貸金業者は利用者がキャッシングの申し込みを受けた際に、信用情報を照会することによって現在の借入額を確認します。
既に年収の3分の1を超える額の借入を他社で行っている場合には、新たに融資をすることができません。つまり、審査に落ちてしまうことになります。
また、貸金業者は、融資後も返済残高が10万円を上回っている場合には3か月に1度は信用情報を照会して、貸付残高がトータルで年収の3分の1を超えていないかを定期的にチェックしています。

アイフルではカードローンの借り入れ時に収入証明書の提出が必要な場合がある

アイフルでは、利用者の年収を明らかにするため、アイフルでの希望の利用限度額が50万円を超える場合や、他社借入の総額が100万円を超えるような場合には収入を明らかにする書類(源泉徴収票、給与明細、確定申告書のいずれか)の提出を利用者に求めています。
もともと、総量規制は、消費者金融による多重債務が社会問題になったことから、消費者金融をはじめとする貸金業者の貸し過ぎを防ぎ、利用者を保護するために導入された制度です。

総量規制例外や対象外のローンはどんなものがあるか

それでは、総量規制の対象外のローンや総量規制の例外となっているローンはどんなものがあるのでしょうか。それぞれのローンをみていくことにしましょう。
総量規制対象外のローンは下記になります。

  • 住宅ローン・車のローン
  • 担保のあるローン
  • 高額療養費の借り入れ
  • 不動産の売却代金で返済できるもの

また、総量規制の例外となるのは下記のローンです。

  • 借り換え・おまとめローン(顧客が一方的に有利となる借換え)
  • 配偶者貸し付け
  • 緊急で必要な費用のための借り入れ
  • 個人事業者が行う借り入れ

総量規制の例外とは、申込者の年収の3分の1を超える借り入れは可能であるけれども、借り入れした金額は、総量規制の借入残高に入れる借り入れのことをいいます。
例えば、年収300万円の人が、カードローン会社から40万借りている際に、新たに70万円の総量規制の例外にあたる上記のような借り入れをした場合には、総額が年収の3分の1を超えますが、例外的に借り入れが可能となります。

ただし、新たに借りた70万は借入残高として算入されるために、借入残高の合計は110万円となります。
そのため、新たに総量規制の範囲内で借り入れする場合には、10万円以上を返済して借入残高を100万円未満にしないとなりません。

それでは、アイフルで取り扱っている総量規制対象の商品はどのようなものがあるのでしょうか。アイフルで扱っているローン商品の中で総量規制対象外のローンは借り換えMAX・おまとめMAX(借り換えローン・おまとめローン)と事業サポートプラン(ビジネスローン)です。

アイフルでは総量規制対象外のおまとめローンの取り扱いがある

アイフルのおまとめローン、「個人顧客に一方的に有利となる借り換え」にあたるため総量規制の対象外となります。
おまとめローンとは、複数社からの借り入れを一つにまとめて、毎月の返済額や金利負担額を軽減させることができるローンです。
アイフルをはじめとする消費者金融のおまとめローンの多くは、「個人顧客に一方的に有利となる借り換え」にあたるため総量規制の対象外となります。
おまとめローンとは、複数社からの借り入れを一つにまとめて、毎月の返済額や金利負担額を軽減させることができるローンです。

たとえば。消費者金融A社、B社、C社の3社からそれぞれ、50万円、30万円、10万円を金利18.0%で借り入れをしているとします。その場合、アイフルのおまとめローンを利用して金利15.0%(借り入れ額が100万円を超えた場合の上限金利)の借り入れ1つにまとめることで利息を軽減することができますので、月々の支払い額や合計での返済額を減らすことが可能です。
おまとめローンは総量規制の例外のため、他社からの総借入額が年収の3分の1を超えている場合でも利用することができます。アイフルのおまとめローンである、借り換えMAXおよびおまとめMAXの詳細を下の表にまとめました。
また、他社のおまとめローンでは、消費者金融などの貸金業からの借入分のみしか、借り換えやおまとめができませんが、アイフルのおまとめローンでは、銀行カードローンも含めて借り換えやおまとめができるので、借金の返済のみを検討している場合には、使いやすい消費者金融系のおまとめローンです。

借り換えMAX・おまとめMAXの詳細情報
かりかえMAX おまとめMAX
申し込み条件 アイフルに初めて利用する方で、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
(主婦、学生でもパートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能) (主婦、学生でもパートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能)
資金使途 他社借入金の借り換えのみ アイフルおよび他社借入金の借り換えのみ
融資額 1万円~500万円 1万円~500万円
借入利率 12.0%~17.5%(実質年率) 12.0%~15.0%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
返済期間・回数 最長10年(120回)
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど)
収入証明書(源泉徴収票、確定申告書などで最新のもの)

なお、借り換えMAXIとおまとめMAXの違いは、新規でアイフルのおまとめローンを利用する場合には借り換えMAX、既にアイフルに契約している方の場合はおまとめMAX、となります。この2つのおまとめローンの利用条件などは似ていますが、金利面ではおまとめMAXIMAXの方が低く設定されています。

アイフルで扱っているビジネスローンも総量規制の例外

アイフルのビジネスローン「事業サポートプランン」は「個人事業主が行う借り入れ」にあたり、総量規制の例外にあたります。

自営業者や個人事業主に対する総量規制の例外は、

「事業の実態が確認され、かつ事業主の返済能力を超えない場合に限る」

と貸金業法に定められているため、事業サポートプランに申し込むためには、アイフルの通常のカードローンで必要となる免許証やパスポートなどの本人確認書類に加え、以下の書類が必要です。

事業サポートプラン 無担保ローン詳細
事業サポートプラン<個人プラン> 事業サポートプラン<法人プラン>
対象 個人事業主 法人
資金使途 事業資金(運転資金・設備投資資金)
融資額 1万円~500万円
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 借入後残高スライド元利定額
リボルビング返済方式
元利定額返済方式
元金一括返済方式
(カードローン可)
返済期間・回数 最長10年(120回)
担保・保証人 不要 代表者の連帯保証:原則必要担保・第三者連帯保証:原則不要
必要書類 本人確認書類、確定申告書(青・白)
事業内容確認書(アイフル所定)
代表者の本人確認書類 決算書2期分、商業登記簿謄本
事業サポートプラン 不動産担保ローン詳細
不動産担保ローン 事業サポートプラン
対象 法人、または個人事業主
資金使途 事業資金(運転資金・設備投資資金)
融資額 100万円~1億円
借入利率 6.8%~12.0%
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元金一括返済方式
返済期間・回数 最長10年(120回)
担保・保証人 担保:土地・建物(不動産)保証人:法人の場合は代表者の連帯保証原則必要

アイフルでは他社の大手消費者金融同様に配偶者貸付に対応していない

総量規制には、「配偶者と合算して年収の合計の3分の1を超えない借り入れは可能」という例外事項があります。
例えば、夫の年収が600万円、妻の年収が180万円の場合、原則通りであれば、それぞれの年収の3分の1である、夫が200万円、妻が60万円の借り入れが上限です。
ところがこの例外規定を適応した場合、夫婦二人とも借り入れがない状態であれば、妻は夫の年収を合算した780万円の3分の1である260万円まで借り入れができるいうことになります。本人に収入のない専業主婦であっても、配偶者に収入があれば、配偶者の年収の3分の1までの借り入れは可能です。
しかし、実際に貸金業者が配偶者の収入をもとに融資可否を判断するためには、申し込みの際の確認事項を増やさなければならず、またコストがかかります。
そのため、アイフルを含む大手消費者金融では、配偶者の年収をもとにした専業主婦への貸し付けを行っていません。
つまり、収入のない専業主婦がアイフルでお金を借りるためには、安定した収入が必要となるということになります。

アイフルの目的別ローンは総量規制の対象である

アイフルの「目的別ローン」は、教育資金や結婚資金など、借りるお金の使い道が決まっている場合に、通常のカードローンよりも低い金利で融資をしてもらえる商品です。ただし、この目的ローンは総量規制の対象になります。
例えば、法律では「契約者または生計を共にする親族の緊急医療費の借り入れ」や「社会通念上緊急に必要と認められる費用」は総量規制の例外になると定められています。しかしながら、親族の緊急医療費に使うという目的でアイフルの目的ローンに申し込みをしても、総量規制で定められた年収の3分の1を超える借り入れはできません。

アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間