アイフルの審査基準と審査に通過するための対策

大手消費者金融のアイフルは、「最短30分で審査完了」「初回利用時は最大30日間利息0円」など、利用者にとってうれしいサービスが充実しています。
テレビCMでもおなじみの消費者金融なので、カードローンの利用を検討している方の中には、アイフルを利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

アイフルのカードローンを利用するには、審査に通過する必要があります。審査と聞くと「自分でも審査に通過することはできるのか」「審査では何をチェックされるのか」「審査に通るためにできることは何かあるのか」などが気になりますよね。

そんな方のために、この記事ではアイフルの審査基準と、審査に通過するための対策について解説します。

アイフルの審査基準

アイフルのキャッシングローンの審査基準は、大きく分けると以下の2項目です。

【アイフルの審査基準】

  • 属性スコアリングによる審査
  • 信用情報を照合しての審査(申込者の他社借入件数や金額・金融事故の有無など)

アイフルの審査に通過するには、属性スコアリングと信用情報の両方が基準に達している必要があります。
属性スコアリングの合計得点、もしくは、信用情報のどちらかに問題があれば、アイフルの審査に通過することはできないので注意してください。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!


属性スコアリングによる審査

属性スコアリングとは、申込者がカードローン申込時に申請した情報(申込者の職業や年収・勤務形態など)を点数化し、合計得点が一定水準に達した申込者だけを次の審査に進める仕組みのことです。

属性スコアリングの合計点数を算出する際に使われる主な情報は、以下のとおりです。

【属性スコアリングで用いられる主な情報】

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態

上記の3つは属性スコアリングの中でも特に重要な情報なので、間違いがないよう正確に記入してください。

年収が高いほど審査は有利になる

申込者の年収は、高ければ高いほど審査で有利になります。とはいえ、年収は属性スコアリングに数多く設定されている項目の1つに過ぎません。
年収が低かったとしても、他の項目で点数をとることができれば、アイフルのカードローンを契約することは可能なので、安心してください。

勤務先と雇用形態が安定していると審査に有利になる

アイフルの審査担当者に「勤務先と雇用形態が安定している」と思われると、属性スコアリングの審査で有利になります。
そのため、倒産やリストラのリスクが少なく、収入が安定している公務員や大手企業の社員の場合は、勤務先と雇用形態のスコアが高くなります。

一方、自営業者や個人事業主、パートやアルバイト(フリーター)、派遣社員などの非正規雇用の方は、正社員や公務員と比べてリストラのリスクがあるため、スコアが低くなる傾向があります。

とはいえ、非正規雇用の方は必ず審査に落ちるというわけではありません。アイフルの貸付条件は「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっており、職業に関する記述がありません。
そのため、たとえ非正規雇用だったとしても、スコアリングの合計点が一定基準に達していれば、カードローンを契約することは可能なので、安心してください。

信用情報を照合しての審査

属性スコアリングの審査に通過した申込者は、信用情報を確認されます。信用情報とは、クレジットカードやカードローンの契約状況、申込状況、金融事故の記録などのことです。

アイフルに申し込むと、アイフルは自社が加盟している個人信用情報機関を通じ、申込者の信用情報を照会します。
そして、申込者の信用情報に長期の滞納や任意整理、自己破産などの金融事故情報(異動情報)がないかをチェックします。

日本にある信用情報機関は「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の3つです。
アイフルは、CICとJICCに加盟しているので、CICとJICCに登録されている申込者の信用情報から、以下の情報を確認します。

【信用情報の確認でチェックされる項目】

  • 他社借入金額
  • 金融事故の記録

他社借入金額が年収の3分の1以上ある方、金融事故の記録が残っている方は、アイフルの審査に落ちるので注意しましょう。

他社借入金額が年収の3分の1以上あると審査で落ちる

アイフル以外の金融機関から年収の3分の1にあたる借り入れをしている方は、審査に落ちます。

年収の3分の1にあたる借り入れのある方がアイフルの審査に落ちるのは、貸金業法に定められた「総量規制」というルールと関係があります。
総量規制では「すべての貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社など)は利用者に対し、利用者の年収の3分の1を超える貸し付けを行ってはならない」と定められています。

アイフルは総量規制を守って利用者にお金を貸し付けているため、借入金が年収の3分の1以上ある方にお金を貸すことができません。
総量規制はすべての貸金業者が守っているルールなので、他社借入額が年収の3分の1以上ある方は、アイフルに限らず、他の金融機関からもお金を借りることができません。

借入金が年収の3分の1以上ある方は「不用品を質屋に持って行く」「友人や親戚にお金を借りる」など、別の手段を検討してください。

金融事故の記録が残っていると審査に落ちる

金融事故とは、ローンやクレジットカードの返済時に発生したトラブルのことで、具体的には以下のような事例を指します。

【金融事故として扱われる主なトラブル】

  • 2~3か月以上にわたる長期の延滞
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産)
  • 代位弁済

金融事故を起こしたということは、借りたお金を返さなかったということです。借りたお金を返さない人に融資したいと考える金融機関は存在しないので、信用情報に金融事故の記録が残っている方はアイフルの審査に必ず落ちます。

事故情報は信用情報に最長10年間記録されます。事故情報の記録がある方は、事故情報が消えるまですべての金融機関からお金を借りられなくなるので、アイフル以外の消費者金融からお金を借りることも不可能です。
そのため、「不用品を質屋に持って行く」「友人や親戚にお金を借りる」など、別の手段を考えましょう。

アイフルの審査基準を満たさず審査に落ちてしまう人

アイフルの審査基準をみると、以下の条件にあてはまる方は審査に落ちることがわかります。

【アイフルの審査に落ちる人の特徴】

  • 収入がない人
  • 他社借入金額が年収の3分の1以上ある人
  • 過去10年以内に金融事故を起こした記録がある人

アイフルの審査に通過できるのは、定期的な収入のある方に限ります。無職や専業主婦の方は収入がないので、アイフルの審査に通過することはできません。
また、収入源が年金のみの方も審査に通過することはできません。アイフルは年金を収入として認めていないため、年金受給者の方は無職と同様に扱われるからです。

また、他社借入金額が年収の3分の1以上ある方や、過去10年以内に金融事故を起こした経験のある方は、収入があってもアイフルの審査に通過することはできないので、アイフルを利用することは諦めましょう。

審査が不安な場合はWEB上にある1秒診断で試してみる

アイフルには、簡単な質問に答えるだけで融資可能かどうかをすぐ判断してくれる、「1秒診断」というサービスが存在します。
「生年月日」「年収」「職業」「他社借入金額」をこちらから入力するだけなので、気軽に試せるのがメリットです。

1秒診断で表示される審査結果はあくまでも簡易的なものなので、1秒診断で融資可能と表示されたからといって、本審査に必ず通るとは限りません。
とはいえ、1秒診断で融資可能と表示されれば、本審査に通る可能性が高いことは事実なので、気になる方は試すことをおすすめします。

アイフルの審査に通過するための対策

アイフルに申し込む前に以下の対策を済ませておくと、審査に通過する可能性が高くなります。

【アイフルの審査に通過するための対策】

  • 低めの利用限度額を希望する
  • 申し込み前に他社借入金額を減らしておく
  • 複数社への申し込みを避ける
  • 在籍確認ができる時間帯に申し込みを行う

対策といっても、特別難しいことをする必要はありません。構えすぎる必要はないので、安心してください。

低めの利用限度額を希望する

アイフルの審査に通過したいなら、利用限度額は可能な限り低めの金額を希望しましょう。

年収に見合わない利用限度額を希望すると、アイフルの審査担当者に「計画的な返済ができないのではないか」と疑われます。
一方、低めの利用限度額を希望すれば、計画的な返済ができないのではという疑念を抱かれる心配がありません。

なお、アイフルの利用限度額はカードローン契約後に増額可能です。「カードローン契約から6か月以上経過している」「借りたお金を期日通りに返済している」という2つの条件を満たしていれば、インターネットまたは電話で利用限度額を増額することができます。

そのため、カードローン契約時は低めの利用限度額を設定し、必要に応じて後から増額することをおすすめします。
アイフルのカードローンの利用限度額を増額する方法については、「アイフルの利用限度額を増額する方法と増額審査の審査基準」の記事を参考にしてください。

申し込み前に他社借入金額を減らしておく

アイフルのカードローンを契約したい方は、カードローンを申し込む前に、他社借入金額を減らしておきましょう。

すでに述べているとおり、他社借入金額が年収の3分の1以上ある方は、アイフルのカードローンを契約することができません。
そのため、他社借入金額が年収の3分の1以上ある方は、他社借入金額をあらかじめ減らしておかなければ、審査に通過できません。

他社借入金額が年収の3分の1以下であれば、アイフルの審査に通過できる可能性はあります。
ただ、他社借入金額が少なければ少ないほど、アイフルの審査担当者に与える印象が良くなることは言うまでもありません。

アイフルの審査において、他社借入金額が多いことが審査にプラスに働くことはないので、可能な限り減らしておくことをおすすめします。

複数社への申し込みは避ける

アイフルのカードローンを契約したいならば、同時期に複数社のカードローンを申し込むことは避けましょう。

同時期に複数社のカードローンを申し込むことを「多重申込」といいます。アイフルの審査担当者は、多重申込者のことを「お金に困っている人」と考えます。
お金に困っている人に融資をすると貸したお金が返ってこない可能性があるので、多重申込者はアイフルの審査に落ちやすくなるのです。

アイフルのカードローンを契約したいのであれば、アイフルの審査結果が出るまで、他のカードローンに申し込むのは止めましょう。

在籍確認が可能な時間帯に申し込みを行う

アイフルの審査に通るには、在籍確認を完了させる必要があります。在籍確認とは、申込者が申告した勤務先で働いているかを確認するため、アイフルの審査担当者が申込者の職場に電話連絡することをいいます。

在籍確認の電話は、必ずしも本人が出る必要はありません。ただし、電話に出た人がアイフルの審査担当者に「○○(申込者の名前)というものはおりません」「個人情報なのでお答えできません」など、申込者が会社にいるのかどうかわからないような回答をした場合は、「在籍確認がとれない」として審査に落ちる可能性があります。

在籍確認を確実に完了させるには、自分が在籍確認に対応できる時間帯に申し込みを行うのがベストです。
どうしても自分が在籍確認に対応できる時間帯に申込手続きができない場合は、カードローンの申込手続きが終わった直後に、アイフルのコールセンターまで電話することをおすすめします。

在籍確認の電話をかける時間について、アイフルの審査担当者は申込者の希望に沿うよう最大限努力してくれます。
そのため、「〇時~〇時までは外出しているので、別の時間帯に電話をかけてほしい」などと要望を伝えれば、在籍確認の電話をかけてもらう時間を調整してもらうことは可能です。

在籍確認に対応できる時間帯に申込手続きができない方は、カードローン申込後にアイフルのコールセンターに連絡するのを忘れないようにしましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!