学生でもプロミスでお金を借りれるのか

学生の場合、夏休みなど長期休暇の旅行費用や飲み会などのイベントでお金が必要となることが多くあると思います。

アルバイトをしていても出費のほうが多くなるような場合、カードローンキャッシングを利用したいと思う学生も多いでしょう。

「社会人じゃないとキャッシングを利用できないのでは?」、「学生だと審査に通らないのでは?」または「親にバレずに利用できるのか?」など不安に思っている学生もいると思います。

ここでは、特にプロミスのカードローンを学生が利用する際の条件や審査基準などについてまとめましたので参考にしてみてくださいね。

学生でも20歳以上で安定した収入がある場合にはプロミスを利用可能

まずプロミスの申し込み条件を見ていきましょう。プロミスカードローンの申し込み条件は、

「年齢20歳以上69歳以下のご本人に安定した収入のある方」

とプロミスの公式ホームページに記載されています。また、プロミス公式ホームページには、

「アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされている方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます」

とも書かれています。
つまり、18歳・19歳の学生は、たとえ収入があってもプロミスを申し込みすることができません。
未成年の学生の場合、仮にプロミスカードローンに申し込みをしたとしても、申し込み条件を満たしていないので、プロミスから融資をうけることができません。
プロミスの申し込み方法については、「プロミスカードローンの申し込みの流れ」で詳しく解説しております。

18歳・19歳は未成年のためプロミスを利用できない

18歳・19歳の未成年者の場合は、どれだけアルバイトなどによる収入が多くてもプロミスを利用することはできません。
未成年者がプロミスに申し込んだ場合、審査に進むことなく年齢対象外による申し込みキャンセル扱いとなってしまいます。

民法5条
未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

このように民法の規定に未成年に保護者の同意なくお金を融資した場合、その契約は取り消すことができるため、消費者金融業者に契約を取り消された場合に大きなリスクが出てきます。
そのため、プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融会社は未成年者にはお金を貸さないというのが一般的です。
20歳になれば学生でもプロミス申し込み資格を満たしますので申し込みが可能になりますので、20歳以上の学生の方は安心してください。
また、大手消費者金融では20歳以上で安定した収入がある場合には、担保や保証人不要で借り入れが可能です。つまり、家族や周囲の人にバレずに借り入れができます。
ただし、学生でも社会人と同じようにプロミスカードローンに申し込んだ場合には審査を受けないとお金を借りることはできません。では、学生が審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。みていくことにしましょう。

学生がプロミスカードローンの審査に通るためには

もちろん学生がプロミスの融資を受ける際、もちろん審査を受けなくてはなりません。それでは、20歳以上の学生がプロミスの審査に落ちないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。
カードローン申し込み時の審査に落ちないようにするためには、下記の4つのことが大切になります。

  • クレジットカードなどの延滞や滞納がない
  • 他社からの借入件数や借入額が少ない
  • 希望の利用限度額を高くしない
  • 同時に複数のカードローンに申し込まない

この4つの項目をみていきましょう

クレジットカードなどの延滞や滞納がないこと

クレジットカードの支払いなどを滞納した場合には、利用者の信用情報が信用情報機関に登録されて最長で5年間その記録が残ってしまいます。いわゆる、「ブラックリスト」に載ってしまいます。

信用情報とは、クレジットカードやカードローンなどの利用者の利用履歴をいいます。また、信用情報機関というのは、クレジットカードやカードローンの信用情報を利用者より集め管理し、その情報を銀行や消費者金融業者に共有している機関のことです。

プロミスではキャッシングを申し込んだ利用者に対して、信用情報機関より申込者の信用情報を照合して確認し、過去に延滞や滞納(未払い)などの金融事故を起こしていないかをチェックしています。仮に、金融事故を起こしている場合には、返済能力が低いとみなされプロミスの審査に落ちてしまいます。そのため、信用情報機関に事故情報が登録されている5年間はプロミスの審査に通ることは難しいでしょう。プロミスでの延滞や滞納については、「プロミスで返済金を延滞・滞納してしまった場合の対処方法」で詳しく解説しています。

携帯電話本体代金や奨学金の未払いも審査に落ちる原因となる

また、クレジットカード支払い延滞や滞納の他にも気をつけるべきものは下記の2つです。

  • 携帯電話本体料金の延滞や滞納
  • 奨学金の未払い

この2つの項目を説明いたします。

携帯電話本体料金の延滞や滞納

携帯電話の本体代金を分割払いにしている場合、その月々の料金を延滞や滞納すると、信用情報機関に登録されてしまいます。なぜなら、携帯電話の本体代金の分割払いはローン契約と同じだからです。特に、携帯電話料金に本体代が加算されている場合で、毎月その料金を支払っている場合などは滞納や延滞しないように注意しましょう。

奨学金の未払い

奨学金の滞納や未払いもブラックリスト入りしてしまう可能性があります。奨学金を出している独立行政法人日本学生支援機構は、2008年11月から信用情報機関の一つである全国銀行個人信用情報センターに加盟しているからです。つまり、奨学金の未払いの場合には、信用情報機関に事故情報が登録されてしまう可能性が非常に高いです。

他社からの借入件数や借入額が少ない

学生の方は、他社金融機関からの借り入れが少ないと思いますが、他社からの借入件数や借入金額が多いとプロミスの審査に落ちてしまいます。
プロミスでのキャッシング利用は総量規制の対象となるために年収の3分の1を超える借り入れが一切できません。
総量規制とは、過剰な貸付を防ぐため、年収の3分の1を超える借り入れができないように貸金業法という法律で定められた規則です。

例えば、年収300万円の人が現在カードローン会社から80万円借りているとします。
その場合、別のカードローン会社に新規の申し込みをしたとしても、新たに借り入れできる金額の上限は20万円ということです。
また、複数の金融機関からお金を借りていると、返済能力が低いとみなされて審査に通ることが難しいことがあります。プロミスの場合、5社以上の金融業者からお金を借りている場合には審査に落ちてしまうことが多いようです。
プロミスでの総量規制については、「プロミスカードローンは総量規制対象のローンである」で詳しく解説しています。

希望利用限度額を高く設定しない

先ほども述べましたが、プロミスでの借り入れは総量規制の対象です。仮に、年収の3分の1を超える利用限度額を希望したとしても、希望通りにはなりません。
利用限度額の希望は、あくまでの申込者側の希望であるため、年収の3分の1を超えても審査に落ちるわけではありません。ただし、審査の結果プロミス側で決めた年収の3分1未満の「利用限度額」になるでしょう。

同時に複数のカードローンに申し込みをしない

利用者がカードローンに申し込むと、申し込み情報が必ず信用情報機関に登録されます。
プロミスでの審査に際、同時または短期間にカードローンに申し込んだ履歴が残っているとお金に困っているとみなされ審査に通りにくくなることがあります。このような状態を「申し込みブラック」と呼びます。

万が一、「申し込みブラック」になってしまった場合には、信用情報機関から申し込み情報が削除される6か月を待ってから再度申し込みをしましょう。(前に申込をした日から6か月)お金に困っているからといって同時に複数のカードローンに申し込むのは禁物です。

また、学生でもプロミスの審査に有利なる条件としては下記があります。

  • アルバイトの勤続年数が長い
  • アルバイトでの収入が多い

アルバイトの勤続年数が長いと審査に有利になる

安定した収入があるとみなされますので勤続年数は長ければ長い方が良いでしょう。

特に1年間以上、同じところでアルバイトをしていればアルバイトをやめることが少ないとみなされ有利なるケースが多いです。

アルバイトの収入が多い

勤続年数と同じく重要なのが給与額です。
収入についても多ければ多いほどいいでしょう。具体的には年収で100万円(月収8~9万円程度)収入があり、クレジットカードなどでの支払いの延滞や滞納などの問題がないようであれば審査には有利になるでしょう。

学生でもカードローン審査時に在籍確認がある

カードローンのキャッシングの審査に申し込むと、申し込み者の勤務先に電話をして確認をとる在籍確認が行われます。
アルバイト先に在籍確認の電話連絡がプロミスの担当者からきますが、その際にはプロミスの名前を名乗ることはないので安心してください。もし、アルバイト先への在籍確認の電話に抵抗があるようでしたら、事前に勤務先に「クレジットカードを作ったので勤務先に電話がくる」旨を伝えておくのもいいでしょう。
なお、プロミスの在籍確認については、「プロミスでの在籍確認のタイミングと電話の内容」に詳しく記載しております。

親や友人にバレずにプロミスでキャッシングするには

学生の場合、親や友人に内緒でキャッシングをしたいと思う方も多いと思います。実際、プロミスでは周りの人にバレずにキャッシングすることも可能です。
では、どのような申し込み方法があるのか見ていくことにしましょう。

インターネットで申し込みをする

プロミスのキャッシングの申し込みをする際に、誰にも会わずかつ、自宅への郵便物の送付もしたくないという場合には、WEB完結でも申し込みが可能です。
「WEB完結」とはインターネットで申し込みをして、「口フリ(口座振替)による返済」を選ぶことで自宅への契約書類の郵送をなしに契約が可能です。
また、申込時に「カードなし」を選択するとローンカードも自宅へ送付されません。(ローンカードの発行が必要になった場合には、店頭窓口または自動契約機から発行することも可能です。なお、店頭窓口または自動契約機で契約した場合には、その場でローンカードが発行されます。)

ただし、「カードなし」を選択する場合には、口座振替(口フリ)による返済が必須になります。
口座振替による決済で利用できる主な金融機関を下記の通りです。

  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行

上記にあげた以外にも、多くの金融機関で利用できますので、事前に口座を持っていれば、自宅にカードを郵送されるのを避けたい方にはおすすめです。

Web明細を利用すると自宅に利用明細が届かない

プロミスを利用時には必ず、利用明細書が発行されます。利用明細についてもインターネットでの申込時に、「書面の受取方法について」という項目欄がありますので、
パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて「書面(Web明細)を確認」をクリックすれば、利用明細が自宅へ送られてきません。

初回の契約であれば借入日から30日間無利息サービスを受けられる

プロミスを初めて利用する際、30日以内にメールアドレスを登録し、WEB明細に申し込めば、30日間無利息でキャッシングを利用することができます。
30日以内に全額返済した場合には、利息は一切かかりません。
また、全額返済しなかったとしてもサービス期間中の残高については利息がかからないので、学生ローン(実質年利が15.0%~18.0%)と比較した場合大変お得なサービスです。
ただし、プロミスカードローンの金利は4.5%~17.8%と学生ローンよりも高めですので注意しましょう。
この無利息期間サービス中に、一部でも借入金が返済できるようなら、学生の方でもプロミスでのキャッシングをぜひおすすめします。

プロミスの会社名はSMBCコンシューマーファイナンスといいます。名前でおわかりの通り、三井住友フィナンシャルグループの一員です。メガバンク系の消費者金融ですので、キャッシング利用が周囲にバレたり、万が一返済を延滞してしまっても「怖い人が家にくる」なんてことは一切ありません。

また、返済方法もコンビニやインターネットバンキングなどで行うこともできますので、申込から借り入れまでそして、返済まで周囲の人を気にせずにキャッシング利用ができるのもプロミスカードローンをおすすめするポイントの1つといえるでしょう。