クレジットカードの返済の遅延はプロミスの審査に悪影響が出る

クレジットカードで返済時の支払いに遅延がある際に、プロミスを申し込みをするとプロミスの審査に悪影響がある場合ことがあります。

それでは、クレジットカードの支払いをどのくらい遅延した場合に、プロミスの審査にどのような影響があるのでしょうか。

また、プロミスで借り入れがある場合と、新たにクレジットカードを申込む際の審査にどのように影響するのかについても触れていきます。

クレジットカードの支払いに遅延がある場合にはプロミスの審査に落ちてしまう場合がある

結論から言うと、クレジットカードでの返済時の支払い遅延は、プロミスの審査にマイナスの影響を及ぼします。(クレジットカードの支払いが長期に渡る場合には、プロミスの審査に落ちてしまう場合もあります。)

なぜ、クレジットカードの支払を遅れると、プロミスの審査にどのような悪影響が出てきてしまうのでしょうか。

クレジットカードの支払い遅延は利用者の信用情報記録されプロミスの審査時に参照される

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払い状況・利用残高などの「信用力」を判断するための参考情報のことです。

これらの信用情報は、個人信用情報機関で管理されています。クレジットカードや銀行カードローン・消費者金融系カードローンに関する信用情報(契約内容・借入金額・支払い状況・残債額など)をクレジット会社などから収集し、それらクレジット会社からの照会に応じて情報を提供する会社のことです。現在日本には、個人信用情報機関が以下の3つ機関が存在しています。

プロミスでの審査の際には、これら申込者の信用情報を照会して、長期の滞納や債務整理の有無などの金融事故情報(異動情報)の有無を確認します。
プロミスではこれらの申込者の信用情報をもとに、プロミスではお金を貸しても大丈夫な人かどうか(返済の能力があるかどうか)の審査基準の1つとしています。

金融事故とはローンやクレジットの返済の際になんらかの問題があったもの

金融事故とは、長期の延滞や任意整理、自己破産などの返済上でなんらかの問題のあったものをいいます。主な金融事故の種類は次の通りです。

  • 長期延滞
    ローンやクレジットカードの支払いを2~3ヶ月以上の延滞をしている状態のこと
  • 代位弁済
    債務者以外の第三者または、共同の債務者の1人などが、債権者に対して債務の弁済をすること
  • 債務整理
    自己破産や任意整理など債務の免除や返済額の軽減などの整理のこと
  • 強制解約
    契約違反などによって、契約を強制的に解約されてしまったケース

プロミスでは、借り入れ時の審査の際に利用者の信用情報に遅滞情報などの金融事故情報が記録されていると、返済能力のない人とみなされるため、プロミスの審査に落ちてしまいます。
それでは、クレジットカードの支払いがどのくらい遅れてしまうと長期延滞の扱いになってしまうのでしょうか。

クレジットカードの支払い遅延が61日以上に渡ると長期の延滞され信用情報に事故情報が記載される

クレジットカードの支払い遅延が61日以上または3か月以上に渡ると、長期延滞と「異動」の扱いとなり、いわゆる「ブラック」になってしまいます。これはCICやJICCの公式サイトにしっかりと明記されています。

もちろん、上記で挙げた61日以上または3か月以内であれば、クレジットカードの支払いを遅延して良いという話ではありません。
ただし、61日以下の遅延でも、以下のケースに該当すると、支払いの遅延があったとみなされ金融事故扱いになってしまいます。

  • 支払い遅延の日数は短いが、遅延する回数が多い
  • キャッシング総額が大きい
  • 支払いが遅れる際に、クレジットカード会社への連絡がなかった
  • 督促電話などの連絡を無視した

そのため、上記に該当している方は、既に金融事故扱いになっている可能性があります。
このまま、プロミスに申し込みをして、審査を受けたとしても審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。

クレジットカードのキャッシング枠で借り入れをしているようなら事前に返済シュミレーションをしてみる

プロミスでは、申し込み前にWEB上にある借り入れシュミレーションを利用して、事前に融資の可否を判断できます。もし、プロミスの審査に通るかどうか不安でしたら、是非ご利用ください。ただし、この「借り入れシュミレーション」はあくまでも目安です。

プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

利用者本人の信用情報を閲覧できる

個人信用情報機関では自分の信用情報を閲覧することが可能です。カードローンキャッシングなどの事故情報を確認したい場合はJICC、クレジットカードに関する信用情報を確認したい場合はCIC、銀行などの金融機関からの借入内容や支払状況を確認したい場合は全国銀行個人信用情報センターで確認してみてください。
CICやJICCは窓口や郵送、またはスマートフォン経由で申込者本人の信用情報の開示請求をすることができます。
一方、全国銀行個人信用情報センターの場合は、登録情報開示申込書を郵送で送ることでのみ開示が可能です。なお、登録情報の開示請求には窓口請求の場合は500円、郵送請求の場合は1,000円の手数料が必要です。

開示請求される情報の中に滞納や債務整理などの事故情報もある

個人信用情報機関によって信用情報開示書の書式は異なりますが、個人信用情報の開示請求をした場合に閲覧できる主な情報は下記の4つです。

  • 住所、氏名、勤務先などの個人情報
  • 金融機関での借入件数や借り入れ額の情報
  • 融資申し込み情報
  • 利用記録(カードローン会社が申し込みの際に調査した記録)
  • 異動情報(事故情報)

もし、金融事故を起こしている場合には、異動情報という欄に、延滞、延滞解消、債務整理などの情報が記載されます。

プロミスで借り入れがある場合のクレジットカードの審査への影響

それでは、これまで述べてきたこととは逆に、プロミスでの借入ある場合、クレジットカードの審査にどのような影響があるのでしょうか。
プロミスで借り入れがある場合、新たにクレジットカードの審査に対してマイナスの影響を及ぼします。
しかし、プロミスで借り入れがあるからといって、必ずしもクレジットカードの審査に通らないということではありません。
プロミスの借り入れがある場合に、新規のクレジットカード発行時の審査の影響がある場合はどのような場合なのでしょうか。

プロミスでの借り入れの他金融事故の記録や他社借入があるとクレジットカードの審査に落ちてしまう

クレジットカード発行の審査において、プロミスの審査時と同様に、利用者に金融事故の履歴がある場合は、返済の信用が無く、クレジットカードの審査に通過することは難しいです。また、複数社から借り入れがある場合も、月々の返済額が年収に見合っていない(月々の返済額が多すぎる)、借り入れ総額が多いと審査に通過することは難しいです。
もちろん、クレジットカードの申し込み時に、消費者金融での借入額の虚偽の申告をしても、クレジット会社は、審査時に個人信用情報機関で借り入れ情報を照会するので、バレてしまいます。

ただし、プロミスをはじめとする消費者金融の借り入れについては、クレジットカード会社の自社審査の基準によって、他社での借入額が多い場合でも、年収が多いまたは金融事故の記録がまったくない場合には、クレジットカードの審査に通過できる可能性があります。

なお、住宅ローンの借り入れは、支払いの遅延等が無ければ、クレジットカードの審査にはほとんど影響しません。なぜなら、銀行や信用金庫の住宅ローンの審査は、クレジットカードの審査より基準が厳しく設定されているためです。

クレジットカードのキャッシング枠が下げられる可能性もある

プロミスで借り入れがあるとクレジットカードのキャッシング利用限度額が下げられるもしくは、クレジットカードのキャッシング枠が利用できなくなる可能性があります。
クレジットカードのキャッシング枠の利用は、総量規制のルールに沿って融資が行われます。そのため、キャッシングで利用できる最大利用額は、プロミスなどの消費者金融の借り入れも含めて年収の3分の1となります。

プロミスでの借り入れがある場合には、プロミスでの借り入れ額に応じて、クレジットカードのキャッシングの利用限度額が下げられる可能性もあるので注意しましょう。

プロミスでの借り入れがあってクレジットカードの審査に通るか心配な場合にはプリペードカードをおすすめ

プリペイドカードとは、利用者があらかじめカードに現金をチャージし、その範囲内でクレジットカードと同じようにVisaやMastercardなどの加盟店で買い物などの利用できるカードのことです。基本的に、クレジットカードと同じように利用できますが、あらかじめ購入・チャージした残高の範囲内でのご利用になるので、使いすぎの心配がありません。

三井住友VISAプリペイドならプロミスでの借り入れ金をチャージできる

プロミスと同じグループである三井住友カードのサービスのプリペードカード「三井住友VISAプリペイド」は、「プロミスの振込キャッシング」を使って、プロミスでの借り入れ金を三井住友VISAプリペイドにチャージがすることができます。
この三井住友VISAプリペイドはVISA加盟店であれば、クレジットカードである三井住友VISAカードと同様にVISA加盟店での買い物などで利用できますので大変便利です。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間