消費者金融でお金を借りらない理由とは

「消費者金融なら誰でもお金を絶対に貸してくれる」「銀行より審査が甘いから簡単」などといったインターネットなどの口コミある消費者金融ですが、お金を貸す以上「返してもらえないリスク」がつきものです。
「審査も甘く誰でも簡単に貸してくれる消費者金融などの金融機関は」なんてありません。

消費者金融で借りられない人、消費者金融でのキャッシング時の審査で審査落ちを繰り返す人にはどんな原因があるのでしょうか?

消費者金融でお金を借りられない理由とはなにか

消費者金融のカードローンを利用する時には、お金を貸してよいのかどうかを、申込時の審査で判断します。
キャッシングの審査に落ちてお金を借りられないという人は、以下のような「消費者金融でお金を借りられない原因を」持っている可能性が高いです。

  • 申込者の属性情報に問題がある場合(職業や年収、雇用形態など)
  • 申込者の他社借入状況信用情報に問題がある場合

それでは、上記2つのケースを詳しく解説していきます。

申込者の属性情報が問題で消費者金融から借りられない場合

消費者金融で融資を受ける時、審査基準の1つとなっているのが、申込者の属性情報です。申込者の属性とは、申込者の年収や職業・雇用形態または住まいや家族構成などの個人情報をいいます
消費者金融や銀行などの金融機関は、申込時に利用者の年収の他に世帯構成や住居の種類、居住年数、勤務先などを申告させることで、返済能力があるかを判断しています。
つまり、利用者の属性に問題があると消費者金融から融資を受けることは難しくなります。
それでは属性に問題があるとはどのようなことなのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。

安定した収入がない

消費者金融のカードローンを申し込むの際には、利用者は年収以外に世帯構成や住居の種類、居住年数、勤務先などの入力が求められます。一昔前までは、消費者金融が「サラ金(サラリーマン金融)」と呼ばれていたことからもわかるように、公務員や正社員などの比較的安定した収入のある人しか申し込みすることができませんでした。
現在では、公務員や正社員ではなくアルバイトやパート、派遣社員や自営業なども消費者金融を申し込みことは可能です。ただし、無職の方や専業主婦などの無収入の方は安定した収入がないために消費者金融に申し込みできません。

消費者金融のローンは総量規制の対象である

総量規制とは貸金業法で定められた規則で、消費者金融を含む貸金業者は「個人から貸付をする際には年収の3分の1を超えてはならないと」という決まりです。(貸金業からの貸付であれば、他社貸付額も含めた合計額となります。)

例えば、年収600万円の人の場合、現在他社消費者金融などの貸金業での借り入れないとすると、利用限度額の上限は年収の3分の1である200万円となります。

つまり、申込者の収入が0円の場合には、利用限度額の上限も0円となりますので、収入がない場合には消費者金融を利用することはできません。(年金生活者の場合には、年金以外の収入がありかつ申込可能な年齢の範囲内であれば申し込みが可能です。)

アルバイトやパート・自営業者は収入が不安定なために審査に不利になる場合がある

消費者金融での借入時の審査では、安定した収入があっても公務員や正社員に比べて、アルバイトやパートまたは自営業者は審査に不利になる場合があります。その理由は、自営業者や個人事業主の場合には収入が不安定であるとみなされてしまうからです。(水商売の方も同様)
しかし、審査時に不利になってしまうのをカバーできるポイントがあります。それは、収入証明書類を提出して、安定した収入があることをアピールすることです。

返済能力があることを示すために少額でも収入証明書類を提出する

消費者金融では、希望の利用限度額が50万円を超える場合または他社借入分と希望の利用限度額が100万円を超える際には、給与明細書や確定申告書などの収入証明書類の提出が必要になりますが、上記以外の場合は通常収入証明書類の提出が不要です。
しかし、収入証明書類の提出が不要な金額を希望していても、確定申告書や納税証明などの収入証明書類を提出することで、審査担当者に安定した収入をアピールすることが可能となります。

他社借入や信用情報が問題で消費者金融から借りられない場合

消費者金融でのキャッシングができる前提として、安定した収入があることです。しかし、他社借入件数や金額が多い場合や信用情報に問題がある場合は安定した収入があっても消費者金融からお金を借りることができません。

他社借り入れ件数や金額が多いと審査に落ちてしまう

消費者金融の審査では、必ず他社消費者金融やクレジットカード会社の何社から借り入れいるのかをチェックされます。同じ金額を借り入れ入り場合でも複数社から少しづつ借りている人よりも1社からまとめて借りている人の方が評価が高くなります。

また、同時に3社を超える借り入れ件数があると審査に通らなくなったり、他社借り入れ件数が5社以上の場合には審査に落ちてしまうこともありますので注意しましょう。

信用情報に金融事故(異動情報の)の記録があると審査に落ちてしまう

信用情報とはある個人がクレジットカードやローンカードを使った記録やお金を返した履歴のことです。信用情報は信用情報機関というところに記録されていて、消費者金融や銀行は申込者の信用情報を必ず審査時に確認したうえで融資の可否を決めています。
それでは、信用情報にどのような問題があると消費者金融からお金を借りることが難しくなるのでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンなどの金融機関でお金を借りる際にはキャッシングやローンの審査で申込者の信用情報をチェックします。その際に、利用状況に事故情報(異動情報)がないかを確認します。金融事故の記録があると審査に通らない可能性が高くなります。いわゆる、ブラックやブラックリストに載ると言われる状態です。

金融事故とは長期の延滞や債務整理などの返済時に問題のあったもの

金融事故とはローンやクレジットカードの返済で何らかの問題が発生し、遅滞や債務整理など通常通りに返済が終わらなかった場合をいいます。金融事故が起こると事故情報(異動情報)として記録されます。金融事故の種類には主に以下のようなものがあります。

  • 2~3か月以上の返済金の長期の延滞
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの事故情報が一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この事故情報があると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

短期間に複数の消費者金融に申し込みをした場合も審査に通らない

短期間に複数の消費者金融などの金融機関に申し込みをすると、すべての申し込み情報が利用者の個人信用情報機関に登録されます。新たにカードローンやクレジットカードに申し込む際、短期間に複数のカードローンに申し込んだという情報が残っていると、お金に困っている人とみなされて、返済能力に問題があるのかと疑われ審査に通りにくくなることがあります。このような状態を申し込みブラックといいます。
個人信用情報機関では利用者の契約履歴は6か月以内に削除することが義務付けられていますので、6か月を経過すれば、信用情報より申し込み情報が削除されます。
下の表に、個人信用情報別に申し込み履歴も含めた金融事故の履歴が消える期間を記載しておきますので参考にしてみてください。(ブラックリスト入りしてから記録が消える期間)

個人信用情報機関での事故情報の記録が消える期間
個人信用情報機関  複数の金融機関への申込履歴 延滞 債務整理 強制解約
CIC 6か月 5年 5年 5年
JICC 6か月 1年 5年 5年
KSC 8か月 5年 10年 5年

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


消費者金融でお金を借りられない場合の対応策

それでは、消費者金融でお金を借りることのできない場合にはどうしたらいいのでしょうか。消費者金融でお金を借りられない場合は、次の3つの対応策があります。

  • 安定した収入を得るあるいは現状の借入を一括返済する
    (属性を改善する)
  • 銀行カードローン利用する
  • 周り人からお金を借りる
  • 自分の持っているものを売る

収入を得るあるいは現状の借入を一括返済する

消費者金融でお金を借りるには安定した収入を得ていることが最も重要です。
現在収入がない人はとにかく収入を得るようにしましょう。
無職であればアルバイト先を探し、専業主婦であってもパート先が見つかれば、
お金を借りることができるようになります。無収入の人の場合にはなんらかの安定した収入を得られるようにしましょう。
ただし、消費者金融の審査において、安定した収入はあくまでも審査に落ちないため最低限必要なことです。よって、年収があまりにも低い場合などは収入があっても審査に通らない場合があります。

また、現在消費者金融などから借りているお金を一括返済や繰上げ返済などして、少なくとも現在の借入残高を減らしておくようにしましょう。
そうすることで、他社借入件数や金額が減るために消費者金融からお金を借りやすくなります。

銀行カードローンを利用する

銀行カードローンは消費者金融と同じように、キャッシングを利用してお金を借りることが可能ですが、銀行カードローンは総量規制対象外です。

そもそも、銀行は消費者金融などの貸金業とは別の区分で、銀行法が適用になるためです。
そのため、総量規制が原因で消費者金融からお金を借りられない場合には、銀行カードローンを検討してみるのもいいでしょう。ただし、銀行カードローン多くは、申込条件として安定した収入がある方を条件としています。また、総量規制の対象外とはいえ、銀行カードローンでの借りすぎには充分注意して利用するようにしましょう。

周りに人に借金の申し出をする

消費者金融からも銀行からも借りられないけどどうしてもお金が必要という際には、恥を忍んで周りの人に頭を下げてお金を借りることも検討してみましょう。
借金をとがめられるかもしれませんが、消費者金融で借りられないゆえにヤミ金(闇金)を利用して、法外な返済トラブルに発展するよりはずっと良いはずです。

家にあるもの不用品を売る

自分が所持しているものを買い取ってもらうことで、お金を手にすることができます。
例えば、高価なもの、ブランド物、時計、アクセサリーなどをリサイクルショップや高価買取店に売るのであれば、キャッシング業者で借入れよりも多くのお金を手に入れることも可能ですよ。中には切手なども売ることができるお店もあるので、自分が持っているものがどのくらいの値段になるのか、口コミ情報や買取の体験談などを調べてみてはいかがでしょうか。