ブラックリストの人でもアイフルの審査に通過できるのか?

ブラックリストに登録されている方の中には「アイフルはブラックでも審査に通る」という噂を聞いたことがある人もいるでしょう。
そのため、アイフルからお金を借りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、残念ながらアイフルはブラックリストに登録されていても審査に通るという噂は、事実ではありません。
ブラックリストに登録されている人はアイフルの審査に必ず落ちるので、どうしてもお金を借りたいなら他の手段を検討しましょう。

では、ブラックリストに登録されている人は、どうすればお金を借りることができるのでしょうか。
ブラックリストの人がアイフルの審査に落ちる理由や、ブラックリストに登録されている人でも審査に通過すると言われてしまう理由とともに、詳しく見ていきましょう。

ブラックリストの人はアイフルの審査に落ちる

ブラックリストに登録されている方は、アイフルの審査に必ず落ちます。「ブラックリストに登録されている方」とは、カードローンやクレジットカードの利用代金を期日通りに返済せず、信用情報に金融事故の記録が残っている状態の方を指します。

以下に示す条件に合致する方は、ブラックリストに登録されている状態なので、アイフルの審査に通過することはできません。

【ブラックリストに登録される条件】

  • 過去5年以内に消費者金融やクレジットカード会社への返済を、2か月間以上連続して遅延させたことがある
  • 現在、アイフル以外の消費者金融やクレジットカードで返済遅延や滞納をしている
  • 過去10年以内に自己破産や任意整理などの債務整理を行ったことがある

返済遅延や自己破産などの金融事故を経験している方、現在進行形で返済遅延をしている方はブラックリストに登録されているため、アイフルの審査に落ちてしまうので注意しましょう。

アイフルとトラブルになった経験のある人も審査に落ちる

ブラックリストに登録されていなかったとしても、過去にアイフルとの間でトラブルを起こしている場合は、アイフルの審査に落ちる可能性があります。

アイフルは過去に取引のあった顧客のデータを、すべて社内で保管しています。信用情報に登録されたブラックリストの情報は金融事故発生から5~10年が経過すれば消滅しますが、アイフルの社内にある顧客データからブラックリストの情報が消えることがないと言われています。

たとえ信用情報に問題がなかったとしても、顧客データの中に返済トラブルの記録が残されていれば、アイフルの審査担当者に「過去に返済トラブルを起こしたことがあるなら、今回も返済トラブルを起こすかもしれない」と思われる可能性が高いです。
そのため、過去にアイフルとの間でトラブルを起こしている方は、アイフルから二度と融資を受けられなくなる可能性があります。

過去にアイフルとの間でトラブルを起こしている方の場合、ブラックリストに登録されていないのであれば、他の金融機関からは融資を受けられる可能性があります。
アイフルからお金を借りることは諦め、プロミスやSMBCモビットなど、他の金融機関からお金を借りられないか検討してみましょう。

ブラックでも審査に通ったという噂がある理由

アイフルの審査について調べているとき、「ブラックなのに審査に通過した」という書き込みを見つけた経験のあるかたは多いのではないでしょうか。
しかし、先ほども述べた通り、ブラックリストに載っている方はアイフルの審査に通過することができません。

では、なぜブラックでも審査に通ったという噂があるのでしょうか。最も考えられる理由は「実はブラックリストに名前が載っていないから」です。

実際にはブラックリストに登録されていないにもかかわらず、ブラックリストに登録されていると思い込んでいる人がアイフルに申し込むと審査に通過するケースがあることから、アイフルはブラックリストでも審査に通るという噂が生まれたものと考えられます。

たとえば、以下に示すケースは、ブラックリストとして扱われることはありません。

【ブラックリストとして扱われないケース】

  • すでに消費者金融から借入をしているが、遅延することなく返済を続けている
  • カードローンやクレジットカードの返済が2~3日ほど遅れたことがある
  • 債務整理を行ってから10年以上が経過している

繰り返しますが、ブラックリストに登録されている方は、アイフルのカードローン審査に通過することができません。
「ブラックだけど審査に通過した」というのは、発言者本人の勘違いでしかないので、真に受けないよう注意してください。

過払い金請求をしてもブラックリストには載らない

過払い金とは、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用した際に、貸金業者に支払い過ぎた利息のことです。
そして、過払い金請求とは、貸金業者に支払った過払い金を返してもらう手続きのことです。

インターネット上では、過払い金請求をするとブラックリストに載るため、貸金業者からお金を借りられなくなるという噂がありますが、事実ではありません。
なぜなら、2010年に金融庁から「過払い金返還請求は法律で認められた正当な権利でるため、信用情報に登録することを禁止する」とする通達が出されている
からです。

そのため、過払い金請求をしてもブラックリストに登録されることはないので、安心してください。

ブラックリストに登録されているかどうかを知る方法

ブラックリストに登録されているかどうかを知りたい方は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求をするのがおすすめです。
個人信用情報機関とは信用情報を保管している機関のことで、以下の3つがあります。

【日本に存在する個人信用情報機関】

名前 概要
CIC 主にクレジットカード会社が加盟
JICC 主に消費者金融が加盟
KSC 主に銀行が加盟

アイフルはCICとJICCの2つに加盟しているため、審査ではCICとJICCに登録された信用情報をチェックします。
そのため、アイフルから融資を受けたいならば、CICとJICCに登録されている信用情報の開示請求を行いましょう。
「信用情報についてもっと詳しく知りたい」「信用情報を開示する方法について詳しく知りたい」と考えている方は、こちらのサイトを参考にしてください。

家族にブラックリストの人がいても審査に影響はない

家族の中にブラックリストの人がいても、審査に影響はありません。

信用情報は個人単位で管理されています。アイフルの審査担当者が審査の際にチェックするのは申込者の信用情報のみであり、家族の信用情報は参照しません。
つまり、アイフルの審査担当者は、申込者の家族にブラックリストの人がいるかどうかを知る術がないのです。

そのため、家族にブラックリストの人がいるからといって、アイフルの申し込みをためらう必要はありません。自分自身の信用情報に問題がないのであれば、安心して申し込んでください。

審査が不安な場合は1秒診断を試してみるのがおすすめ

「ブラックリストに登録されていないことはわかったけど、審査に通るか不安」と考えている方は、アイフルの1秒診断を試してみましょう。

1秒診断とは「年齢」「雇用形態」「年収」「他社借入金額」の4つを所定のフォームに入力するだけで、融資を受けられる可能性があるかどうかを判断するツールのことです。
1秒診断の結果「ご融資可能と思われます」と表示されたら、アイフルから融資を受けられる可能性が高いので、申し込んでみることをおすすめします。

ただし、1秒診断で表示される結果は、限られた情報に基づいた簡易的なものに過ぎません。そのため、1秒診断で融資可能と表示されても、本審査に必ず通過できるわけではないので注意してください。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!


アイフルからお金を借りられないときの対処法

「ブラックリストに登録されている」「1秒診断で融資不可能と診断された」など、アイフルから融資を受けることができずお困りの方に、アイフルを利用する以外の対処法を紹介します。

公的機関で借り入れをする

アイフルから融資を受けられないときは、公的機関からお金を借りられないか検討してみましょう。

たとえば、社会福祉協議会という機関は「生活福祉支援貸付制度」という貸付制度を実施しています。
生活福祉支援貸付制度とは、「低所得者世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」の人が、生活再建に必要なお金や教育費用などを借りられる仕組みのことです。

生活福祉支援貸付制度を利用したい方は、お住いの地域にある市区町村社会福祉協議会に相談してみましょう。
生活福祉支援貸付制度についてさらに詳しい情報を知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください。

質屋からお金を借りる

アイフルから融資を受けられないときは、質屋からお金を借りることも検討してみてください。

質屋は金融機関ではないので、信用情報に問題のある方でもお金を借りられます。ただし、質入れする商品がローンを完済していないものだったり、他人の所有物だったりする場合はお金を借りることができません。

また、質入れする商品に金銭的な価値がないと判断された場合は、希望通りのお金を借りられない可能性があるので、注意してください。