アイフルは自営業や個人事業主でも審査に通過して利用できるのか

自営業や個人事業主の方でもテレビCMで有名な大手消費者金融であるアイフルを利用してお金を借りたいと思っている方も多いかと思います。
自営業者や個人事業主の場合、公務員や会社員の方とは異なり、たとえ、カードローンの申し込みをしてもアイフルの審査に落ちてしまうのではないかと思っている方も少なくありません。
アイフルでは、ただ自営業者や個人事業主という職種だけで、キャッシングローンの利用ができない、または審査に落ちてしまうということは決してありません。
また、アイフルでは、アコムやプロミスといって大手消費者金融と同じようにビジネスローン商品の取扱もしています。
ここでは、自営業者や個人事業主がプロミスカードローンを利用する際に審査に有利になる方法、また、プロミスの事業向けビジネスローンである自営業者・個人事業主専用ローン「事業サポートプラン」についても詳しく解説いたします。

アイフルは自営業者や個人事業主でも申し込みが可能

アイフルを利用するための条件は、以下のとおりです。

年齢が20歳以上70歳未満で定期的に収入があり、返済能力がある方

上記の条件を満たしていれば、自営業者や個人事業主でもアイフルでも申し込みが可能です。
つまり、20歳から69歳の間で、かつ安定した収入があれば、自営業や個人事業主でもアルバイトでもパートでも学生でも職業や雇用形態を問わずにアイフルにキャッシングに申し込みがすることができます。
上記に記載されている定期的に収入があるとは、毎月収入があるということです。
ただし、事業をはじめたばかりで全く収入のない人は、無職あつかいとなりますので、アイフルに申し込みをしても、すぐに審査に落ちてしまいます。

アイフルは総量規制対象のカードローン

アイフルをはじめ消費者金融では、他社からの借入総額が年収の3分の1以上あるいは、3分の1近くある場合には貸金業法に規定されている「総量規制」という規制があるために、アイフルでの審査には通りません。
総量規制とは、消費者金融などの貸金業者が個人にお金を貸す際に、総借入残高が借り手の年収の3分の1を超えてはいけないという、貸金業法という法律で定められた規制です。

自営業や個人事業主でも申し込み方法は公務員や会社員などと変わらない

自営業や個人事業主でもアイフルのキャシングローン(通常のフリーキャッシング)の申し込み方法は、公務員や会社員などと同じです。
アイフルの申し込みをする場合には、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。申し込みや契約に必要な書類は次のいずれかの書類1つで問題ありません。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(+例)マイナンバーカード)

本人確認書類に記載されている住所と申込者の現住所が異なる場合には、6か月以内に発行された公共料金や社会保険などの領収書または納税証明書が必要となります。

申し込み・契約時に収入証明書が必要な場合

収入証明書を用意する必要がある場合について、アイフルの公式ホームページなどでは下記のように説明されています。

  • アイフルにおいて50万円を超える契約を行う場合
  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

アイフルで有効な収入証明書は、自営業者や個人事業主の場合、下記のものを収入証明書として提出することができます。

  • 収受日付印のある確定申告書B第1表・2表と所得税青色申告決算書
    (白色申告の場合は収支内訳書)

尚、個人事業主でありながら会社員として源泉徴収票も同時に交付されている場合、収入証明書として有効なものは、収受日付印のある確定申告書または課税証明書や所得証明書になりますので注意が必要です。

自営業や個人事業主の場合は借入時の審査の際に不利になることもある

自営業者や個人事業主は、給与所得者の公務員や会社員などとは違って、年収が安定していないため、たとえ年収が高くても、会社員や公務員に比べ、アイフルで契約時に設定される利用限度額が低くなることがあります。
特に、自営業者や個人事業主での利用限度額が50万円を超えると審査のハードルが高くなる傾向にあります。
これでは、自営業者や個人事業主は会社員などの給与取得者と比較して、審査においてはデメリットになります。
では、どうしたら自営業者や個人事業主がアイフルでの審査に不利にならないようにできるのでしょうか。

50万円以下収入証明書を提出して返済能力があることをアピールする

アイフルでは、さきほど申し上げたとおり、アイフルにおいて50万円を超える契約を行う場合と他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要です
つまり、他社からの借り入れがない場合、50万円までは収入証明書の提出は不要となります。

しかし、アイフルでの希望の利用限度額が50万円以下だとしても、収入証明書の提出をするなどして返済能力があることをプロミスの担当者に認識してもらうようにしましょう。

勤務先に固定電話がない場合には事前に担当者に相談する

自営業や個人事業主というのは、収入の面で安定しているかどうかがポイントになってきます。中には自宅が職場(勤務先)となっている場合、固定電話を持ってない場合もあるかと思います。
しかし、一般的に大手消費者金融を含む金融機関では、自営業や個人事業主に対して、固定電話が無い場合、キャッシングやカードローンで借入することは難しくなります。たとえば、他の大手金融機関の場合は下記のようになっています。

  • プロミス;固定電話がない場合には、収入証明書または取引先との注文請書・注文書など自営業をしていることを証明する書類が必要
  • モビット:勤務先に固定電話がないと申し込みは不可能
  • レイク:勤務先に固定電話がない申し込みは不可能
  • アコム:固定電話がなくても申し込み可能

つまり、申し込みの段階で門前払いになってしまうこともあるのです。
(借り入れの審査すら受けることができない。)

アイフルなら固定電話のない自営業者や個人事業主でも申し込み可能

自営業や個人事業主の場合は一般的に、大手消費者金融や銀行などの金融機関にカードローンなどを申し込みしても、固定電話が無い場合には審査に通ることができませんが、アコムであれば申し込み可能です。ただし、自営業者や個人事業主で、勤務先の固定電話がない場合には、自営業者や個人事業主を証明する取引先の領収書などの書類が必要になる場合もあります。

アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


アイフルでは自営業や個人事業主のみが利用できるビジネスローンの取扱いもある

ビジネスローンは急な事業資金の調達に便利

自営業者や個人事業主などの経営者が事業資金を借りる方法として低金利で高額の借り入れができる日本政策金融公庫や銀行・信用公庫から事業用資金の融資を受けるのが一般的です。
しかし、これらの金融機関から融資を受けるためには、提出しなければならない書類が多く、審査にかかる期間も1~2カ月と長くなるため、急に事業資金が必要になった場合には利用することが難しいです。
どうしても、すぐにお金が必要な場合には便利なのがアイフルのビジネスローンです。
アイフルのビジネスローンは、日本政策金融公庫や銀行・信用金庫などの事業社向けローン比べて金利は高く、また利用限度額は低いですが、提出する必要書類が少なく手続きが簡単で、審査の時間も申し込みから最短で即日融資も可能です。

アイフルのビジネスローンは総量規制の例外

アイフルのキャッシングローン(通常のカードローン)は、先ほど申し上げたように、総量規制の対象のローンです。そのため、利用限度額の上限は総量規制で定められている申込者の年収の3分の1の範囲内に制限されます。
一方、アイフルの事業サポートプラン(ビジネスローン)は、自営業者や個人事業主、または法人に特化したビジネスローンのため、事業の実態が確認できる「事業計画書」などの書類を提出することで、総量規制の例外とみなすことができ、申込者の年収の3分の1を超える借入が可能となります。下の図に、アイフルのビジネスローン詳細を記載いたしました。

事業サポートプラン 無担保ローン詳細
事業サポートプラン<個人プラン> 事業サポートプラン<法人プラン>
対象 個人事業主 法人
資金使途 事業資金(運転資金・設備投資資金)
融資額 1万円~500万円
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 借入後残高スライド元利定額
リボルビング返済方式
元利定額返済方式
元金一括返済方式
(カードローン可)
返済期間・回数 最長10年(120回)
担保・保証人 不要 代表者の連帯保証:原則必要担保・第三者連帯保証:原則不要
必要書類 本人確認書類、確定申告書(青・白)
事業内容確認書(アイフル所定)
代表者の本人確認書類 決算書2期分、商業登記簿謄本
事業サポートプラン 不動産担保ローン詳細
不動産担保ローン 事業サポートプラン
対象 法人、または個人事業主
資金使途 事業資金(運転資金・設備投資資金)
融資額 100万円~1億円
借入利率 6.8%~12.0%
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元金一括返済方式
返済期間・回数 最長10年(120回)
担保・保証人 担保:土地・建物(不動産)保証人:法人の場合は代表者の連帯保証原則必要

また、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関で事業用資金の融資を受ける際には、保証人が必要ですが、自営業者や個人事業主が対象となっている事業サポートプラン<個人プラン>の場合には、担保・連帯保証人不要で融資を受けることが可能です。
(事業サポートプラン<法人プラン>には代表者の連帯保証…原則必要)

自営者ローンの申し込み・契約方法は異な


自営者ローンの申し込み・契約方法は店頭窓口と郵送のみである
アイフル自営者ローンの手続き方法申込から利用までの流れは下記になります。

  • 申し込み(インターネットや電話でも可能)
  • 審査・審査回答連絡
  • 契約手続き(来店または郵送での手続きのみ)

通常のアイフルのキャッシングとは異なり、契約の方法は、来店または郵送での契約です。ネットでの契約(WEB契約)はできないので注意してください。

事業サポートプランの申し込みに必要書類は収入証明書など営業の実態のわかる書類も必要

アイフルの事業サポートプラン(無担保)では下記の書類が必要になります。
自営業者や個人事業主の場合

  • 確定申告書
  • 事業内容確認書(アイフル所定)
  • 本人確認書類(運転免許証など)

法人の場合

  • 決算書2期分
  • 商業登記簿謄本
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証など)

通常のローン・キャッシング(フリーローン)と比較すると申し込み時に提出する書類が増えますが、日本政策金融公庫や銀行などのビジネスローンと比べると提出書類は非常に少なく手続きが簡単なため、急な事業性資金の調達には向いているといえるでしょう。

アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間