他社借入があってもアイフルの審査に通るのか?

カードローンの審査は、他社借入があると審査に落ちやすくなると言われています。

そのため、すでに消費者金融や銀行カードローンなどから借入がある方は、アイフルの審査に通過できるか不安ですよね。

結論からいえば、他社借入があってもアイフルの審査に通過する可能性はあります。実際、アイフルのコールセンターに問い合わせてみたところ「他社借入があるからといって、必ずしも審査に落ちるわけではない」という回答をもらいました。

しかし、他社借入が一定以上ある方は確実に審査に落ちるので注意してください。

他社借入金額が年収の3分の1を超えている場合は審査に落ちる

他社借入金額が年収の3分の1以上ある方は、アイフルの審査に確実に落ちます。というのも、貸金法上の「総量規制」というルールの影響により、アイフルは他社借入が年収の3分の1以上ある方に対してお金を貸さないからです。

総量規制とは「すべての金融機関は、利用者に対して年収の3分の1を超える貸し付けを行ってはいけない」としたルールのことです。
総量規制を破って貸し付けを行った金融機関には、営業停止処分などの厳しい処罰が待っているので、アイフルは他社借入が年収の3分の1以上ある方に融資を行いません。

他社借入額は信用情報を開示すればすぐに確認できるので、申込時に嘘をついたとしても、審査の際に必ずバレます。
審査で嘘をついたことが判明すると審査に落ちるだけでなく、アイフルの審査担当者に「嘘をつく信用できない人」とみなされ、今後二度とアイフルからお金を借りられなくなる可能性があります。

嘘をつくことは、アイフルの審査において最もリスクの高い行為です。嘘をつくのは絶対にやめましょう。

年収にカウントされる所得

年収とみなされる所得は、以下のとおりです

【年収として扱われる所得】

  • 給与所得(公務員・会社員・アルバイト・パートなどの給与取得者)
  • 賞与所得(ボーナス)
  • 不動産収入(マンションやアパートの賃貸収入など)
  • 自営業や個人事業主などの事業収入
  • 株やFXなどの投資による収入

年収とは、1年の間に受け取った上記の所得を合算したものです。また、以下に示す所得は年収に該当しないため、勘違いしないよう注意してください。

【年収として扱われない所得】

  • ギャンブルや宝くじなどによって得たお金
  • 生活保護や年金など、国や地方公共団体から受け取った補助金
  • 知人からもらったお小遣いや仕送り

少しでも多くのお金を借りたいと考えるあまり、本来は年収として扱われない所得を年収として扱うのはやめましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • ネット申し込みから電話で急ぎの融資にも対応
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • 誰にも知られずWEB完結利用で郵送物なし!

他社借入が原因で審査に落ちた場合は他の金融機関も利用できない

総量規制は消費者金融だけでなく、信販会社やクレジットカード会社にも適用されます。そのため、年収の3分の1を超える借入がある方は、借入金が減るまですべての金融機関からお金を借りることができません。

つまり、他社借入が年収の3分の1以上ある場合、金融機関からお金を借りるのは不可能です。
「身の回りにある高額商品を質屋に持って行く」「身近な人からお金を借りる」など、別の方法を考えましょう。

借入金が膨大過ぎて返済不可能になっている方は、債務整理を検討するのもひとつの方法です。
債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と4種類ありますが、状況に応じて最適な選択肢は異なります。そのため、債務整理を検討する際は必ず弁護士に相談しましょう。

おまとめローンは他社借入が多い方でも利用可能

他社借入が年収の3分の1以上ある方は、アイフルのカードローンを契約することができません。
しかし、アイフルのおまとめローンであれば、他社借入が年収の3分の1以上ある方でも利用できます。

おまとめローンとは、複数社からの借入を一本化して、返済の負担を下げることを目的としたローンのことです。
通常のカードローンよりも金利が低い商品が多いため、一本化しないまま借り入れを続けるよりも返済総額を少なくできるメリットがあります。

総量規制には「例外貸付け」と呼ばれる特例があり、「顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付け」に対しては、年収の3分の1を超える貸し付けをすることが認められています。
アイフルのおまとめローンは顧客にとってメリットがある貸し付けなるので、他社借入額が年収の3分の1を超える方でも利用できるのです。

ただし、おまとめローンは商品の特徴をしっかりと理解していないと、返済の負担がかえって増えてしまうこともあります。
そのため、「アイフルおまとめローン『おまとめMAX』『かりかえMAX』の特徴と審査内容」の記事などを参考に、商品の特徴を十分理解した上で申し込むことをおすすめします。商品の特徴がイマイチよくわからないという方は、弁護士に相談するのがいいでしょう。

他社借入が少ないのに審査に落ちる理由

他社借入額が年収の3分の1以下しかなかったとしても、以下の条件にあてはまる方は審査に落ちる可能性があります。

【他社借入が少ないのに審査に落ちる理由】

  • 現在利用中の金融機関で支払遅延を発生させた
  • 複数のカードローンに同時に申し込んだ

複数の金融機関への同時申し込みや支払遅延をしている方は、アイフルの審査担当者に警戒されるため、審査に落ちる可能性が高くなります。
他社借入が少ないのに審査に落ちる理由について、以下でくわしく説明します。

現在利用中の金融機関で支払遅延を発生させた

現在融資を受けている金融機関で支払遅延をしたことがある方は、アイフルの審査に落ちます。
支払遅延の履歴は信用情報に残ります。個人信用情報に支払いの遅延が載ると、アイフルの審査担当者は「他社で支払遅延をしたことがあるなら、自社でも支払遅延を起こすかもしれない」と考えます。

そして、返済を期日通りに行わない方は、「返済能力に不安がある」と疑われるため、アイフルの審査に落ちる可能性が高くなります。

複数のカードローンに同時に申し込んだ

複数のカードローンに同時に申し込んだ場合も、アイフルの審査に落ちることがあるので注意が必要です。

複数のカードローンに同時に申し込むことを「多重申込」といいます。アイフルの審査担当者は、多重申込者のことを「お金に困っている人」と考えます。
お金に困っている人に融資をした場合、貸したお金が返ってこない可能性が高いので、多重申込者はアイフルの審査に落ちてしまうのです。

他社のカードローンの申込履歴は信用情報に記載されるため、隠すことはできません。ただし、他社のカードローンの申込履歴は、申込日から6か月が経過すると自動的に消滅します。

そのため、直近6か月の間に他社のカードローンを申し込んだ方は、最後のカードローンに申し込んだ日から6か月が過ぎた後に、アイフルの審査を受けるようにしましょう。

借入可能か不安な場合は1秒診断を利用するのがおすすめ

「アイフルからお金を借りられるか不安だ」という方には、1秒診断の利用をおすすめします。
1秒診断とは、「年齢」「雇用形態」「年収」「他社借入金額」の4項目を入力するだけで、借入可能かどうかを判断してくれる機能のことです。

表示される結果はあくまでも目安なので、1秒診断で融資可能と表示されても必ず審査に通るとは限りません。とはいえ、1秒診断で融資可能と判断されれば、お金を借りられる可能は高いです。
下記のボタンをクリックすれば1秒診断を試せるので、気になる方は挑戦してみましょう。