アイフルでの利用限度額の増額申込と増額審査

すでにアイフルを契約されている方もいると思いますが、「もう少しアイフルからお金を借りたい」「今の利用限度額ではお金が足りない」などの思ったこともあるかと思います。こんな場合には、アイフルでは契約後でも利用限度額を引き上げること、つまり。利用限度額の増額申請をすることが可能です。

アイフルでの利用限度枠の増額の場合、「限度額アップ」の申込が必要で、限度額額アッの申込後に増額審査が行われます。

ここではアイフルの利用限度額(融資枠)の増額について、増額の申し込み方法や増額の審査、増額時の審査に落ちてしまうケース、または新規で他社のカードローン会社の申し込みをしたほうがいいのかなど、アイフルでの利用限度額の増額について解説いたします。

利用限度額の増額とは融資枠を引き上げること

利用限度額の増額とは融資枠自体を引き上げることです。
つまり、利用限度額内での追加融資とは異なります。利用限度額内での追加融資の場合には、利用限度額内であれば審査を受けることなく借り入れや返済することができるのに対して、利用限度額の増額の場合、その利用限度額を変更するために新規の申し込みと同様に審査が行われます。
それでは、アイフルではどのような増額申込方法があるのでしょうか。

アイフルの利用限度額増額申込方法はインターネット・電話・店舗での3つ

アイフルで利用限度額の増額申込方法は次の3つです。

  • インターネット(会員ページにログイン)からの増額申し込み
  • 電話からの増額申し込み
  • アイフルの店頭窓口や契約ルーム(自動契約機)からの増額申し込み

それでは、この3つの増額申込方法をみていくことにしましょう。

インターネットでの申し込み(会員ページにログイン)

インターネットの申込では、アイフルの公式ホームページより、会員ページにログインして、増額申込をする方法です。インターネットでの増額申込の流れは下記の通りです。

  1. アイフルの公式ホームページから「会員サービス」にログイン
  2. アイフルカード(ローンカード)の裏面に記されているカード番号と暗証番号を入力
  3. 会員メニューの中から「ご利用限度額の増額」を選択
  4. 「ご利用限度額の選択」ボタンをクリック
  5. 増額後の利用限度額、希望連絡先、希望連絡先などの必要項目を入力
  6. 収入証明書がある場合には、写真をとって書類をアップロード
  7. 増額申請受け付け完了
  8. 増額審査結果の回答

電話での増額申込

電話での増額申し込みは、アイフルの担当者に電話をして増額申込後、増額審査を受けるものです。電話での増額の場合には下記の電話番号より、増額の申込が可能です。

  • 会員専用ダイヤル(0570-000417)
  • 女性専用ダイヤル(0120-201884)

営業時間は、平日の9時~18時です。

店頭窓口や契約ルーム(自動契約機)に出向いての増額申し込み

アイフルでの店頭窓口やむじんくん(自動契約機)に直接出向いて増額を申し込むこともできます。
店頭窓口での増額申請は、アイフルの店頭窓口に出向きアイフルの担当者に直接「利用限度額の増額」と伝えれば対応してくれます。
店舗に出向く方法で増額の申込をする場合には、本人確認のために運転免許証などの本人確認書類を持参する必要がありますので忘れずに準備しましょう。(ただし、本人確認書類の提出はありません。)

アイフルから増額の案内が来る場合もある

アイフルでの増額手続きは、申込者自身で増額申請を行う方法以外に、アイフルから信用度の高い優良顧客と認められると、アイフルか増額の案内が、契約者の携帯電話もしくはメールに来る場合があります。

増額申込から増額審査結果の回答までどのくらい時間がかかるのか

利用額50万円以下なら最短20分で増額審査が可能

アイフルをはじめとする消費者金融では、利用限度額が50万円を超える場合または他社借入金額とアイフルの利用限度額の総額が100万円を超える場合には収入証明書が必要になります。
逆に、増額後の利用限度額が50万円以下または他社借入金額が100万円以下の場合には収入証明書の提出は不要です。
この場合、各申込方法の営業時間内であれば、増額の申込から最短20分程度で増額審査の審査結果の回答がなされ、増額審査に通過した場合には、利用限度額が増額(増枠)の変更なされます。

ただし、アイフル担当者の判断で、収入証明書の提出が必要なケースもあります。

収入証明書が必要な場合でも即日の増額ができる

アイフルの増額申請で、収入証明書が必要となる場合は、増額審査時に、源泉徴収票や給与明細書または、確定申告書などの収入証明書を提出する必要があります。

収入証明書をすぐに提出できれば、すぐに増額の審査をしてもらえますので、増額申し込み当日の即日での増額も可能となります。
収入証明書の提出方法は、店舗に出向く以外にもアイフルの会員ページや専用アプリからのアップロード、あるいはFAXで送ることが可能です。

増額審査では在籍確認は行われない

アイフルではカードローンを申込の審査時に、申込者本人が申し込み情報に入力した勤務先に勤務しているかを電話で確認する在籍確認が審査の中で必ず行われます。
しかし、アイフルでの増額審査の場合には、基本的に在籍確認は行われません。ただし、転職などで申込時に入力した勤務先と、現在の勤務先とは異なっている場合には再度在籍確認を行うこともあるようです。

アイフルでの増額審査の基準と審査に落ちてしまう項目

アイフルでは利用限度の増額(増枠)に際には、増額審査があります。
それでは利用限度額の増額時の審査ではではどのような点を見るのでしょうか。
アイフルの増額審査の主な項目は下記の通りです。

  • 契約者の年収(総量規制の範囲内であるか)
  • 契約者の信用情報
  • アイフルでの利用実績(返済実績)
  • 契約者の個人情報

上記の項目を、増額審査の中で、利用限度額の増額の可否を決めてきます。
基本的に審査内容は、初回申し込み時の審査と同様の基準ですが、増額審査では、申込者の利用限度額が増える可能性があるため、初回申込み時の審査時よりハードルが上がります。

申込者の年収の3分の1を超えてないか

総量規制とは、年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはならないという貸金業法の規制です。アイフルを含む消費者金融は総量規制の対象となっているためです。

例えば、年収300万円の人の場合、他社借入額も含めて100万円が限度額の上限ということになります。
もし、他社も含めた利用限度額とアイフルでの希望額を合わせて100万円を超える増額申請の申し込みをしたとしても、総量規制の条件金額に抵触するために増額審査には通りません。

また、他社での借入額も含めて、現在の利用限度額が、申込者の年収の3分の1に近い金額も場合も同様に増額審査に落ちてしまいます。

信用情報に問題がないか

信用情報とは、個人のローンやキャッシング・クレジットカードの利用記録のことをいいます。
増額審査の際も、初回の申込時の審査と同様に 長期の延滞や債務整理の有無などの金融事故情報や他社での借り入れ件数や金額などの借り入れ状況について、増額審査の際にチェックされます。

基本的に、アイフルでの借り入れ後、他社での借り入れがなく、アイフルでの返済をきちんとしているようであれば、この項目はクリアできるでしょう。

アイフルでの利用実績

アイフルで増額審査では、アイフルでの一定の返済実績も審査の項目となります。
利用実績とはつまり、これまでアイフルで借り入れ金をきちんと返済しているかどうか。
具体的に、初回の借り入れから6か月以上が経過しているか、あるいはこの期間に1度も借入金の返済を滞納していないということが審査基準になります。
つまり、アイフルと契約してからまだ6か月未満の人は、まだ利用実績があるとはいえないため、増額審査に落ちてしまうことが多いようです。

契約者の個人情報

自宅や勤務先などの申込者の個人情報も審査項目に入ります。
例えば、自宅が持ち家や借家か勤務先は大手企業の社員かパートやアルバイトか加入している保険は、国民健康保険か組合保険かどうかなどがチェックされます。
これらの個人情報については、信用情報や返済実績に比べるとそこまで重要ではありません。
ただし。50万円を超える限度額希望している場合や増額の申請額があまりにも高い場合には、下記の2つに注意が必要となります。

  • 年齢
  • 勤続年数

申込者の年齢

利用限度額50万円を超えると、融資可能な対象年齢がかわってきます。50万円以下の増額希望している場合、アイフルの申し込み資格と同様の20歳から69歳までが対象ですが、50万円を超える増額を希望する場合、対象年齢は20歳から64歳とまでとなります。
例えば、利用限度額30万円を50万円に増額したい場合には20歳から69歳までが対象なります。一方、利用限度額を50万円から80万円に増額したい場合には20歳から64歳が対象となります。対象年齢から外れた場合には、増額審査には通らないこともあります。

もし、65歳~69歳の方で利用限度額増額したいということであれば、増額の審査は非常に難しいので他のカードローン会社を利用していないのであれば、新たにプロミス、などの他社での申し込みを検討することをおすすめします。

申込者の勤続年数

希望限度額が50万円を超える場合には、最低でも同じ勤務先での勤続年数が6か月を超えている必要があります。一方、希望限度額が50万円以下の場合には、勤務していることが確認できれば、入社1か月未満でも問題ありません。

アイフルの増額審査に落ちてしまう原因

アイフルでの増額審査は初回申し込みの審査よりもハードルが上がるために、審査に通るのが難しいといわれています。それではどのようなケースの場合、増額申請の審査に落ちてしまうのでしょうか。
増額審査に落ちてしまうケースをみていくことにしましょう。増額審査に落ちてしまう主な原因は下記が考えられます。

  • 総量規制の上限金額を超えている(申込者の年収の3分の1を超えている)
  • 信用情報に問題があった
  • 住所変更や勤務先変更を届け出ていない

それでは、上記の増額審査に落ちてしまう原因を順に解説してきます。

総量規制の上限金額を超えている

先ほど増額審査の項目で述べたように、アイフルは総量規制対象のカードローンです。他社の借入金額とアイフルの利用限度の総額が、年収の3分の1を超える借り入れはできません。よって、このケースで増額申請した場合には、増額審査に落ちてしまいます。

信用情報に問題があった

カードローンでのキャッシングまたはクレジットカードの利用時に問題が発生した場合事故情報(異動情報)として信用情報に記録されてしまいます。事故情報とは、下記のような返済におけるトラブルをいいます。

  • 返済の延滞や滞納
    ローンやキャッシング・クレジットカードの支払いを3か月以上延滞している
    または延滞を繰り返している。(未払いも含む)
  • 債務整理
    任意整理や自己破産などの法律に則り借金処理をした場合
  • 強制解約
    延滞や返済金の未払いが継続したため、銀行や消費者金融業者またはクレジット会社から一方的な契約の解除
  • 代位弁済
    保証会社や家族などの利用者以外の第三者が借金を肩代わりした場合

これらのきると信用情報に事故情報(異動情報)として記録されてしまい。最長5年~10年間個人信用情報機関記録が残ってしまいます。
このような場合、信用情報に問題があるとみなされ増額の審査に落ちてしまうでしょう。
また、新規で消費者金融や銀行カードローンに申込をしたとしても、申込み時の審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

契約者が住所変更や勤務先変更を届け出ていない

アイフルに住所変更や勤務先変更などをしていない場合にも、増額審査に落ちてしまうこともあります
アイフルから送られた郵便物などが本人に届かなかった場合、アイフルの社内情報にて住所不明と記載されてしまい、住所不定扱いとみなされてしまいます。

また、勤務先の変更がしたのにも関わらず変更の届け出をしていない場合も、同様です。

例えば、勤務先を退職してその届け出を出していない場合など、何らかの理由でアイフルの担当者がその事実を知るとたとえ他の会社に転職していたとしても無職扱いとなってしまいます。

もし、申し込みを際に入力した住所や勤務先が変更になって場合には早めにアイフルの担当者に連絡するようにしましょう。

アイフルの増額審査に通るポイントと注意点

アイフルでは、利用限度額の増額には、説明したように、増額審査に通過することが必要です。
それでは、アイフルでの増額審査に通るためにはどうしたらいいのでしょうか。また、増額審査の注意点はどのようなものなのでしょうか。

契約者の年収が増えた時に増額申込をする

アイフルで利用限度額の増額審査に通るポイントは。利用者の年収が増えた時に、増額の申込をすると、増額審査に通りやすくなります。
理由は。契約者の年収が増えたことで、返済能力が高くなったとアイフルの担当者にみなされることと、年収があがることで総量規制の上限金額も上がるためです。
もちろん、増額審査の項目でも説明したように、アイフルでのきちんとした返済実績があるというのが前提です。

逆に、たとえ年収が変わらないとしても転職直後のタイミングなどは、増額申請をする時期には向きません。
仮に転職したことで年収が増えたとしても、勤続年数が0か月となってしまい、返済能力が低くなったと判断されてしまうからです。

増額申請をすると現在の利用限度額の契約が解約される

アイフルをはじめ消費者金融では、増額申請をした時点で、現在の利用限度額での契約が解除され、増額した分を含めた利用限度額が再度設定されます。そのため、
利用限度額の増額審査に落ちてしまった場合、現在の借入枠を減額されたり、
最悪のケースではカードローン利用が停止されることもありますので注意しましょう。

新規で他社のカードローンの申込をする選択肢もある

アイフルでの増額審査に落ちてしまった場合でも、他社アコムやプロミスなどカードローン会社に新規に申込をすれば、審査に通過して融資が受けられる場合があります。
たとえば、アイフルで既に契約または借入していて、まだアコムやプロミスで契約や借入をしてないようなら、キャッシング審査に通る可能性も高いでしょう。
アイフルでの増額申込を検討している場合、同時に新規での他社カードローンでの申し込みも検討してみたほうが賢明です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



アイフルの特徴

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 最高500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間