アコムで収入証明書が必要な場合

消費者金融会社やクレジットカード会社、また銀行のカードローン申し込みをするには、審査の際に運転免許証や保険証などの本人確認書類の提出が必要となります。

それに加えて、収入証明書が必要だということを聞いたことがあると思います。アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融会社ででは状況によって収入証明書を提出しないといけないケースも出てきます。いったい収入証明書とはどんなもので、どのようなケースで提出が必要となるのでしょうか。詳しく解説していきます。

アコムでの申し込み・審査・契約で収入証明書の提出が必要となるケース

アコムで収入証明書の提出が求められる場合は、下記のいずれかの条件に当てはまる場合になります。

  • アコムで50万円を超える借り入れを希望する場合
  • 他の貸金業者からの借入額とアコムでの希望借入額が100万円を超える場合
  • すでに提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

アコムで50万円を超える借り入れがある場合には収入証明書が必要となります。
また、すでにアコムの利用限度額とプロミスやアコムなど他社の貸金業者と借入合計が100万円を超える場合やすでに提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合にも必要です。

また、アコムの利用限度と貸金業者と借入合計が100万円を超える場合というのは、下記ののようケースが該当します。
例えば、他の貸金業者から70万円借りており、アコムで50万円の借り入れ申し込みをしたいケースの場合、総額が120万円となりますので収入証明書が必要となります。

ちなみに、他の貸金業者の借り入れとは消費者金融とクレジットカードでキャッシングを行った場合の借り入れのことを指します。つまり、銀行ローンや買い物などでクレジットカード(ショッピング枠)を利用した場合には含まれません。

アコムでの希望の利用限度額が50万円以下なら収入証明書は不要

さきほど述べたように、他の貸金業者からの借り入れがなく、アコムでの希望利用限度額が50万円以下の場合には収入証明書は不要です。
つまり、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類さえあれば、申し込みが可能です。

収入証明書は給与取得者と個人事業主で種類が異なる

もしアコムから収入証明書の提出を求められた際には、何を提出したらいいのでしょうか?
必要な収入証明書の種類は、パート・アルバイトを含む会社員などの会社に雇用されている給与取得者の場合と個人事業主の場合とはでは異なります。
まず、給与取得者の場合どのようなものが収入証明書に該当するのかを説明いたします。

源泉徴収票や給与明細書が収入証明書として有効である

大きくわけると勤務先から源泉徴収票、給与明細書と市町村から交付される住民税決定通知書、課税証明書、所得証明書、納税証明書があります。
住民税決定通知書は、住民税の納付が給与から天引きの場合、勤務先から交付されますが、そうでない場合は市区町村から交付されます。
下記に、給与取得者が対象となる収入証明書の種類や期間、また簡単な注意点についてまとめましたので参考にしてみてください。

収入証明書 期間 備考
勤務先から交付されるもの
源泉徴収票 最新のもの なし
給与明細書 直近一ヶ月分 給与明細書に氏名、発行年月日、勤務先、月収、が明記されていること
記載内容が手書きの場合には、勤務先の社判、社印が必要
・注1 住民税の記載がない場合は、直近2か月分が必要
・注2 賞与明細書がある場合はあわせて提出(直近一ヶ月分)

市町村から交付されるもの
住民税決定通知書 当年度分 ※1月~6月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。
課税証明書 当年度分 ※1月~7月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。
所得証明書 当年度分 ※1月~8月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。
納税証明書 当年度分 ※1月~9月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。

個人事業主の場合は収入証明書は確定申告書

個人事業主の場合には会社員やアルバイトなどと異なり源泉徴収票や給与明細書がありません。その代わりに確定申告書が必要となります。また、支払い調書でも可能と場合もありますので申込時にアコムの担当者に相談してみてはいかがでしょうか。下の図に、個人事業主が対象となる収入証明書の種類や期間、また簡単な注意点についてまとめましたので参考にしてみてください。

収入証明書 期間 備考
事業内容および事業所得がわかるもの
確定申告書 直近の1期分 確定申告書B(第一表)(写し)(収受日付印が押印されたもの)
・注1 希望借入額が100万円超の場合、下記の書類も必要
・青色申告の場合、直近一期分の青色申告決算書(写し)
・白色申告の場合、直近1期分の収支内訳書(写し)

市町村から交付されるもの
住民税決定通知書 当年度分 ※1月~6月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。
課税証明書 当年度分 ※1月~7月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。
所得証明書 当年度分 ※1月~8月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。
納税証明書 当年度分 ※1月~9月の場合は、前年度分も有効 発行する市区町村によって書類の名称が異なる場合があります。

アコムからの収入証明書提出の求めに応じない場合

利用者がアコムから収入証明書の提出を求めてられており、その際に収入証明書の提出をしなかったらどうなってしまうのでしょうか。初めてアコムに申し込みするケースと既にアコムを申し込みしているケースでアコムの対応が異なりますので、それぞれのケースをみていきましょう。

初めてアコムに申し込みするケース

急にお金が必要になるなどの理由でアコムを利用するケースでは、前述したとおり、アコムで50万円以上の借り入れを希望する場合とアコムの希望利用限度額と他社貸金業者との借入合計が100万円を超える場合に収入証明書の提出を求められます。もし、アコムからの収入証明書の求めに応じずに申し込み・審査を受けた場合には利用限度額や融資額が大幅に減額される可能性が高いです。

例えば、本来であれば100万円まで融資可能な場合でも、収入証明書がないという理由で、20万~30万円になってしまうこともあります。また、他社消費者金融を利用していて、その借入額がアコムの利用限度額と合わせて100万円を超える場合には、アコムの審査に落ちる可能性もあり、結果融資の申し込みができないこともあるようです。
また、アコムへの申し込みについては、「アコムカードローンの申し込み方法」で詳しく解説しております。

既にアコムに申し込みしているケース

現在、アコムを利用しておりアコムから収入証明書を求められた場合には、下記の2つが考えられます

  • 総量規制に該当する借り入れがある
  • 3年を超えて利用している

総量規制とは、貸金業法という法律に明記してある規制で、消費者金融などによる過剰な貸し付けに上限額を設け、使用者が借り過ぎにならないように目的で作られ規制です。その規制がどのようなものとか言えば、消費者金融業者やカードローン業者は利用者の年収の3分の1まで融資することができないというものです。例えば、年収300万円であれば、100万円、年収600万円であれば200万円が、貸付額の上限となります。ただし、貸金業法の規制なので銀行の貸し付けについては関係ありません。

総量規制に該当して借り入れがある場合には、まず総量規制、つまり現在の借入額が年収の3分の1を超えていないか確認してみましょう。他社の借入金も合わせて総量規制の上限を超えてしまっている場合には、たとえ収入証明書を提出したとしても、総量規制に抵触してしまっているので、アコムからの新たな借り入れは一切できません。アコムの総量規制については、「アコムカードローンは総量規制の対象」で詳しく解説しております。

一方、3年を超えて利用している場合や現在の借入金が総量規制に抵触してなく、収入証明書の提出を求められた場合や、年収に対して借入額が大きいことが考えられます。そのため収入証明書を提出しないと収入証明書が不要となる融資金額まで制限される可能性があります。

また、収入証明書の提出をしないことが原因で借入金の返済を一括請求されることはありません。ただし。長期で借入金の延滞をしていたり、毎月の期日にたびたび遅れることがあるような場合には、延滞が原因となりアコムから借入金の一括請求がなされる場合もありますので、返済金の滞納や延滞には十分注意してください。

アコム以外の消費者金融会社も収入証明書が必要なのか

では、アコム以外の消費者金融業者やカードローン会社も収入証明書が必要なのでしょうか。
収入証明書が必要な条件と、提出を求められた際にどのようなものを提出したらいいのかと見ていきましょう。

アコム以外の大手消費者金融業者、プロミス、アイフルの場合、収入証明書を求められる条件と提出できる収入証明書の種類に関してはアコムと全く同様で、条件はご希望のお借入額が50万円を超える、ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える方、または前回収入証明書をご提出いただいて3年以上経過している場合の3つの場合です

一方、三井住友銀行グループのモビットについては、申込時に借り入れ希望金額の条件に関わりなく収入証明書が必要な場合があります。理由は、収入証明書の提出が求められる条件の記載がないためです。なお、モビットの公式ホームページにも、「収入証明書類を提出していただく場合があります」と記載しているだけです。

なお、収入証明書の種類については、他のカードローン会社もアコムと同様です。

収入証明書の提出方法

収入証明書は運転免許証などの本人確認書類と一緒に契約時にアコムに提出します。
提出方法は、下記の5つの方法があります。

  • アコム公式サイトよりアップロード
  • 携帯電話(スマートフォンを含む)
  • 店頭、むじんくん(無人契約機)
  • FAX
  • 郵送




それでは、各申し込み方法を詳しくみていきましょう。

アコム公式サイトよりアップロードする

書類をカメラで撮影してアップロードします。そのデータをアコムの公式ホームページからアップするだけです。

携帯電話(スマートフォンを含む)

携帯電話またはスマートフォンで書類を撮影して専用アプリからダウンロードしそのアプリから送信できます。

店頭 むじんくん(自動契約機)

書類の現物(またはコピー)を持参してアコムの店頭窓口やむじんくん(自動契約機)に行き書類を提出します。

FAX

収入証明書の余白に会員番号を記入して、FAXで送信します。

郵送

アコムの店頭窓口に設置された専用封筒にコピーした書類を同封して郵送します。
この際もFAXでの送信と同じく、収入証明書の余白に会員番号を記入することを忘れないでください。
アコムの申し込み方法については、「アコムカードローンの申し込み方法」で詳しく解説しております。

収入証明書を送付する際の注意点

提出時の注意点として収入証明書の記載内容がはっきりと読み取れない場合には再度提出を求められる場合があります。収入証明書を提出する時にはきちんと確認したうえで提出しましょう。特に。写真をアップロードする際などは読み取れない箇所がないかどうか1回アップロード前に確認してみるといいでしょう。

また、収入証明書の提出方法に関しては、こちらの送付ミスやアコム側の書類確認ミスを防ぐために、事前にアコムの担当者にどの方法で送るかを伝えてから提出するようにしたほうがいいでしょう。

このようにアコムでは、申込時または増額融資希望時に借り入れ希望金額の多寡または、他社との借入金額状況が多い場合に、収入証明書の提出を求められる場合が多いです。
アコムでの増額申請ついては、「アコムでの利用限度額の増額方法」で詳しく解説しております。
このような条件にあてはまる方は、事前に収入証明書の提出を求められてもいいように事前に準備しておくことをおすすめします。

最後に、申し込み時に収入証明書とともに提出する本人確認書類について解説しておきます。

本人確認書類は申込者すべての人が必要となる書類

収入証明書は本人確認書類と一緒にアコムに提出すると前に述べたと思います。
収入証明書の提出は必須ではありませんが、本人確認書類は、アコムに申し込みする際に、すべての人が提出するものです。
ここでは本人確認書類について説明させていただきます。本人確認書類とは、個人を証明する書類をいいます。
アコムで申し込みの際に必要な本人確認書類とは下記のいずれか3つになります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

ただし、上記にあげた書類と書かれた住所と現住所が異なる場合には以下の書類を提出しないとなりません。

この場合、下記のうちいずれかをあわせて提出する必要があります。

  • 公共料金(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHK)の領収書
  • 社会保険料、国税、地方税の納付書
  • 納税証明書

上記の書類が認められるのは発行から六カ月以内のものとなりますので注意が必要です。
アコムでの申し込み時に必要な書類については、「アコムカードローンの申し込み時に必要な書類」に記載しておりますので参考にしてみてください。

また、運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれも所持していない場合には、写真付きの住民基本台帳(マイナンバーカード)であれば問題ありません。ただし、審査によってはあわせて他の書類の提出を求められる場合があります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間