プロミスでの審査時の在籍確認のタイミングや電話の内容

消費者金融や銀行カードローンを利用すると借り入れ審査時に必ず行われるのが、在籍確認です。

在籍確認とは、キャッシングの申込時に申込者の勤務先への電話連絡をすることです。大手消費者金融であるプロミスももちろん審査時に在籍確認を行います。

そこで、プロミスの在籍確認ついて、「キャッシング審査時の在籍確認の電話でどのようなことを確認するのか」、「申込者本人が電話に出れない場合にはどうしたらいいのか」、また「派遣社員や個人事業主の場合に在籍確認はどうしたらいいのか」などプロミスの在籍確認のついてを詳しくまとめてみました。

プロミスで在籍確認が行われるタイミングは基本的にキャッシング審査の終盤である

在籍確認とは、プロミスのカードローンキャッシング申込時に申込者が入力した勤務先に申込者が本当に勤めていることを確認することをいいます。基本的にプロミスではコールセンターなどの担当者が申し込みの際に記入した勤務先に電話して確認をします。なぜなら、プロミスでは申込者がきちんと返済能力があるかを判断する1つの指標として在籍確認を行っています。
それでは、プロミスではどのタイミングで在籍確認をおこなうのでしょうか。まず、プロミスの申し込みから契約(借り入れ)までの流れをみていくことにしましょう。

  1. プロミスカードローンの申し込み
  2. 申込者の住所や勤務先・年収など申し込み情報や他社借入状況など信用情報の確認(仮審査)
  3. 申込確認・本人確認の連絡(電話またはメール)
  4. 審査(審査の中で在籍確認
  5. 契約・借入




プロミスカードローンの申し込みが完了するとプロミスの担当者より電話またはメールで、申込時に入力した連絡先(携帯電話または自宅)に申し込み確認の連絡がきます。
その際に、プロミスの担当者より申込者本人かどうかの確認と、その後に行う在籍確認(勤務先への電話)についての説明があります。

プロミスでは在籍確認時に利用者の勤務先に電話をする際には、個人名かつ非通知で電話をかける

消費者金融であるプロミスが申込者の勤務先に直接電話をするとなると、職場の人に借金の申し込みをしていることを知られてしまうのでないかと不安になってしまうと思いますが、安心してください。なぜなら、プロミスでは在籍確認の電話をする際、申込者のプライバシーを考慮し、担当者が社名を名乗ることや用件をいうことは一切ありません。加えて、審査担当者は個人名でなおかつ非通知で利用者の勤務先に電話をかけます。

原則としてプロミスでカードローンを契約するためには在籍確認は必要

基本的に在籍確認が完了しないと、借入時の審査を完了することができません。つまり、プロミスから融資をうけられないということになります。
ただし、在籍確認以外の項目で審査に問題がない場合には在籍確認をいったん後回しにして契約することができる場合もあります。しかし、在籍確認を後回しにして融資(借入)を受けた場合には、審査の結果に関係なく借入額の上限は10万円に制限される場合もあります。この場合、在籍確認が取れた時点でこの制限がなくなり本来の利用限度額での借り入れが可能となります。

電話での在籍確認がどうしても難しい場合には在籍確認が免除になることもある

例えば、申込者の勤務先の電話がつながらない、勤務先に在籍しているかどうかを教えてくれない、もしくは、職場に電話をかけてしまうとプロミスでのキャッシング利用がバレてしまうなどの場合には、在籍確認の電話を免除されその代わりに、、会社名が記載されている健康保険証と給与明細書(最新のもの2か月程度)や源泉徴収票の書類の提出ですませる場合があります。
上記のような場合、電話での在籍確認は取れませんが、これを理由として即審査に落ちるということはありませんので安心してください。(書類提出の場合、書類の不備や年収が少なくがあって審査に落ちる場合もあります。)

電話での在籍確認が難しい場合は事前にプロミスの担当者に電話する

もし、電話での在籍確認が困難な場合には、担当者の判断で電話以外の在籍確認を提案してくれることもありますので、事前にプロミスの担当者に相談してみることをおすすめします。特に、「WEB申し込み」の場合には申し込み完了直後に電話での在籍確認が難しい旨を電話で伝えておかないと、担当者が申込者の勤務先に電話をしてしまいますので注意してください。

土日祝日に在籍確認が必要なときは職場の翌営業日に延期してくれる場合もある

土日祝日など勤務先が定休日で在籍確認ができない場合、プロミスでは翌営業日での在籍確認にも対応してくれます。
ただし、申し込み当日の在籍確認ができないため代替手段として、電話での在籍確認が難しい場合同様に「申込時に入力した勤務先に勤めていることが証明できる書類」の提出を求められる場合が多いです。
申込時に入力した勤務先に勤めていることが証明できる書類とは、勤務先名が記載されている健康保険証社会保険証または写真付き社員証などをいいます。プロミスの担当者によって提出する書類が異なることもあるので、電話でどのような書類が必要なのか確認してみるといいでしょう。契約時にこれらの書類を本人確認書類などの必要書類とともに提出、WEB申込の場合には同時にアップロードをすることで、申込日当日の在籍確認をせずに融資を受けられることもあります。ただし、特別な事情がない限り在籍確認は翌営業日になされるケースがほとんどです。

在籍確認の電話口でオペレーターに聞かれる内容とは

勤務先に申込者が不在だとしても問題はない

それでは、在籍確認の電話でどのような会話がされるでしょうか。
それでは在籍確認の主な流れを説明いたします。
仮に、申込者をユーザーレビュー株式会社 営業部の高橋さん、プロミスの担当者を佐藤さんとして、在籍確認の電話でどのようなやり取りがあるのか見ていきましょう。
なお、申込者本人が電話に出る場合と本人が不在の2つ場合があるので分けて解説いたします。

申込者本人が在籍確認の電話に出る場合

プロミスの担当者は、申込者の本人確認後、電話口で社名と用件を言います。

    プロミス佐藤 「もしもし、ユーザーレビュー株式会社さんでいらっしゃいますか? 私、佐藤と申しますが、営業部の高橋さんをお願いします。」
    申込者高橋 「営業部の高橋は私です。」
    プロミス佐藤「プロミスの佐藤です。在籍確認をさせていただきました。ありがとうございました。」

本人が在籍確認の電話に出た場合には、在籍確認は完了となります。

申込者本人が不在の場合

申込者本人が不在の場合、プロミスの担当者は、申込者の勤務先の方に次のような質問をします。

    プロミス佐藤「もしもし、ユーザーレビュー株式会社さんでいらっしゃいますか? 私、佐藤と申しますが、営業部の高橋さんをお願いします。」
    高橋の勤務先の同僚「高橋は席をはずしております」
    プロミス佐藤「何時ごろであれば、いらっしゃいますか。」
    高橋の勤務先の同僚「高橋は外出しており、本日の戻り時間は未定です。」

上記のような返答であれば、申込者が申し込みに入力した勤務先に在籍しているとみなされるため在籍確認は完了となります。
また本人が休みの場合には、出勤日を確認します。
高橋の勤務先の同僚「高橋は本日お休みをいただており、明日から出勤予定です。」
この場合、電話に出た勤務先の方が申込者の出勤日を確認できれば在籍確認は完了となります。

自動契約機からの申し込みの場合でも在籍確認は行われる

プロミスの自動契約機や三井住友ローン契約機でプロミスカードローンに申し込み場合、在籍確認の電話はどう対応したらいいかと思う方も多いと思います。
プロミスの自動契約機でプロミスカードローンに申し込みした場合でも、WEB申し込みや電話申し込みの場合と同様になされます。なぜなら、在籍確認の電話では、申込者がたとえ不在でも申込者が申込み時に申告した勤務先に在籍していることが確認できれば問題ないためです。
よって自動契約機での申し込みでの在籍確認は、申込者が自動契約機にいるため、申込者の勤務先の電話を取ることができないため、先ほど述べた、「申込者本人が不在の場合」での電話対応となります。

在籍確認の電話の際に契約者の要望は通るか

プロミスでは、在籍確認をスムーズに行うために、カードローン利用者の要望に対応してくれています。主な要望として対応してもらえることは下記の通りです。

  • 在籍確認の電話をする大体の時間を指定ができる
  • 在籍確認の電話をする担当者の性別を指定できる。

在籍確認の電話の時間指定ができる

プロミスでは在籍確認をする大体の時間を指定することができます。
例えば、午前中に勤務先に誰もおらず、電話に出ることが難しい場合などの理由がある場合、事前にプロミスの担当者に伝えておくと時間をずらして在籍確認の電話をしてくれます。
ただし、「この日の○○時に在籍確認の電話をしてほしい。」といった具体的な日時を指定することはできません。

在籍確認の電話をする担当者の性別を指定できる。

プロミスでは在籍確認の電話をする担当者の性別を事前に選ぶことができます。勤務先に異性から電話がかかってくるのが心配な場合には、事前にプロミスの担当者と相談してみるといいでしょう。
一方、下記の要望には対応していません。

  • プロミス以外の社名を名乗る
  • プロミスの担当者が仮名を名乗る
  • ウソの用件を話す
  • 申込者の勤務先の特定の人に出てもらう

また、在籍確認の電話を正当な理由もなく拒否することや回避することはできませんので注意しましょう。
(どうしても電話での在籍確認が困難な場合には申し込み直後にプロミスの担当者に相談してみてください。)

利用限度額の増額審査を受ける際は基本的に在籍確認なし

プロミスカードローンの利用限度額の増額(利用限度額変更申込)を希望している場合には、申込時と同様に審査を受ける必要があります。基本的に、増額の審査を受ける際には在籍確認はなされません。
(増額をしない場合でも、契約後に転職などで勤務先が変更になった場合などは、プロミスに勤務先が変更した旨を報告する必要がありますが、基本的に在籍確認はありません。)
ただし、以下の場合には利用限度枠の増枠の場合でも在籍確認が行われます。

  • 増額することで利用限度額が50万円以上となる場合
  • 申込時と勤務先が異なる場合

プロミスでは利用限度額が50万円を超える場合には、給与明細書や確定申告書などの収入証明書を提出しないとなりません。ただし、転職などで勤務先が変わっている場合には、増額申請際にも再度在籍確認を受ける必要があります。
プロミスでの利用限度額の増額方法については、、「プロミスカードローンの利用限度額の増額方法と増額審査」で詳しく解説していますので是非ご覧ください。

在籍確認が原因で審査におちてしまうことがある

在籍確認が原因となってプロミスの審査に落ちてしまう場合もあります。主なケースは次の2つです。

  • 申込者の申請した勤務先で欠勤中・休職中である
  • 申し込み時に虚偽の勤務先を申告した

この2つのケースを見ていきましょう。
もし、プロミスの審査に落ちてしまった場合には、「プロミスの審査に落ちてしまった場合の対応策」で詳しく解説していますのでご覧ください。

休職中の場合は在籍確認ができたとしても無職扱いになる

申込者が勤務先に欠勤していて次回いつ出勤するかどうかがわからない場合、また産休や育児休暇を含む休職中である場合には、安定収入があるとはみなされないので、正しい勤務先を入力したとしても無職扱いとなってしまい審査に落ちてしまうこともあります。
ただし、年末年始休暇や有給休暇やなどで次回の出勤日がわかっている休暇の場合は、審査には影響ありませんので安心してください。

虚偽の勤務先を記載すると審査落ちになることもある

プロミスの申込時に虚偽の勤務先を記載した場合には審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。
例えば、既に退職している勤務先を記入した場合や実際には仕事に就いていないにもかかわらず知り合いの会社に在籍しているようにみせかける場合、または、アリバイ会社を利用する場合などです。アリバイ会社とは、水商売など人に言いにくい仕事についている人を健全な会社に勤務しているようにみせかける会社のことです。

このように、虚偽の勤務先を申告して正確な勤務先を確認することができない場合には、たとえ収入があったとしても無職扱いとみなされてしまいます。
したがって、申し込み時の勤務先は正しく記載してください。 

パート・アルバイトや派遣社員また自営業者などの在籍確認

勤務先の電話番号が複数存在する場合や、派遣社員やアルバイト・パートなどといった勤務形態のケース別、また自営業者や個人事情主で自宅で仕事をしていて固定電話がない場合など、事前にできる対応方法をまとめましたので、ご覧ください。

派遣社員の場合は派遣元と派遣先の2つの電話番号を記載する

WEB申込の際に、「勤務先情報」の欄に派遣社員をチェックすると、

※派遣社員の方は派遣元の会社名を入力してください。

と記載されています。
しかしながら、実際に在籍確認がとれやすいのは派遣先の電話番号でしょう。そのため、申し込み完了後の本人確認の電話やメールで連絡が来た際に、在籍確認は派遣先に連絡してほしい旨を伝えておくと、スムーズに在籍確認ができるでしょう。

アルバイトやパートの場合には勤務先の電話番号でよい

勤務している店舗や事務所の代表電話番号を記入すれば問題ありません。尚、2つ以上のアルバイトやパートを掛け持ちしている方は、どちらか1つの勤務先のみを記載すれば問題ありません。

契約社員の場合には契約している会社の電話番号を記載する

契約社員の場合の在籍確認は、正社員と同様に現在勤務している会社の電話番号を記載すれば問題ありません。

申込者が自営業者や個人事業主などの場合は自宅の電話番号を記載する

自営業者や個人事業主の場合には、申し込み時の「勤務先欄」に事務所や店舗の電話番号を記入しましょう。
また、自宅兼事務所の場合には、自宅の固定電話の番号、もし固定電話がない場合には契約者の携帯電話の番号でも構いません。
ただし、自営業や個人事業主で勤務先の固定電話がない場合には、申し込み時に事業していることが証明できる書類(取引先との注文書)などをプロミスの担当者より求められる場合がありますので、事前に準備しておくといいでしょう。なお、その場合でもプロミスでは取引先に電話したりすることはありませんので安心してください。

勤務先の電話番号が複数存在する場合には代表番号

勤務先の電話番号が複数ある場合には、基本的に代表番号で問題ありません。
プロミスの申込時に勤務先の部署も記入しますので。プロミスの担当者が在籍確認の電話をする際には、部署名を指定してくれます。
もし、会社内や部署内に同姓の方が複数名いる場合には、事前に「フルネームで電話をしてください」と伝えておくといいでしょう。

水商売など夜のお仕事の場合は電話の時間に注意する

水商売などの夜の仕事の場合には店舗の営業時間が夜になる場合が多いと思います。プロミスでの勤務先への電話は9時~22時の間に勤務先にかかってきます。
もし、勤務先の店舗などに誰もいないような場合には上記に勤務先にいるようにしておきましょう。
もちろん、申込者本人が勤務先での在籍確認の電話をうけても全く問題ありません。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


プロミスカードローンの在籍確認口コミ・ユーザーレビュー

プロミスカードローンを利用した方の在籍確認についての口コミ・ユーザーレビューをご紹介いたします。
なお、プロミスカードローンの口コミや評判については、「プロミスカードローンの口コミと評判」で詳しく解説しております。

在籍確認の電話は職場に個人名でありました

月々の支払いに充てるためにプロミスカードローンを利用しました。電話をして申し込みをし、その後、無人契約機で契約してからATMからお金を引き出しました。
申し込みを完了してから審査まで30分程度だったと思います。
審査結果の判明する少し前に、プロミスの担当者から私の勤務先に個人名で在籍確認の電話がありました。私が電話に出たところ、在籍確認は完了とのことでした。職場への在籍確認の電話が心配でしたが、すぐに完了したのでよかったです。 会社員 20代男性

担当者が個人名で勤務先に電話をしてくれるのでプライバシーも安心です

在籍確認の電話の際には、プロミスの担当者から個人名で申込者の勤務先に電話がかかってきます。職場にもプロミスからのキャッシングを利用していることがバレにくいので安心です。キャッシング利用する際には、どうしても勤務先への電話に抵抗がある人が多いですが、実際は個人名での周囲の人にも気づかれずに安心ですよ。

在籍確認の電話をしてくれる担当者の性別を選べるのはいいですね

簡単にお金が借りれるプロミスでカードを作り借りました。ネットットで申し込み方法をして、近くのプロミス無人契約機で申し込みしました。わからないことは無人契約機に併設してある電話で担当オペレーターと相談しながら契約しました。その際に、電話での在籍確認が心配だったので、担当者の性別を男性してもらいたいと担当者に相談したところ、男性のオペレーターが勤務先に電話してくれたようです。会社員 20代男性

電話での在籍確認の際は事前に担当者の性別を選ぶことができます

プロミスでは、電話での在籍確認について事前に相談することで、電話での在籍確認の際に電話をする担当者の性別を選ぶことができます。男性の従業員が多く、女性から個人名で電話がかかってくると不審に思われてしまうような職場やそれとは反対に、勤務先に女性が多い職場などでは異性からの電話がかかってくることが不安なところもあるかもしれませんが、プロミスの場合は、在籍確認時の電話担当者の性別を選ぶことができるので安心です。 

初めての利用でしたが、スムーズに借り入れができました。

急遽の引っ越し費用を捻出する必要があり、家族に迷惑をかけずにお金を用立てしたかったためにプロミスを利用しました。WEBで申し込みをしてすぐに審査結果が出て、申し込み日中に融資を受けることができました。カードローンでのキャッシングは初めてだったので、勤務先への電話には多少不安がありましたが、プロミスとは名乗らず担当者名でとりつぎの電話があったので安心しました。返済は、30日間無利息サービス利用して、サービス期間中に一括返済しました。会社員 20代女性

プロミスを初めて利用するする際には30日間無利息サービスを利用するとお得です

初めての利用の場合30日間無利息サービスが利用可能です。プロミスを初めて利用する際には、Eメールアドレスを登録した上で、Web明細を利用すると、30日間無利息サービスを受けることができます。無利息になる期間は、借入日の翌日から30日間です。このサービス期間中に一括返済した場合には、無利息なります。また、無利息サービス期間を超えてしまっても、借入日から30日間の利息分は0円となるお得なサービスです。

在籍確認は、カードローン会社や銀行などの金融機関よってにその内容が異なることがあります。そのため、カードローン会社ごとの在籍確認の特徴を抑えておくと、審査もスムーズに進み申し込みから借入までの時間が短縮できるでしょう。

特に、プロミスの場合には在籍確認について事前に相談ができますので、心配な方は申込時にプロミスの担当者に電話で相談してみてはいかがでしょうか。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間