プロミスの仮審査(一次審査)と本審査(二次審査)に通る方法

プロミスの審査は、仮審査(一次審査)と本審査(二次審査)の2段階で行われます。そのため、プロミスからお金を借りるためには仮審査通過後に、本審査に通過しなければなりません。

仮審査は、申し込み内容と信用情報に問題が無いかをコンピューターが判断します。

本審査では、プロミスの担当者が本人確認書類や収入証明などと申し込み内容の確認後、在籍確認を行い、合否を決めます。

できることなら、仮審査、本審査も一回で通過して、早くプロミスからお金を借りたいですよね。
ここでは、プロミスの仮審査と本審査の内容と共に、2つの審査に通過しやすくなる方法を解説していきます。

仮審査の内容

プロミスの仮審査では、コンピューターで以下項目の審査をしています。

  • 申込者の年収や職業などの属性情報
  • 申込者の他社借り入れ状況や信用情報内の事故情報の有無

プロミスの仮審査では、コンピューターが申込者の申告内容や他社借り入れ状況、信用情報を確認して、それらをスコアリング(点数化)します。
そして、スコアリングの点数から申込者を審査に通過させるか否かを判断します。

信用情報に問題があると審査に落ちる

信用情報とはクレジットカードやローンの利用履歴のことです。信用情報は個人信用情報機関に一定期間保管されています。

仮審査では、申込者の信用情報を個人信用情報から照合して、他社借り入れ状況や金融事故情報の有無を確認します。

そのため、他社借り入れ件数が多い、金融事故情報の履歴があるとプロミスから貸し倒れのリスクが高いと判断されて審査落ちてしまいます。

他社借り入れ件数が多い人や金融事故を起こしてしまった方は、プロミスの審査に通過することはできないので、質屋などの審査なしで融資を行ってくれる場所からお金を借りましょう。

仮審査に通過しやすくなる方法

プロミスの仮審査を通過しやすくなる方法を紹介していきます。

  • 収入を上げる
  • 他社借り入れの件数や金額を少なくする

収入を上げる

安定した収入がないもしくは収入が低い場合には、プロミスの審査に通りません。
プロミスでは、カードローンの利用条件として、申込者に安定した収入を求めているからです。そのため、年収を上げること仮審査のスコアリングがアップするので審査に通過しやすくなります。

他社借入れ件数や他社借入件数を減らす

「プロミス」から公表されてはいないものの、1件ごとの借入額にかかわらず、他社借入件数が「4件」以上であると、プロミスの審査に落ちる確率が高くなります。
そのため、他社借り入れ件数が多い人は、今ある借り入れをまとめる、または、返済できるようであれば、プロミスの申し込み前に早めに返済すると審査に通過しやすくなります。

仮審査に否決されてしまう理由

審査に通過しやすくなる方法を実行しても下記の条件に1つでも当てはまる方は、プロミスの仮審査に通過できないので注意しましょう。

  • 申込時に年収を過大に記載してしまった(虚偽申告)
  • 信用情報に金融事故の情報がある
  • 短期間に複数社のカードローンに申し込んだ
  • プロミスの保証会社である銀行カードローンの審査に落ちたことがある

年収を実際よりも多く申告している

年収の少ない人は、プロミスからより多くのお金を借りたいがために年収を多めに記入したくなりますよね。

しかし、年収を偽って申し込みをするのは、プロミスの規約違反にあたります。万が一年収を偽って申込をしたことがバレた場合、審査に落ちるばかりが公文書偽造の罪にとわれることになります。

そのため、プロミスの申込時には年収を正確に申告するようにしましょう。

信用情報に金融事故記録がある

申込者の信用情報内に金融事故情報が記載されていると、プロミスの審査に通りません。
金融事故とは、長期返済の滞納や債務整理といった返済上のトラブルです。金融事故に遭った方は、ブラックリストに5~10年の間登録されしまいます。

ブラックリストに載ってしまった方はプロミスから「借りたお金を返済できない人」と認識されてしまいます。そのため、ブラックリストに載ってしまった場合は5~10年が経ったない限りプロミスからお金を借りることができません。

短期間に複数社のカードローンに申し込んだ

短期間に複数社のカードローンに申込をした場合、申し込みブラックと判断され、審査に落ちてしまいます。

申し込みブラックとは、6カ月以内に3社以上のカードローンに申し込みをした人のことです。短期間に複数社のカードローンに申し込みをするということは、審査担当者からかなりお金に困っているのではないとみなされ、審査に落ちてしまいます。

プロミスを利用したい人は、まずプロミス一社に申し込みをして審査結果を見てから他のカードローンに申し込むようにしましょう。

プロミスが保証会社を務めている銀行カードローンで返済トラブルがあった

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が保証会社を務めている銀行カードローンで返済トラブルがあると、プロミスの審査に落ちてしまいます。

保証会社とは、利用者が借金を返済できなかった場合に、利用者に代わって債務を返済してくれる会社のことです。

プロミスは、ジャパンネット銀行、横浜銀行など様々な銀行カードローンの保証会社になっています。

    ジャパンネット銀行、横浜銀行、福岡銀行、住信SBIネット銀行、北陸銀行、福島銀行、東和銀行、きらやか銀行、長野銀行、北越銀行、愛媛銀行、沖縄銀行

上記の銀行で返済トラブルがあった場合は、金融事故情報が保証会社であるプロミスにも登録されている可能性が高いです。

そのため、プロミスが保証会社をしている銀行カードローンで返済トラブルがあった方は、プロミス以外のアコムやモビットに申し込みをしましょう。

仮審査に通過できるか不安な方は借り入れシミュレーションがおすすめ

プロミスでは、申し込み前にWEB上にある借り入れシミュレーションに融資の可否を判断できます。
もし、プロミスの仮審査に通るかどうか心配でしたら、申込前に借入シミュレーションをして、融資可能かどうか判断してみてはいかがでしょうか。WEB上の借入シミュレーションでは生年月日・年収・現在の他社借入金額を入れるだけで借入可能かどうかの結果がすぐにわかります。

プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

本審査の内容

コンピューターによる仮審査に通ったら、プロミス審査担当者の手によって行われる本審査へと進みます。
本審査では、申込時に申告された年収や職業といった個人情報と運転免許証やパスポートなど本人確認書類に間違いがないのかを確認します。

プロミスの本審査で、申込内容と本人確認書類の相違や申し込み事項の記載に誤りや記載漏れがなければ、プロミスの審査担当者が在籍確認の電話を行います。在籍確認の電話が完了すれば、申込者に審査結果がメールまたは、電話で連絡されます。

在籍確認とは、申込者の勤務先に担当者が電話をかけて、申込者が申告した勤務先で本当に働いているかを確認することです。

在籍確認を行う理由は、申込時に申告した勤務先の内容が正しいのかどうかを判断するためです。申込者が申告した勤務先が正しいのであれば、月一回以上の給与をもらっている可能性が高いため安定した収入があることを証明できます。しかし、申込者の申告だけでは、勤務先が虚偽のおそれがあります。

そのため、申込者の申告した勤務先にプロミスの審査担当者が電話連絡を行うことで、申込者の勤務先が正しいことと安定収入があることを確認しています。

プロミスの在籍確認の電話連絡は、本審査の終盤に行われます。プロミスの担当者からの在籍確認の電話連絡に、申込者本人が出た場合、本人確認が取れれば、在籍確認の電話連絡は完了です。

たとえ、申込者が勤務先に不在の場合でも勤務先の人が、申込者が勤務先に在籍していることを確認できれば、在籍確認は完了です。

そのため、プロミスからすぐにお金を借りたい場合には、勤務先に連絡がとれる時間に申し込みするようにしましょう。

プロミスの審査が否決になったら他の消費者金融に申し込みする

プロミスの審査に否決になってしまった場合には、他社の消費者金融に申し込みしましょう。
万が一、プロミスの審査に落ちてしまった場合でも、他社の消費者金融であれば、審査基準が異なるため審査に通過し、お金を借りることができる場合もあるかと思います。
安定して収入があり、金融事故の記録がないなど信用情報に問題がない人であれば、他社のカードローン会社に申込すれば、お金を借りられます。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間