プロミスの仮審査と本審査の内容と審査に通るにはどうしたらいいか

大手消費者金融のプロミスは、アコムアイフルといった他の大手消費者金融と同様にキャッシングの申込完了後に、仮審査と本審査の2段階での審査を行っています。

そのため、プロミスカードローンを利用してお金を借りるためには仮審査(1次審査)に通過後、本審査(2次審査)に通過する必要があります。

プロミスでは申し込み完了後に自動与信システム(コンピューター)で仮審査を行っている

プロミスの仮審査(与信審査)では、申込者の年収や職業などの申し込み内容から返済能力や信用度を審査します。この仮審査を突破しないと、プロミスの審査に通過することはできせん。

消費者金融各社によってそれぞれ自動与信システム(コンピューターを利用した)の審査基準はことなりますが、
プロミスを含め多くの大手消費者金融では、過去の顧客データを元に、申込者の年収や職業といった個人情報(属性情報)を切り分けて点数化しています。この申込者の属性点数(属性スコアリング)の点数が高ければ高いほど信用度も高いため、審査に通りやすく利用限度額も高くなるわけです。

そのため、申込者の年収が低い場合やアルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用者がプロミスに申し込んだ場合には、収入が安定せず属性点数が低いため、利用限度額の上限は会社員や公務員に比べて低くなりますが、審査に通らないわけではありません。プロミスへの申し込みを検討していて、収入が低く審査に通過るかどうかがが心配な場合には、事前に借り入れシュミレーションを受けてから、プロミスの申し込みをするようにしましょう。

プロミスの審査に通過するか心配であれば事前に借入シュミレーションを行ってみる

プロミスでは、申し込み前にWEB上にある借り入れシュミレーションを利用して、事前に融資の可否を判断できます。

もし、プロミスの審査に通るかどうか心配でしたら、申込前に借入シュミレーションをして、融資可能かどうか判断してみてはいかがでしょうか。WEB上の借入シュミレーションでは生年月日年収現在の他社借入金額を入れるだけで借入可能かどうかの結果がすぐにわかります。
この借入シュミレーションで、「融資可能」と判断された場合、継続してWEB申込をすることができます。
プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション
ただし、この借り入れシュミレーションはあくまでも目安です。

属性システムで点数化される項目は申込者の個人情報や他社借り入れ状況

属性システムで点数化される申込者の個人情報は、以下の項目になります。

  • 年収
  • 勤務先・雇用形態。勤続年数
  • 居住形態・年数
  • 家族構成・年齢
  • 固定電話の有無
  • 健康保険の種類

プロミスの仮審査で見られる項目は、申込み時に申告した「年収」「勤続年数」「他社借入件数」などであり、これらの点数が基準値以上なら仮審査を通過できます。

本審査ではプロミスの審査担当者によって審査が行われる

コンピューターによる自動与信システム(属性スコアリング)による仮審査に通ったら、プロミス審査担当者の手によって行われる本審査へと進みます。
本審査では、申込時に申告された年収や職業といった個人情報と運転免許証やパスポートなど本人確認書類に間違いがないのかを確認します。

この本審査で、申込内容と本人確認書類の相違や申し込み事項の記載に誤りや記載漏れがなければ、無事に本審査通過となり、プロミスでの契約が可能となります。

プロミスの本審査の終盤で申込者の勤務先に電話をかける在籍確認がある

申込者が申告した勤務先で本当に働いているかを担当者が確認する「在籍確認」の電話連絡は、この本審査の最終段階として行われます。

ただし、申込者の勤務先の営業時間などを考慮して、申し込み直後に在籍確認を行うケースもあります。また、水商売などで申込者の勤務先の営業時間が夜間の場合でも、プロミスの営業時間内であれば、夜間の在籍確認に対応してくれます。

在籍確認では申込者の勤務先にプロミスの担当者が電話をする

在籍確認の電話は、初めてカードローンを利用する方には抵抗があるかと思いますが、プロミスの審査担当者は、「プロミス」の商品名を名乗らずに「個人名」で申込者の勤務先に在籍確認の電話をしますので安心してください。
実際はカードローンを利用した人でも、在籍確認の電話に気が付かずに在籍確認が完了していたケースがほとんどです。

申込者本人が在籍確認の電話に出た場合には、申込者本人とい確認できればこれで、在籍確認は完了となります。
また、申込者本人が不在の場合には、申込者の勤務先の人が、申込者が勤務先に在籍してことを確認できれば、在籍確認は完了です。そのため、プロミスの申し込みから審査までの時間を短縮したい場合には、勤務先に連絡がとれる時間に申し込み雨するようにしましょう。
もし、申込者本人が不在の際に勤務先の従業員が「今はいない」や「休んでいる」と返答した場合には、不在理由や休みなのか休職中なのかを判断できないために、プロミスの担当者は具体的な不在や休みの理由を尋ねることになります。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)


SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば確実に審査時の職場への電話連絡をなしにできる

プロミスの場合には、たとえ自動契約機での申込としたとしても、職場への連絡は原則として必須です。特に、自動契約機での申込の場合には、申込者自身は自動契約機内にいるので、審査時の職場への電話連絡があった場合、自分で職場への電話を取ることができません。そのため、申込者の勤務先の同僚や上司が勤務先への電話に出ることになります。

一方、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能であるため、申込者の勤務先に電話がかかってくることはありません。
どうしても、カードローンの審査時の職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



プロミスでの仮審査には通過したが本審査に落ちてしまう場合

それではプロミスの仮審査に通って本審査に落ちてしまう場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。仮審査に通って本審査に落ちてしまう場合には、主に下記のような項目が該当します

  • 仮審査時の属性スコアが低かった
  • 申込時に虚偽の記載や記入漏れ・記入ミスがあった
  • 在籍確認がきちんと完了されなかった

申し込み内容に虚偽や誤りなどがあった

プロミスの申し込み時の申告内容にに虚偽記載や誤りまたは記入漏れなどがあると、プロミスの本審査に落ちてしまいます。

プロミスカードローンの申し込み後の仮審査の時点で、勤務先や年収などの個人情報や他社借入件数や他社借入金額などに虚偽記載や誤りがあった場合です。「プロミスの審査にどうしても通りたい」ということで、申込者自身の年収や勤続年数など実際よりも大きく申告したりするのは絶対にやめましょう。また、申込時に、申し込み内容の記載の誤りに気づいた時点でプロミスの担当者にすぐに連絡するようにしましょう。

在籍確認がきちんと完了されなかった

プロミスでの審査時に在籍確認ができない、もしくは、申込時に申告した勤務先を休職していた場合や、既に退職していた場合などは在籍確認がなされたとはみなされないため本審査に落ちてしまうことになります。

プロミスでは、在籍確認の電話をするのが難しいには担当者の判断で、会社名のある健康保険証や給与明細書などの書類提出で在籍確認の電話をしたとみなしてくれることもあるので、どうしても在籍確認の電話が難しい場合には事前にプロミスの担当者に電話で相談してみてはいかがでしょうか。

仮審査での属性スコアが低かった

先ほども解説いたしましたが、プロミスでの仮審査は、過去の顧客データを元に属性を切り分けて点数化(属性スコアリング)するものです。他社での借り入れ件数や借入金額が多い場合など、申し込み時の仮審査をギリギリで通過した場合などは、プロミスの担当者の判断で、収入証明書が不要であっても提出を求められることがあります。その際に、収入証明書が提出できないまたは、収入証明書の記載されている収入が少ない場合には審査に落ちてしまう場合もあります。

プロミスの審査に通るためのポイント

それでは、プロミスの仮審査と本審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。
プロミスでの主な審査基準は下記の2つです。

  • 申込者の年収や勤続年数や雇用形態などの個人情報(属性スコアリング)
  • 他社借り入れ件数や他社借入金額や金融事故の有無(信用情報)

上記の2つの審査基準の項目に明確な基準があるわけではなく、あくまでも各項目を総合的に判断しています。つまり、1つでも審査基準をみなしていない項目があると審査には通りません。もちろん、年収200万円以上、勤続年数も1年を超えており、正社員であり。持ち家に住んでおり、他社借り入れ件数や借入金額も0円というのが、プロミスでの審査を有利にすすめるには理想的だと思います。

利用限度額を少なめに申告して必要な分だけ借りる

たとえ正社員でなくアルバイトやパートであっても、また持ち家でなく借家であるなど属性スコアリングが低い場合や他社借り入れ件数や金額がある場合でも借入希望額(利用限度額)を「10万円以下の少額融資」に設定することで審査に通りやすくなります。

プロミスカードローンの審査は最短30分で完了

プロミスの審査は、申し込みから最短30分で完了します。ただし、これは最短で審査時間です。申し込みが多く審査が混み合っている時間帯などでは時間がかかる場合がありますし、審査回答時間帯以外に申し込みをしても審査の混み合っている時間帯では遅くなりますし、審査の回答時間外に申し込みをしても本審査をする担当者がいませんので、回答は翌朝になってしまうことを覚えておきましょう。また、申込内容(記入ミス、虚偽の情報、年収に対する希望借入額が大きいなど)に問題があった場合は、審査を慎重にする必要があるので時間が掛かってしまいます。
そのため、プロミスでの申し込みから審査完了、契約、借り入れまでに掛かる時間は1時間から2時間ほどみておくといいでしょう。
そのため、プロミスの審査に通るかどうかが心配な場合には、今必要な分だけ借り入れすることにしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)


本審査ではプロミスの審査担当者によって審査が行われる

コンピューターによる自動与信システム(属性スコアリング)による仮審査に通ったら、プロミス審査担当者の手によって行われる本審査へと進みます。
本審査では、申込時に申告された年収や職業といった個人情報と運転免許証やパスポートなど本人確認書類に間違いがないのかを確認します。

この本審査で、申込内容と本人確認書類の相違や申し込み事項の記載に誤りや記載漏れがなければ、無事に本審査通過となり、プロミスでの契約が可能となります。

プロミスの本審査の終盤で申込者の勤務先に電話をかける在籍確認がある

申込者が申告した勤務先で本当に働いているかを担当者が確認する「在籍確認」の電話連絡は、この本審査の最終段階として行われます。

ただし、申込者の勤務先の営業時間などを考慮して、申し込み直後に在籍確認を行うケースもあります。また、水商売などで申込者の勤務先の営業時間が夜間の場合でも、プロミスの営業時間内であれば、夜間の在籍確認に対応してくれます。

在籍確認では申込者の勤務先にプロミスの担当者が電話をする

在籍確認の電話は、初めてカードローンを利用する方には抵抗があるかと思いますが、プロミスの審査担当者は、「プロミス」の商品名を名乗らずに「個人名」で申込者の勤務先に在籍確認の電話をしますので安心してください。
実際はカードローンを利用した人でも、在籍確認の電話に気が付かずに在籍確認が完了していたケースがほとんどです。

申込者本人が在籍確認の電話に出た場合には、申込者本人とい確認できればこれで、在籍確認は完了となります。
また、申込者本人が不在の場合には、申込者の勤務先の人が、申込者が勤務先に在籍してことを確認できれば、在籍確認は完了です。
もし、申込者本人が不在の際に勤務先の従業員が「今はいない」や「休んでいる」と返答した場合には、不在理由や休みなのか休職中なのかを判断できないために、プロミスの担当者は具体的な不在や休みの理由を尋ねることになります。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)


プロミスでの仮審査には通過したが本審査に落ちてしまう場合

それではプロミスの仮審査に通って本審査に落ちてしまう場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。仮審査に通って本審査に落ちてしまう場合には、主に下記のような項目が該当します

  • 仮審査時の属性スコアが低かった
  • 申込時に虚偽の記載や記入漏れ・記入ミスがあった
  • 在籍確認がきちんと完了されなかった

申し込み内容に虚偽や誤りなどがあった

プロミスの申し込み時の申告内容にに虚偽記載や誤りまたは記入漏れなどがあると、プロミスの本審査に落ちてしまいます。

プロミスカードローンの申し込み後の仮審査の時点で、勤務先や年収などの個人情報や他社借入件数や他社借入金額などに虚偽記載や誤りがあった場合です。「プロミスの審査にどうしても通りたい」ということで、申込者自身の年収や勤続年数など実際よりも大きく申告したりするのは絶対にやめましょう。また、申込時に、申し込み内容の記載の誤りに気づいた時点でプロミスの担当者にすぐに連絡するようにしましょう。

在籍確認がきちんと完了されなかった

プロミスでの審査時に在籍確認ができない、もしくは、申込時に申告した勤務先を休職していた場合や、既に退職していた場合などは在籍確認がなされたとはみなされないため本審査に落ちてしまうことになります。

プロミスでは、在籍確認の電話をするのが難しいには担当者の判断で、会社名のある健康保険証や給与明細書などの書類提出で在籍確認の電話をしたとみなしてくれることもあるので、どうしても在籍確認の電話が難しい場合には事前にプロミスの担当者に電話で相談してみてはいかがでしょうか。

仮審査での属性スコアが低かった

先ほども解説いたしましたが、プロミスでの仮審査は、過去の顧客データを元に属性を切り分けて点数化(属性スコアリング)するものです。他社での借り入れ件数や借入金額が多い場合など、申し込み時の仮審査をギリギリで通過した場合などは、プロミスの担当者の判断で、収入証明書が不要であっても提出を求められることがあります。その際に、収入証明書が提出できないまたは、収入証明書の記載されている収入が少ない場合には審査に落ちてしまう場合もあります。

プロミスの審査に通るためのポイント

それでは、プロミスの仮審査と本審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。
プロミスでの主な審査基準は下記の2つです。

  • 申込者の年収や勤続年数や雇用形態などの個人情報(属性スコアリング)
  • 他社借り入れ件数や他社借入金額や金融事故の有無(信用情報)

上記の2つの審査基準の項目に明確な基準があるわけではなく、あくまでも各項目を総合的に判断しています。つまり、1つでも審査基準をみなしていない項目があると審査には通りません。もちろん、年収200万円以上、勤続年数も1年を超えており、正社員であり。持ち家に住んでおり、他社借り入れ件数や借入金額も0円というのが、プロミスでの審査を有利にすすめるには理想的だと思います。

利用限度額を少なめに申告して必要な分だけ借りる

たとえ正社員でなくアルバイトやパートであっても、また持ち家でなく借家であるなど属性スコアリングが低い場合や他社借り入れ件数や金額がある場合でも借入希望額(利用限度額)を「10万円以下の少額融資」に設定することで審査に通りやすくなります。

プロミスカードローンの審査は最短30分で完了

プロミスの審査は、申し込みから最短30分で完了します。ただし、これは最短で審査時間です。申し込みが多く審査が混み合っている時間帯などでは時間がかかる場合がありますし、審査回答時間帯以外に申し込みをしても審査の混み合っている時間帯では遅くなりますし、審査の回答時間外に申し込みをしても本審査をする担当者がいませんので、回答は翌朝になってしまうことを覚えておきましょう。また、申込内容(記入ミス、虚偽の情報、年収に対する希望借入額が大きいなど)に問題があった場合は、審査を慎重にする必要があるので時間が掛かってしまいます。
そのため、プロミスでの申し込みから審査完了、契約、借り入れまでに掛かる時間は1時間から2時間ほどみておくといいでしょう。
そのため、プロミスの審査に通るかどうかが心配な場合には、今必要な分だけ借り入れすることにしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間