無審査で借りられる消費者金融は存在するのか

よくインターネットの口コミなどで「無審査で融資可能」消費者金融が存在すると言われていますが、本当そのような消費者金融カードローンは存在するのでしょうか。

結論から言えば、借り入れ時に無審査で融資を受けられるまっとうな消費者金融(サラ金)は存在しません。

では、消費者金融の借り入れ時の審査でははどのようなことを審査するのでしょうか。ここでは、無審査の消費者金融が存在しない理由と消費者金融の借り入れ審査について詳しく解説いたします。

無審査で融資を受けられる消費者金融は存在しない

冒頭に申し上げた通り、消費者金融や銀行カードローンで無審査で融資を受けられる業者は存在しません。
消費者金融が「無審査」でお金を貸すということは、消費者金融側が利用者の返済能力を何も調べずにお金を貸すことになります。消費者金融は、利用者からに融資をした利息を利益にしているため、返済能力に問題のある人にはお金を貸すわけにはいきません。そのため、申込み時に必ず融資可能かどうかの審査を行っているわけです。

消費者金融は総量規制のルール借入額の上限は利用者の年収の3分の1である

もうひとつ、消費者金融が借り入れ時に申込者の審査を行う理由は、総量規制という貸金業法のルールがあることも関係しています。
平成22年に施行された賃金業法により、消費者金融等の賃金業者は貸す相手の年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけないという規制ができました。これを総量規制といいます。
つまり、消費者金融では、利用者の年収の3分の1までの金額しか借り入れできないということです。もし、違反した場合には、消費者金融などの貸金業者に、刑事罰が課せられてしまいます(銀行は、銀行法という法律の管轄のため、銀行が取扱をしている銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。)

消費者金融は貸す相手が借りたお金を返済する能力がある、つまり申込者の年収がどれぐらいなのか、どれぐらい貸すことができるのかということをきちんと審査しなければ、違法行為を行ったことになるわけです。
そのため、消費者金融は貸付条件として一定年齢を満たしていると共に、「安定した収入がある人」という条件を設定して、申し込み条件を満たす人のみ、借り入れ可能な人としています。
上記の安定した収入というのは、次のものがあげられます。

  • 給与収入(公務員や会社員・アルバイト・パートなど)
  • 事業収入(個人事業主や自営業者)
  • 不動産収入
  • 投資による収入

上記の収入があることと、これらの収入が原則として月1回以上あることが、消費者金融での申し込み条件となります。つまり、職についていなくても月に1回以上、事業収入や不動産収入がある場合には「安定した収入」があるとみなされ、消費者金融を利用できるということになります。
加えて、消費者金融では、申し込みできる年齢を、20歳~69歳までに制限しています。大手消費者金融の申込みの利用条件を下の表にまとめました。

消費者金融名 申し込み条件
アコム  20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
プロミス  お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
アイフル  満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
レイク  満20歳~70歳(国内居住の方)
モビット  年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
銀行カードローン 申し込み条件
三井住友銀行カードローン お申込時満20歳以上満69歳以下の方
原則安定したご収入のある方
当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方。
バンクイック(三菱東京UFJ銀行) 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま。
原則安定した収入があるお客さま。
保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま。
オリックスカードローン 原則、毎月安定した収入のある方で、申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方、かつ日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
みずほ銀行カードローン 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
安定かつ継続した収入の見込める方
保証会社の保証を受けられる方

上の表からもわかるように消費者金融や銀行カードローン(銀行カードローンは総量規制の対象外)で、安定した収入があることを申し込みの条件にしています。つまり、安定した収入のない無職の方や専業主婦の方が、たとえ消費者金融に申し込みをしたとしても、安定した収入がないために融資を受けることはできません。

無審査OKで融資できる業者はヤミ金の可能性が非常に高い

さきほど解説した通り、消費者金融では借り入れ前にかならずキャッシング審査があります。つまり、無審査やブラックOKなどを売り文句にしている業者は、貸金業法や利息制限法などの法律を無視してお金を貸す、「ヤミ金(闇金融)」である可能性が非常に高いので注意しましょう。
ヤミ金を利用してしまうと、下記のような法律違反の行為をされる可能性があります。

  • 夜中に取り立ての催促をしに来る
  • 何度も催促の電話がかかってくる
  • 会社や家族の元にも借金取り立てに来る
  • 金利が法外な金利(10日で1割といった「トイチ」など)を要求してくる

闇金は、無職の人でも即日融資、無審査キャッシング、激甘審査など、お構いなしにお金を貸しますそして、貸したお金は法律など関係なく手段を使ってでも取り返すというスタンスを貫いてきます。もちろん、取り立てや返済時の金利も、法律を守らない方法で迫ってくるのです。

クレジットカードの現金化業者にも注意

無審査OKと広告している業者の中には、クレジットカードの現金化業者も存在します。
ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードについている買い物の枠(ショッピング枠)を現金に換えるというものです。

クレジットカードにはお金を借りることのできるキャッシング枠もついていますが、ショッピング枠に比べて金額が格段に少なく、すぐに使い切ってしまってそれ以上はお金を借りることができなくなります。

しかし、ショッピング枠が残っていれば買物はできますので、それを売って現金に換えるのです。つまり、何らかの商品を購入し、それを業者に売ることで現金化を行います。
このようなクレジットの現金化は、違法ではないもののクレジットカード会社の利用規約で禁止されているため、違反した場合はカードの利用停止・強制退会、残債の一括請求をクレジットカード会社が利用者に対して行います。
また、クレジットカード現金化業者の多くは、物商の許可、すなわち中古品を売買する許可をされているだけで、クレジットカードの現金化の許可をされている訳ではありません。
たとえ無審査だとしても、クレジットカードの現金化利用は絶対にやめましょう。

消費者金融の借り入れ時の審査とはどのようなものか

消費者金融でお金を借りる際には、必ず借り入れ時に審査を受ける必要があることを解説いたしました。それでは、消費者金融では借り入れ時にどのような審査をして、申込者に返済能力があるかどうかを判断するのでしょうか。
消費者金融で借り入れ時に審査される項目は大きくわけて次の3つです。

  • 申込者の属性情報
  • 申込者の信用情報

それでは、消費者金融の審査項目の2つをみていきましょう。

申込者の属性情報とは年収や勤務先などの個人情報

キャッシング時の審査における属性とは、申込者本人の仕事や年収、家族構成、健康保険などの情報のことを指します。
大手消費者金融会社では、この属性をシステムで自動的にスコアリング(点数化)し、審査基準としています。属性スコアリングでは年収や勤務先、家族携帯などを見て点数化しています。
申込者の属性スコアリングで見られる主な項目は、次の通りです。

  • 年収
  • 職業・勤務先
  • 雇用形態・勤続年数
  • 居住形態・年数
  • 家族構成・年齢
  • 固定電話の有無
  • 健康保険の種類

消費者金融では上記の申し込み者の属性を判断して審査しています。
消費者金融の審査基準については、「消費者金融の審査の項目や審査基準」で詳しく解説しています。

消費者金融での審査時に申込者の勤務先を確認する在籍確認がある

消費者金融の借り入れ審査では、申込者の勤務先に電話して実際に勤務先に在籍しているのかを確認します。その際に申込者が電話に出るかまたは勤務先の方が申込者が勤務先に在籍している旨の返答があれば、在籍確認は完了となります。
この在籍確認の電話では申込者が必ずしも、勤務先で電話に出る必要はなく、たとえ不在だとしても、申込者が申込み時に勤務先に在籍していることが確認できれば、在籍確認は完了となります。ただし、申込者の勤務先に連絡したところ、既に退職していた、休職中である場合には在籍確認が完了したとはみなされません。

信用情報とはカードローンなどの利用記録の履歴である

続いて、申込者の信用情報に基いて審査について、解説いたします。
信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの利用記録のことで、信用情報機関という期間で管理されています。信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターという3つの機関です。この機関で、各申込者の信用情報が記録されています。
消費者金融に申し込みすると、は自社が加盟している信用情報機関を通じ、必ず申込者の信用情報をチェックします。そして、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。現在、プロミスは株式会社シー・アイ・シーと株式会社日本信用情報機構の2つの信用情報機関に加盟しています。信用情報に記載されている主な項目は次の通りです。

  • 他社借り入れ件数
  • 他社借り入れ総額
  • 金融事故の有無

消費者金融では、申込者の属性情報の他に、これらの信用情報に記載されている項目をもとに審査をしていきます。
とくに、過去に金融事故を起こしている場合などは審査に落ちてしまう場合もあります。

金融事故とは長期の延滞や債務整理などの返済時に問題のあったもの

金融事故とはローンやクレジットカードの返済で何らかの問題が発生し、遅滞や債務整理など通常通りに返済が終わらなかった場合をいいます。金融事故が起こると事故情報(異動情報)として記録されます。金融事故の種類には主に以下のようなものがあります。

  • 2~3か月以上の返済金の長期の延滞
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの事故情報が一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この事故情報(異動情報)があると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

消費者金融の審査に通るためにはどうしたらいいか

それでは消費者金融の審査に通るためにはどうしたらいいのでしょうか。消費者金融の審査に通る対策としては下記の3つです。

  • 事前にWEB診断ツールなどを利用して調べてみる
  • 他社借り入れがある場合には申し込み前に一括返済してしまう
  • 独自審査を実施中小の消費者金融を利用する

事前にWEB診断ツールで融資可能かどうかを調べてみる

消費者金融や銀行カードローンに会社によっては、年収や他社借入額などの少ない項目のみで「融資診断」が可能なサービスを提供しているところがあります。
これらは、あくまで簡易的な診断ツールなので、「診断ツールで融資可能となれば本審査も通る」というわけではありませんが、事前に融資可能かどうかがわかれば、審査の落ちてしまうかどうか心配も軽減されると思います。下記に、大手消費者金融である、アコムとプロミスの3秒診断をご紹介しますので、申し込みを検討している場合には是非利用してみてはどうでしょうか。

アコムのWEB診断

アコムではインターネット限定の診断サービスととして「3秒診断」という、インターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスもあります。この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。


アコムのホームページには「3秒診断」というネット限定で融資の可否を診断ができるサービスがあります。このサービスは必要な事項を入力するだけで、アコムからの融資が可能かどうのかの目安判断してくれるものです。

アコムの3秒診断の診断方法

3秒診断では、住所、氏名といった個人を特定するものを入力することがありません。
3秒診断に入力する情報は下記となります。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社の借り入れ状況

上記に記載されている「他社の借り入れ状況」とは貸金業者からの借り入れのことです。ですから、他社消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れ件数と合計金額を入力すればいいわけです。
3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

プロミスのWEB診断

プロミスでは、公式ホームページ内に「お借入シュミレーション」という、事前におおまかな融資の可否を判断することが可能です。 この「お借入診断」を利用して、 プロミスに申込前に他社借入があっても融資可能かどうかを診断してみるのもいいでしょう。 このお借入診断は、「年収・年齢と借入額」から融資可能かどうかを判断しているだけですので、住所、氏名といった個人情報を入れることもなく安心して融資可能かどうかを判断してくれます。 診断結果は、下記の2通りです

「融資可能です」
「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

ただし「融資可能です」表示された場合でも、あくまで融資の目安ですので実際の審査結果と異なることもあります。


他社借り入れがある場合には申し込み前に一括返済してしまう

もし、複数の他の消費者金融からの借り入れがある場合には当然返済の可能性が低くなってしまうので、「この人は貸しても返済してくれないかもしれない」と思われ、審査に落ちる可能性も高くなります。
借り入れが複数ある場合には、きちんと返済計画を立て、できれば借入金を完済してから新たに消費者金融に申し込むようにしましょう。

大手よりも中小の消費者金融での融資を検討してみる

他社借り入れ件数や信用情報に問題がある場合には、中小消費者金融での融資も検討してみるといいでしょう。中小消費者金融の場合、借り入れ審査を独自の審査基準で行っている会社も多く。過去に長期の滞納や債務整理などの金融事故を起こしていたとしても、現在安定した収入があるのであれば審査に通る可能性も高いです。

ただし、中小消費者金融のカードローンももちろん、総量規制の対象ですので、安定した収入がないと審査には落ちてします。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間