消費者金融で総量規制の対象になる借り入れと総量規制の対象外の借り入れ

消費者金融でお金を借りようとする場合は、知っておくべきことは、利用げ総量規制についてです。
なぜなら、総量規制は、消費者金融での利用限度額の決定に直接影響するためです。

総量規制とは、貸金業法で定められた貸付の制限のことで、消費者金融業者、信販会社。クレジットカード会社などからの個人への貸付は年収の3分の1にまで制限されることをいいます。

基本的に、消費者金融のフリーローン(通常のキャッシング)は総量規制の対象のローンです
消費者金融では、フリーローンの他に、総量規制の対象外であるおまとめローン借り換えローンなどの商品も取り扱っています。

それでは、消費者金融での総量規制とはどのような規則なのでしょうか。また、消費者金融での総量規制対象外ローンとはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、消費者金融での総量規制の対象になる借り入れと総量規制の対象外の借り入れとの違いなどについても詳しく解説いたします。

総量規制とは個人への貸付は年収の3分の1にまで制限される貸金業法の規則のこと

総量規制とは、債務者への過剰な貸付(融資)を防ぐために、が年収の3分の1を超える借入ができないように定められた貸金業法の規制のことをいいます。

つまり、年収300万円の人であれば、総量規制により他社消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠での借り入れ額を含む借り入れ額の上限は100万円となるわけです。

利用限度額の上限が定められた他に収入証明書類の提出も義務付けられた

貸金業者で50万円を超える貸付けを行う場合、(利用限度額が50万円を超える場合。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、利用者に収入を明らかにする書類の提出もとめています。

この収入を明らかにする書類とは、利用者の源泉徴収票や給与明細書、または確定申告書や課税証明などの書類のことをいいます。

総量規制が導入された背景は消費者金融での多重債務の問題

かつて、消費者金融が「サラ金」と呼ばれていたころ、多くの消費者金融は、金利29.2%のいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる金利で貸付を行っていました。この高金利が原因で多重債務が社会問題化したため、法律で借り入れ額の総額を年収の3分の1に制限し、なおかつ、グレーゾーン金利も撤廃され、上限金利の引き下げもなされたわけです。

総量規制の基準となる利用者の年収とはどんなものであるか

それでは、総量規制の対象となる年収とは何をさすのでしょうか。消費者金融などの貸金業者では下記の収入の1年分を利用者の年収としてみなしています。

  • 給与収入
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 投資による収入

一方、宝くじの当選金やギャンブルでの収入、保険金による収入や投資による収入、退職金など退職時の一時的な収入、土地、建物などの資産の譲渡により得た収入は、年収には該当しません。加えて、生活保護や年金などの国や地方公共団体からの補助金は年収には含まれませんので、注意しましょう。

基本的に消費者金融を含む貸金業者からの借り入れは総量規制の対象になる

総量規制の対象になる借り入れとはどのような借り入れをいうのでしょうか。総量規制は貸金業者が対象となります。貸金業者とは以下の業者をいいます。

これらのが提供している商品、消費者金融系カードローン信販会社系カードローンまたは、クレジットカードのキャッシング枠などが総量規制の対象となり借り入れといえます。

ただし、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象ではありませんので、注意してください。

銀行カードローンは総量規制の対象ではない

消費者金融系のカードローンは総量規制の対象ですが、三井住友銀行カードローン三菱UFJ銀行カードローンオリックス銀行カードローンなどの銀行カードローンは総量規制の対象外です。

なぜなら、銀行カードローンは、貸金業法ではなく銀行法に則り営業しているためです。銀行の他にも信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、保険会社、証券金融会社、質屋などの業者は、貸金業者ではありません。

昨今、銀行カードローンの借りすぎによって返済困難になる事案が増えています。銀行カードローンは、総量規制の対象外とはいえ、必要以上の借りすぎには注意しましょう。

貸金業からの借り入れでもおまとめローンなど総量規制の対象外のローンもある

例外として貸金業(消費者金融)からの借り入れであるにもかかわらず、総量規制の対象から除外されるローンや総量規制の例外となりローンもありますのでご紹介いたします。
貸金業からの借り入れであるにもかかわらず総量規制の対象から除外されローンも存在します
下記が総量規制の対象から除外されるまたは総量規制の例外となるローンです。
総量規制の除外となるローンは以下のローンです。

  • 住宅ローン・自動車ローンなどの目的別ローン
  • >担保のあるローン(不動産ローン)
  • 高額療養費の借り入れ
  • 不動産の売却代金で返済できるもの

また、総量規制の例外となるローンは以下のローンです。

  • おまとめローン(顧客が一方的に有利となる借換え)
  • 配偶者貸し付け
  • 緊急で必要な費用のための借入れ
  • 個人事業者が行う借入れ
    (消費者金融でのビジネスローン)
  • クレジットのショッピング枠

総量規制の除外と総量規制の例外のローン違いは借り入れ残高に加算されるかどうか

総量規制対象外のローンには、「総量規制の除外」と「総量規制の例外」という2つがあります。
総量規制の除外のローンは、申込者の年収の3分の1を超えていても借り入れが可能なローンであり、なおかつ、借りた金額も総量規制の借入残高に加算されません。

一方、総量規制の除外のローンは、同様に申込者の年収の3分の1を超えていても借り入れが可能ではあるが、貸付けの残高としては算入されるローンをいいます。、

例えば年収300万円の人が、消費者金融などの貸金業者から100万円借りている場合、緊急に医療費としてあと50万円借りたいというような申し出があったときになどが、総量規制の例外となるローンにあたります。ただし、どのローンも借り入れ時に審査がありますので、審査通過後に借り入れ可能となります。
消費者金融などの総量規制対象のローンを利用する際には、申込者の年収の3分の1に近づいている場合には、新たに消費者金融に申し込みをしても、キャッシング審査に落ちてしまいます。新たに消費者金融に現在の借り入れ金額を減らすか、総量対象対象外や例外であるおまとめローンや銀行カードローンを利用するようにしましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 最高800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間