プロミスでの審査時にチェックされる利用者の信用情報

プロミスでの審査時にチェックされる利用者の信用情報

信用情報というのは、クレジットカードやカードローンの審査時にたいへん重要になってくる情報です。この信用情報というのは一体何のことを指しているのでしょうか?信用情報と深い関わりがある信用情報機関というのは一体何なのでしょうか?

また、大手消費者金融の一つであるプロミスは借り入れ審査時に利用者の信用情報をどのように利用しているのでしょうか。

ここでは、カードローンを利用する際に大切になってくる信用情報とプロミスでの審査の影響について詳しく解説を行います。

信用情報とはなにかローン申し込みや契約などの履歴

まず、信用情報とは何かをついて解説いたします。
カードローンに関する情報を見ている時によく出てくる「信用情報」とは一体何なのでしょうか?信用情報というのは、クレジットカードやカードローンなどの申込や契約に関する記録のことです。具体的には個人を識別するための情報と、申込・契約内容、支払状況、残高で構成される情報のことを指します。

個人信用情報期間が利用者の信用情報を保管している

信用情報の記録を保管している機関のことを「個人信用情報機関」と言います。代表的な信用豊穣期間としては「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター」などがあります。

信用情報はどうやって個人信用情報機関に集まるのか

プロミスをはじめとするカードローン会社やクレジット会社は、個人信用情報機関に登録を行っており、利用者の信用情報を信用情報機関に渡しています。クレジットカード会社やカードローン会社は顧客に無断で行っておるわけではありません。申込を行う時の契約書や規約に、信用情報機関に信用情報を渡すことへ同意する項目が含まれているのです。

プロミスが登録している個人信用情報機関とは

プロミスが登録している個人信用情報機関は「株式会社日本信用情報機構」と「株式会社シー・アイ・シー」の二社です。それでは、この2つの個人信用情報期間の特徴をみていきましょう。

株式会社日本信用情報機構

代表的な信用情報機関の一つで「JICC(ジェイアイシーシー)」と呼ばれています。主要な業務として信用情報の収集・登録・管理・提供を行っています。多くの消費者金融業者がJICCを利用しています。

株式会社シー・アイ・シー

シー・アイ・シーも代表的な信用情報機関の一つで「CIC」とも表記されます。主要な業務として消費者信用取引に係る信用情報の収集・管理・提供・開示を行っています。多くのクレジットカード会社・信販会社がCICを利用しています。
JICCとCIC以外にも、大きな信用情報機関として「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」という会社がありますが、プロミスは利用していません。プロミスのようにJICCとCICの二社を利用している消費者金融業者としては他に、アイフル、アコムなどがあります。複数の信用情報機関を利用しているのはより確かな審査をするためだと考えられます。

信用情報はカードローンやクレジットカードの審査時にチェックされる

クレジットカード会社やカードローン会社が、顧客の審査をする時に顧客の信用能力を判断するための参考情報として利用されています。この与信審査以外の状況で、信用情報機関に記録されている信用情報が利用されることはありません。

信用情報がプロミスでの借り入れ時の審査でどのように影響するのか

それでは、利用者の信用情報がプロミスでの借り入れ審査でどのように影響について解説したします。
プロミスの審査では、申込者の年収や勤務先などの「属性情報」と他社借り入れ件数や過去の金融事故の有無などの「信用情報」の二つを判断材料にしています。

プロミスでは審査時に申込者の信用情報を照会して融資の可否を判断している

さて、個人信用情報機関に照会をして得られた信用情報を、プロミスは審査においてどのように活用するのでしょうか。
プロミスでは審査の際に、申込者の信用情報に「金融事故情報」がないかを確認します。金融事故情報というのは、クレジットカードやカードローンなどの長期延滞、債務整理、自己破産、代位弁済といったネガティブな情報のことを言います。
こうした金融事故情報があると、返済能力に疑問を持たれることになり、プロミスの審査に通ることが難しくなります。いくら属性情報がよくても、信用情報によって落ちてしまうということがあるのです。

もう一つ、プロミスが信用情報機関を通じて入手する大切な情報として、他の消費者金融業者やクレジットカード会社からどれだけの借入を行っているかというものがあります。なぜこの情報が大切なのかというと、「総量規制」という決まりがあるからです。

プロミスは総量規制対象のカードローンである

総量規制とはクレジットカードやカードローンなどの借入を、年収の3分の1までに制限する決まりです。たとえば年収300万円であれば、借入総額上限は100万円までに制限されます。プロミスを含む消費者金融系のカードローンは総量規制の対象のカードローンです。一方、三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローンは総量規制の対象外になります。
総量規制での借入額は、他社との借入との総額で計算されるので、他の金融機関での借入額に関する情報が必要になるのです。たとえば、年収300万円で、他社で50万円の借金がある場合、300万÷3-50万円=50万円までというのが借入の上限額になります。

信用情報は金融機関の審査にとって非常に大切な情報なので、消費者金融業者は自分達の会社の顧客の信用情報を登録する代わりに、信用情報機関に登録されている信用情報を利用しています。

なお、プロミスの審査基準については、「プロミスの審査基準と審査に通るポイント」で詳しく解説しています。

信用情報に関するよくある質問

下記に、信用情報についてのよくある質問をまとめましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

事故情報の保有期限はどれぐらいの長さなのか
金融事故情報が信用情報機関に残っている間は、プロミスなどの多くの金融業者から借入を行うことが難しくなってしまいます。ただ、事故情報も一定の時間が経てば信用情報機関の記録から消えてしまいます。まず、JICCの記録保有期間から見ていきましょう。JICCでは延滞情報に関しては、延滞解消・延滞中から1年間記録され続けます。債務整理・破産・強制解約などの金融事故に関しては5年間記録され続けます。次に、CICの記録保有期間を見てみましょう。CICでは延滞や破産などの金融事故情報は5年間記録され続けます。
新しくカードローンの申込を行う前に心配であれば、開示をしてみるのもよいでしょう。
信用情報の確認を個人で行うことができるのか
自分の信用情報を確認するには「開示」という手続きで行うことができます。CICで自分の信用情報を開示するためには、「インターネット開示」「郵送で開示」「窓口で開示」という3つの方法があります。JICCで自分の信用情報を開示するためには、「携帯電話による手続き」「郵送による手続き」「窓口での手続き」という3つの方法があります。
ブラックリストというのは存在するのか
ブラックリスト、ブラックとは、過去に長期の滞納や自己破産などの債務整理をした履歴があり金融事故を起こしている状態をいいます。
信用情報にはブラックリストという名称のリストは存在しません。各信用情報機関は客観的な情報を記録しているだけだと説明しています。利用する金融機関の側が信用情報機関の情報を金融事故情報と判断するという考え方ですね。
連帯保証人になっているという情報も記録されるのか
CICでは、住宅ローンなどの連帯保証人になった記録なされます、しかしJICCではその記録されません。
ただし、JICCでも法人の連帯保証人になっている場合は記録されます。
信用情報を削除することはできるのか
お金を払うことによって、信用情報機関から金融事故情報を削除するといったことはできません。そのような信用情報の変更などの勧誘があれば、詐欺の可能性が高いです。騙されないように注意しましょう。
信用情報機関への問い合わせでプロミス審査に落ちた理由がわかるのか?
プロミスに落ちた理由は信用情報機関に問い合わせてもわかりません。なぜなら信用情報機関では審査・与信業務は一切行っておらず、照会のあった金融機関に情報を提供しているだけだからです。一般的に審査に落ちた理由はどこに問い合わせてもわかりません。金融事故情報の記録によって落ちたのではないかと推測ができるのならば、開示の手続きをしてみるとよいでしょう。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間