即日融資が可能な中小消費者金融

アコムプロミスアイフルなどの大手消費者金融各社は、競って即日融資を実施しています。

駅前やロードサイドにある、自動契約機(無人契約機)で申し込みや契約するする即日融資の方法が広く知られていますが、さらに最近は、銀行振込による即日融資も増えており、ローンカードを使わないカードローンも普及してきています。

それでは、アコムやプロミス・アイフルなど大手消費者金融以外の、中小消費者金融では即日融資を受けることはできるのでしょうか。

信用情報に事故情報がないのであれば、無利息期間の利用できる大手消費者金融がおすすめ

アコムには「30日間金利0円サービス」(初回契約・35日ごとの返済を設定)があり、このアコムの30日間無利息サービスは、アコムを始めて利用する時に契約から30日間は金利0円で借入が行えるというものです。上手く利用すれば、銀行系カードローンなどよりも低利で借りることも可能です。
また、アコムは全国に支店・自社ATMがあり、コンビニATM・金融機関ATMなどの提携先ATMも豊富にあり、借入・返済の時に非常に便利です。AZは京都の一店舗だけで、返済は店頭か振り込みのみとなっています。利便性でもアコムのほうが優れています。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。




レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。 レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(契約額が200万円超の場合30日間利息0円が適応・30日間無利息、180日間無利息との併用不可)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

]


中小の消費者金融とはいわゆる街金と言われる消費者金融

中小消費者金融は貸金業許可を得て地域に密着した消費者金融でる

中小消費者金融とは、全国展開しているアコムやプロミスなどの消費者金融とは異なり、基本的に地域に密着した消費者金融をいいます。いわゆる「街金」と呼ばれている消費者金融です。

もちろん、貸金業の許可を得ていないような、いわゆるヤミ金(闇金)ではありませんので安心して利用することができます。

中小消費者金融は、テレビCM流しておらず、あまり広告もしていません。よって知名度が低いため、ヤミ金(闇金融)と間違えてしまうこともあるでしょう。実際、闇金は意図的に中小消費者金融と誤認させるような宣伝を行うことが多く、Webサイトを持っているからといって必ずしも合法の消費者金融業者会社だとも限りません。

貸金業許可をえて登録している貸金業者は、金融庁の公式Webサイトに記載があります。きちんと事務所を持ち、固定電話を持ったうえで、貸金業の登録番号を有している業者なら闇金ではありません。

中小消費者金融でも条件次第で即日融資を受けること可能

中小消費者金融といっても準大手から、1か所の事務所で運営している小規模消費者金融までさまざまです。
その中でも、比較的知名度の高く即日融資可能な中小消費者金融は以下のとおりです。

これらの中小消費者金融では店舗への来店または銀行振込みのどちらかを利用すれば、上記すべての消費者金融で即日融資ののサービスをおこなっています。ただし、中小消費者金融で融資を受けるためには、大手消費者金融と同様に安定した収入あることが条件となります。くわえて中小消費者金融も大手消費者金融と同様に総量規制対象のカードローンです。現在の消費者金融での借入が収入の3分の1を超えている場合には審査に落ちてしまいます。

中小消費者金融では審査時の職場への電話連絡は必須

中小消費者金融の場合、大手消費者金融と比べ、独自の審査基準を採用しているため、過去に返済の長期滞納や自己破産などの債務整理の履歴が信用情報に記載されていたとしても、柔軟な審査をしてくれます。一方、中小消費者金融では、現在の返済能力をみて、融資の可否を判断するため、審査時の勤務先への電話連絡はを避けることはできません。

中小消費者金融では審査時の職場への電話連絡は必須

どうしても審査時の職場への電話連絡を回避したいのであれば、SMBCモビットのWEB完結申込を検討する

大手消費者金融のSMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
SMBCモビットの審査は、中小消費者金融と比べて厳しいと思われていますが、以下のようなケースであればSMBCモビットの審査に通る可能性もあります。他社借入件数や金額が少なく、現在安定した収入があり、以下のような場合には、SMBCモビットの審査に通ることもあります

  • 過去に消費者金融や銀行クレジットカードの支払い遅延の履歴があるが1ヶ月未満であった
  • 他社消費者金融や銀行での返済遅延分の支払いを済ませている
  • 自己破産や任意整理などの債務整理を行ってから5年以上が経過している
  • 現在債務整理の手続き中ではない
  • SMBCモビット利用時に長期の遅延や債務整理をしていない

どうしても、上記の条件に合致しており、審査時の職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

>



SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。



消費者金融セントラルでは自動契約機からローンカード利用しての即日融資が融資が可能

比較的規模の大きい中小消費者金融であるセントラルの場合、来店でも振込みでも、即日融資を実施しています。来店すれば、自動契約コーナーでローン用カードの即時発行を受け、すぐにATMからキャッシングができます。

振り込みでの融資希望の場合には平日の14時までに申し込みを完了させる必要がある

銀行での振込み融資希望の場合、平日14時までに申し込み後審査が通れば、融資が必要な急ぎの人に対し、お手持ちの銀行口座に振込融資をしてくれます。本人確認書類等のアップロードが必要ですので、お早めに申し込みましょう。
なお、セントラルは京都内や埼玉県に無人契約機(自動契約機)の店舗を設置していますので、首都圏にお住まいの方でもセントラルを利用して融資を受けることが可能です。
なお、消費者金融のセントラルについては、「消費者金融セントラルの金利・利用限度額、申し込み方法や審査」で詳しく解説しています。スカイオフィス(福岡市)、なども、Web経由での即日融資をおこなっています。

アローのように公式サイトに即日融資の記載がない場合には事前に問い合わせが必要

アロー(名古屋市)も即日融資をしてくれるとのことですが、公式サイトにはその旨の記載がありません。
中小消費者金融の場合、インターネットネットの口コミで知ったサービスが終了していることなどもありますので、ご利用の前に直接お尋ねください。

中小消費者金融では土日祝日の銀行振込を利用した即日融資は不可能

銀行からの振込融資で中小消費者金融から即日融資を融資を受けようという場合、基本的に銀行の休業日である土日祝日には振込んでくれません。
大手消費者金融ですと、アコム(楽天銀行利用時は土日祝日も含めて即時反映)プロミス(三井住友銀行やジャパネット銀行利用時は土日も含めてすぐに反映)のように、土日祝日の振込融資が可能です。

来店不要で即日融資可能な中小の消費者金融

上記に挙げた中小消費者金融各社は、すべてカードローンのWeb申込みを受け付けています。
むしろ、無人店舗(自動契約機)を多数設置大手消費者金融と比較しますと、中小消費者金融は明らかにWeb申込とによる融資に特化しています。Web経由であれば、それだけ店舗設置の経費がかからないからだと思われます。

したがって、中小貸金業者で融資を受けるにあたっては、WEB申し込みで融資を受けられるためほぼ来店不要です。
ただし上記に挙げたキャッシングエイワ、アルクの2社は、来店できる人にしか融資していません。
(キャッシングエイワの場合には、対面審査という借り入れ時に対面審査という独自の審査を行っております。)

先ほども申し上げた通り、中小の貸金業者でも、セントラルなどは、自動契約コーナーのみの無人店舗を複数設置し、また即日の振込みキャッシングも実施しています。大手消費者金融と近い
セントラルはもともと西日本中心に店舗を設けていましたが、東京都中央区銀座でプロミスの撤退した後に店舗を構えるなど、関東地方にも進出しつつあります。

もっとも中小消費者金融の多くは、店舗のある地域が限られています。ユニーファイナンスアローは東海地方ですし、アルクやフクホーは関西地方です。しかし、どちらの会社も、Webでの融資を受け付けており、日本国内にどちらにお住まいの方でも、申し込んで融資を受けることができます。
各社とも店舗へのは必須ではありませんが、Webでローンを申し込んだ後の融資の利便性・スピードについては異なります。

融資を受けられるまでの手段はさまざまです。必要書類を郵送で送る必要のある会社もあり、この場合は当然、即日での借入れはできません。

また、借入れの方法がローン専用カードによるキャッシングのみという会社もあり、この場合も、審査が済んだ後カードがご自宅に届くまで融資は受けられません。来店は不要ですが、即日融資は非対応、ということになります。

来店契約で即日融資可能な中小の消費者金融

消費者金融店舗を訪れて契約する昔ながらの方法は、曜日も時間も問わず、ローン専用カードをその場で発行してもらえますので、融資の確実性が高いです。
ただし、中小貸金業者の場合、自動契約機はあまり用意されておらず有人窓口主体ですので、営業時間は短めです。
また、中小消費者金融の場合、本社を中心とした地域限定型の会社が多く、営業エリアは広くありません。窓口を利用する場合は、お近くの営業者や支店をを調べましょう。

また、会社の所在地にある有人窓口について、その取扱業務を積極的にアピールしていない場合もあります。この場合は、公式Webサイトを覗いても、Web申込の案内しか出ていません。

一覧に挙げた消費者金融のうち、東京都内で、店舗で融資が受けられるのは、セントラルです。ただ東京には他にも無数の消費者金融があり、窓口も無数にあります。たとえば高田馬場には学生ローンも多くあります。社会人でも、学生ローンで借りることは可能です。大阪では、窓口で融資が受けられるのはアルクやフクホーです。
その他、Web申込を受け付けていないものの、3店舗で窓口融資をしている新大阪ファイナンスなどがあります。名古屋では、ユニーファインナンスが、自動契約機と有人窓口を有しています。

中小消費者金融で確実に即日融資を受けるためのポイント

中小消費者金融は独自審査を行っているため審査に通りやすい

知名度の高い大手消費者金融でなく中小の消費者金融でお金を借りるメリットは、大手消費者よりも審査が緩めだということです。中小消費者金融の審査緩いというのは、無職の人など誰にでも貸してくれるということではなく、審査で着目するポイントが少々異なるという意味です。大手消費者金融では、過去において返済を延滞させた方に貸してくれることは非常に少ないといえます。ですが、こうした方に対しても、今後きちんと返済してくれそうだと判断すれば、中小消費者金融は比較的貸出しをしてくれやすいのです。
ただし、中小消費者金融が大手消費者金融に比べて借りやすいからといって、手あたり次第に融資を申し込むと、審査に不利になることがあります。

中小消費者金融であっても複数社への同時申し込みは避ける

中小消費者金融であっても、大手消費者金融と同じように審査の際には、、申込者の信用情報(ローンなどの利用履歴や長期の滞納、債務整理などの金融事故情報)を確認します。その際、6か月以内の、他社への申込みの記録も確認します。
それを見れば、他の消費者金融で融資を断られて、間もない人であることが明らかとなります。(いわゆる「申し込みブラック」)それを承知の上で、独自の審査基準で融資をしてくれる中小業者はあります。
ただし、他社への申込記録などは審査に不利になる場合もありますので、ないに越したことはありません。
もし、大手消費者金融の審査に落ちてしまって、その後確実に融資を受けたければ、中小の業者に狙いを定めるのも悪い方法ではありません。

中小消費者金融のローンも総量規制の対象のローン

総量規制とは、貸金業法で定められた貸付の制限のことで、消費者金融業者、信販会社。クレジットカード会社などからの個人への貸付は年収の3分の1にまで制限されることをいいます。
規模の大小にかかわず、貸金業法で規定された消費者金融のフリーローン(通常のキャッシング)は総量規制の対象のローンです。
つまり、中小の消費者金融でも大手消費者金融と同様に、実質的な利用限度額の上限は申込者の年収の3分の1です。また、無職や専業主婦などの収入のない方の申し込みは大手消費者金融と同様にできません。

全国展開している消費者金融は大手消費者金融である

先ほども申し上げた通り、大手消費者金融とは、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなど全国に無人契約機などがあり、日本中どこからでも利用できる消費者金融をいいます。また、大手消費者金融は、アコム(三菱東京フィナンシャル・グループ)やプロミス(三井住友フィナンシャルグループ)のように都市銀行のグループ傘下であったり、テレビCMや広告を大々的に行っているため知名度や信用力もあるといえるでしょう。
また、店舗を構えていないオリックス・クレジットやベルーナノーティスなども、大きなグループに属しているのでといえるでしょう。

大手消費者金融では提携先金融期間やコンビニATMの利用や無利息期間サービスを行っている業者が少ない

中小消費者金融で契約後、借り入れが可能になった場合、その後の金利や返済についても、金利や利便性などが大手消費者金融と大きく変わるわけではありません。くわえて、中小消費者金融でのカードローンの金利は、貸金業法に則った利息制限法上の上限18.0%(10万円超~100万円未満)となりますので、大手消費者金融で借りた場合の金利とそこまで違いがあるわけではありません。

一方、大手消費者金融と異なり、コンビニATMや提携先ATMでの返済手段はなく、銀行振り込みでの返済のみ中小消費者金融が多いのが現状です。また、大手消費者金融が実施している無利息サービスも実施されていない中小消費者金融が多いです。

もし、セブン銀行などのコンビニや提携先金機関のATMを利用しての借り入れや無利息期間サービスなどを利用したい場合には、アイフルなどの大手消費者金融で融資を受けた方がいいでしょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。 レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(契約額が200万円超の場合30日間利息0円が適応・30日間無利息、180日間無利息との併用不可)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能
  • 9/3~11/30期間内で初めての契約なら60日間無利息サービスを実施中
    (30日間無利息、180日間無利息との併用不可)
  • 5万円までなら最長180日間の無利息期間を選べる
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円
審査時間最短即日融資も可能
融資までの時間最短即日融資も可能