プロミスカードローンの申し込みの流れ

カードローン会社でキャッシングを利用するにあたって、申し込みした当日にお金を借りたいという方は多いと思います 大手消費者金融であるプロミスを使えば、最短即日で融資を受けることも可能です。 

また、「家族に内緒で借りたいから郵便物をなくして欲しい」、「店頭窓口へいく時間がない」という方にはパソコンや携帯電話、スマートフォンや専用アプリからの申し込みが可能で、来店することなくカードなしで契約そして融資までが可能です。

ここでは、プロミスの申し込みについて、申し込み流れや申し込み方法、土日の融資や即日融資が可能な申し込みの方法などをまとめました。特にプロミスカードローンの申し込みを検討している方にはとても参考になると思いますよ。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間


プロミスの申し込み資格

申し込み資格は、安定した収入があればパート・アルバイトでも申し込み可能

プロミスに申込資格は、公式ホームページに下記のように明記されています。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

そのため、未成年者や無職の方、また専業主婦の方は申し込みできませんが、正社員でなくてもアルバイト・パートでも毎月定期的な収入があれば申し込み可能です。

申し込み前にネット上で融資可能かどうかを診断することができる

プロミスでは、公式ホームページ内に「お借入シュミレーション」という、事前におおまかな融資の可否を判断することが可能です。 この「お借入診断」を利用して、プロミスに申込前に他社借入があっても融資可能かどうかを診断してみるのもいいでしょう。 このお借入診断は、「年収・年齢と借入額」から融資可能かどうかを判断しているだけですので、住所、氏名といった個人情報を入れることもなく安心して融資可能かどうかを判断してくれます。 診断結果は、下記の2通りです

「融資可能です」
「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

ただし「融資可能です」表示された場合でも、あくまで融資の目安ですので実際の審査結果と異なることもあります。

プロミスカードローンの申し込みから契約・借り入れまでの流れ

それでは、プロミスの申し込みから借り入れまでをみていくことにしましょう。プロミスの申し込みから借り入れまでの流れは下記の通りです。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借り入れ



プロミスカードローンの申し込みをする際には、後から述べますが、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。

プロミスの申し込みはWEB申し込みが1番便利である

プロミスでの申し込み方法は次の6つの方法があります。

  • WEB申し込み
  • 電話での申し込み
  • 自動契約機での申し込み
  • 三井住友銀行ローン契約機での申し込み
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 郵送

それでは、それぞれの申し込み方法の特徴を詳しくみていきましょう。

WEBでの申し込みはカンタン入力とフル入力の2通りがある

プロミスではインターネットの申し込みができます。プロミスのWEB申し込みは
「カンタン入力」と「フル入力」の2つから選ぶことができます。それでは、この2つの申し込み方法を詳しくみていきましょう。

フル入力で申し込みする場合は電話での確認が不要

フル入力を選んだ場合には、借り入れ金の審査に関する全ての項目を審査するため、申し込み内容に記載ミスや記載漏れなどがなければ、そのまま電話での確認がなくそのまま本審査を受けることが可能です。

カンタン入力で申し込みする場合はプロミスの担当者から電話がくる

カンタン入力はフル入力に比べて、WEB上での入力する項目が少ないために、不足している審査項目については、電話でのヒアリングが必要となります。
つまり、カンタン入力だけで申し込み手続きを完了できないので、結果としてフル入力の方が申し込みから融資までの時間が短縮されます。
申し込み時にプロミス担当者と電話で不明なところや質問しながら申し込みをしたいという方はカンタン入力をおすすめいたします。

WEB申し込みのフル入力での申し込みの流れ

それでは、フル入力でのWEBでの申し込みについて詳しくみていきましょう。
なお、カンタン入力については、ほぼフル入力でのWEB契約と同じです。ただし、カンタン入力には「お申し込みに関する連絡先について」という項目があります。
この項目は、カンタン入力を選んだ場合に電話確認が必須なので、プロミスの担当者がいつ、どの電話番号にかけたらいいのかを確認する項目です。

WEB申し込み、フル入力で申し込む主な項目は下記の通りです。

  • 借り入れの審査の基準となる個人情報
    「お客さま情報」・「自宅情報」・「勤務先情報」
  • 契約方法の選択
    「WEB契約・来店での契約」
  • 他社借り入れ状況や借入金額
    「お借入れについて」
  • メールアドレスとパスワードの登録
  • 審査結果のご連絡について
  • 書面の受取方法について



それでは、各項目の詳細を見ていくことにしましょう。

借り入れの審査の基準となる個人情報

フル入力を選択すると、上の方に「お客さま情報」「自宅情報」「勤務先情報」の3つの大きな項目が出てきます。この3つの項目では、氏名、家族構成、住所、勤務先、などの個人情報を入力していきます。審査の基準となる項目ですので、記入ミスや記入漏れ、ましてや虚偽の情報を記入しないようにしましょう。
この項目に、記入ミスや記入漏れ、虚偽の情報などがあると確認の為、審査時間が伸びたり、最悪の場合には審査に落ちてしまうこともありますので気をつけましょう。

ご契約方法の選択

勤務先情報を入力し終えると、今度は「ご契約方法の選択」と項目があります。
この項目は、WEB契約来店契約かを選ぶ項目となります。
それでは、2つの契約を選んだ場合、どのような流れになるかをみていきましょう。

WEB契約を選択した場合

WEB契約を選択した場合、来店せずに即日のキャッシングが可能となります。
また、申し込み完了後に本人確認書類などの必要書類(後述)を携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影して画像して送信します。

来店契約を選択した場合

審査結果を確認後、自動契約機はまた、店頭窓口(お客様サービスプラザ)に来店して契約書類の作成とカードの発行を行います。なお、必要な書類は来店時に持参することが必要となります。

他社借り入れ状況や借入金額

この項目は、現在の他社での借り入れ状況を入力する項目となります。この項目は、個人情報の入力項目とともに特に審査に関わる重要な項目です。
他社からの借り入れ件数や借入額が多い、または年収に対して借り入れ希望額が多い場合には、返済の延滞や返済ができないなどプロミス側にリスクが生じるため、慎重に審査を行いますので、他社からの借り入れ額や借り入れ件数が多いことが原因で審査に落ちてしまうこともあるでしょう。もし、他社からの借り入れがある場合でも、プロミス側は申込者の借入れ情報を個人信用情報機関から照合しますので、正確に記載してください。ましてや虚偽の記載はしないようにしてください。

メールアドレスとパスワードの登録

こちらの入力欄はメールを確認できるアドレスを入力すれば問題ありません。ドメイン指定をしている場合には、プロミスからのメールを受け取れる設定にして下さい。申し込み完了時に、審査結果判明前に申し込み完了のお知らせメールがきますので、もし、申し込み後メールが来なかった場合にはドメインの設定を見直した方がいいでしょう。

審査結果のご連絡について

この項目では、審査結果の通知方法ついて、メールまたは、勤務先への電話を選択する項目です。プロミスでは、申込者の自宅または勤務先への電話についてはプライバシーを考慮して、電話番号通知はなくプロミス担当者個人名で電話をしますので、家族や第三者にバレてしまうことないでしょう。

書面の受取方法について

この項目では利用明細書および受取証書など交付書面について、下記のどの手段で書面を交付するかを選択します。

  • WEB明細(パソコン・携帯電話・スマートフォンでホームページにて確認)
  • 自宅へ郵送
  • 勤務先へ郵送

なお、WEB明細を選んだ場合、借入日から30日間無利息サービスを利用することができます。
後は、最後のアンケートに記入をすれば、申し込みは完了します。
プロミスでのWEB完結サービスについては、「プロミスのWEB完結ならカードレスや郵送物なしで借入可能」で詳しく解説しています。

電話での申し込みは土日祝日を含む毎日9時~22時である

プロミスカードローンは携帯電話や自宅の電話から申し込み可能です。
プロミスの担当オペレーターが、氏名、住所、勤務先や他社借入情報などの審査に必要な情報をヒアリングします。申し込み内容を確認後、審査の上、契約内容を確認します。なお、電話での受付時間は、土日祝日を含む年中無休で9:00-22:00です。

初めて利用する女性の方ならレディースコールがおすすめ

プロミスでは女性のために、女性の電話オペレーターが対応してくれる女性専用キャッシングサービスもあります。レディースコールとよばれる女性専用ダイヤルが準備されており、女性の担当オペレーターが対応しています。はじめてのカードローン・キャッシングや借入・返済での気になるところを聞きたいという女性の方にはおすすめです。
女性専用ダイヤルレディースコールの電話番号は、
0120-86-2634
受付時間は年中無休で9:00~21:00です。
初めてプロミスを利用する方や、借入や返済に不安な方は、オペレーターが相談に乗ってくれますので、是非利用してみてくださいね。

自動契約機からの申込みする場合、併設のATMからその場でキャッシング可能

プロミスの自動契約機からの申し込みでは、タッチパネルを使っての申し込みになります。自動契約機にはプロミスの担当者はおりませんので、誰にも会わずにスムーズに申し込みが可能です。最短30分で申し込みから審査、契約・ローンカードの発行までのすべての手続きが可能です。契約完了後、その場で、ローンカードを使って併設してあるプロミスATMよりキャッシングが可能です。自動契約機の受付時間は9:00-22:00です(土日祝日も申込可能)

三井住友銀行ローン契約機からも申込可能

プロミスでは。全国にあるSMBC(三井住友銀行)ローン契約機からでも申し込み可能です。こちらもプロミスの自動契約機と同様にタッチパネルでスムーズにお申込みいただけます。営業時間は各店舗によって異なりますので、プロミス公式ホームページまたは、三井住友銀行の公式ホームページにてご確認してみるといいでしょう。

店頭窓口(お客様サービスプラザ)では相談しながらの申込が可能

店頭窓口(お客様サービスプラザ)では、プロミスの担当者と申し込み方法の相談以外にも、利息や返済の相談をしながら、安心して申し込みができます。
なお、営業時間は、平日の10:00~18:00(一部店舗は19時まで)です。

郵送から融資の申し込みもできる

誰にも会わずに契約したいけれども、 インターネット(WEB)は苦手という方は、ご郵送で申し込むこともできます。プロミスの申込書に必要事項を記入して、必要書類のコピーとともに郵送が可能です。ただし、プロミス宛に申し込み書類が届いてからの審査になりますので、申し込み当日での融資はできません。
なお、申し込み書類はプロミスの公式ホームページやプロミスコール(電話で取り寄せ)また。店頭窓口(お客様サービスプラザ)にも設置してあります。
この方法の場合、申し込み用紙を電話もしくは、店頭窓口(お客様サービスプラザ)より取り寄せてからの登録になりますので、申し込みから融資までに時間がかかってしまいますので、あまりおすすめできる方法ではありません。

プロミスカードローンの申し込みに必要な書類

運転免許証などの本人確認書類は申し込みに必須である

プロミスのカードローンに申し込みする際には下記のいずれかの本人確認書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
    (住民票と合わせ来店時契約時のみ有効)

また、外国人の場合には上記以外に在留カードもしくは特別永住者証明書が必要となります。
上記にあげた本人確認書類のいずれかと現住所が異なる場合には、下記の書類が必要となります。

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
    携帯電話の領収書は不可
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

上記いずかの書類は発行から6か月以内ものが有効ですので注意してくださいね。

収入証明書の提出が必要な場合もある

また、下記の場合には収入証明書の提出が必要となります。
プロミス公式ホームページより

プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方

プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方というのが少しわかりにくいと思いますので説明いたします。
たとえば、現在他社で60万円を借りいれており、プロミスで希望融資額を50万にしたいという場合などです。
この際に提出する、収入証明書として有効なものを次のいずれかです。

  • 給料明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)

給料明細書および源泉徴収票に関しては、会社員またはパート・アルバイトなどの給与取得者が対象となります。一方、自営業などをされており個人事業主の方は、給与明細書や源泉徴収票がないために確定申告書になります。もし、収入証明書について不明な点がある場合には、プロミスの担当者に事前に連絡してみることをおすすめいたします。プロミスの収入証明については、「プロミスでお金を借りる際に収入証明書は必要か」で詳しく解説しておりますのでご覧ください。

また、本人確認書類や収入証明書にマイナンバーが記載されている場合には、黒く塗りつぶすまたは、マイナンバーの部分を隠して撮影するなどしてから提出してくださいね

プロミスの審査時間は最短30分

プロミスでの申し込みを完了させると、審査がはじまります。プロミスでは審査が終了すると融資の可否と利用限度額を申し込み時に入力した方法(メールまたは電話)で連絡してくれます。プロミスの審査の詳細については、「プロミスの審査の流れと審査基準」で詳しく解説しています。
プロミスカードローンの審査は、申し込みから最短30分で完了しますので、すぐに審査結果が知りたい方でも安心ですね。ただし、実際の審査時間は
スムーズにいった場合で1時間~2時間程度です。(ただし、郵送の場合は、申し込みから審査まで数日かかります。)

プロミスでの審査時間や審査結果については、「プロミスの審査結果と審査にかかる時間」で詳しく解説しています。

たとえば、申し込み当日に融資をしたい場合、いわゆる「即日融資」を希望している場合には、必ず20時までに申し込みを完了させてください。
なぜなら、プロミスの審査結果の回答時間が9:00~21:00であるため、20時以降に申し込みをした場合に審査が終わらず、審査の回答が翌営業日になってしまう可能性があるためです。
プロミスでの即日融資については、「プロミスで即日融資受けるための方法」で詳しく解説しています。

審査の終盤に電話での在籍確認がある

プロミスでは、他社の消費者金融業者と同様に、審査の終盤で、在籍確認が行われます。在籍確認とは、プロミスの担当者が申込者の勤務先に電話をして、本当に申込者がその勤務先に勤めているのかを確認する作業です。
在籍確認の電話は、プロミス宛ではなくプロミスの担当者の個人名でかかってくるために、勤務先の上司や同僚にプロミスに申し込んだことがバレる心配がないので安心してください。
なお、在籍確認の電話は、利用者本人が勤務先不在の場合でも、利用者本人がその勤務先に勤めていることを確認できれば在籍確認は完了となります。
プロミスの在籍確認については、「プロミスでの在籍確認のタイミングと電話の内容
」で詳しく解説しております。

郵便物をなしにすることで家族にバレずにカードローンを利用することができる

プロミスでのキャッシングを検討している際に、家族などに知られてしまうのが心配という方がいるかもしれません。家族などの同居している方に知られてしまう原因で最も多いのは、「自宅へのプロミスから郵便物です」
プロミスでは、下記の3つの郵便物があります。

  • ローンカードや契約書類
  • 月々の利用明細書
  • 延滞や滞納時の催促状

しかし、延滞や滞納時の催促状以外の、ローンカードや契約書類または、月々の利用明細書に関しては、事前に対応が可能です。この2つの郵便物を自宅に届かないようするにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

ローンカードや契約書類はWEB完結にする

ローンカードや契約書類はWEB完結にして申し込みをすることによって自宅への郵送がなくなります。つまり、契約時に返済方法を口座振替にして「カード希望なし」を選択するだけでいいのです。

また、インターネットで申し込みをした後、その場でローンカードや契約書を受け取ることでも自宅への郵便物を送られてくることがなくなります。

なお、上記2つの方法にした場合のいずれも、契約時にWEB明細の利用を選ぶことによって月々の明細書は郵送されてきませんので安心です。

ただし、延滞や滞納時の催促状は上記の方法は利用できません。(必ず自宅への郵便物として送付されます。)返済日はきちんと守りましょう。

プロミスでは契約を完了させて借り入れ可能となる

キャッシング審査通過後はプロミスカードローンへの入会を行います。
つまり、プロミスとの契約をします。契約後、ローンカードを作成しATMなどからのキャッシングが可能となります。

契約方法はWEBと来店の2通りを選ぶことができる

契約方法は、WEBと来店との2種類を選ぶことができます。それでは、WEB契約と来店契約をそれぞれみていくことにしましょう。

WEB契約の場合

必要な本人確認書類などの必要書類を写真で撮影して送信するだけ問題ありません。
また、返済方法をATMと口座振替から選ぶことが可能です。
ATMでの返済を希望した場合には、プロミスより契約書類とローンカードが郵送で自宅に届きます。なお、差出人の宛名はプロミスではなく事務センター宛です。)

一方、口座振替の返済方法を選んだ場合には引き落としを行う金融機関を登録してローンカードの郵送を希望するかどうかを選び契約は完了となります。

来店契約の場合

来店契約の場合、店頭窓口、無人契約機、または、三井住友ローン契約機に出向いて契約を行います。この際、本人確認書類などの必要書類忘れずに持参してください。

申し込みから借入までのすべてをWEBで完結することも可能

プロミスのカードローンは申し込みから審査・契約そして借入の手続きまですべてWEBで完結することが可能です。この際、ローンカードの発行も不要となるので家族などの第三者に知られることなくお金を借りることもできます。

ただし、ローンカードの郵送を希望しない場合には、後日店頭窓口や無人契約機からカードを受け取るまたは、プロミスの会員ホームページにログインして借入の手続きをすることになります。
ただし、ローンカードなしの場合には借入方法は銀行口座のみに限定されてしまいますので注意してください。

プロミスでは即日融資も可能

すぐにお金が必要になった場合、プロミスでは最短即日融資のサービスも行っています。
申込日当日の融資、即日融資を受ける場合には、通常、平日の9:00~14:00までに申し込み後、審査を通過して、契約を完了させておく必要があります。
また、自動契約機を利用しての申し込みの場合、営業時間が9:00~22:00(一部は21時まで)であるために21時までに契約を完了しておけば、自動契約機でローンカードを受取そのまま申し込み当日での融資が可能となります。つまり、自動契約機を利用する場合には20時を目安に申し込みをしておかなければなりません。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座なら24時間いつでも融資可能

しかし、プロミスでは以下の条件の場合には、24時間いつでも融資が可能です。

    パソコン・携帯電話・スマートフォンから三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座へ振込融資する場合

三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている場合には、「瞬フリ」というサービスを利用することができます。
「瞬フリ」のサービスを利用すれば、平日以外にも土日祝日関係なく24時間いつでも借り入れの申し込みが可能で、融資受け付けから10秒ほどで希望の借入額を指定した口座に振込してもらうことができます。24時間いつでも借り入れ可能なので大変便利なサービスです。下の図は上記2行での「瞬フリ」サービスを利用した場合の、受付け時間と振込実施時間をまとめました。

三井住友銀行・ジャパネット銀行での融資受付・実施時間
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日・土日祝日共に 0:00~24:00(24時間受付) 受け付け完了から即時

上記のいずれかの口座をお持ちの方は利用してみてはいかがでしょうか。
ただし、メンテナンスの関係で、三井住友銀行については、毎週日曜日21時~翌月曜日7時、ジャパネット銀行については、毎週月曜日0時~7時はサービスが停止しますので注意してください。
一方、他の金融機関を利用する場合の融資受付時間、振込実施時間などを下の図にまとめておきましたので参考にしてみてください。

その他の金融機関での融資受付・実施時間
曜日 受け付け時間 振込実施時間
平日(月曜日~金曜日) 0:00~9:00 当日9:30頃
平日(月曜日~金曜日) 9:00~14:50 受け付け完了から即時
平日(月曜日~金曜日) 14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:31頃

三井住友銀行、ジャパネット銀行を含むすべての金融機関で、元日はすべてのサービスが停止となりますので、注意してください。

即日融資可能なするには何時までに契約を完了させたらいいか

なるべく早くプロミスでの審査を終わらせたいという方にために、申し込み当日中に審査結果を受け取ること可能な申し込み時間と下の図にしました。

申し込み方法別即日融資可能な時間の目安
申し込み手段 審査回答時間
WEB申し込み 9:00~20:00までに申し込み完了
電話申し込み 0:00~20:00までに申し込み完了
自動契約機での申し込み 9:00~20:00までに申し込み完了

あくまでも申し込み時間と目安です。各手段共に混雑している時には、上の図の時間が短くなる可能性もあります。
また、各店頭窓口(お客様サービスプラザ)や自動契約機はその営業時間が目安になりますので、時間の詳細についてはプロミスにご連絡ください。

土日祝日にプロミスの申し込みをして、その日のうちにお金を借りるには

土日祝日にどうしてもお金が必要になって、その日のうちの融資を希望する場合でもプロミスでは土日祝日の融資が可能です。
しかし、土日祝日は銀行が営業していないために、基本的に振込融資での即日融資はできません。土日祝日に振込融資で申し込みしてしまった場合には、銀行の翌営業日に反映となりますので注意が必要です。
一方、無人契約機からであれば、無人契約機であれば365日年中無休の9時~22時(一部店舗は21時)まで営業しているので、無人契約機に出向いてカードを発行することでATMから借入金の引き出しが可能となります。

プロミス独自のサービス「瞬フリ」を最大限利用すれば土日の振込融資もできる

先程も申し上げた通り、プロミスでは、三井住友銀行またはジャパンネット銀行のインターネットバンクの口座があれば、土日祝日でも振込融資が可能です。
インターネットバンキングを利用して土日の即日融資を完了させるには、プロミスの営業時間内に審査を完了させ、指定口座に振り込んでもらうことが必須となります。よって、土日に「瞬フリ」を利用する場合でも遅くとも20時までには申し込み・契約を完了させている必要があります。

勤務先への在籍確認ができない場合には保険証などの書類提出で在籍確認とみなす場合もある

土日にプロミスに申し込みした際に、申込者の会社は休業日などで在籍確認ができないことがあります。以前までは、プロミスでは給与明細などの書類を提出することによって在籍確認の代わりとすることができたのですが、現在では電話での在籍確認は審査をする上での必須項目となっています。
そのため。原則として土日中に融資を希望している場合には、利用者本人が土日に勤務先に行き電話に出る方法が最も確実です。
ただし、勤務先が遠いなどの理由をプロミスの担当者に電話で話すことで、例外的に在籍確認を翌営業日にして土日の申込日当日に融資を受けられるケースもあります。
特に、勤務先がお休みで在籍確認できない場合には、申し込み時にまずプロミスの担当者その旨を相談してみてはどうでしょうか。

このようにプロミスでは、申し込み方法や融資方法も利用者の生活スタイルなどのニーズに合わせて選択できます。またメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をした場合には、30日間の無利息期間のサービスや口座振込を利用して三井住友VISAプリペイドにチャージすることもできます。ぜひ、カードローン会社を選ぶ際の選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間