専業主婦でも消費者金融を利用できるのか

夫の稼ぎが足りない、子供の教育費が思いのほかかかる。欲しいブランドバッグや行きたい旅行先はあるけどへそくりだけではまだ届かない。専業主婦が「もう少し自分のお金が欲しい」と思う機会は少なくありませんね。でも、専業主婦は自分で収入を得ていない無職といえる状態です。

ここでは専業主婦が消費者金融を利用できるかどうかについてか解説いたします。、そのほかに主婦がお金を借りられる選択肢を検討します。

なお、専業主婦とは仕事をしていない主婦のことをいいます。なお、アルバイトやパートでも仕事をしている場合は、兼業主婦となります。

基本的に収入のない専業主婦は消費者金融を利用してお金を借りることができない

基本的に消費者金融は融資の際に担保や保証人を必要としない無担保無保証の形をとっています。

そのため、消費者金融でお金を借りるためにはお金を返せる人である証明が必要です。その条件として安定した収入を得られていることが挙げられています。

専業主婦は自分では収入を得ていないものの、配偶者が安定的な収入を得ているため世帯としてみれば返済能力がありそうですが、専業主婦が消費者金融でお金を借りることは難しく、消費者金融については、専業主婦の利用はできません。

大手消費者金融といえば、アコムプロミスSMBCモビットアイフル、ノーローンが挙げられますが、どの会社も20歳から69歳まででかつ安定した収入を得ていることが条件とされています。

ただし、主婦でもパートなどで収入がある場合には申し込み条件を満たしているので借り入れ時の審査に通過すれば消費者金融を利用することができます。

専業主婦が大手消費者金融を利用できない理由は総量規制のため

専業主婦が大手の消費者金融でお金を借りられない理由は、貸金業法の総量規制にあると考えられます。
総量規制とは、貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社のキャッシング枠)から借りているお金の総量が年収の3分の1を超えるようにしてはいけないという取り決めで、1つの消費者金融業者から借り入れをしている人も複数の会社から借り入れをしている人も「総量」は等しく規制されています。これはあくまで貸金業者が守るべきことです。
よって、収入がない専業主婦は総量規制に基づくと1円も借り入れることができません。

しかし、法律上は、専業主婦であってもお金を借りることが可能です。それが、配偶者貸付制度という制度です。

例外的に配偶者貸付制度を利用すれば専業主婦でも消費者金融を利用できる

配偶者貸付制度とは、総量規制の計算を配偶者の年収を合計して計算できるというものです。配偶者貸付制度に基づけば収入の専業主婦(主夫)であっても、配偶者の年収の3分の1はお金を借りることができそうです。ただし、勝手にお金を借りることは認められておらず配偶者が同意していることを示す書類と、結婚していることを示す書類(住民票など)が必要となります。

大手消費者金融では配偶者貸付を行っていない

配偶者貸付制度は法律上の話であって、実際に、専業主婦への貸し付けを行うかどうかは各々の消費者金融が決めています。大手の消費者金融の場合は、消費者金融業者の方針で配偶者貸付を利用することができません。(借り入れ時の審査や書類の手続きに時間がかかるため)
専業主婦が消費者金融を利用してお金を借りる場合をまとめると次の通りです。

  • 専業主婦は配偶者貸付制度によって貸金業者からお金を借りられるかもしれない
  • 大手の消費者金融は会社の方針で専業主婦の借り入れを認めていない
    (配偶者貸付の制度を利用できない)

中小消費者金融でも配偶者貸付を行っている業者は少ない

中小の消費者金融については配偶者貸付を行っているかを見ていきましょう。
中小の消費者金融でも、大手消費者金融とどうように専業主婦(無収入の主婦)がお金を借りられるところは殆どありませんでした。配偶者貸付を行っている消費者金融はベルーナノーティス(配偶者貸付制度があり)とレディースフタバの2社が有名です。それ以外の消費者金融で専業主婦向けにキャッシングを行っている消費者金融はありません。
専業主婦が上記2つの消費者金融で配偶者貸付を利用しお金を借りるには、以下の書類が必要になります。

  • 婚姻関係の証明書(住民票や戸籍謄本など)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 同意書(消費者金融業者が作成した書類)

また、クレジットカードにキャッシング枠をつけている業者も貸金業者と定義されていますが、専業主婦がキャッシング枠付きのクレジットカードを得ることもまずできないようです。ただ、専業主婦でもクレジットカードの発行はできるので、カード決済できるものであればキャッシングを使わずに買うことができるかもしれません。

専業主婦が金融機関からお金を借りるにはどうしたらいいか

では、ほとんどの消費者金融やクレジットカード会社を使ってお金を借りることができない専業主婦は他に方法がないのでしょうか。

銀行カードローンを利用する

銀行ローンという選択肢が残っています。銀行はお金を貸していますが貸金業の区分に属していないので総量規制と関係なくお金を貸すことができます。そのため、収入のない専業主婦であってもお金を借りることが可能ですし、実際に専業主婦の借り入れを認めている銀行は少なくありません。

専業主婦が銀行のカードローンを利用する場合は、配偶者の収入で申告を行います。その後、同意書等の提出が必要な場合は手続きを行います。中には同意書の提出が不要である銀行もあります。銀行といってもメガバンクや地方銀行だけでなく、ネットバンクも選択肢となります。ただし、専業主婦は配偶者の収入の3分の1よりも低い利用限度額しか認められない場合が多いです。

在宅ワークなどで収入を得る

専業主婦がキャッシングをする方法としては在宅ワークや内職をすることも挙げられます。雇用という形ではありませんが、しっかりと自分の収入を証明できればその額をもとに審査してもらえます。お子さんが小さくて働きに出られない方や、時間を有効活用したい方の選択肢となります。

家族にバレないように消費者金融を利用するには

先ほど述べたように専業主婦は、原則的に消費者金融を利用することができませんが、パートやアルバイトなどをしている主婦は消費者金融を利用することができます。
主婦が借金をするうえでの悩みは、家族に隠せるかどうかだと思います。特に専業主婦の場合は配偶者の収入を使って返済をするわけですからなおさらばれたくないでしょう。

WEB明細や郵便物をなしにしてもらうサービスを利用する

消費者金融での借金が家族にばれないためには、借り入れの形跡を残さないことです。
例えば、カードを自宅に郵送されたくなければ金融業者の窓口や自動支払機でカードを発行してもらいます。支払明細についてはWEB明細を選択してスマホやパソコンなどで管理するようにしましょう。また、通帳の記録については、引き落としではなくその都度のATM払いを選べば大丈夫です。
大手消費者金融のアコムやプロミスでは、インターネットを利用して申し込みから審査、借り入れから返済まで、すべてWEB上でできるサービスが存在します。
プロミスのWEB完結については、「プロミスのWEB完結・WEB契約を利用するとカードレスで借り入れできる」で、アコムのWEB完結については「アコムのWEB完結を利用すると来店不要で借り入れや返済も可能」で詳しく解説しています。ただし、WEB完結サービスといっても
支払が滞納した時は、督促のハガキが郵送されるため絶対に滞納しないよう注意してください。

逆に配偶者にばれてもよいという場合は、はじめのうちに借金をすることを相談したうえでカードを作りましょう。自分用のローンカードを持っていることは何かと便利です。

キャッシングが初めてで緊張するという方はレディースキャッシングがおすすめ

キャッシングを初めて利用するときは緊張すると思いますし、男性にはなかなか話しづらい理由でお金を借りることもあるでしょう。そんな方はレディースキャッシングを利用しましょう。レディースキャッシングとは女性に配慮された女性向けのキャッシングサービスの総称です。

例えば、ホームページが女性向けになっていることや、絶対に女性オペレーターが対応してくれること。そもそもスタッフが女性のみとなっていることなどが特色で、同性を相手に話せる安心感が得られます。

消費者金融であるアコムプロミスアイフルなども女性専用のダイヤルを用意することで女性がキャッシングをするハードルを下げています。(アコムやプロミス、アイフルのレディースローンは専業主婦の申し込みは不可)

専業主婦は収入を判断基準とするキャッシングの利用が難しいですが、消費者金融でなく銀行なら配偶者の収入をもとに審査してもらうことが可能です。いざというときのために覚えておいてください。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間