アルバイトやパートの方が消費者金融の審査を通過するには?

消費者金融はかつては「サラ金(サラリーマン金融)」と呼ばれていました。
そのため、正社員や公務員ではない消費者金融の審査に通過しないと、思っている方も多いと思います。

現在では、消費者金融だけなく銀行カードローンについても正社員や公務員でなく、アルバイトやパート、派遣社員でも利用が可能です。

ただし、アルバイトやパートの方は、消費者金融の審査において、収入が不安定とみなされ、会社員などに比べると審査に不利になってしまいます。

ここでは、アルバイトやパートの方が消費者金融の審査を有利にする方法アルバイトの方の審査時の在籍確認(職場への電話連絡)のポイントについて詳しく解説いたします。

アルバイトやパートの方でも消費者金融を利用してお金を借りることができる

アコムプロミスアイフルなどの大手消費者金融のカードローンの申し込み条件は、20歳~69歳までの安定した収入がある方が対象です

大手消費者金融では申し込み条件の中で、正社員や公務員といった勤務形態を決めていません。そのため、アルバイトやパートの方でも消費者金融での審査に通過すれば、お金借りることができます。

ただし、専業主婦無職の方などの申込者自身に収入のない方は申し込みできません。
下の表に、大手消費者金融各社と銀行カードローンの申し込み条件をまとめましたので参考にしてもらえればと思います。

消費者金融 カードローンの申し込み条件
アコム  20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
プロミス  お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
アイフル  満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
SMBCモビット  年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
銀行カードローン 申し込み条件
三井住友銀行カードローン お申込時満20歳以上満69歳以下の方
原則安定したご収入のある方
当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方。
バンクイック(三菱UFJ銀行) 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま。
原則安定した収入があるお客さま。
保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま
オリックスカードローン 原則、毎月安定した収入のある方で、申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方、かつ日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
みずほ銀行カードローン 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
安定かつ継続した収入の見込める方
保証会社の保証を受けられる方

上の表から、消費者金融も銀行カードローンも安定した収入さえあれば、アルバイトでもパートでも派遣社員だとしても申し込みは可能です。
しかし、消費者金融では、アルバイトやパート、派遣社員の方は公務員や正社員に比べて、消費者金融の審査に不利だとされています。
なぜなら、アルバイトやパートの方は収入が安定せず、返済能力が低いと消費者金融の審査担当者からみなされるからです。それでは、アルバイトやパートの方が消費者金融での申込み時の審査を有利にすすめるにはどうしたらいいのでしょうか。

アルバイトやパートでも審査に有利できるポイント

はじめにも申し上げた通り、アルバイト(フリーター)やパートまたは派遣社員の方は消費者金融の審査においては、収入が安定していないため公務員や正社員よりも不利になる傾向にあります
それでは、パートやアルバイトでも消費者金融でのキャッシング審査に通過するにはどのようしたらいいのでしょうか。
アルバイトやパートの方が消費者金融での審査で有利に働く項目は次のとおりです。

  • 定期的な収入がある
  • 希望の利用限度額を高く設定しない
  • 同時に複数社に申し込みをしない
  • クレジットカードで利用実績(返済実績)を作る
  • 申し込み前にWEB上で融資可能かどうかを診断してみる

定期的な収入がある

消費者金融の借り入れ審査では年収が高いほうが有利と思われますが、必ずしも年収が高くなくても問題ありません。
いくら年収が高くても、毎月の収入が不安定であれば、審査での評価は下がってしまいます。これは、正社員や公務員と問わず、アルバイトやパート、派遣社員においても同様です。

固定されたシフトで毎月安定した収入がある場合には、消費者費者金融の審査に通過してキャッシング利用できる可能性が高くなりますが、、日雇いのバイトや短期バイトのような不安定な収入しかない場合には審査の通過は困難になるでしょう。

くわえて、同じ勤務先で1年以上勤務している、また国民年金保険ではなく社会保険に加入しているとなど審査には有利になります。

希望利用限度額を高く設定しない

申込時の希望限度額をあまり高くしないことも審査を有利にすすめる点では有効です。消費者金融では、希望利用限度額が50万円を超える場合もしくは、他社借入との合計が100万円を超える場合に収入証明書の提出が必要です。
つまり、希望限度額を高く設定するとそれだけ審査のハードルをあげてしまうことになるわけです。
また、消費者金融のカードローンはは総量規制の対象です、そのため他社借り入れも含めて年収の3分の1を超える借り入れはできません。

50万円以下の少額融資希望の場合でも収入証明書を提出する

アルバイト(フリーター)やパートの方の場合、希望の利用限度額が50万円以下などの少額の融資の場合であっても、消費者金融の審査担当者から申込時や審査時に収入証明書を求められることもあります。
その際には、直近の給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書類を提出して安定した収入があることを示すといいでしょう。

同時に複数社の申し込みを申し込みをしない

短期間に複数の消費者金融などの金融機関に申し込みをすると、すべての申し込み情報が利用者の個人信用情報機関に登録されます。新たにカードローンやクレジットカードに申し込む際、短期間に複数のカードローンに申し込んだという情報が残っていると、お金に困っている人とみなされて、返済能力に問題があるのかと疑われ審査に通りにくくなることがあります。このような状態を申し込みブラックといいます。

クレジットカードでの利用実績を作っておく

クレジットカードの過去の利用状況いわゆるクレジットヒストリーも、消費者金融での審査に影響する場合があります。すでにキャッシングをしてきちんと返済実績のある人と、一度もキャッシングを利用したことのない方ではキャッシングを利用したことのない方の場合、申込者の返済能力を見極めることができないため、お金を貸して良いかどうかの判断が難しくなります。

そのため、現在クレジットカードを持っていて、1度も利用したことがない場合などは、少額でも良いのでショピングなどでクレジットカードを利用し、利用実績や返済実績を作っておくことをおすすめします。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能

年収が不安なら事前の借入診断をして結果をみてから消費者金融へ申し込む

消費者金融や銀行カードローンに会社によっては、年収や他社借入額などの少ない項目のみで「融資診断」が可能なサービスを提供しているところがあります。
これらの借り入れ診断は、あくまで簡易的な診断ツールなので、「診断ツールで融資可能となれば本審査も通る」というわけではありませんが、事前に融資可能かどうかがわかれば、審査の落ちてしまうかどうか心配も軽減されると思います。下記に、大手消費者金融である、アコムとプロミスの3秒診断をご紹介しますので、申し込みを検討している場合にはぜひ利用してみてはどうでしょうか。

アコムのWEB診断

    アコムではインターネット限定の診断サービスとして「3秒診断」という、インターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスもあります。この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。

アコムのホームページには「3秒診断」というネット限定で融資の可否を診断ができるサービスがあります。このサービスは必要な事項を入力するだけで、アコムからの融資が可能かどうかの目安判断してくれるものです。

アコムの3秒診断の診断方法

アコムのWEB上の3秒診断では、住所、氏名といった個人を特定するものを入力する必要はありません。
3秒診断に入力する情報は下記となります。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社の借り入れ状況

上記に記載されている「他社の借り入れ状況」とは貸金業者からの借り入れのことです。ですから、他社消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れ件数と合計金額を入力すればいいわけです。
3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

プロミスのWEB診断

    プロミスでは、公式ホームページ内に「お借入シュミレーション」という、事前におおまかな融資の可否を判断することが可能です。 この「お借入診断」を利用して、 プロミスに申込前に他社借入があっても融資可能かどうかを診断してみるのもいいでしょう。
    このお借入診断は、「年収・年齢と借入額」から融資可能かどうかを判断しているだけですので、住所、氏名といった個人情報を入れることもなく安心して融資可能かどうかを判断してくれます。
    診断結果は、下記の2通りです
    「融資可能です」
    「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

    ただし「融資可能です」表示された場合でも、あくまで融資の目安ですので実際の審査結果と異なることもあります。

    プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

消費者金融では審査時に在籍確認の電話がある

在籍確認とは、申込者の勤務先に電話をかけて本当にその勤務先に在籍しているのかを担当者が確認します。たとえ、申込者本人が不在であっても実際に勤務先に勤務していることが確認できた時点で在籍確認は完了となります。
なお、担当者は個人名で電話をかけてきますので、消費者金融でキャッシングを利用していることが職場にバレる心配はありませんので安心してください。

アルバイト・パート場合は勤務先電話番号を記載する

アルバイトやパートの場合には、現在勤務している店舗などを申込時に記載すれば問題ありません。アルバイトやパートを掛け持ちしているため、2つ以上の勤務先がある場合は、勤務している連絡の取りやすいいずれか1つの電話番号を記載しておくといいでしょう。

派遣社員は派遣元と派遣先の両方を記載しておく

派遣社員は派遣元と派遣先のどちらの番号を申込時に記載していいのか迷ってしまうと思います。基本的には派遣元の電話番号を記載したらいいでしょう。
この場合、申込時本人確認の際に申込者が派遣先の電話番号をアコム担当者に教えて、その後派遣先に在籍確認の電話がかかってくるという流れとなります。

契約社員の場合には勤務先の電話番号で問題なし

契約社員の場合、現在契約している会社の電話番号で問題ありません。ただし、現在の勤務先との契約が切れてしまっている場合には、勤務先に在籍しているとはみなされないので注意してください。
もし、在籍確認時に消費者金融のキャッシングを利用していると勤務先の人に知られたくない場合には、クレジットカードの在籍確認があるとあらかじめ勤務先に言っておくのもいいかもしれません。

どうしても勤務先にをしてほしくない場合にはSMBCモビットの「WEB完結申し込みを利用する」

電話連絡をしてほしくないという方には、大手手消費者金融であるSMBCモビットのWeb完結申し込みがおすすめです。Web完結申し込みをするには、下記の条件をすべて満たす必要があります。

  • 本人確認書類として、運転免許証かパスポートを提出できる
  • 直近2ヵ月分の収入証明書の写し(給与明細書など)を提出できる
  • 社会保険証もしくは組合保険証を提出できる
  • 三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っている

SMBCモビットのWeb完結申し込みを利用すると職場への電話連絡はありませんし、自宅への郵送物もないため、誰にも知られずにキャッシングができます。
また、アコムやプロミスなど大手消費者金融であれば、どうしても勤務先に電話しても申込者が在籍していることを確認できないなどの正当な理由があれば、電話連絡で在籍確認書類などに代替できるかどうかを申込後に相談することができるため、一度担当者に相談してみるといいでしょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間