消費者金融の審査に通らない(審査に落ちてしまう)理由と審査に通るためのポイント

消費者金融でも銀行でもカードローンの申し込みをする時は、必ず申し込み時に審査を受けることになります。

銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査に通りやすいとインターネットの口コミなどで言われていますが、決して消費者金融の審査は甘いわけではありません。

しかし、消費者金融各社によって審査項目や審査基準は違いますが、消費者金融の審査に通らないこともあります。

何社も連続で消費者金融の審査に落ちた人は、審査に落ちてしまう理由があります。

ここでは、消費者金融の審査に通らない理由消費者金融の審査を通過する対応策について解説いたします。

    消費者金融での審査を受ける前にアコムで借入できるかWEB上の3秒診断で試してみる

    アコムでは申し込み前に借入可能か3秒診断ができます。3秒診断は年齢と年収、他社借入の3項目の簡易診断です。
    3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と画面に出れば、年齢、年収や他社借入というアコムを利用するための審査基準はクリアしていることになります。くわえて、診断結果後すぐにアコムのカードローンに申込も可能です。
    そのため、アコムに申し込みするのに年収や他社借入が心配な方は、事前に3秒診断を試してみると良いでしょう。

    アコムの3秒診断は、申込者の信用情報が考慮されないので、過去5年以内に長期延滞や債務整理をした場合は審査通過が厳しいです。

    アコムの特徴

    アコム

    30日間無利息サービス実施中

    アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。



消費者金融の審査に通らない理由(審査の落ちてしまう理由)/h2>
それでは、消費者金融の審査に通らない理由をチェックしていきましょう。消費者者金融の審査に落ちてしまうと理由して下記の理由があげられます。

  • 消費者金融の申込条件をみたしていない
  • 年収や勤務先などの申込者の属性情報の基準をみたしていない
  • 申込者の信用情報に問題があった
  • 在籍確認がとれなかった
  • 同時に複数社にキャッシングの申し込みをしている

それでは消費者金融の審査に落ちてしまう理由を項目別に細かく解説いたします。

消費者金融の申込条件である安定した収入がないと審査には通らない

アコムやプロミスといった大手消費者金融をはじめとする多くの消費者金融では、申込条件として20歳以上65歳(69歳)以下の安定した収入がある方を申込条件としています。

そのため、未成年や無職の方、また専業主婦などの収入のない方は、たとえ消費者金融のカードローンに申込をしたとしても、すぐに審査に落ちてしまいます。(年金受給者の場合には、年金以外の収入があれば消費者金融への申込が可能です。)

安定した収入がない場合には、消費者金融の審査に必ず落ちてしまいます。そのため、専業主婦の場合には、専業主婦でも申込み可能な地方銀行のカードローンに申し込む、無職の方の場合には、消費者金融や銀行といった金融機関からお金を借りるのを諦めて、家族や友人もしくは公的機関や質屋からお金を借りるようにしましょう。(お金を得る目的であれば、アルバイトをして収入を得るのもいいでしょう。)

安定した収入があればパートやアルバイトの方でも消費者金融へ申込可能

以前、消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代にはパートやアルバイトまたは派遣社員など非正規雇用あれば、消費者金融での借り入れ審査において、極端に不利な立場に置かれ審査に通るのが困難でした。
しかし、派遣社員やアルバイト・パートなど、働き方が多様化した現在では、様々な職業の人に対する審査データの蓄積により働き方に応じた借り入れが利用できるようになりました。

そのため、アルバイトやパートの方ですぐにお金を借りたい場合には、即日融資が可能な大手消費者金融への申込をおすすめします

年収や勤務先などの属性の審査基準をみたしていない

消費者費者金融での審査における属性とは、申込者本人の仕事や年収、家族構成、健康保険などの情報のことを指します。
大手消費者金融会社では、この属性をシステムで自動的にスコアリング(点数化)し、その点数の合計で融資の可否を決める審査基準としています。では、属性のスコアリングでどのようなところを判断しているのでしょうか。属性スコアリングでは年収や勤務先、家族構成などを見て点数化しています。
申込者の属性スコアリングで見られる主な項目は次の通りです。

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態・年数
  • 家族構成・年齢
  • 固定電話の有無
  • 健康保険の種類

申込者の年収が少なすぎると審査に落ちてしまう

年収100万円未満など申込者の年収があまりにも少ないと、消費者金融の審査には通りません。
一方、申込者の年収が高くなればなるほど属性スコアも高くなり、審査には有利になっていきます。
消費者金融のカードローンは、総量規制の対象であるカードローンのため他社での借り入れと合わせて年収の3分の1になっていないかも判断されます
もし、他社消費者金融ででの借入額が年収の3分の1を超えているあるいは年収の3分の1に近くなっていると審査には通りません。また、年収の高さと同様に安定した収入があるかどうかということも審査基準として重要な項目とされます。
もちろん年収は高いに越したことがありませんが、たとえ年収が200万円のアルバイトの方だとしても、安定した収入なのかどうかを重要視しています。

勤務先については会社員や公務員が審査に有利

一般的に公務員や大手企業の社員はこのスコアが高くなる傾向にあります。
一方、収入が不安定だとみなされスコアが低くなる職業は下記の職業です。

これらの職業の方の場合、必ずしも職業が理由で審査に通らないというわけでありありません
もし、審査に通るのが心配であれば、事前に源泉徴収票や給与明細書または、確定申告書などの収入証明書を提出することによって、収入が安定していることを消費者金融の担当者にアピールできます。

勤続年数が長いほど審査には有利

申込者が会社もしくは職業をどれくらい続けているかも判断材料になります。
やはり長い方が、これからもきちんと働いて返済ができると判断されて審査には有利です。
一方、勤続年数が1年未満だと仕事が続けられるのか、信用してもらえずマイナスになるケースもあります。勤続年数が1年未満という理由だけで審査に落ちることはありませんが、求職中など無職期間があって勤続0か月の場合には安定した収入がないとみなされてしまいますので、審査に通りません。

居住形態や居住年数はそこまで審査には影響しない

申込者の住居が持ち家か賃貸かによって評価が変わります。持ち家の方がポイントは高い傾向にあります。
ただし、住居形態が賃貸だからといってそれを理由にすぐに審査に落ちてしまうわけではないので安心してください。

家族構成・年齢

一人暮らしよりも家族と同居しているほうが属性スコアは高くなります。ただし、子供が小さい場合には、学費や養育費がかかることから属性が下がってしまう場合もありますが、家族構成が原因で審査に通らないということはありません。また、年齢についても申込条件を満たしていれば問題ありません。

固定電話を持っていると審査に有利

固定電話がなく、携帯電話だけでも審査に落ちてしまうということはありません。固定電話を持っていると少しだけスコアが上がる程度です。そのため、固定電話を持っている方はきちんと申し込み時に固定電話の電話番号を記載することが重要です。ただし、家族に内緒でプロミスを利用したい場合などは、逆に固定電話の番号を記載してしまうと自宅に電話がかかってくることもあるので注意しましょう。

健康保険が国民健康保険の場合には審査に不利になる場合もある

一般的に国民健康保険だと社会保険に比べて審査に不利になります。理由は、国民健康保険は自営業者やパートやアルバイトの方が加入する健康保険であるためです。一方、社会保険は会社員や公務員などが加入している健康保険のため審査には有利です。
ただし、アルバイトやパートでも審査に通れば、融資を受けることができますので、たとえ国民健康保険だったとしてもそれだけが原因で審査に落ちることはありません。
ただし、消費者金融の申し込み時に健康保険未加入だと申告してしまうと審査通らない可能性が高いです。その理由は、保険料を滞納しているか住民票がないかのどちらかであり、どちらのケースとも返済能力に問題があるとみなされるためです。

申込者の信用情報に傷があると審査に通らない

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの利用記録のことで、信用情報機関という期間で管理されています。個人信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターという3つの機関です。この機関で、各申込者の信用情報が記録されています。
消費者金融へ申し込みすると、自社が加盟している信用情報機関を通じ、必ず申込者の信用情報をチェックします。そして、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します
それでは、申込者の信用情報にどのような問題があると消費者金融の審査に通らないのでしょうか。申込者の信用情報に問題のあるケースとは下記のケースです。

他社借り入れ件数や金額が多いと審査に通らない

消費者金融の審査では、必ず他社消費者金融やクレジットカード会社の何社から借り入れいるのかをチェックされます。同じ金額を借り入れ入り場合でも複数社から少しづつ借りている人よりも1社からまとめて借りている人の方が評価が高くなります。
また、同時に3社を超える借り入れ件数があると審査に通らなくなったり、他社借り入れ件数が5社以上の場合には審査に落ちてしまうこともありますので注意しましょう。
現在の借り入れ総額が年収に対して多い方は、「返せないから借りている」と判断されてしまいます。また、消費者金融のカードローンはは総量規制の対象であるため、他社消費者金融会社との借入合計額が年収の3分の1を超える金額を貸すことはできません。
つまり、年収の3分の1を超えているあるいは年収の3分の1に近くの借入がある方は、審査に落ちてしまいます。

そのため、他社借り入れがある場合には、消費者金融を申し込む前に他社借り入れを返済しておく、もしくは借金をまとめて他社借り入れ件数を少なくしておきましょう。

金融事故の記録がある

先ほど申し上げたとおり、消費者金融や銀行カードローンなどの金融機関でお金を借りる際にはキャッシングやローンの審査で申込者の信用情報をチェックします。その際に、利用状況に事故情報(異動情報)がないかを確認します。金融事故の記録があると審査に通らない可能性が高くなります。

金融事故とは長期の延滞や債務整理などの返済時に問題のあったもの

金融事故とはローンやクレジットカードの返済で何らかの問題が発生し、遅滞や債務整理など通常通りに返済が終わらなかった場合をいいます。金融事故が起こると事故情報(異動情報)として記録されます。金融事故の種類には主に以下のようなものがあります。

  • 2~3か月以上の返済金の長期の延滞
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの事故情報が一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この事故情報があると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

短期間に複数の消費者金融に申し込みをした

短期間に複数の消費者金融などの金融機関に申し込みをすると、すべての申し込み情報が利用者の個人信用情報機関に登録されます。新たにカードローンやクレジットカードに申し込む際、短期間に複数のカードローンに申し込んだという情報が残っていると、お金に困っている人とみなされて、返済能力に問題があるのかと疑われ審査に通りにくくなることがあります。このような状態を申し込みブラックといいます。

個人信用情報機関では利用者の契約履歴は6か月以内に削除することが義務付けられていますので、6か月を経過すれば、信用情報より申し込み情報が削除されます。
下の表に、個人信用情報別に申し込み履歴も含めた金融事故の履歴が消える期間を記載しておきますので参考にしてみてください。
(ブラックリスト入りしてから記録が消える期間)

個人信用情報機関  複数の金融機関への申し込み 延滞 債務整理 強制解約
CIC 6か月 5年 5年 5年
JICC 6か月 1年 5年 5年
KSC 8か月 5年 10年 5年

カードローンやクレジットの利用実績が全く場合も注意が必要

過去にカードローンやクレジットカードを全く利用してない方も注意が必要です。
一般的にローンやクレジットカード、携帯電話本体の分割払いをしたことがない方は、利用実績がありません。つまり、信用情報に何も書かれていないことになります。

一方、金融事故を起こしていわゆるブラックリスト入りしてしまった人も先ほど述べたように金融事故後最長10年経過すると、この履歴が消えるようになっています。つまり、カードローンやクレジットの利用実績がないとブラックリスト入りしていたのかと、カードローン会社に疑われる可能性があるためです。

在籍確認が正しく完了しなかった

消費者金融の審査では、申込者の勤務先に電話して実際に勤務先に在籍しているのかを確認します。その際に申込者が電話に出るかまたは勤務先の方が申込者が勤務先に在籍している旨の返答があれば、在籍確認は完了となります。
そのため、消費者金融ですぐにお金を借りたい場合には、申込者の勤務先への電話がつながる時間に申込をしておくと、在籍確認の電話連絡がスムーズになり審査時間を短縮できます。
ただし、勤務先に連絡したところ、既に退職していた、休職中である場合には在籍確認が完了したとはみなされないので、審査の落ちてしまいます。

消費者金融の審査に通るための対策とは

それでは消費者金融の審査に通るためにはどうしたらいいのでしょうか。消費者金融の審査に通る対策としては下記の3つです。

  • 事前にWEB診断ツールなどを利用して調べてみる
  • 他社借り入れがある場合には申し込み前に一括返済してしまう
  • 独自審査をしている中小の消費者金融を利用する

事前にWEB診断ツールで融資可能かどうかを調べてみる

消費者金融や銀行カードローンに会社によっては、年収や他社借入額などの少ない項目のみで「融資診断」が可能なサービスを提供しているところがあります。
これらは、あくまで簡易的な診断ツールなので、「診断ツールで融資可能となれば本審査も通る」というわけではありませんが、事前に融資可能かどうかがわかれば、審査の落ちてしまうかどうか心配も軽減されると思います。下記に、大手消費者金融である、アコムとプロミスの3秒診断をご紹介しますので、申し込みを検討している場合には是非利用してみてはどうでしょうか。

アコムのWEB診断

アコムではインターネット限定の診断サービスととして「3秒診断」という、インターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスもあります。この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。


アコムのホームページには「3秒診断」というネット限定で融資の可否を診断ができるサービスがあります。このサービスは必要な事項を入力するだけで、アコムからの融資が可能かどうのかの目安判断してくれるものです。

アコムの3秒診断の診断方法

3秒診断では、住所、氏名といった個人を特定するものを入力することがありません。
3秒診断に入力する情報は下記となります。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社の借り入れ状況

上記に記載されている「他社の借り入れ状況」とは貸金業者からの借り入れのことです。ですから、他社消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れ件数と合計金額を入力すればいいわけです。
3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

プロミスのWEB診断

プロミスでは、公式ホームページ内に「お借入シュミレーション」という、事前におおまかな融資の可否を判断することが可能です。 この「お借入診断」を利用して、 プロミスに申込前に他社借入があっても融資可能かどうかを診断してみるのもいいでしょう。
このお借入診断は、「年収・年齢と借入額」から融資可能かどうかを判断しているだけですので、住所、氏名といった個人情報を入れることもなく安心して融資可能かどうかを判断してくれます。
診断結果は、下記の2通りです

「融資可能です」
「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

ただし「融資可能です」表示された場合でも、あくまで融資の目安ですので実際の審査結果と異なることもあります。

プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション

他社借り入れがある場合には申し込み前に一括返済してしまう

もし、複数の他の消費者金融からの借り入れがある場合には当然返済の可能性が低くなってしまうので、「この人は貸しても返済してくれないかもしれない」と思われ、審査に落ちる可能性も高くなります。
借り入れが複数ある場合には、きちんと返済計画を立て、できれば借入金を完済してから新たに消費者金融に申し込むようにしましょう。

大手よりも中小の消費者金融での融資を検討してみる

他社借り入れ件数や信用情報に問題がある場合には、中小消費者金融での融資も検討してみるといいでしょう。中小消費者金融の場合、借り入れ審査を独自の審査基準で行っている会社も多く。過去に債務整理などをしていても、現在安定した収入があるのであれば審査に通る可能性も高いです。ただし、中小消費者金融も安定した収入がないと審査には落ちてします。
また、「ブラックOK」や「無職OK」などの広告をだしている消費者金融は、違法なヤミ金(闇金融)の可能性が高いので、借り入れ審査に通りにくいからといって絶対に利用ことはやめましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間