消費者金融で利用限度額を増額する方法と増額審査

既にアコムプロミスなどの消費者金融を利用されている方もいると思いますが、「急な出費でもう少しお金を借りたい」「現在の借入枠ではお金が足りない」などの思ったことはないでしょうか。こんな場合には、利用中でも利用限度額を引き上げることが可能です。

それでは、消費者金融での利用限度額増額をするにあたって、どのような手続きをしたらいいのでしょうか。

ここでは。消費者金融での増額手続きと増額時の審査や審査基準について詳しく解説いたします。

消費者金融での増額とは利用限度額の枠を上げることである

まず、消費者金融での利用限度額の増額について解説いたします。
増額とは利用限度額の枠を上げることです。
例えば、ある消費者金融を利用して利用限度額50万円の人が利用限度額の上限である50万円まで借りた場合には、その人はこれ以上借り入れをすることができなくなってしまいます。そのため、利用限度額額100万円などに引き上げることで、差額の50万円を新たに借り入れることが可能となります。
利用限度額の増額と似た言葉で追加融資と言葉があります。追加融資とは、現在ある利用限度額の枠内で、追加で借り入れをする場合をいいます。
例えば、ある消費者金融を利用していて利用限度額が50万円で、20万円を借り入れている場合、追加で30万円を融資することをいいます。この場合、利用限度額は増えているわけではないので、増額ではありません。

それでは、消費者金融で利用限度額を増額するメリットとはどんなことでしょうか。

消費者金融で利用限度額の増額した際のメリット

それでは、消費者金融で利用限度額を増額をするメリットはどんなことでしょうか。消費者金融で利用限度額の増額をするメリットは次の2つです。

  • 新たにお金を借りたい場合、借入件数が増えることがない
  • 現在の金利が下がる場合がある

借り入れ件数が増えることがなくお金を借りることができる

消費者金融でお金を借りる際に利用限度額額が上限に達して、新たに別の消費者金融に申し込みをすると借入件数が増えてしまいます。
借入件数増えてしまうと、現在お金を借りている消費者金融でのそれぞれの返済日が異なる場合も多いため、返済の手続きが面倒になります。
こういった場合には、現在利用している消費者金融での利用限度額を増額することによって、新たに別の消費者金融に申し込むことなくお金を借りることが可能となります。

現在設定されている金利が下がる場合もある

消費者金融で利用限度額を増額することで、金利が下がることもあります。なぜなら、消費者金融では利用限度額によって利息制限法に定められている上限金利が異なるからです。利息制限法の定めによる借入額の元金と上限金利の関係を下の表にまとめましたのでご覧ください。

利息制限法の定めによる借入れ額と金利
借入元金 上限金利
10万円未満 年20.0%
10~100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

消費者金融では、上の表に記載されている上限金利を超える金利と利用者から取ってはいけないと、利息制限法に記載されています。
(利息制限法で定めた上限金利を超える金利を取った場合には無効。)
現在、消費者金融で18.0%(利息制限法に定められた上限金額)に近い金額で借り入れをしている場合には、利用限度額を増額することで金利が下がる場合があります。例えば、消費者金融で80万~90万円の借り入れがあり、その上、借入金の金利が18.0%の場合などは、利用限度額の増額をすると金利がさがります。

ちなみに、銀行カードローンや消費者金融など複数社で借り入れをされている場合には、借金を一本化する、「おまとめローン」を利用しても合計の借入金の金利を下げことができるケースもあります。なお、消費者金融のおまとめローンについては「消費者金融や銀行のおまとめローンを利用して借金を返済するメリット・デメリット」で詳しく解説しています。

それでは消費者金融での利用限度額の増額手続きはどのようにしたらいいのでしょうかそれでは、消費者金融での利用限度額の増額方法についてみていき
ましょう

消費者金融での利用限度の増額手続きは2通り

消費者金融での利用限度額の増額手続き方法は大きくわけて次の2通りです、

  • 消費者金融から増額の案内がある場合
  • 利用者が増額を希望する場合

消費者金融から増額案内があった場合はその場で増額審査ができることが多い

大手消費者金融は利用者の年収や利用実績や返済実績など一定の条件をクリアしている増額候補者を決め電話で利用限度額の増額の案内をしています。
その中で増額を希望する利用者がいた場合には増額審査を行っています。

消費者金融業者から増額案内があった場合の流れ

  1. 電話で増額の案内の連絡が来る
  2. 利用者の住所や勤務先または収入に変更がないか、家族構成に変更がないかなどの確認
  3. 利用限度額の増額審査
  4. 電話で増額審査の結果や増額後の利用限度額などの連絡

ただし、増額審査の結果によっては必ずしも増額がなされないこともありますので注意してください。

利用者の希望で利用限度額を増額する場合には増額申請が必要

利用限度額の増額申請せきる方法は、主に3つの方法です。

  • インターネット
    (各消費者金融での会員ページにログインして手続き)
  • 電話
    (電話で利用限度額増額の旨を伝える)
  • 店頭窓口
    (店頭窓口で担当者に利用限度額増額の旨を伝える)

消費者金融での利用限度額の増額申し込みをする場合、新規に消費者金融を申し込みのとは異なり、増額申込時に運転免許証などの本人確認書類は不要な消費者金融が多いです。
しかし、申し込み手段が新規での申し込みに比べて限られる可能性もあります。加えて、増額申請の方法は消費者金融業者ごとによって異なることもあるので、利用限度額の増額をしたい場合には、事前に各カードローン会社へ問い合わせしてみたほうがいいでしょう。
また、利用限度額を増額する金額にもよりますが、増額審査に時間がかかり即日での増額が難しい場合もありますので注意しましょう。

利用限度額の増額の場合には収入証明書が必要な場合もある

アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融では下記のような場合に収入証明書の提出が必要となります。
消費者金融で収入証明書が必要な場合は下記の2つの場合です。

  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 他社借入金額と利用限度額の総額が100万円を超える場合

この2つの条件は、申込時の借り入れ審査で収入証明書が必要な場合と同様です。
ここでいう収入証明書とは、源泉徴収票、給与明細書、住民税特別税額決定通知書、所得証明書などを指します。(会社員や公務員等の場合には、給与明細書や源泉徴収表、自営業者や個人事業主の場合には所得証明書など)大手消費者金融各社の利用限度額が利用可能かどうかを下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

大手消費者金融 利用限度額の増額の可否 増額までの審査時間
アコム 契約後の利用限度額の増額は可能。ただし増額審査が必要 増額される利用限度額によって増額審査にかかる時間は異なる
プロミス
アイフル
モビット
レイク

(レイクは銀行カードローンです。)
大手消費者金融では利用限度額の増額については、各社同じように利用限度額の増額は可能であるが、その際に増額審査が必要です。また、増額を希望する金額によって利用限度額が増額されるまでの時間も異なります。
アコムカードローンの利用限度額増額については「アコムカードローンの利用限度額の増額方法と増額審査」で、プロミスカードローンの利用限度額の増額については「プロミスの増額(利用限度額の変更)の申し込み方法」で詳しく解説しています。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


消費者金融で増額審査に進むためには条件がある

消費者金融での利用限度額の増額審査を受けるためには事前に、下記の条件を満たしていることが必要です

  • 消費者金融を契約している期間が6か月以上
  • 返済時に延滞や滞納をしていない
  • 増額した借入金の使用目的が決まっている

消費者金融での契約期間が6か月以上

各消費者金融業者で公表はされてはおりませんは。現在利用している消費者金融での利用限度額増額にあたって契約から6か月以上の期間が必要となる場合が多いです。これは、利用者の利用実績をみて、返済能力があるかを確認しているためです。
ただし、契約をしている期間が長くても、契約期間中、1回のみの借り入れ利用だったり、借り入れ額が5万円未満などごく少額での利用の場合には契約期間が長くても利用限度の増額をできる可能性が低くなります。

返済時に滞納や延滞をしていない

これは、利用限度額の増額申請以前の問題かもしれませんが、返済時に滞納や延滞などがあると返済能力が著しく低いとみなされ利用限度額の増額は見送りになってしまうことが多いです。増額申請をするにはきちんと返済実績を作っておき、消費者金融業者との信頼関係を作っておくことが必要です。

増額での融資額の使用目的が決まっている

利用者から利用限度額の増額を希望した場合には、借入金の使途を確認される場合が多いです。
旅行や学費、引っ越しなどの費用で増額を希望している場合には、問題ありませんが、ギャンブルでの使用など使用目的が曖昧な場合には、担当者の判断で増額が見送られる場合があります。

上記の3つの条件を満たしていれば、増額審査を受けることができます。
もし、上記の増額条件を満たしていない場合には利用限度増額の申請が取り下げとなってしまう場合もありますので注意しましょう。
それでは、増額審査の基準とはどのようなものなのでしょうか。

消費者金融での増額審査の基準

一般的に消費者金融での増額審査は、各会社の審査基準によって異なる場合もありますが、申込時の初回審査同様または希望の利用限度額によってはそれ以上に厳しくなる場合もあります。それでは、消費者金融での増額審査の基準をみていくことにしましょう

増額審査の際には在籍確認ない場合が多い

増額審査では申込時の審査と異なり在籍確認は基本的には行いません。
在籍確認とは、利用者が申込時に入力した勤務先にきちんと勤務しているかを確認することをいいます。
理由は、利用者が申込時に申告した勤務先の確認を申込時の在籍確認で確認と取っているからです。
ただし、転職などで申込時に記載した勤務先が変更になった場合などは、再度在籍確認を行う場合もあります。

増額審査の基準は利用限度額が上がっても返済能力があるかどうか

それでは消費者金融での増額審査でチェックされる点をみていくことにしましょう
消費者金融での増額審査では主に下記のポイントをチェックします。

  • 希望の利用限度枠は総量規制に抵触していないか
  • 信用情報に問題がないか
  • 利用者の年収や勤務先などに変更があったか

希望の利用限度枠は総量規制に抵触していない

総量規制とは年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはならないというもので貸金業法に定められています。
例えば、年収300万円の人の場合、他社カードローン会社やクレジット借入額も含めて100万円が限度額の上限ということになります。(銀行カードローンは総量規制の対象外で借入額は含まれません。)
もし、他社も含めた利用限度額と増額で希望限度額を合わせて100万円を超える増額申請の申し込みをしたとしても、総量規制の上限金額となるために増額審査には通りません。

信用情報に問題がないか

信用情報とは、個人のローンやキャッシング・クレジットカードの利用記録のことをいいます。増額審査の際も、初回申し込みの審査と同じく 延滞や債務整理の有無などの金融事故情報や他社での借入件数や金額などの借り入れ状況についても増額審査の際にチェックされます。
これらの信用情報は、現在日本に3つある、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」、「株式会社日本信用情報機構(JICC)」、「全国銀行個人信用情報センター」の信用情報機関で管理しています。消費者金融会社はこの3つのうちのどれかに必ず加盟しています。

また、利用者本人が自分自身の信用情報を閲覧することも可能です。もし、自分の信用情報が心配なようでしたら、信用情報を管理している信用情報機関に信用情報の開示請求してもらうこともできます。

利用者の年収や勤務先などに変更があったか

利用者の年収や勤務先などの変更の有無も増額審査の基準となります。
例えば、利用者の住所や勤務先に変更があったか、申込時よりも年収があがったか下がったなどの項目です。
なお、利用者の勤務先に変更があった場合には、増額審査の際でも、改めて在籍確認をする場合がありますので注意してください。

消費者金融での増額審査に落ちてしまう原因

ではどのような原因があると審査に落ちてしまうのでしょうか。増額審査に落ちてしまう主な原因は下記の3つです。

  • 他社消費者金融からの借り入れが年収の3分の1近くある
    (年収の3分の1を超えている)
  • 信用情報に金融事故情報がある
  • 年収が申込時よりも下がった

各項目を細かく解説いたします。

貸金業者からの借り入れが年収の3分の1近くある

消費者金融業者やクレジット会社などの貸金業者は総量規制により利用者の年収の3分の1を超える金額を貸し付けることができません。
つまり、貸金業者(消費者金融業者やクレジットカードのショッピング枠)の借入額の合計が年収の3分の1を超えていた場合には増額審査には通りません。

信用情報に金融事故の記録がある

ローンやクレジットカードの支払いで問題を起こすと、金融事故を起こしたと言われます。
金融事故の主な種類は下記のとおりです。

  • 支払いの延滞や滞納
    ローンやキャッシング・クレジットカードの支払いを3か月以上延滞している。または延滞を繰り返している。返済金の未払いも含まれます。
  • 債務整理
    自分で借金を返済していくの困難な場合、債務整理をして借金の負担を減らすことができます。債務整理とは合法的に借金の負担を減らす法的な手続きです。任意整理や破産などが債務整理に該当します
  • 強制解約
    長期延滞や契約違反などの理由により、金融業者側から強制的に契約を打ち切りにされることです
  • 代位弁済
    利用者の支払いの滞納などをした場合に、利用者以外の第三者が代わりに支払いを行うことです。

年収が申込時よりも下がった

年収1,000万円以上の高額所得者の場合には、年収が下がっても影響しませんが
平均的な年収の場合には年収がさがると審査には不利となります。
特に、申し込み契約時とくらべて100万円以上年収が下がっている場合には増額審査には通りません

増額審査に通ると利用限度額はどのくらい増えるのか

たとえ、増額審査に通ったとしても、利用者の希望どおりの額が増額されるわけではありません。
プロミスからの増額案内あったわけではなく、利用者からの限度額の増額を希望した場合には、基本的にもともとの利用限度額から5万~10万程度の増額になるでしょう。
なぜなら、利用者が増額希望をするということはお金に困っているとプロミスの審査担当者が判断するからです。

また、消費者金融では総量規制の上限となる借入金額まで増額することはありません。

例えば、年収600万円でカードローン会社かクレジット会社などの貸金業からの借入合計額が100万円ある方の場合には、総量規制の上限金額
600万円÷3=200万円

つまり、他社借り入れも含めて総額200万円までの借り入れが可能です。
200万円-100万円=100万円
そこから、他社での借入合計額80万円を差し引くと、利用限度額を増額する場合の上限金額は100万円となります。
しかし、実際には20万円の増額は見込めません。増額審査で支払いの滞納などの問題がないとしても、5万~10万くらいが目安のようです。ただし、利用者の年収などで、利用者ごとに利用限度が増額される幅はことなります。

消費者金融での利用限度額の増額で注意すること

消費者金融で利注意しておきたいこともあります。それは、増額審査に落ちてしまった際のリスクです。消費者金融や銀行などの金融機関では増額審査に落ちてしまった場合、現在の借入枠を減額や最悪のケースではカードローン利用が停止されることもあります。
先ほど述べたとおり増額審査は新規申し込みの審査よりもハードルが高いです。また、特に利用限度額が50万円を超える利用限度額の増額では、新規融資の申込み時のような即日審査が難しい場合もあります。

万が一、消費者金融での増額審査落ちてしまった場合でも、返済の長期延滞などの信用情報に問題があって、増額審査に落ちたのでないのであれば、他社のカードローン会社で新規に融資を受けられる可能性も高いです。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間