アコムの審査で否決されてしまうケースは事前の3秒診断・仮審査・本審査の3通り

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンと比べてスピーディな審査に定評があり、即日融資も可能です。三菱UFJフィナンシャル・グループである大手消費者金融でアコムカードローンがあります。アコムの審査時間最短30分と公式ホームページやテレビCMなどで宣伝している通り、申し込みから融資までの早さが売りです、

しかし、他社での借り入れ額が多かったり、または過去に長期の滞納をしていた場合などはアコムの審査に落ちてしまうこともあります。
それでは、どのような場合に、アコムの審査結果が否決になってしまうのでしょうか。

アコムの審査で否決されてしまうケースは、下記の3通りです。。

  • 事前のWEB上の3秒診断で融資不可と判断されてしまうケース
  • 仮審査で否決されてしまうケース
  • 本審査で否決されてしまうケース

それでは、アコムの審査で否決されるケースを3つのケースに分けてを詳しくみていくことにしましょう。

アコムの審査に否決されてしまうケース

アコムの審査では、大きく分けると、申込者の安定した収入と属性情報、他社借入件数や金額や事故情報の有無など信用情報に問題があるかどうかの3つを基準にで融資の可否を判断しています。
そのため、以下の条件に1つでのあてまはるとアコムの審査で否決されてしまいます。

  • 月1回以上の安定した収入が無い
  • 現在年収3分の1に近い(年収の3分の1を超える)金額の他社での借り入れがある
  • 過去5年以内にクレカやローンの支払いを61日以上長期滞納した
  • 過去5年以内に債務整理をした

なお、パートやアルバイトで毎月5万の収入がある、他社借入はあるが少額である、短期延滞をしたことがある程度なら、アコムの審査に通過できる可能性があります

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。


アコムで融資可能かどうかをまずはWEB上の3秒診断で試してみる

    アコムは申し込み前に借入可能か3秒診断ができます。3秒診断は年齢と年収、他社借入の3項目の簡易診断です。
    3秒診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と画面に出れば、年収や他社借入というアコムを利用するための審査基準はクリアしていることになります。そのため、アコムに申し込みするのに年収や他社借入が心配な方は、事前に3秒診断を試してみると良いでしょう。

アコムの3秒診断は、申込者の信用情報が考慮されないので、過去5年以内に長期延滞や債務整理をした場合は審査通過が厳しいです。

アコムのWEB上の3秒診断で否決されてしまうケース

アコムでは、公式サイトの中に簡単な数値を入力するだけで融資が可能かどうかをある程度判断できるページがあります。それが「3秒診断」のページです。

消費者金融では、キャッシングの申し込みの前に、融資可能かどうか(借りられるかどうか)のシミュレーションを用意しています。「3秒診断」や「借り入れシュミレーション」と呼ぶこともあります。さきほど解説したアコムの3秒診断も含め、利用者がWEB上の診断ページで年収・現在の借入額・年齢を記入すると、パターン化されたデータの蓄積に基づき、一般的な融資の可否の診断の結果が出ます。

申込者の年収の3分の1を超える他社借り入れ金額があると否決されてしまう。

アコムをはじめとする消費者金融は、貸金業法に基づいて営業をしています。

この法律には「総量規制」というルールがあります。総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れができないという規制です。

。年収300万円なのに、すでに他社のローンが100万円ある人に対して貸出しをしますと、違法な貸付けになってしまいますので、アコムをはじめとする消費者金融は、総量規制を超える(申込者の年収の3分の1を超える)貸付は絶対することはありません。
アコムの「3秒診断」で、総量規制に抵触している場合は、以下のような診断結果になります。

「お客さまのご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした。」

この場合、このままアコムカードローンの申し込みに進んで審査を受けたとしても、審査に通る可能性が低いでしょう。

大手消費者金融に融資の可否を診断するツールがある理由

短期間に複数の消費者金融などの金融機関に申し込みをすると、すべての申し込み情報が利用者の個人信用情報機関に登録されます。新たにカードローンやクレジットカードに申し込む際、短期間に複数のカードローンに申し込んだという情報が残っていると、お金に困っている人とみなされて、返済能力に問題があるのかと疑われ審査に通りにくくなることがあります。
このような状態を、申し込みブラックといいます。

しかし、このようなWEB上の診断ツールを使うと正式な申し込みではないので、消費者金融への申し込み履歴に残ることはありません。ちなみに、利用者の契約履歴は6か月以内に削除することが義務付けられていますので、申込後6か月を経過すれば、利用者の信用情報より申し込み情報が削除されます。

アコムの仮審査で否決になってしまうケース

先ほど述べたアコムの「3秒診断」で入力した内容が事実に基づいているものであれば、少なくともアコムの利用条件や他社借り入れ額が総量規制の範囲内であるため、それらが原因でアコムの審査に落ちることはありません。それでは、アコムの仮審査で否決になってしま場合について解説いたします。

先ほど解説したアコムの「3秒診断」で入力した内容が事実に基づいているものであれば、少なくともアコムの利用条件や他社借り入れ額が総量規制の範囲内であるため、それらが原因でアコムの審査に落ちることはありません。それでは、アコムの仮審査で否決になってしま場合について解説いたします。

アコムの審査には仮審査と本審査がある

アコムではキャッシングの申し込み後、仮審査と本審査との2つの審査があります。

アコムでは、申し込み時の個人情報の記載や運転免許証などの本人確認書類提出時にこれらの仮審査・本審査(在籍確認も含め)まとめて行われるため、申込者において、この2種類の審査の違いを意識することはありません。それでは、アコムの仮審査ではどのようなことをするのでしょうか。

アコムの仮審査で申し込み者の属性情報と信用情報を見て融資の可否を判断する

年齢や安定した収入があるかどうかの他にも、アコムの審査では、返済能力も問題がないかどうかを借り入れ前に必ず審査を行います。
アコムでの審査の際に返済能力に問題があると判断されてしまった場合には、審査に通らなかったり、希望の利用限度額に満たなかったりします。それではアコムがどのようにキャッシング審査をしているかについてみていきましょう。アコムの審査基準は主に下記の2つがあります。

  • 利用者の属性情報を点数化(属性スコアリング)しての審査
  • 利用者の信用情報での審査

属性スコアリングとは申込者の職業や年収などの個人情報

審査における属性とは、その人の仕事や年収、家族構成、健康保険などの情報のことを指します。アコムをはじめとする消費者金融では、これらの年収や勤務先などの属性をシステムで自動的にスコアリング(点数化)し、審査基準としています。では、アコムの審査では属性のスコアリングでどのようなところを判断しているのでしょうか。属性スコアリングでは年収や勤務先、家族形態などを見て点数化しています。
申込者の者の属性スコアリングで見られる主な項目は次の通りです。

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態・年数
  • 家族構成・家族の年齢
  • 固定電話の有無
  • 健康保険の種類

上記の審査項目やアコムの審査基準のについての詳細については、「アコムの審査基準と審査に落ちた場合の対応」で詳しく解説しています。

アコムでの仮審査でまず審査する内容は、まず「総量規制」に抵触していないかどうかを判断します。
アコムでの他社借入総額を申告する際、「クレジットカードのキャッシング枠」を忘れないようご注意ください。このクレジットのキャッシング枠もも「貸金業法」に基づく借り入れとなりますので、総量規制の対象になります。
ただし、銀行カードローン等や銀行の住宅ローンなど銀行借り入れは、銀行法に基づくため、総量規制の対象外となります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。


信用情報であるカードローンなどの利用記録の履歴に事故情報がないかと審査する

アコムへ申し込みすると、アコムは自社が加盟している信用情報機関を通じ、必ず申込者の信用情報をチェックします。そして、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。現在、アコムは株式会社シー・アイ・シーと株式会社日本信用情報機構の2つの信用情報機関に加盟しています。信用情報に記載されている主な項目は次の通りです。

  • 他社借り入れ件数
  • 他社借り入れ総額
  • 金融事故の有無

キャッシングを利用する際にはアコムに限らず、すべてのキャッシングやローンの審査で利用者の信用情報をチェックされます。信用情報とは信用情報機関で管理されている個人のローンやクレジットカードの利用記録のことをいいます。
アコムへ申し込みした際に、アコムは自社が加盟している信用情報機関を通じて信用情報をチェックします。そして、利用状況に事故情報(異動情報)がないかを確認します。

仮審査で否決になってしまう原因は主に4件ある

ただ、仮審査で否決されてしまうケースが4件ほど考えられます。
アコムの仮審査で落ちてしまう原因は下記の通りです。

  • 他社借り入れの件数や金額が多い
  • 年収を過大に記載してしまった
  • 借入れ総額の不一致
  • 信用情報に、長期延滞などの金融事故の履歴があった

他社借り入れの件数や金額が多い

「アコム」から公式には公表されてはいないものの、1件ごとの借入額にかかわらず、他社借入件数が「5件」以上であると、アコムカードローンの審査に通るのは難しいとされています。

年収を多く申告してしまった

申込者が自身の年収を過大に記載した場合も仮審査に落ちてしまいます。

アコムでは50万円以下の借り入れ希望であれば、原則、給与明細書や納税証明書などの収入証明書は提出する必要がありません。そのためつい多めに年収を記載してしまうこともあるでしょう。しかし、「アコム」社内には過去の貸出しに基づく業種・職種ごとの詳細なデータがあります。そのため、申込者の年齢や勤務先などを調べると、申込者のだいたいの年収は把握できます。

例えば、どう考えても年収450万円程度と思われる人が、「年収900万円」として申し込みをしてきたら、「虚偽申請」と考えられます。申し込み時に虚偽申請をする人は、アコムからすると返済能力の有無を確かめる以前に「信用できない」人とみなします。そのため、返済能力がないとみなされ審査におちてしまいます。

借入件数や金額を少なく申告してしまった

借入れ件数や金額が申告と違う場合もこれも虚偽記載となります。

貸金情報に基づく借り入れは、「JICC」「CIC」などの、個人信用情報機関に登録されます。
アコムで新規にカードローン申し込みがあれば、アコムは個人信用情報機関の申込者の信用情報にアクセスして、申込者の借入額を調査します。
この際、申込者が申告した他社借入額と大幅に違うことがありますと、虚偽申請をみなされ審査に落ちてしまいます。

信用情報に、長期延滞などの金融事故の履歴があった

最後に、信用情報に長期延滞などの金融事故のあった場合です。長期延滞は、他社で2~3か月以上の延滞があった場合に信用情報に金融事故として登録されます。この記録がある場合は、新規での借り入れ審査に通過するには困難になります。
ただし、記録が残っていてもすでに返済済みであった場合は、すぐに審査で落とされるとは限りません。もちろん金融事故の履歴がない場合と比べて審査に通るには難しくなります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


仮審査を通過しても本審査で否決になってしまうケース

申込者の申告した申し込み情報を利用してコンピューターで審査を行う仮審査が完了すると、アコムの審査担当者が本審査を行います。たとえ仮審査を通過してもこの本審査を通過しないと、アコムからの融資を受けることはできません。
それでは、どのようなことが原因でアコムの本審査で否決になってしまうのでしょうか。本審査で否決になってしまう原因として次のような原因が想定されます

  • 申し込み時や申告事項に虚偽内容や記載ミス(記載漏れ)があった
  • 在籍確認がとれないまたは、申込者の勤務先がアリバイ会社であった
  • 特定の企業・職種で働いている
  • 勤務在籍月数が極端に短く、安定した収入(返済能力)に不安がある
  • 自営業者で、自営の実態が確認できなかった

アコムの仮審査を通過していれば、申込時の記入ミスや在籍確認の電話連絡の未完了といったことがない限りアコムの審査に通過する可能性は高いです。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。




申し込み内容に虚偽情報が含まれている

アコムでは申込時に氏名、年収、勤務先、他社借入額などを記載します。その際に虚偽の記載をした場合、審査に落ちてしまうことがあります。また、虚偽ではなくても記載ミスや記載漏れなどで申し込み内容と事実が異なる場合には、確認のために審査時間が長くなることもあります。したがって、申込時の年収や他社借入額などは間違いがないように提出(送信)前に再度確認するようにしましょう。

在籍確認がとれないまたはアリバイ会社を利用している

アコムの審査では、申込者の勤務先に電話して実際に勤務先に在籍しているのかを確認します。その際に申込者が電話に出るかまたは勤務先の方が申込者が勤務先に在籍している旨の返答があれば、在籍確認は完了となります。
ただし、勤務先に連絡したところ、既に退職していた、休職中である場合には在籍が確認とれたとはみなされません。このような場合には審査に落ちてしまう場合があります。
アコムの在籍確認については、「アコムでの審査時の在籍確認のタイミングと電話の内容」で詳しく買う説しています。

アリバイ会社などの利用は絶対に禁物です。

アリバイ会社とは社会的地位を提供するサービスで、簡単に言えば無職の方があたかも会社に在籍しているかのように見せかけるサービスのことです。アリバイ会社とネットなどでするとそのようなサービスを展開されている企業がすぐに出てきます。ただし、アコムをはじめとする消費者金融業業者はこのようなアリバイ会社のリストを持っているので、たとえアリバイ会社を利用したとしてもアコムの審査に通らないでしょう。

反社会的な企業で働いている働いている

アコムでは、過去の利用者情報をもとに、反社会的な企業のリストが存在します。暴力団関連会社や詐欺など犯罪に関わる会社が反社会的な企業としてリストアップされています。
そのため、反社会的企業リストに名前がある会社に勤めていると申告した場合は審査に通りません。

勤務在籍月数が極端に短く、収入が不安定である

勤続年数が1年未満という理由だけで審査に落ちることはありませんが、無職期間があって勤続0か月の場合には安定した収入がないとみなされてしまいますので、審査に通りません。

自営の実態が確認できなかった

自営業者や個人事業主でもアコムカードローンを利用することは可能ですが、申込者が会社に勤務せずに自分のみで仕事していることが確認できない場合には、自営業の実態が確認できなかったという理由で本審査で否決になってしまう可能性があります。

自営業者や個人事業主の方で、実際に仕事をしていることを証明する有効な手段は、確定申告書などの収入証明書を提出することです。アコムでは、原則他社を含めた借入総額が100万円を超える場合とアコムにおいて50万円を超える契約を行う場合以外については収入証明書は不要ですが、自営業や個人事業主の方で本審査で否決されたくないと思うのであれば、運転免許証などの本人確認書類を提出する際に、収入証明書を提出してみるのもいいでしょう
ただし、収入証明書を提出したからといって必ずしも本審査に通るわけではないので注意が必要です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


アコムの審査で否決なってしまったら他の消費者金融の申込を検討する

アコムの審査に落ちてしまった場合には、他社カードローンを検討みるのもいいでしょう。なぜなら、他社のカードローンはアコムの審査基準とは異なる項目もあるので、アコムの審査に落ちてしまっても、他社カードローンの審査に通過できる可能性もあります。
大手消費者金融であれば、アコムと同じようにWEB完結申し込みなどが可能なアイフルプロミスががおすすめです。
ただし、安定した収入がない場合や信用情報に金融事故がある場合には、他社の消費者金融に申し込みをしたとしても落ちてしまう可能性があります。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間