プロミスでの審査は夜間でも可能か

どうしてもお金が必要で、銀行カードローンや消費者金融を利用したいけど、昼間は仕事で忙しくて、カードローン申し込みができないと悩んでいる方も多いかと思います。

SMBCフィナンシャルグループの消費者金融として知られる、大手消費者金融SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は、テレビCMや広告でも知られている消費者金融の1つです。

プロミスでは、審査時間最短30分、申し込みから融資まで最短1時間と、公式ホームページなどで公表していますが、はたして夜間の申し込みや審査はできるのでしょうか。

ここでは、。プロミスに夜間も申し込んだ場合の審査や審査結果の回答時間そして、夜間の場合でも融資可能な融資方法について解説いたします。

プロミスでは夜間でも申し込みが可能

プロミスでは夜でも申し込みや審査・契約が可能です、プロミスで夜間に申し込みや審査を受け付けている申し込み方法は次の通りです、

  • WEB(インターネットでの)申し込み(営業時間 24時間365日)
  • 電話申し込み(営業時間 土日祝日も含め9時~22時)
  • 自動契約機での申し込み(営業時間 土日祝日も含め9時~22時)




それでは詳しく申し込み方法をみていきましょう。

WEB(インターネットでの)での申し込みはカンタン入力とフル入力の2通り

プロミスではWEB上からの申し込みが可能です。プロミスのWEB申し込みは、「フル入力」と「カンタン入力」の2つ通りから選ぶことができます。フル入力を選んだ場合には、プロミスのキャッシング審査に関する全ての審査項目を入力するため、申し込み内容に記載ミスや記載漏れなどがなければ、電話での本人確認がなく、そのまま本審査を受けることが可能です。

一方、カンタン入力はフル入力に比べて、WEB上で申込時に入力する項目が少ないために、不足している審査項目については、電話でのヒアリングが必要となります。
つまり、カンタン入力だけで申し込み手続きを完了できないので、結果としてフル入力の方が申し込みから融資までの時間が短縮されます。

申し込み時にプロミス担当者と電話で不明なところや質問しながら申し込みをしたいという方はカンタン入力をおすすめいたします。

WEB申し込みのフル入力での申し込みの流れ

WEB申し込み、フル入力で申し込む主な項目は下記の通りです。

  • 借り入れの審査の基準となる個人情報
  • 「お客さま情報」・「自宅情報」・「勤務先情報」
  • 契約方法の選択
  • 「WEB契約・来店での契約」
  • 他社借り入れ状況や借入金額
  • 「お借入れについて」
  • メールアドレスとパスワードの登録
  • 審査結果のご連絡について
  • 書面の受取方法について




なお、WEB申し込みでのカンタン入力については、ほぼフル入力でのWEB申し込みと同じです。

ただし、カンタン入力には「お申し込みに関する連絡先について」という項目があります。この項目は、カンタン入力を選んだ場合に電話確認が必須なので、プロミスの担当者がいつ、どの連絡先にかけたらいいのかを確認するため項目です。

電話での申し込みは土日祝日を含む毎日9時~22時である

プロミスカードローンは携帯電話やスマートフォンまたは自宅の電話から申し込み可能です。電話での申し込みは、プロミスの担当オペレーターが、氏名、住所、勤務先や他社借入情報などの審査に必要な情報を電話口でヒアリングします。申し込み内容を確認後、審査の上、審査通過後は契約内容を確認します。

自動契約機からの申込みする場合、併設するATMからその場でキャッシング可能

申込者がプロミスの自動契約機で自動契約機にはプロミスの担当者はおりませんので、誰にも会わずにスムーズに申し込みが可能です。最短30分で申し込みから審査、契約・ローンカードの発行までのすべての手続きが可能です。契約完了後、その場で、ローンカードを使って併設してあるプロミスATMよりキャッシングが可能です。

ただし、プロミスでの審査結果の回答時間が、9:00~21:00であるため、夜間に申し込みをして、その日にうちに融資を受けるには20時までに申し込みを完了させて、審査に通過しておくことが必要です。

なお、自動契約機での申し込みの場合には、事前にWEB申し込みや電話申し込みなどをしておいてから、自動契約機に出向くと審査時間が短縮するばかりでなく、審査結果が判明次第、自動契約機に向かえばいいので、万が一審査に落ちてしまったときも無駄足になりません。

三井住友銀行ローン契約機からも申込可能

プロミスでは。全国にあるSMBC(三井住友銀行)ローン契約機からでも申し込み可能です。こちらもプロミスの自動契約機と同様にタッチパネルでスムーズにお申込みいただけます。営業時間は各店舗によって異なりますので、プロミス公式ホームページまたは、三井住友銀行の公式ホームページにてご確認してみるといいでしょう。

審査受け付け時間と審査回答時間は異なる

審査結果の回答時間帯とは、プロミスが実際に申込者に審査結果を伝える時間帯をいいます。つまり、この審査結果の回答時間外に申し込みをした場合には、すぐに審査結果が来ないということになりますので注意しましょう。
夜にプロミスに申し込みをする場合、21時を過ぎてしまうと審査結果の回答が翌朝9時以降になってしまう可能性があります。
プロミスカードローンの申込方法別に、プロミスでの審査結果の回答時間を下の表にまとめましたので参考にしてみてください。

プロミスでの申し込み手段と審査結果回答時間帯
申し込み手段 審査結果の回答時間帯
WEB(ネット申し込み) 9:00~20:00までに申し込み完了
電話 9:00~20:00までに申し込み完了
自動契約機 9:00~20:00までに申し込み完了

夜間でも在籍確認が完了すれば審査を通過できる

本審査の終盤で申込者の勤務先に電話をする在籍確認が行われる
在籍確認とは申込時に申告された勤務先に申込人が本当に勤務しているかを担当者が確認することをいいます。
プロミスでは、原則として申し込み時の審査時の終盤に在籍確認を行います。
「大手消費者金融であるプロミスから自分が勤めている会社に電話が来るなんて困る!」という人がほとんどだと思います。しかし、プロミスでは在籍確認の電話に際に、会社名や「プロミス」という名前を名乗ることなく、プロミスの審査担当者の個人名で連絡をしてくるため、職場にプロミスカードローンを利用しているということがバレてしまうことは少ないでしょう。

在籍確認の電話は必ずしも申込者本人がでなくてもよい

在籍確認の電話は必ずしも申込者本人が出る必要はありません。席を外している場合でも申込者の勤務先の同僚などが「○○は離席しています」とだけプロミスの審査担当者に伝われば、その職場に在籍していることの確認可能です。

ただし、夜間の申し込みなどで申込者の勤務先に電話をかけても、電話にでることが難しい場合どうしたらいいのでしょうか。

夜間の在籍確認の電話が難しい場合にはまずプロミスの審査担当者に相談する

プロミスでは、「申込者の勤務先の電話がつながらない」など正当な理由がある場合には、申込者の会社名のはいった「健康保険証」や給与明細書などの会社に勤務していることを証明する書類を複数提出することによって電話による在籍確認の代わりにする場合があります。しかし、正当な理由がないと健康保険証や給与明細書での書類での在籍確認は認められませんので注意が必要です。

また、担当者の判断によっては、申込者の勤務先の翌営業日に改めて在籍確認の電話をする場合もあります。

プロミスでの申し込みには運転免許証などの本人確認が必須

プロミスカードローンの申し込みには、申し込みの時間帯に関係なく運転免許証などの本人確認書類が必要になります。プロミスで有効な本人確認書類は下記のいずれかです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(例+住民表)

また、外国人の場合には上記以外に在留カードもしくは特別永住者証明書が必要となります。
上記にあげた本人確認書類のいずれかと現住所が異なる場合には、下記の書類が必要となります。

  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 携帯電話の領収書は不可
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

上記、いずかの書類は発行から6か月以内ものが有効ですので注意してくださいね。

夜間に融資受けたい場合には収入証明書が不要な借り入れ希望額にする

プロミスでは下記の場合には、収入証明書の提出が必要となります。

プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方

この際に提出する、収入証明書として有効なものを次のいずれかです。

  • 給料明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)

プロミスので有効な収入証明については、「プロミスで収入証明書の提出が求められる場合とは」で詳しく解説しておりますのでご覧ください。

夜間に申し込みをしてすぐに融資を受けたい場合には、収入証明書を準備する時間が難しいと思われます。そのため収入証明書が不要である希望の利用限度額(50万円以下または他社借り入れを含めて100万円以下)にすることをおすすめいたします。

プロミスで夜間でも融資可能な融資方法

プロミスでの借り入れ方法は、次の2種類の借り入れ手段があります。

  • ローンカードを利用してATMからお金を引き出す方法
  • 振込でのキャッシングを受ける方法

上記2つの借り入れ方法では、融資可能なな時間が異なりますので、借り入れ方法別に即日融資可能な時間について解説していきます。

ローンカードで融資を受ける場合には20時までに申し込みを完了させる

プロミスの審査結果の回答時間帯が、9:00~21;00のため、自動契約機でローンカードを受取場合でも即日中にが可能な時間帯は、20:00ごろまでとなります。
審査時間は最短30分で余裕を持って1時間程度と見積もると夜間の場合には20時までに申し込みを完了させておおく必要があります。

また、プロミスカードローンで即日融資を検討していて、自動契約機からローンカードを受け取ってATMで借り入れする場合も同様です。
プロミスで借り入れが可能な主なATMを下の表にまとめておきましたので是非参考にしてみてください。

プロミス借り入れ可能な提携ATM、金融機関一覧
提携先金融機関 金融機関名
提携先コンビニATM イーネット
ローソンATM
セブン銀行
提携先金融機関(借入、返済が可能) 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
西日本シティ銀行
セブン銀行
イオン銀行
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
ゆうちょ銀行
提携先金融機関(借入のみ可能) 親和銀行
広島銀行
八十二銀行

三井住友銀行・ジャパンネット銀行は夜間でもすぐに振込融資可能

三井住友銀行・ジャパンネット銀行を利用して振り込み融資を受ける場合には24時間受付している「瞬フリ」サービスを利用することができ、融資受付後すぐに振り込みが行われます。
この場合、申し込みのリミットは、WEB申込み時の「審査結果の回答時間」が9:00~21:00のため、ローンカードでATMから融資を受ける場合と同様に夜20時までに申し込みをすれば夜間でも申し込みでもその日のうちに融資が可能となります。

三井住友銀行とジャパネット銀行以外の金融利用する場合には融資は翌営業日になってしまう

一方、三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の金融機関を利用する場合、平日の14時をすぎてから融資依頼をすると、金融機関の翌営業日の融資となってしまいます。つまり、申し込み日即日の融資ができませんので、注意しましょう。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間