アコムカードローンの利用限度額の増額方法と増額審査

消費者金融でキャッシングを利用していて、追加の借り入れ融資を受けようとしたら、利用限度額の上限に達してしまった。
特に、すぐにお金が必要なのに追加で融資を受けられないと困りますよね。
そこで、融資枠の上限に達してしまいそうな場合に利用できるのが、「利用限度額の増額」です。増額とは、融資枠自体を大きくすることです。
ここではアコムの融資枠の増額について、増額の申し込み方法や増額の審査、また増額時の審査に落ちてしまう原因、または新規で他のカードローン会社をの申し込みをしたほうがいいのかなどアコムでの利用限度額の増額について紹介してきます
アコムカードローンで限度額の増額を希望している方にはとても参考になる内容だと思いますよ。
なお、アコムカードローンに新規で申し込みする場合には、下記より申し込み可能です。

アコムで利用限度額の上限を増額するにはどうしたらいいか

アコムでは利用限度を増額することができるそもそも「増額」とはどういうことでしょうか。

増額(増枠)と追加融資とは異なる

増額とは融資枠自体を引き上げることをいます。利用限度額内での追加融資とは異なります。利用限度額内での追加融資の場合には、その限度内であれば審査を受けることなく借り入れや返済することができるのに対して、増額の場合、その利用限度額を変更するために新規の申し込みと同様に審査が行われます。つまり、利用限度額増額の申し込みをして審査を受ける必要があるわけです。

アコムでは、6か月に一度、アコム内部のコンピューターで増額の審査を行っており、審査に通った場合には、アコムからメールなどを通して連絡が入ります。

しかし、アコムから連絡はなくても、増額申請の申し込みをすることは可能です。
ただし、増額の申し込みできるといっても審査に通るということではありませんので注意が必要です。

限度額増額方法はインターネット・電話・店舗の3つの方法がある

アコムの限度額を増額する方法には下記の3つがあります。

  • 電話での増額申し込み
  • 会員ページでの増額申し込み(インターネット)
  • 店頭窓口やむじんくん(自動契約機)での増額申し込み

それでは、上記の3つの方法を詳しくみていきましょう。
また、アコムの新規のカードローンの申し込みについては、「アコムカードローンの申し込み方法」で詳しく解説しています。
アコムカードローンに新規で申し込みする場合には、下記より申し込み可能です。

電話での増額申し込み

電話での増額申し込みは、アコムのフリーコールで担当者に電話をして
増額申請をして増額の審査を受けます。電話での増額申し込みの流れは下記の通りです。

  1. 電話で増額を希望する旨を伝える
  2. 増額希望額、他社の借入額、契約内容変更書類の送付先、年収などを確認
  3. ローンカードの暗証番号を入力し、上記の内容に同意する
  4. 契約内容に関する時効に同意(自動音声)
  5. 最後に担当オペレーターに代わり最終確認をする
  6. 増額申し込み終了

なお、電話での受付け時間は、平日の9:00~18:00の間です。

会員ページでの増額申し込み(インターネット)

ご契約極度額(キャッシング)の増額に関するご案内です。」という案内がきている場合に会員ページにて手続きが可能です。

上記をクリックすると、「極度額等変更申し込み」という画面がでてきますので、「開始」ボタンを押すだけで増額審査の申請ができます。

ただし、アコム会員ページに「ご契約極度額(キャッシング)の増額に関するご案内です。」とお知らせが来ていない場合には、電話、店頭窓口またはむじんくん(自動契約機)での増額申請となります。

店頭窓口やむじんくん(自動契約機)に出向いての増額申し込み

店頭窓口やむじんくん(自動契約機)に直接出向いて増額を申し込むこともできます。
店頭窓口での増額申請は、アコムの店頭窓口に出向きアコムの担当者に直接「増額をお願いしたい」と伝えれば対応してくれます。一方、むじんくん(自動契約機)での手続きではガイダンスに従って増額申請をすすめていきます。

この2つの方法で増額申請をする場合には、本人確認のために運転免許証などの本人確認書類を持参する必要がありますので忘れずに準備しましょう。(ただし、本人確認書類の提出はありません。)
店頭窓口とむじんくん(自動契約機)の営業時間は下記の通りです。

店舗・ATM 利用可能な時間
アコム店頭窓口 平日9:30~18:00(一部店舗は19時まで)
自動契約機(むじんくん) 年中無休8:00~22:00(年末年始は除く)

店頭窓口では、利用限度の増額に関して、質問や不明なことがあればその場で聞くこともできますし、また返済の相談にも載ってくれます。

なお、むじんくん(自動契約機)でも併設されている電話でアコムのオペレーターと話しながら増額申請が可能です。

また、アコムの店頭窓口やむじんくん(自動契約機)にはアコムのATMが併設されています。増額審査に通れば、すぐにその場でのキャッシングできるので大変便利です。

増額申込には収入証明書が必要なこともある

収入証明書が必要な場合は下記の2つの場合です。

  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 他社借入金額とアコムの利用限度額の総額が100万円を超える場合

この2つの条件は、申込時の審査で収入証明書が必要な場合と同様です。
ここでいう収入証明書とは、源泉徴収票、給与明細、住民税特別税額決定通知書、所得証明書などを指します。
なお、収入証明書は正社員やパート、アルバイトなどの給与取得者と自営業などをされている個人事業主とで書類が異なります。
アコムで有効な収入証明書については、正社員や会社員などであれば源泉徴収票、給与明細、一方個人事業主や自営業であれば、住民税特別税額決定通知書、所得証明書です。

増額申し込みから増額審査完了までどのくらい時間がかかるか

限度額50万円以下なら最短30分で増額審査が可能

アコムでは先ほど申し上げた通り、利用限度額が50万円を超える場合または他社借入金額とアコムの利用限度額の総額が100万円を超える場合には収入証明書が必要になりますが、増額後の利用限度額が50万円以下で、他社借入金額が100万円以下の場合には収入証明書の提出は不要です。この場合、最短30分程度で増額審査は完了となり、増額分も融資も可能となります。

収入証明書が必要な場合でも即日の増額が可能

アコムの増額申請で、収入証明書が必要となる場合、アコムに収入証明書を提出する必要があります。収入証明書をすぐに提出できればすぐに増額の審査をしてもらえますので、増額申し込み当日の即日での増額も可能となります。

収入証明書の提出方法は、店頭窓口やむじんくん(自動契約機)に出向く以外にもアコムの会員ページや専用アプリからのアップロード、あるいはFAXで送ることが可能です。

増額審査では在籍確認は行われない

アコムではカードローンを申し込む際に、申込者本人が申し込み情報に入力した勤務先に勤務しているかを電話で確認する在籍確認は審査の中で必ず行われます。
しかし、増額審査の場合には基本的に在籍確認は行われません。ただし、転職などで申込時に入力した勤務先と現在の勤務先とは異なっている場合には再度在籍確認を行うこともあるようです。
アコムの在籍確認については、「アコムの在籍確認のタイミングや電話での内容」で詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。

増額審査の基準は初回の審査基準よりハードルが高い

アコムでは利用限度の増額に際には審査があります。それでは利用限度額の増額時の審査ではではどのような点を見るのでしょうか。
アコムの増額審査の主な基準として重視しているものは下記になります。

  • 総量規制の上限金額
  • 信用情報
  • 返済実績
  • 個人情報

上記の項目を総合的に審査し、利用限度額の増額の可否を決めてきます。基本的な審査内容は初回申し込み時の審査と同様の基準ですが、初回の審査時よりハードルが上がると言えるでしょう。
ただし、1つでも基準を満たないと増額の審査には通りません。
アコムの審査基準については、「アコムの審査基準と審査に落ちた場合の対応策」で詳しく解説しております。
それでは、これらの項目を詳しくみていきましょう。

総量規制の上限金額

総量規制とは、年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはならないという貸金業法の規制です。アコムを含む消費者金融業者は総量規制の対象となっているためです。
例えば、年収300万円の人の場合、他社も借入額も含めて100万円が限度額の上限ということになります。もし、他社も含めた利用限度額とアコムでの希望額を合わせて100万円を超える増額申請の申し込みをしたとしても、総量規制の条件金額に抵触するために増額審査には通りません。
アコムの総量規制ついては、「アコムカードローンは総量規制の対象」で詳しく解説しております。

申込者の信用情報

信用情報とは、個人のローンやキャッシング・クレジットカードの利用記録のことをいいます。増額審査の際も、初回の申込時の審査と同様に 延滞や債務整理の有無などの金融事故情報や他社での借り入れ件数や金額などの借り入れ状況についても増額審査の際にチェックされます。

信用情報に不安があるという場合には、自分の信用情報を管理している信用情報機関に開示請求してもらうといいでしょう。

アコムは、日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)という信用情報機関に登録しています。これらの信用情報機関に郵送またはインターネットで開示請求することができます。なお、開示請求の費用は1000円程度かかります。

アコムでの利用実績

アコムで増額審査をする際にはアコムでの一定の返済実績も審査の項目となります。
一定の返済実績とは、初回の借り入れから6か月以上が経過しているか、あるいはこの期間に1度も借入金の返済を滞納していないということが条件となります。

利用者の個人情報

自宅や勤務先などの申込者の個人情報も審査項目に入ります。

例えば、自宅が持ち家や借家か勤務先は大手企業の社員かパートやアルバイトか加入している保険は、国民健康保険か組合保険かどうかなどがチェックされます。

これらの個人情報については、信用情報や返済実績に比べるとそこまで重要ではありません。
ただし。50万円を超える限度額希望している場合や増額の申請額があまりにも高い場合には、下記の2つに注意が必要となります。

  • 申込者の年齢
  • 申込者の勤続年数

申込者の年齢

利用限度額50万円を超えると、対象年齢もかわってきます。

50万円以下の増額希望している場合、アコムの申し込み資格と同様の20歳から69歳までが対象ですが、50万円を超える増額を希望する場合、対象年齢は20歳から64歳とまでとなります。
例えば、利用限度額30万円を50万円に増額したい場合には20歳から69歳までが対象なります。一方、利用限度額を50万円から80万円に増額したい場合には20歳から64歳が対象となります。対象年齢から外れた場合には、増額審査には通らないので注意が必要です。

もし、65歳~69歳の方で利用限度額増額したいということであれば、増額の審査は非常に難しいので他のカードローン会社を利用していないのであれば、新たにプロミス、アイフルなどの他社での申し込みを検討することをおすすめします。

申込者の勤続年数

希望限度額が50万円を超える場合には、最低でも同じ勤務先での勤続年数が6か月を超えている必要があります。一方、希望限度額が50万円以下の場合には、勤務していることが確認できれば、入社1か月未満でも問題ありません。

増額審査に落ちてしまう原因

増額審査は初回申し込みの審査よりもハードルが上がるために、審査に通るのが難しいといわれています。
それではどのようなケースの場合、増額申請の審査に落ちてしまうのでしょうか。
増額審査に落ちてしまうケースをみていくことにしましょう。増額審査に落ちてしまう主な原因は下記が考えられます。

  • 総量規制の上限金額を超えている
  • 信用情報に問題がある
  • 年収が60万円未満である
  • 住所変更や勤務先変更を届け出ていない

それでは、上記の4つの原因を順に解説してきます。

総量規制の上限金額を超えている

先ほど増額審査の項目で述べたように、アコムのカードローンは総量規制対象のカードローンです。他社の借入金額とアコムの利用限度の総額が、年収の3分の1を超える借り入れはできません。よって、このケースで増額申請した場合には、増額審査に落ちてしまいます。

また、年収60万円未満など年収が著しく低い場合、たとえ増額の申し込みをしたとしても利用限度額は20万円が上限です。このような場合には、年収が低いことと、利用限度額を大きく変更することができないとの理由から審査には通りません。

信用情報に問題がある

カードローンやキャッシングまたはクレジットカードの利用時に問題が発生した場合、
事故情報として信用情報に記録されてしまいます。
下記のような問題が発生すると事故情報として記録されます。

  • 返済の延滞や滞納
    ローンやキャッシング・クレジットカードの支払いを3か月以上延滞している
    または延滞を繰り返している。もちろん、返済金の未払いもこれに該当します。
  • 債務整理
    債務整理とは、法律にのっとって借金の整理をする手続きをいいます。任意整理や自己破産などがこれに該当します。
  • 強制解約
    延滞や返済金の未払いが長引いて、銀行や消費者金融業者またはクレジット会社から一方的に契約を解除された場合。
  • 代位弁済
    保証会社や家族などの利用者以外の第三者が借金を肩代わりして支払った場合

上記の問題が起きると信用情報に事故情報(異動情報)として記録されてしまい。最長5年~10年間記録が残ってしまいます。このような場合、信用情報に問題があるとみなされ増額の審査に落ちてしまうでしょう。

住所変更や勤務先変更を届け出ていない

アコムに住所変更をしていない場合にも増額審査に落ちてしまうこともあります

アコムから送られた郵便物などが本人に届かなかった場合、アコムの社内情報にて住所不明と記載されてしまい、住所不定扱いとみなされてしまいます。また、勤務先の変更がしたのにも関わらず変更の届け出をしていない場合も、同様です。

例えば、勤務先を退職してその届け出を出していない場合など、何らかの理由でアコムがその事実を知るとたとえ他の会社に転職していたとしても無職扱いとなってしまいます。

もし、はじめに申し込みを際に入力した住所や勤務先が現在と異なる場合には、速やかにアコムに届け出ましょう。

新規で他社のカードローンを申し込むという選択肢をもっておく

アコムでの増額申請の申し込みは簡単ですが、増額審査は、文字通り利用限度額を引き上げる審査のため、初回の申し込み時の審査よりもハードルが高いです。
もし、すぐにお金が必要で増額申請を検討しているのであれば、銀行系カードローンや他の大手消費者金融系カードローンなどの金融機関での借り入れを選択肢の1つにいれることをおすすめします。なお、プロミスカードローンのインターネット申し込みは下記より可能です。

万が一、アコムの増額審査に落ちてしまった場合でも、他社カードローン会社であれば新規借り入れできる場合もあります。
たとえば、アコムで既に契約または借入していて、まだプロミスで契約や借入をしてないようなら、プロミスでのキャッシング審査に通る可能性も高いでしょう。
ぜひアコムカードローンの増額申請を検討する場合には、他社での申し込みも同時に検討してみるのもいいと思いますよ。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間