プロミスで50万円を借りたい場合の申し込みや審査基準

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの大手消費者金融業者で、全国に支店を展開して貸出を行っています。

プロミスのカードローンで50万円を超える金額を借りたい場合、どのような審査が行われるのでしょうか。

50万円より多くプロミスで借りたい場合の申し込み方法や審査基準、また、利用限度額の増額方法について詳しく解説いたします

希望利用限度額が50万円を超えると収入証明書が必要になる

プロミスの申し込みを行う際には、審査・契約時に必要な本人書類があります。まず、プロミスの申し込み時に必ず必要になってくるのが本人確認書類です。本人確認書類として提出可能なものは以下のようになっています。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(+住民票など)

もし、プロミスで50万円を超える利用限度額を希望している場合、本人確認書類以外に、必要となってくるのが収入証明書類です。収入証明書類が必要となる条件は以下の通りです。
収入証明書類が必要となる条件は、下記の通りです。

  • 希望する借入額が50万円を超える場合
  • 希望する借入額と、他社での借入額の合計が100万円を超える場合

特に50万円を超えて借りたい場合は、本人確認書類と収入証明書類の両方が必要ということになります。プロミスで有効な収入証明書類として提出可能なものは下記の通りです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

会社員やアルバイト・パート・アルバイトの方は、源泉徴収票や給与明細書、個人事業主や自営業の方は確定申告書の提出で問題ありません。

プロミスでの申し込み方法と必要書類の送り方

本人確認書類と収入証明書は、どうやって提出すればよいでしょうか。店頭窓口の申込みの場合は、運転免許証などの本人確認書類を提示すればいいわけですが、申込方法は、全体としては珍しいものです。
プロミスカードローンの申し込みには、5種類の方法がありますが、希望の利用限度額によって申し込み方法が制限されることはありません

  • WEB申込
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • 郵送



WEB契約か自動契約機での契約で書類の送付方法がことなる

Webで申し込む場合は、パソコンの他にもスマートフォンからでも可能です。
審査通過後は、自動契約機に出向いて契約を完結させる方法と、ローン用カードを必要とせず、Webで完結する方法とがあります。書類については、その写真を撮って、「アプリでのアップロード」「Eメールで送信」などの手段で提出するのが標準的な方法です。ローンカードを受け取りに自動契約機に行く場合なら、提出書類は持っていけば、すぐスキャンして提出できます。
また、自動契約機でカードローンを申し込む場合は、本人確認書類を機械にスキャンする(かざす)だけで簡単です。電話で申し込む場合も、審査の内容は変わりません。必要書類はFaxでの送信も可能ですので、コンビニからも提出できます。

プロミスの申し込み方法によってメリット・デメリットがある

各申し込み方法別にメリット・デメリットを下の図にまとめましたので、参考にしてみてください。

各申し込み別メリット・デメリット
申し込み方法 メリット デメリット
WEB 365日・24時間申込可能。 担当者に不明点や質問がある場合には電話で聞く必要がある。
電話 365日・24時間申込可能、電話で融資の質問や相談ができる。 電話での申し込み内容を口頭で伝えるため、ネットの比べて申し込みに時間がかかる。
店頭窓口 プロミスの担当者と直接相談しながら、融資の申し込みができる。 店頭窓口の数が圧倒的に少ない。営業時間が、平日の9時~18時(一部19時)と短い。
自動契約機 店頭窓口に比べ、営業時間が土日祝日含め営業時間が8時~22時と長く、プロミスの担当者と電話相談しながら、融資の申し込みができる。 審査時間を自動契約機内で待たされる可能性もある。



プロミスではどのように申込者を審査しているのか

プロミスのカードローンに申込むことができる条件は「20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある場合」となっています。
安定した収入があれば、アルバイト・パート・派遣社員・契約社員でも、主婦・学生であっても申し込み、審査に通過すれば契約可能となっています。プロミスの審査については、利用限度額が50万円以下とと50万円を超える利用限度額で審査基準が変わるということはありません。
ただし、審査結果次第によっては申込者の希望利用限度額にならない場合もありますので、注意しましょう。それでは、プロミスの審査基準についてみていくことにしましょう。

プロミスの審査基準は申込者の属性情報と信用情報

プロミスの審査通過率は約44%で、申し込んだ人の2人に1人弱通過しています。プロミスの審査難易度は他の大手消費者金融のモビット、アコム、アイフルなどのカードローンと同じ程度の審査通過率です。プロミスをはじめとする多くの消費者金融では、申込者の年収や勤務先といった属性情報と申込者の他社借り入れ状況や自己破産などの債務整理の有無など過去のローンの利用履歴が記載されている信用情報を基準に審査しています。

申込者の年収によって利用限度額が決まる

プロミスでは、申し込み者の属性情報を点数化して融資の可否を決める判断材料としています。「属性」と呼ばれる情報です。属性というのは、年齢、職業、年収、雇用形態、家族構成、住居の形態などの情報のことです。

プロミスは総量規制対象のローンである

総量規制というのは、貸金業法という法律による決まりで、クレジットカードや消費者金融系カードローンにおける借入額が年収の3分の1を超えてはならないというものですもちろん、消費者金融であるプロミスカードローンは総量規制対象のカードローンです。
。例えば年収300万円の人には、100万円を超える限度額を与えることができません。他社で借入があるとそれだけ分、上限限度額から差し引かれることになります。
いくら属性情報がよかったとしても、総量規制によって利用限度額の上限があるということを知っておきましょう。

信用情報に問題があると審査に落ちてしまう

プロミスのカードローン審査に通るのが特に難しくなってしまうケースは、信用情報に事故情報が残っている場合です。信用情報というのは、信用情報機関に蓄積されているローンやクレジットカードの申し込み・利用状況に関する情報のことです。事故情報というのは、未払い、長期延滞、債務整理、自己破産といったネガティブな情報のことです。金融機関は審査の際に信用情報機関に照会をして、事故情報を入手します。

プロミスでの審査では必ず在籍確認がある

安定した収入があるかどうかに関して、プロミスは電話で在籍確認を行います。在籍確認というのは、申告した会社に本当に勤務しているかどうかをプロミスの担当者が電話で確認するというものです。確認の際、担当者はプロミスの名前を出さず個人名で電話をかけるので職場にバレる心配はないと考えて大丈夫です。
プロミスでは審査結果の回答の際に、審査に通過した場合には利用限度額や金利などが決定されます。その後、プロミスとの契約後、プロミスでの借り入れができるようになります。
それでは、プロミスでの審査の結果希望の限度額に届かず利用限度額を上げたい場合にはどうしたらいいのでしょうか。その場合は、契約後にプロミスの利用限度額の増額をすることが可能です、

プロミスカードローンの利用限度額は契約後に増額することができる

利用限度額内の追加融資と利用限度の増額との違い

カードローンの利用限度額というのは、借りることのできる最大の金額のことです。限度額が50万円であれば、最大50万円まで借入を行うことができます。加えて、利用限度額の範囲なら何度でも借入を行うことが可能となっています。

一方、利用限度額の増額とは利用限度額の枠を上げることで、借り入れ可能な金額を増やすことです。つまり、一度に借りられる枠を増やせるということになります。

利用限度額を増額には増額審査が必要

プロミスのカードローンの審査に通過しても、思っていたよりも限度額が少ないと思ってしまうことがあるかもしれません。そういう時は、WEBの会員ページの「限度額変更のお手続き」から利用限度額の増額を申し込むことで、審査の後に増額される可能性があります。そしてもう一つ、プロミス側から増額候補者に連絡が来て限度額の増額の案内がある場合があります。ただし、連絡が来たからといって即増額決定というわけではなく、再度審査が行われます。

増額を希望する場合、その都度審査が行われますが、審査内容としては契約時の審査と同様の項目と今までのプロミスでの利用実績調べられると考えられます。また、プロミス申込時と同じで、50万円を超える利用限度額を希望する場合は、収入証明書類が必要となります。他社借入と希望利用限度額の合計が100万円を超える場合も同様です。

なお、プロミスでの利用限度額の増額方法や増額審査については、「プロミスカードローンの利用限度額の増額方法」で詳しく解説しています。

年収の3分の1を超える増額はできない

利用限度の増額も場合もの上限は総量規制によって決まっているということです。総量規制というのは、年収の3分の1を超えて貸出を行うことができないと決められた法律のことです。たとえば年収300万円の人の利用限度額の上限は100万円までとなります。他社で借入がある場合は、その分だけ利用限度額の上限から差し引かれることになります。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間