プロミスカードローンの審査難易度は高いのか

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社の大手消費者金融業者で、カードローンが主力商品の一つです。

利用者がカードローンの申し込みをする時に最も気になることは、借入時の審査に通るかどうかだと思います。

ここでは、プロミスの審査難易度が他の消費者金融や銀行カードローンと比べて高いのでしょうか、申込者の年収や勤務形態などの属性情報の違いで審査難易度の差があるのか。また、他社金融機関で信用情報に問題がある場合でもプロミスの審査に通るのかについても解説いたします。

プロミスと他社消費者金融や銀行カードローンとを比較した場合の審査難易度

まず、プロミスの審査難易度を他の消費者金融や銀行カードローンと比較してみましょう
インターネット上にはプロミスの審査についての多数の口コミがありますが、すべてがすべて信用できるものではありません。
そのため、プロミスと他の消費者金融や銀行カードローンとの新規契約率で比較を行います。

プロミスの契約率は他の大手消費者金融と同レベルである

難易度を調べるためには、公表されているデータを比較することが一番です。参考にするのは契約率と呼ばれる数値で、申込者のうちのどれくらいの割合の人が審査に通過しているかを意味しています。
主な消費者金融、銀行カードローンの新規契約率(※新規通過率には時期による変動があります)

金融機関名 新規契約率
プロミス(消費者金融) 約44%
アコム(消費者金融) 約48%
アイフル(消費者金融) 約44%
レイク(新生銀行カードローン) 約35%

大手消費者金融の審査通過率は40%台で新規契約率を公表しているプロミス、アコム、アイフルの審査通過率にそこまで大きな差はありません。
プロミスの審査難易度は大手消費者金融の平均程度であると言えます。
また、銀行カードローンに関しては新規契約率を公表しているのはレイクだけで、新規契約率は30%台と消費者金融系カードローンと比べて厳しめになっています
その他の銀行カードローンも同程度だと推測できます。その理由は、銀行カードローンは金利が安く、利用限度額が消費者金融よりも高いことです。
また、プロミスを含む消費者金融は借入額の上限金額が、申込者の年収の3分の1を超える額を個人に貸し付けることはできないという貸金業法の規制が存在します。
この規制を総量規制といいます。しかし、銀行カードローンは総量規制対象外であるため、銀行カードローンの審査も厳しくなるのではないかと推測されます。

つまり、プロミスカードローンの審査難易度は、銀行カードローンと比べる低いといえます。
プロミスの審査難易度が銀行カードローンよりも低いとはいえ、けっしてプロミスの審査が甘いというわけではありません。

申込者の職業や年収などの属性情報からプロミスの審査難易度を見てみる

次に、プロミス申込者本人の職業や年収、勤務形態などの属性情報から審査の難易度をみていくことにしましょう。
プロミスをはじめカードローン審査における「属性」というのは、年齢や職業、年収といった申込者自身の個人情報のことで、申し込み時に申告します。
もちろん、この属性情報はキャッシング審査の際には、融資可能か判断するための材料になるわけです。

プロミスは安定した収入があればアルバイト・パートも申込できる

まず、プロミスの審査に申込みすることが可能な申込条件を見ていきましょう。年齢に関しては「20歳以上69歳以下」という申し込み条件があります。そしてもう一つ申し込み条件として大切なことは「安定した収入がある」ということです。
プロミスでは、申込者に返済能力があるかどうかを重視しています。安定した収入があれば、アルバイト・パート・派遣社員・契約社員や、主婦・学生であっても申し込みができ、審査の上で契約が可能となっています。

プロミス審査で判断される属性情報とは申込者の年収や職業などの個人情報

プロミスを含むカードローンの審査では、一般的にコンピューターで申込者の年収や勤務形態などの属性情報を点数化するシステム、「属性スコアリングシステム」が使われています。
属性スコアリングシステムとは、申込者の年収や勤務先などの個人情報にそれぞれの項目に点数を付けてその合計点数でコンピューターが審査の可否を判断するというものです。

その後、審査担当者の目で申込内容に虚偽はないかを確認後、申し込み時に申告した勤務先にきちんと在籍しているかを実際に申込者の勤務先に電話をかけて確認する在籍確認が行われ、問題がないようであれば、審査に通過となります。プロミスでの審査に通過し、契約を完了すればプロミスでの借り入れが可能となります。

それでは、属性スコアリングで点数化されている項目とはどのようなものなのでしょうか。プロミスカードローンの審査で判断される申込属性情報の項目は以下の通りです。

  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 年齢
  • 居住形態・居住年数
  • 家族構成
  • 健康保険証の種類

職業別の難易度

公務員、医師、弁護士などの社会的地位があり年収が高かったり、安定していたりする職業に就いている人のスコアリングは高くなります。会社員は勤務している企業の大きさがスコアリングに関係してきます。上場企業であると高ポイントです。自営業は収入が安定していると言い難く他の職業と比べてスコアリングが低くなっています。

雇用形態別の難易度

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員は正社員と比べると、雇用の安定性に欠ける嫌いがありスコアも低く付けられてしまい、審査難易度が上がってしまいます。また、自営業や個人事業主は収入が安定していると言いづらく、スコアが低くなります。

勤続年数

勤続年数が長いと高いスコアが与えられます。逆に、勤続年数が短いとスコアが低くなります。加えて、勤続0か月の場合には、審査に落ちてしまうこともあります。(前職と現在の職業との間に休職や求職など無収入の期間があった場合など)

年齢別の難易度

新卒年齢(23歳)から退職する年齢(60歳)までは年齢が高い方がよいスコアが付けられます。これは、年齢が増えるに従って年収が増えると予想されるからですね。
ただし、一般的に定年を迎える60歳を超えると年齢がいくに従ってスコアが低くなります。

年収は多い方がいいが安定性が大事

確かに多いほうがいいのですが、審査に通るかどうかと大きく関わってくる属性ではありません。年収と大きく関わってくるのは、利用限度額です。利用限度額というのはカードローンにおいて借入できる最大の金額のことです。限度額の上限は総量規制によって定められています。総量規制というのは、借入金額を年収の3分の1までとする法律のことです。年収が300万円の場合の利用限度額上限は100万円までということになります。

住居形態、居住年数

賃貸よりも持ち家のほうが高いスコアが与えられます。居住年数も長いほうがスコアが高くなります。

家族構成

独身よりも家族がいるほうがスコアが高くなります。これは家族がいるほうが返済する率が高いという統計データがあるからです。
ただし、小さな子どもが多くいる場合には、教育費などがかかるとプロミス側が判断しスコアが低くなる可能性があります。

健康保険証の種類

健康保険証の種類は社会保険証や組合保険証のほうが、国民健康保険証よりもスコアが高くなります。

以上のような申込者の属性情報を総合して、プロミスでは借入時の審査を行っています。

つまり、属性情報からみた審査の通りやすさに関しては、収入が安定していて、社会的地位が高く、収入も高い職業の人が比較的審査に通りやすいといえるでしょう。

申込者の信用情報に事故情報があるとプロミスの審査に通るのは難しい

属性情報よりも大切なのは信用情報が健全であるかどうかです。信用情報というのは、その人の過去のクレジットカードやカードローンの申し込み状況、他社借入状況などの利用状況に関する記録のことで、信用情報機関に記録され保存されています。プロミスは審査時に、信用情報機関に信用情報の照会を行います。

信用情報機関とは、利用者の信用情報を共有、管理している機関です。
信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの機関があります。これらの機関で、各申込者の他社借入状況や金額、金融事故の有無など信用情報が記録されて、必要におうじてその情報がプロミスなどの消費者金融などの共有されています。

信用情報に事故情報記録されている場合は、年収や勤務先などの申込者の属性情報がよくてもプロミスの審査に通ることが非常に難しくなります。

事故情報というのは、長期延滞、代位弁済、自己破産、債務整理、強制解約など返済時に問題があった時に信用に関するネガティブな情報です。

ただし、申込者の信用情報に事故情報がある場合でも、現在安定した収入があり任意整理をしてから5年以上が経過しており少額融資(10万円)ならば、プロミスでの審査に通るケースもあるようです。なお、プロミスの審査基準については「プロミスカードローンの審査基準と審査に通るポイント」で詳しく解説しております。

プロミスの審査に通るか心配ならWEB上で融資の可否を診断可能

プロミスでは「お借入シミュレーション」というページにプロミスでの融資の可否を診断するツールが準備されています。



こちらに、生年月日、年収、借入額を入力し、「シミュレーション実行」ボタンをクリックしますと、結果が出ます。結果の表示は以下の3種類です

・ご融資可能と思われます。
・大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません。
・入力内容に誤りがあります。もう一度ご確認ください。

「ご融資可能と思われます」の場合、そのまま「カードローン」の申し込みに進むことができます。もちろん、ここで通ったからといって、「審査」がおこなわれないわけではありません。
「ご融資できません」という結果はありません。ですが、「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません。」が、これに該当します。
「入力内容に誤りがあります。もう一度ご確認ください。」は、年齢が20~69歳という「プロミス」の申込対象に該当しない場合に表示されます。


プロミスの場合、借入シュミレーションの時点で融資で難しいとしても、「詳しい状況次第で借入れ可能」だという注意書きがあります。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間