消費者金融が「サラ金」から名称を変えた背景

消費者金融」という言葉はよく耳にするかと思います。。お金を借りたい多くの人が、銀行と並んで最初に検討する金融機関です。

そして、最近ではあまり聞かなくはなりましたが、銀行以外のノンバンク系金融機関を表す言葉として「サラ金」という言葉もあります。「消費者金融」と「サラ金」はは違うものなのでしょうか。

結論からいいますと、「消費者金融」と「サラ金」完全に同じものです。ただし、言葉の使われた時代背景もあり、そのニュアンス自体はかなり違うものです。ここでは、サラ金からどうして消費者金融という名称に変えたのか、そして、消費者金融(サラ金)のいまについて解説いたしました。

消費者金融とサラ金は全く同じもの

駅前の繁華街などの行きますと、「プロミス」「アコム」「アイフル」などの数多くの消費者金融の店舗が目につきます。

これらの消費者金融の店舗(多くの場合は無人契約機の店舗)が、「消費者金融」であり「サラ金」です。「サラ金」とは「サラリーマン金融」の略称ですが、これは自然発生的に生まれた呼称です。

もともと、ただの一般的略称であり、呼称以外のものではありませんでした。ですが、「サラ金」という呼称は、「サラ金地獄」「サラ金問題」として、ローンを提供する金融機関にとって、極めて印象の悪い使われ方をするようになります。
むしろ、「サラ金」という名称は、悪いイメージで使われていた歴史のほうがずっと長いのではないでしょうか。

ちなみに、貸金業法利息制限法などの法律を無視してお金を貸す業者は、「ヤミ金(闇金)」と呼ばれています。

強引な取りたてや多重債務などの社会問題が消費者金融のイメージを悪くさせた

当時の「サラ金」と呼ばれる金融機関の営業スタイルに問題がなかったわけではありません。
高金利での過剰融資や、強引な取り立ての実態は大きくクローズアップされました。銀行が貸してくれない層に対して簡単に融資をしてくれるサラ金は、お金に困った人には救世主でもありました。しかし同時に多重債務や社会問題となっていた背景があります。

消費者金融はイメージアップのため大量のテレビCMを放映している

イメージアップのため、当時からサラ金各社(消費者金融)は、世間で話題になるCMを大量に流していました。

消費者金融のCMでアピールしていたのは、自動契約機(無人契約機)のみ置かれた無人の店舗です。ローンへの心理的抵抗を減らしたこのサービスは、Webを使った契約が主流となった現在でも、即日融資が受けられるメリットもあってなお大きな役割を果たしています。

自動契約機で借入れができるようになりますと、無人の店舗が駅前の雑居ビルの上から下までを占有し、「サラ金ビル」と揶揄されるようになりました。カラフルな看板が並ぶことで、街の景観を妨げていると批判も受けるようになりました。

サラ金店舗の出店にあたっては、ビルオーナーの承諾が必要なため、どうしても特定のビルに集中する傾向があります。
現在では、有人窓口から無人契約機への店舗の統廃合、ロードサイドへの移行が進みましたので最盛期ほどではないものの、サラ金ビルもまだ多く存在します。

高金利での貸付でサラ金(消費者金融)は多くの収益をあげていた

「サラ金」と呼ばれたころの貸金業者(消費者金融)は、末期の頃でも上限29.2%という高い金利で貸出しをしていましたため、収益は大きく上がりました。
この29.2%いっちた金利は「出資法」の上限であり、いわゆるグレーゾーン金利というものです。利息制限法には罰則がないため、

すべての消費者金融は利息制限法をまったく問題にせず、罰則のある出資法のみに注意して営業を続けていました。
現在ではグレーゾーン金利がなくなり、利息制限法の上限(100万円未満の貸し出しについて18.0%、100万円を超えると15.0%)の金利を守らなければならなくなっています。当然ながら収益は落ちています。
今でも消費者金融を「サラ金」と呼ぶ人もいますが、あまり一般的ではありません。用

サラ金から消費者金融という名称へになった背景

「消費者金融」という用語は、今やすっかり定着しています。この名称は、すっかりネガティブなイメージを帯びた「サラ金」と呼ばれることを避けるため、貸金業界が自ら名乗り出した名称です。

定着した用語とはいえ、「サラ金」と同じく、法律上の根拠も、明確な定義も持ってはいません。
呼称を変えても本質的な機能は変わりません。とはいえ、さすがに悪質な取り立ては、行政の監督強化により減りました。現代では、強引な取り立てなどすれば、すぐ営業停止となります。

グレーゾーン金利撤廃で利息収入が減り消費者金融各社の経営が悪化

呼称の変更以上に、大きく変わったのは、その後の消費者金融を取り巻く環境自体です。
最高裁判決に基づきグレーゾーン金利が廃止された結果、消費者金融の経営は悪化の一途をたどります。

利用者からの利息収入が減っただけでなく、消費者金融にとってはさらなる逆風がありました。

過去にグレーゾーン金利の下で借り手が支払った返済金が、それまでの解釈のように任意に利息に対して充当されたものではなく、元本に充当されたものだと最高裁で判断されたことにより、返し過ぎたお金、つまり過払い金の請求も発生しました。

このような環境の変化に伴い、「武富士」など経営破綻した消費者金融会社もあります。
打撃を受けたのは消費者金融各社だけではありません。貸金業法の下、消費者金融の周辺でほぼ同様の貸出し業務を行っていた信販会社も同じく大打撃を受けました。
さらに、消費者金融と同等の金利を取るキャッシングで高い収益を上げていたクレジットカード会社も、同様のダメージを受けました。

クレジットカード会社は現在、キャッシングに替わる収益の柱として、ショッピングの「リボ払い」を推し進めています。こちらも実質はローンで利息収入となるので、収益が上がりやすいのです。

消費者金融は生き残りをかけてメガバンクのの傘下に入ることになった

経営の悪化した消費者金融や信販会社は、生き残りのため銀行の傘下に入るみちを選びました。「プロミス」は三井住友銀行の、「アコム」は三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下に入っています。

貸金業法による総量規制によって個人への貸付額に上限が設けられる

消費者金融の根拠法令である貸金業法も改正されました。
総量規制」というルールが誕生し、借主の年収の3分の1を超えては貸出しができないようになりました。年収300万円の人が「プロミス」「アコム」からそれぞれ50万円を借りている人が、「アイフル」で新たなローンを申し込んでも貸してはもらえません。
また、かつての「サラ金」は、夫の収入に基づいて専業主婦である妻に貸出しをしていました。「夫の同意」は必要なく、妻に収入があるとして審査を通していたのです。
この取り扱いも、総量規制ルールができたことで、姿を消しました。専業主婦は労働収入がないのですから、借入れ可能な金額がありません。
引き続き専業主婦に貸出しをする消費者金融も一部ありますが、夫の同意が必要ですので、手続きは煩雑化しています。

現在の消費者金融(サラ金)の動向

消費者金融は銀行カードローンの保証業務を務めている

銀行の傘下に収まった消費者金融は、引き続き小口の貸出しを続けるととともに、銀行のカードローンの保証業務に活路を見出しました。実質的に、銀行のカードローンの審査をほぼ、傘下の消費者金融がおこなうようになりました。それまでの消費者金融としての貸出ノウハウがすべて活かせますので、これは適任でした。
なお、大手消費者金融であるアコムやプロミスも多くの銀行カードローンの保証会社を務めています。
また、「オリックス・クレジット」なども、銀行保証業務を積極的におこなっています。
その結果銀行は、自らの審査の手間なくしてカードローンをどんどん発行することができるようになりました。消費者金融と違い、借り手の年収によって貸出しを制限される、「総量規制」ルールもありません。
今では、銀行に無人の自動契約機が登場しています。銀行が、かつてのサラ金化してきているのです。

貸金業法の厳しいルールに縛られた消費者金融を尻目に、傘下の消費者金融に審査を任せた銀行は、手間を掛けずに融資ができます。厳しいルールもないので、借金が借り手の年収の半分程度になっていてもなお貸付けが可能です。
銀行のほうが消費者金融よりやや金利は低くなっています。ですが、借り過ぎればその金利負担は馬鹿になりません。

なお、アコムが保証会社と務めている銀行カードローンについては、「アコムが保証会社を務めている銀行カードローンとは」で、プロミスがが保証会社と務めている銀行カードローンについては、「プロミスが保証会社を務めている銀行カードローン」で詳しく解説しています。

現在では銀行カードローンの貸し過ぎ問題が表面化している

現在では、「銀行カードローンの貸し過ぎ」が数多く発生して、社会問題になりつつあります。その裏で、消費者金融が安定した新たな収益を確保している状況にあります。
関連項目:「銀行、「カードローン」貸し過ぎ? 使い道に制限なく…金融庁が改善促す – 経済・マネー – ZAKZAK
とはいえ、今までの流れを考えますと、銀行の規制を厳しくし、消費者金融に顧客を戻そうということにはなかなかならないものと思われます。
かつての消費者金融の躍進には、個人向けの貸出しに消極的な銀行の実態があったのです。銀行は、消費者に対してではなく、法人としての消費者金融に貸付けをして利益を得ていました。

現在では、本来望まれていたとおり、銀行が個人に貸出しをするようになったともいえますが、銀行カードローンは、なんらの貸しすぎしすぎ対策を講じなければいけない段階にきているといえるでしょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間