プロミスカードローンの審査の評判

プロミスは三井住友フィナンシャルグループを親会社に持つ大手消費者金融業者の一つで、カードローンを主力商品として扱っており、アイフル、アコム、モビット、レイクなどと並んで全国に支店を展開して貸出を行っています。

そんなプロミスのカードローンの審査の評判はどのようなものになっているのでしょうか。

ここではプロミスカードローンの審査通過率、実際の審査の評判や申し込み方法などについて解説いたします。

プロミスの審査通過率は約44%程である

審査通過率というのは、新規申込者のうち審査に通過して新規顧客になった人の割合のことです。プロミスでは審査通過率に関するデータを公開しており、現在44%前後で推移しています。アコムやアイフルの審査通過率はプロミスと比べて、1~4%程度高い数字が出ています。プロミスの審査通過率は特に厳しくも甘くもなく、大手消費者金融業者の中では平均的であると言えます。

プロミスカードローンの審査基準の評判とは

プロミスの審査基準が厳しい、甘いなどのネット上の匿名の口コミは、申込者の状況が大きく異なるために一概に信頼することはできません。本当の借りやすさや、プロミスの審査基準を知るためには公表されている数字や、情報を見ていく必要があります。
プロミスカードローンの審査通過率は最初に書いたように44%前後です。この数字は他の大手消費者金融と同じぐらいで、一般的な銀行カードローンと比べると通りやすいといったものです。

プロミスの審査を受けられるのは「20歳以上69歳以下の安定した収入がある人」となっています。この安定した収入があるということが審査の上で大切で、安定した収入があれば
アルバイト・パート・派遣社員・契約社員という勤務形態や、主婦や学生でも申し込み・審査の上で融資を受けることが可能となっています。

プロミスの審査で重要な項目は信用情報である

プロミスの審査で重要なのは信用情報です。信用情報というのは過去のローンやクレジットに関する履歴のことで、信用情報機関に記録が残され、プロミスなどの貸し手はその情報を照会することができます。長期延滞、任意整理、自己破産、代位弁済などの金融事故の記録が残っている場合は、プロミスで借入をすることは難しくなります。実際、審査に落ちた人に関する口コミでは信用情報に瑕疵があったケースが多く見られます。
プロミスのカードローンは総量規制の対象になっています。総量規制というのは、貸付の総額が年収の3分の1までに制限されるというものです。たとえば、年収が300万円で他社からの借入がない場合のプロミスでの上限限度額は100万円までということになります。

プロミスを申し込みして審査を受けていることは周りの人にはバレない

プロミスカードローンに申込みをし、審査を受けたことが知人や家族、会社にばれるかどうか心配されている人が多いですが、実際にばれたという話はほとんど聞いたことがありません。一番心配されるのは、審査の際に必ずと言っていい程行われる在籍確認の時のことでしょう。在籍確認というのは、申込者が実際に申告した通りの勤務先に勤めているのかどうかをプロミスの担当者が電話をして確認をするというものです。ただ在籍確認をする時、プロミスの担当者の個人名で電話をかけることになっているので、ばれないようになっています。

審査時間や融資までの早さは大手消費者金融と同じくらい

プロミスは最短30分で審査を行います。プロミス、アコム、アイフルなどと同程度の早さですが、消費者最速の部類に入っています。申込をしたその日に借入ができるかという即日融資に関しても、プロミスは便利だと評価が高いです。

たとえば、プロミスの自動契約機を使って申し込み・審査・借入を行う場合ですと、自動契約機の受付時間が全日9:00~22:00となっており、審査時間を多めに見積もって1時間程度かかると考えても、即日融資可能な申し込みの時間は21:00頃になります。かなり遅い時間まで即日融資が可能となっているのですね。

プロミスカードローンの審査に必要なものや申し込み方法

プロミスカードローン審査の際に必ず必要になる書類は本人確認書類です。本人確認書類可能なものは次のいずれかとなります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証と住民票など




また、希望する借入額が50万円を超える場合や、希望する借入額と他社での借入額の合計が100万円を超える場合には収入証明書類が必要になってきます。収入証明書類として提出可能なものは次のいずれかとなります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

これらの審査に必要な書類は、プロミスだけではなく他のカードローン会社での借入の際にも求められるものです。
特に、プロミスの自動契約機での申込、審査・契約する際には忘れずに持参するようにしましょう。

プロミスへ申し込みをする方法はWEBでの申し込みが便利

  • WEBからの申し込み(パソコン・スマートフォン、携帯)
  • プロミスコールからの電話申し込み(全日9:00~22:00受付)
  • 郵送での申し込み
  • 自動契約機での申し込み(全日9:00~22:00受付)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの申し込み(平日のみ10:00~18:00 一部店舗は土日も営業)

大きく分けて申し込み方法は、「WEB完結」のものと、最終的に自動契約機かお客様サービスプラザに行き審査を受けローンカードを発行する方法に分かれます。
プロミスの申し込みでは「WEB完結」という方法に特色があります。「WEB完結」では、申し込み・借入・返済まで全てWEBで完結し、郵送物なし、ローンカードなし、店舗まで出掛ける必要なしとなっています。
WEBやプロミスコールで申し込みをし、審査・契約は自動契約機やお客様サービスプラザ(店頭窓口)で行うというのも広く一般的に行われている方法です。
もちろん、自動契約機やお客様サービスプラザ(店頭窓口)でプロミスカードローンに申し込むことも可能です。

プロミスカードローンの賢い使い方(無利息サービス)

プロミスカードローンには30日間の無利息サービスがあります。無利息サービスを受ける条件は次の通りです。

  • プロミスをはじめて利用する場合
  • メールアドレスを登録する
  • 書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選ぶ

プロミスの30日間無利息サービスで無利息になる期間は、初回借入日の翌日から30日間となっています。
無利息サービスを利用すると、他のより金利の安い条件でのキャッシングと比べても実際の金利が低くなる場合があります。プロミスカードローンの無利息サービスは賢くキャッシングをしている人達から評判の高いサービスです。

プロミスの総合的な評価

手続きも手軽で、ネット申し込み可能、全国に支店展開をしており、審査申し込みがしやすいのがプロミスのカードローンです。審査難易度は他の大手消費者金融と同程度で、銀行カードローンより易しいといったものです。プロミスのカードローンは、利用者数、サービス、手続きの手軽さ、企業の信用性など総合して評判の高いカードローンです。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間