100%絶対に借りられる消費者金融

日々の生活の中で、どうしてもお金が必要になるシーンは必ずあるかと思います。そんな時に救いの手を差し伸べてくれる消費者金融です。

多重債務者や支払いの長期滞納者ああるいは自己破産などの債務整理をして金融事故を起こしてしまった方(いわゆるブラック)、また、現在失業中で無職の方でも100%お金を貸してくれる消費者金融業者は存在するのでしょうか。

WEB上の3秒診断で「お借入できる可能性が高いです。」と表示された場合にはアコムに100%申し込み可能

アコムカードローンの申し込みや審査前に、WEB上にある3秒診断をしてみることをおすすめいたします。3秒診断サービスは申し込みの前に借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。もし、アコムの3秒診断で、「お借入できる可能性が高いです。」と表示された場合には、そのままアコムに申し込みをしても審査に通る可能性があります。
このサービスはWEB上に必要な事項を入力するだけで、審査なしでアコムからの融資が可能かどうの目安判断してくれるものです。すぐにお金が必要な場合には、アコムの3秒診断を受け、借り入れできる可能性が高いという結果がでたら、すぐにアコムに申し込みをしましょう。
>


アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。


100%絶対にお金を借りられる消費者金融というものは存在しない

結論からいいますと過去に自己破産した方や多重債務者・無職の方にも審査無しで誰でも無条件に絶対に借りられる消費者金融は存在しません。消費者金融は「貸金業」です。

各消費者金融業者は、商売として利用者にお金を貸してますので、きちんと返してくれると判断した人だけにしかお金を貸し出しません。
つまり、利用者に返済能力とないと消費者金融側が判断した場合には、消費者金融はお金を貸してくれません。

「どんな方でも100%融資可能」と宣伝しているヤミ金(闇金融)である

ヤミ金とは、貸金業としての登録を行わずに違法な高金利を取り、悪質な取り立てを行うの非合法金融のことをいいます。

ヤミ金は、多重債務者や自己破産、無収入のお金がない人でも食い物にし、利益を得るノウハウを持っています。
どこの消費者金融も貸してくれないからといって、ヤミ金からお金を借りるのは絶対にやめましょう。
最近では、「ソフトヤミ金」という、脅迫や暴力まがいの取り立てはなく、利用者に優しく接している違法金融も登場していますが、10日で1割(トイチ)や10日で3割(トサン)法外な高金利でお金を貸すのは、ヤミ金と全くかわりません

携帯番号しか記載されていない金融会社は非合法の消費者金融(ヤミ金)である

公式Webサイトが存在しているからあるからといって、まっとうな消費者金融とは限りません。
通常「関東財務局長(1)第××××号」といった、貸金業者に与えられる許可番号を偽装している場合すらあります。

消費者金融を営むためには、営業所(事務所)と固定電話が必要です。

つまり、営業所の実態が確認できて、固定電話がつながるならば、きちんとした会社と考えられます。携帯番号しか記載されていない会社は、いわゆる「090金融」であり、非合法な消費者金融(ヤミ金)です。

金融庁のサイトにも、許可を受けた貸金業者の名称は掲載されていますので、公式ホームページなどで参考にしてみてはいかがでしょうか。

信用情報の金融事故情報の履歴からみた借りやすい消費者金融とは

ヤミ金を別としても、比較的融資を受けやすい消費者金融業者はは存在します。

消費者金融での借り入れが難しい人というのは、過去に消費者金融等で返済の長期延滞や借り入れ金を返済することができず任意整理や自己破産などの債務整理をされたブラック」もしくは「ブラックリスト入りしたという方でしょう。

このような方は、信用情報に事故情報(異動情報)が登録された後、すでにその債務を返済している場合に関しては、利用できる消費者金融がないわけではありません。

  • 信用情報に金融事故情報の記録がなければアコムなどの大手消費者金融を利用できる
  • 信用情報に金融事故情報がある場合には独自に審査基準である中小消費者金融を利用する
  • 現在、無収入や長期延滞債務整理手続き中の場合にはいかなる消費者金融も利用できない

過去5年以内に支払いの長期滞納や債務整理したことあるなど信用情報に事故情報があると大手消費者金融の審査の落ちてしまう

消費者金融の審査では、申込者の信用情報に問題ががないかを必ず確認します。
信用情報というのは利用者のローンやクレジットカードの申し込みや返済などの情報がの履歴のことです。

この信用情報は、個人信用情報機関によって管理され、カードローン会社や銀行などの金融機関によって共有されています。一般的には「ブラックリスト」と呼ばれたりもしますが、ブラックリストと呼ばれるもの存在していません。実際には、借り入れ・返済において全く問題のない人でも信用情報に情報は記載されています。この信用情報に長期の滞納や債務瀬整理などの金融事故の記録があると審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります。

中小消費者金融であれば信用情報に事故情報があっても審査に通過して融資を受けられる場合がある

アコムやプロミスなどの大手消費者金融と異なり、中小の消費者金融の場合、ブラック状態(過去に長期の滞納や債務整理などがある状態)でも、現在完済しており、安定した収入があれば、比較的融通を利かせてお金を貸してくれるといわれています。
その理由は、中小消費者金融は大手消費者金融に比べて、知名度や信用力ないため大手消費者金融であれば審査に落ちてしまうような過去に金融事故があった方でも、現在安定した収入があれば借り入れできるというような独自審査をしているためです。
ただし、中小消費者金融は、テレビCMや広告を大々的にしているわけではないので知名度がありません。そのことは、貸金業許可を得ているようにみせかけたいヤミ金にとっても好都合であることは理解しておきましょう。参考までに、優良な中小消費者金融のリストをあげておきますので参考にされてみてはいかがでしょうか。

比較的借りやすいとされている中小の消費者金融は、全国に展開している業者というよりも、地方を中心に活動している中小の消費者金融が多いです。

安定した収入があって信用情報に問題がないのであれば大手消費者金融の審査に通る可能性もある

    申込者の信用情報に長期延滞(61日以上)や自己破産や任意整理といった債務整理(債務整理後5~10年を経ていれば信用情報から削除される)といった事故情報(異動情報)記載されてがないのであれば、アイフルアコム、大手消費者金融からお金を借りることが可能です。アコムをはじめとする大手消費者金融では、申し込みから審査完了までが最短30分、融資まで最短1時間で即日融資も可能です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。



SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。


消費者金融は大手総量規制で利用者の年収の3分の1までしかお金を貸すことができない

消費者金融に申し込む場合、法律上の制限により借り入れ額の上限が設定されています。
総量規制とは、借り手の年収の3分の1までしか借り入れができないという、貸金業法上の規制です。
そして、個人の消費者金融等の借入れ情報は、個人信用情報機関に登録されています。新たなカードローンの申込みを受け付ける消費者金融も、他社のものを含めた借入れ情報(個人信用情報)を確認します。
たとえば、年収300万円の人が、他社消費者金融などの貸金業からすでに100万の借入れがある場合、それ以上の借入れはできません。消費者金融各社は、借り手の個人信用情報を確認して、年収の3分の1を超える貸出しをすることはしませんし、したとすると貸金業法違反となります。
クレジットカード会社や信販会社からのキャッシング枠での借入れも、同じく貸金業法に基づくものなので、借入総額に含まれます。ただし、クレジットカード会社のショッピング枠や銀行カードローンは総量規制の対象外となります。

無収入の方にはいかなる消費者金融も貸してはくれない

大手消費者金融はもちろんのこと中小消費者金融も返済能力がない無職の人(無収入の人)にはお金を貸してくれません。
なぜなら。無職(無収入)の人は「安定した収入」はないため、返済能力がないと審査担当者が判断するためです。

なお、失業給付や年金ような公的給付は、たとえ公的給付を生活費などに利用していても、消費者金融はこれを収入とはみなしません。
(年金生活者の場合には、年金以外の収入がある場合であれば、多くの消費者金融の場合申し込みが可能です。)
さらに、各消費者金融業者で決めた年齢に合致しませんと借入れはできません。多くの消費者金融の場合、申し込み条件に合致した年齢は、20歳以上70歳未満をいいます。
消費者金融からお金を借りる際には、貸金業の登録がなされている会社の中から、「比較的」貸してくれやすい消費者金融を探しましょう。

借金がある場合には消費者金融から新たな借入れを考える前にまず返済計画をたてる

お金に困っている人は、新たな借入れを考える前に、現在の借り入れ状況をまず整理しましょう。ましてや、今ある借金の返済のために消費者金融から新たに借り入れをすることは絶対にやめましょう返すアテのないお金を借り入れようとしている段階で、すでに返済能力は限界にきています。

債務整理などの法的な借金返済の手続きも検討する

どうしても消費者金融の借金が返せないそのような場合には「任意整理」「民事再生」「自己破産」などの債務整理を考えるべき状況といえます。
債務整理をしますと、クレジットカードが利用できないなど日常生活に対する不自由は発生します。しかし、消費者金融の返済ができないですからやむを得ません。

今ある借金を返済していきたいのであればおまとめローンを利用する

新たなカードローンを申込もうとする前に、できることはないでしょうか。
今ある借金をなんとか返済していきたいなら、「おまとめローン」という方法もあります。
おまとめローン・借換えローンは銀行だけでなく消費者金融でも扱っている商品です。
おまとめローンに申し込みをして審査通過後契約しますと、現在あるの借金を一括返済するための資金を貸し付けてもらえます。これにより借金が一本化できます。

おまとめローンを利用することで金利負担を減らせる

おまとめローンで借金を一本化しますと、必然的に金利が低下します。利息制限法に基づき、100万円以上のローン金利の上限は15.0%と設定されています。

たとえば、100万円未満の、18.0%の金利のローンが複数あり合計で120万円の借り入れがある場合には、おまとめローンで一本化した場合、上限金利が15.0%となりますので、支払いの負担を減らすことが可能です。