アコムのメリット

お金を借りたい思っていて消費者金融の利用を考えていても、どの消費者金融や銀行カードローンで契約していいのか迷ってしまうかと思います。
せっかくカードローンを申し込むなら、その会社のメリットを知ったうえで選んだ方がお得に利用できます。
CMなどで知名度の高い三菱UFJフィナンシャル・グループであるアコムカードローンの主なメリットや特徴は下記の通りです。

それでは、これらアコムのメリットについて詳しく解説いたします。

アコムカードローンの特徴
アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント
  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり



アコムではアルバイトやパートでも収入が安定していれば申し込み可能

アコムの利用条件は、

「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」

です。
つまり、正社員でなくてもアルバイトやパートの方、また安定して収入があれば主婦や学生もアコムに申し込みが可能です。
一方、収入のない主婦の方、無職の方、年金のみで生活している方は、アコムの利用条件を満たしていないため、たとえ申し込みをしたとしてもすぐに審査に落ちてしまいます。

インターネット申し込みを利用すると24時間365日受付可能

アコムの申し込み方法は下記の5つの方法があります。

  • インターネットからの申し込み
  • 電話での申し込み
  • 店頭窓口での申し込み
  • むじんくん(自動契約機)での申し込み
  • 郵送での申し込み

上記の申し込み方法の中でも、インターネット申し込みは、アコムの店頭窓口やむじんくん(自動契約機)に出向くことなく、365日24時間いつでもどこでもネット環境につながっていれば、自宅や勤務先、出先などでも申し込みが可能です。また、パソコンだけでなくスマートフォンからでも申し込みが可能です。

アコムの申し込みから審査完了までにかかるまでの時間は最短30分

アコムでの申し込みから審査完了までの時間は、公式ホームページなどで最短30分と記載してあります。アコムの審査が最短30分と記載しているのは、他の大手消費者金融会社と同様にコンピューターによる属性スコアリングシステムを導入し、審査担当者が申し込み利用者を審査していくのではなく、審査の最終判断のみを人間の目で行うなどして審査担当者が判断する部分を少なくしている点にあります。

ただし、実際のアコムでの、申し込みから審査結果までを口コミなどで調べた結果、実際の審査時間1時間~2時間ほどです。
ただし、申し込み内容に虚偽や記入ミスがある場合や、在籍確認がの電話がつながらないなどの理由で審査時間が上記の時間よりも伸びる可能性があります。

アコムの審査では在籍確認は必須

アコムでは借り入れ審査の際には、必ず在籍確認を行います。キャッシングの借り入れ時の審査自体は、他の大手消費者金融の審査とほぼ変わりません。在籍確認とは、アコムの担当者が、申込者の申告した勤務先に本当に在籍しているのかどうかを確認するために電話をすることをいいます。

利用者の返済能力に問題がないか判断する審査の1つとして、現在勤務している会社名や電話番号の他に、所属部署も入力することになります。その情報を元にして、アコムでは審査時に在籍確認の電話をしているわけです。

なお、在籍確認は、たとえ申込者本人が不在でも、申込者が勤務先に在籍していることを確認できれば、在籍確認は完了します。

アコムのキャッシング審査結果の回答時間帯は9時~21時

先ほども申し上げた通りアコムでは、インターネットでの申し込み方法を利用すれば、365日24時間申し込みが可能です。
しかし、審査可能な時間帯でないと審査は行っておりませんし、審査結果の回答もすぐに来るわけではありません。
つまり、申し込みをしても審査結果が来ないための契約まですすめないということです。
アコムでは店頭窓口は平日9時30分~18時まで(一部店舗は19:00まで)自動契約機(むじんくん)は8時~22時(一部店舗は21時まで)、インターネットでは21時まで対応しております。電話での審査結果の回答時間は9:00~21:00までですが、インターネットと電話は24時間審査の受付をしています。
なお、審査回答時間外に審査の受付をした場合には、翌日の9:00以降にアコムより審査結果の回答が来ます。下の表に各申し込み方法別の審査結果の回答時間についてまとめましたのでご覧ください。

アコムの審査結果の回答時間について
審査結果の回答時間
店頭窓口 平日9:30~18:00(一部店舗は19:00まで)
自動契約機 終日8:00~22:00(一部店舗は21:00まで ※年末年始期間を除く)
インターネット 終日9:00~21:00
電話 終日9:00~21:00

アコムのからの融資をすぐに検討している場合や審査結果の回答がすぐに欲しい場合などは、上の表に記載されている時間内に申し込みをするようにするといいでしょう。

アコムでは即日融資可能なカードローン

アコムでは申込日の当日に融資をうけることができる即日融資が可能です。ただし、アコムでの即日融資を受けるためには融資方法によって時間がことなります。
アコムでは大きく分けて2つの借り入れ方法があります。

  • 振込融資(銀行振込)を利用する場合
  • ローンカードを受け取ってATMからお金引き出す場合

振込融資(銀行振込)を利用する場合は平日の14時までに申し込みを完了させる

振込融資を利用する場合には振込先の金融機関によって振込を依頼できる時間が異なります。
各金融機関別の即日融資が可能な振込依頼時間のみを下の図にまとめましたので参考にしてください。

金融機関別振込依頼時間と反映時間
振込先 振込依頼時間 入金される時間
楽天銀行 0時10分~23時50分 即時振込
ゆうちょ銀行 平日 0時10分~9時 当日9:30に振込
ゆうちょ銀行 平日 9時~14時 当日17:00までに振込
その他銀行・金融機関 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
その他銀行・金融機関 平日9:00~14:30 振込受付完了後1分ほど

インターネットを使用しての契約者の銀行口座に振込融資場合、楽天銀行の口座を持っているのであれば24時間いつでも振込依頼が可能です。
一方、楽天銀行以外の金融機関の場合には平日の14:30までに振込依頼をすればすぐに反映します。
また、ゆうちょ銀行の場合には平日14時までに振込依頼をすれば当日17時までの反映ができます。
ただし、楽天銀行以外の金融機関を利用する場合には、土日祝日の即日融資を受けることができないので注意してください。

楽天銀行を利用する場合には土日を含め当日の20時までに申し込みを完了させれば受付可能

即日融資を受ける際に、楽天銀行を利用する場合には、土日を含めて審査回答時間の1時間前の20時までに申し込みを完了させれば即日融資が可能です。もし、アコムで借入を検討しており、土日に急にお金が必要になった場合には、楽天銀行を利用するといいでしょう。

電話での振込依頼は平日の14時までが即日融資のタイムリミット

アコムでは電話での振込依頼にも対応しています。
電話での即日融資可能な振込依頼時間のみを下の図にしましたので、参考にしていただければと思います。

電話での振込依頼の受付時間
電話での依頼 振込受付時間 備考
アコムプッシュホンサービス 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
平日9:00~14:00 当日17:00までに振込
平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込
フリーコール 平日9:00~14:00 当日15:00までに振込
平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込

上の表からもわかるとおり、電話での振込依頼は平日のみの受付です。土日や祝日の場合、金融機関の翌営業日の振込となりますので注意しましょう。つまり、電話での振込依頼をする場合には土日の即日融資を受けることができません。

ATMを利用しての即日融資を希望する場合には20時までに契約を完了しておく

アコムのローンカードがあれば、アコムの専用ATMをはじめ、提携している金融機関やコンビニATMが利用できます。これらのATMは終日営業(メンテナンス時間帯を除く)してところが多く、いつでも融資を受けることができます。
下の表はアコムで利用可能な提携先金融機関やコンビニなどのATMの一覧です。

アコムの自社ATMのと提携先ATMの利用時間
アコムで利用できるATMの種類 提携先金融機関名 利用時間
自社ATM アコムATM 24時間利用可能
提携ATM 三菱東京UFJ銀行 24時間利用可能
セブン銀行 24時間利用可能
イオン銀行 24時間利用可能
ローソンATM 24時間利用可能
イーネットATM 24時間利用可能
西日本シティ銀行 平日7:00~23:00・土日祝8:00~21:00
福岡銀行 平日7:00~23:00・土日祝8:00~21:00
北海道銀行 8:00~21:00
熊本銀行 8:00~21:00
親和銀行 8:00~21:00
東京スター銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
北陸銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
第三銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
広島銀行 平日8:00~21:00・土日祝8:00~19:00
八十二銀行 平日7:00~22:00・土日祝8:00~20:00
クレディセゾン 6:00~23:00

アコム専用ATM以外の提携ATMを利用する場合には、利用ごとに1万円以下の利用であれば108円1万円を超える利用であれば216円の利用手数料がかかります。一方、アコムATMは利用金額を問わず手数料無料で利用可能です。

ATMを利用してお金を引き出す場合には、ローンカードが必要になる

ATMを利用する際には。店頭窓口またはむじんくん(自動契約機)で契約を行い、ローンカードを受け取る必要があります。
下記、に店頭窓口とむじんくん(自動契約機)の営業時間をまとめましたので、参考にしてみてください。

  • 店頭窓口 平日9時~18時(一部店舗は19時)
  • むじんくん(自動契約機) 年中無休8時~22時(一部店舗は異なる)
  • 三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーの一部 年中無休8時~22時(一部21時)

即日融資を受ける際には、店頭窓口に比べ土日祝日や夜間も営業しているむじんくん(自動契約機)または三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーで契約した方がいいでしょう。

むじんくん(自動契約機)で契約して併設のアコムATMでお金を引き出すのがおすすめ

むじんくん(自動契約機)には近くにアコムのATMが併設されている場合が多いので、むじんくん(自動契約機)で契約をすませ、ローンカードを受け取ってから併設されているアコムATMからお金を引き出すとスムーズです。アコムの店頭窓口やむじんくん(自動契約機)はアコム公式サイト「店舗・ATM検索」ページより検索できます。

アコムではインターネットを利用して申し込みから借り入れ、返済まで可能

アコムではパソコンやスマートフォンからインターネットを利用して、申し込みから審査・契約借り入れまですべてインターネットから完結可能です。

WEB上で会員ページから振込融資ができる

WEB上からの振込依頼の流れは以下の通りです。

  • アコムのホームページから、会員ページにログイン
    (この際の会員番号はカードに記載されている番号、暗証番号は契約時に本人が決めた番号です。)
  • ログイン後、「振込によりお借入を申し込む」を選択
  • 振込希望金額と振込先金融機関を選択

上記の流れで、インターネットを利用していつでもどこでもアコムからの振込融資の依頼ができます。
なお、アコムのローンカードが手元にない場合には、電話またはメールで融資希望の旨をアコムの担当者に連絡すると、URLを記載したメールが送付されますので、そのURLをクリックして会員ページ(仮)での手続きで借り入れ金の振込融資を受けることができます。

アコムでは返済もインターネット決済を利用できる

アコムでは借入金の返済も来店せずにWEB上(インターネット決済)ですべて完結できる
アコムでは、下記のような返済方法があります。

  • インターネット決済
  • 口座振替
  • アコムATM や提携先金融機関・コンビニなどのATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振り込み

上記のうちで、すべてweb上(インターネット)でできる返済方法は、下記の2つです。
(もちろんインターネット申し込みや契約をしても上記すべての返済方法で返済可能です。)

インターネット決済なら24時間365日いつでも返済可能

インターネット決済とはインターネットバンキングを利用して返済をする方法をいいます。インターネット決済は24時間365日いつでもどこでも返済ができます。現在インターネット決済のできる金融機関は80以上の銀行、20以上の信用組合、250を超える信用金庫です。
主な金融機関は、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行です。

ただし、インターネット決済を選択する場合には事前に決済をする金融機関のインターネットバンキング口座が必要となります。
インターネット決済の詳細は、「アコムのインターネット返済」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

カードローン機能付きのクレジットカード「アコムACマスターカード」が申し込みできる」

アコムには、通常のカードローン・キャッシング機能に加え、クレジット機能が付いた「ACマスターカード」という商品もと取り扱っています。
大手消費者金融が発行しているクレジットカード機能付きのカードは、使いにくいのではないかと不安になるかもしれませんが、世界中のMasterCard加盟店で利用可能で、なおかつ、即日発行にも対応しており年会費もかかりません。
アコムACマスターカードの特徴は、下記の通りです。

  • インターネット申し込みから一部むじんくんで即日発行
  • インターネット上でカードの発行できるかどうか3秒診断が可能
  • 土日祝日のカード発行可能




アコムACマスターカードの申し込み方法は、アコムカードローンの申し込みと同様です。(審査基準もアコムカードローンと同様です。)
なお、アコムACマスターカードの申し込み方法や即日発行の方法は、「アコムACマスターカードの申し込み方法や即日発行可能なできる方法」で詳しく解説しています。

審査通過後に必ずACマスターカード発行希望とアコムの担当者に伝える

審査結果が出たら、申込フォームで選択した希望連絡先に、アコムの担当者から申込者に電話がきます。
無事に審査通過したら必ず「アコムACマスターカードで発行希望します」と伝えてください。ACマスターカード発行の旨を伝えない場合には、アコムの通常のカードローンの契約となりますので注意しましょう。

アコムカードローンの申し込みの流れと申し込みに必要な書類

アコムカードローンの申し込み条件は、公式ホームページにも記載されている通り

「20歳から69歳までの収入のある方」

です。
アコムでは安定な収入があれば、パート・アルバイト・派遣社員の雇用形態は問いません。
ただし、専業主婦や無職の方など収入がない方はアコムに申し込みできません。
(たとえ、アコムカードローンの申し込みをしたとしても即審査に落ちてしまいます。)
アコムでは申し込みの際に、申込者の返済能力を判断するためキャッシング審査を行います。
アコムカードローンの申し込みの流れは下記になります。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 融資・借入




アコムカードローンの申し込みをするには、運転免許証やパスポートなどの申込者本人が確認できる本人確認書類が必要です。
なお、アコムカードローンに申込時に必要な書類については後ほど解説したします。

アコムでは申し込み前にネット上で融資可能かどうかを診断してみる

アコムにはインターネット限定の診断サービスととして「3秒診断」というインターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスがあります。


3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。
アコムのホームページには「3秒診断」というネット限定でができるサービスがあります。このサービスは年齢・年収・他社カードローンの借り入れ状況の3つを入力するだけで、融資可能かどうかを診断してくれます。

3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

ただし、3秒診断で「ご融資可能と思われます」と表示がなされても、状況によっては審査に落ちることはありますので注意しましょう。3秒診断はあくまでも融資可能かどうかを判断してくれる1つの目安と考えておくとよいでしょう。

また、アコムの審査基準については、「アコムの審査基準と審査に落ちた場合の対応策」で詳しく解説しております。

アコムの申し込みに必要な書類は運転免許証などの本人確認書類

アコムでは、審査終了後の契約時に本人確認書類の提出が必要となります。
パソコンやスマートフォン・または携帯電話を利用してインターネットで申し込みする際には、メールに記載されているURLに本人確認書類の撮影してその写真をアップロードするだけです。アコムカードローンで必要な書類は以下のいずれかになります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード




ただし、上記の書類に顔写真がない場合、上記書類と現住所が違う場合には次にあげる書類が必要です。

  • 公共料金の領収書(電気・水道・ガス・固定電話・NHKなどの領収書)携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書

また、外国の方がアコムに申し込む場合には、上記の本人確認書類に加えて、「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要になります。

アコムでは申し込み時に収入証明書が必要な場合もある

アコムでは下記の場合に本人確認書類に加えて収入証明が必要となります。

  • アコムで50万円を超える借入限度額を希望する場合
  • 今回の申し込み分と他社との借入総額が100万円を超える場合

収入証明書として有効なものは、下記のいずれか1つの書類です。

  • 給与明細書(直近1か月分)
  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告証明書

なお、会社員やパート・アルバイトなどの給与取得者の場合は給与明細書・自営業者などの個人事業主の場合には、所得証明書や確定申告証明書が一般的です。
アコムで有効な収入証明書については、「アコムで収入証明書が必要な場合」で詳しく解説しております。

初回契約限定で30日間の無利息サービスを利用できる

アコムでは、初回契約に限り30日金利0円サービスを受けることができます。
つまり、30日間金利0円サービス期間内なら借りた分のお金をそのまま返せば完済となります。例えば10万円借りて30日後に返せばおよそ1,479円の節約になります。長期的に返済する場合でもうまくやれば初月の利息をカットできます。30日間金利サービスを使うためには返済期日を「35日ごと」で契約する必要があります。
なお、アコムの30日間金利0円サービスの開始日は、契約日の翌日からです。つまり、契約後すぐに借り入れをしないと金利0円(無利息)になる期間が減ってしまいますので注意しましょう。

アコムのデメリットは銀行カードローンと比べて金利が高い

アコムカードローンの金利は3.0%~18.0%です、他の大手消費者金融の金利と比べた場合はほぼ変わりがないのですが、下の表から銀行カードローンと比べたら高いことがわかります。

銀行カードローン・消費者金融各社の金利比較
銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン 3.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン  1.7%~17.8%
消費者金融会社 金利(実質年率)
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
ノーローン 4.9%~18.0%

アコムで初めてお金を借りる際は、返済能力があるかどうかわからないことから、上限金利での設定がなされる場合が多いです。
そのため、銀行カードローンとと上限金利を約4%の差があることがわかります。この「金利が高いデメリット」を解消するにはアコムの30日間金利0円サービスを上手に活用することです。

30日間金利0円サービスを上手に利用すると銀行カードローンよりも返済額がお得

先ほど述べたアコムの30日間金利0円サービスを利用すると、銀行カードローンよりも利息を含めた総返済額が低くなり、アコムをお得に利用できます。
それではアコムカードローンの「30日間金利0円サービス」(無利息期間サービス)を30日利用して全額返済した場合、どのくらい利息総額がお得になるのか比較してみましょう。比較するカードローンは、一般的な銀行カードローンの上限金利14.6%とします。
カードローンの金利は実際には日ごとに加算されるので、下記の式で利息額を計算いたしました。
金利 = 残高 × 年率 ÷ 365 × 借入日数

30日間金利0円サービスを利用した場合のアコムと銀行カードローンの利息額の比較

カードローン 借入額5万円の場合 借入額10万円の場合 借入額20万円の場合 借入額30万円の場合
アコムカードローン(「30日間金利0円サービス」を利用) 0円 0円 0円 0円
銀行系カードローン 600円 1,200円 2,400円 3,600円

上の表からアコムカードローンの「30日間金利0円サービス」(無利息期間サービス)を上手に利用してサービス期間内に全額返済すると、銀行系カードローンよりも利息総額が安くなりお得です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間