アコムで遅滞・滞納してしまったときの対応方法

お金を借りる人が避けて通れないのが返済です。お金を借りたら必ず返済はついてまわります。
もし、支払期日に間に合わずに滞納や延滞してしまったらと思うと不安になると思います。そこで、アコムで滞納してしまった場合の具体的な対応策をまとめてみました。

すでにアコムからの借入金を滞納しているまたは、借入金を滞納してしまうのが心配な方も、ぜひ参考にしてみてください。

アコムの借入金を滞納してしまうと起きること

アコムでキャッシングの支払期日が間に合わずに借入金を延滞してしまったらどんなことが起きてしまうのでしょうか。
借入金の延滞が生じるということは、契約時に双方が決めた返済日を過ぎてしまうことを意味しますので、何かしらのリスクがでてくることは容易に想像がつきます。それでは、アコムの借入金を滞納してしまうと具体的にどのようなことが起きるのかを見ていきましょう。

遅延損害金が発生してしまう

アコムに限らず消費者金融や銀行カードローンを利用して借入金を滞納をしていると必ず遅延損害金が発生します。
遅延損害金とは、返済を遅延したことによって支払う損害金のことです。アコムからの借入金の返済が期日どおりなされないと、返済の約束を守ってないとみなされ、遅延損害金を支払ってくださいと請求が来ます。
なお、損害金の計算方法は、

  • 遅延損害金=借入金額×遅延損害金年率÷365日×延滞日数

となります。

例えばアコムで50万円の借入をしていて30日間延滞してしまった場合、
50万円×20%÷365日×30日=8,219円 
遅延損害金は8,219円となります。

これに加えて、毎月の返済額も払わないとなりませんので、負担はかなり大きくなると思います。もちろん、遅延損害金を払ったところで元金は変わらないので、上記の8,219円は支払い損となります。

ちなみに、アコムのカードローンの遅延損害金年率は、公式ホームページにも記載がある通り年率20.0%です。なお、遅延損害金は利息制限法により「利息の上限金利の1.46倍まで」設定できると定められているので、仮に、利息が20.0%とすると、20.0%の1.46倍にあたる29.2%まで設定できることができますが、貸金業者については貸金業法の規定により、遅延損害金の上限金利は20.0%と決められているため、29.2%で請求されることはありません。

また、返済が遅れている間には利息と遅延損害金の両方が発生するわけではありません。延滞中は遅延損害金のみが発生します。つまり、「遅延利息」と言うとわかりやすいかもしれません。返済が遅れた際に課されるペナルティーに近い利息といったところでしょうか。

たとえば、50万円を金利15%で借りて毎月1万円ずつ支払っているとします。返済が遅れた場合には、遅延利息の20%が適用されるので、延滞中は20%の利息となり、延滞が解消された時点で通常利息の15%に戻ります。

アコムへの返済が遅れてしまうとアコムから催促の電話が来る

借入金の返済日を過ぎても支払いが済んでいないと催促の連絡がきます。最初の電話での取り立ては、返済期日の翌日から一週間以内が多いそうです。
最初は申し込みした際、申込み時に指定した携帯電話などの申し込み時の希望連絡先にかかってきます。
借金の取り立ての電話といっても厳しい口調や怒鳴られることはないので心配はありません。アコムの担当者は丁寧に対応してくれますよ。

催促の電話があってもアコムは担当者の名前を名乗る

催促の電話の際、アコムの担当者は社名を名乗らず担当者の個人名を名乗ります。電話の相手が申し込み者であることがわかった時点でアコムの社名を名乗ります。
さらに、催促の電話に限らず催促状でも、アコム屋号ではなく、ACサービスセンターの屋号が使われます。なぜなら、ACサービスセンターを名乗ることで利用者がアコムを利用していることを周囲にわからないようにとの配慮からです。

アコムから催促の電話に出て、滞納している借入金の支払い約束日を伝えるまた、支払方法の変更を申し出るなど支払を延滞させないなんらかの措置を約束した場合には、もちろん、約束日を過ぎても支払いがなかった場合は、再度 アコムから電話がかかってくることになります。したがって、約束日を守れそうにない場合は、自分からアコムに連絡して約束日を変更しておきましょう。

また、アコムの担当者の判断にもよりますが、自宅にも電話がかかってくる場合があります。自宅に電話がかかってきた場合、携帯電話での連絡と同様に、アコムの担当者は担当者の個人名を名乗ります。電話の相手が申し込み者であることがわかった時点でアコムの社名を名乗ります。

なお、アコムからかかってくる電話については、「アコムからの電話がかかってくるのはどんな時か」で詳しく解説しています。

催促状が申込者の自宅に送付される

催促状とは、催促状とは、支払いや提出を催促するために出す書状のことをさします
多くの金融機関から出される催促状の場合、「お早めに支払いをお願いします」などと書かれた催促の内容と、入金期限が記載されています。
まずは支払いが難しいとしてもアコムのコールセンターに電話して相談しましょう。
もっとも、催促状が送付される頃になると、アコムのホームページから支払い予定日の約束ができなくなってしまっています。なぜなら、催促状が出されるということは最初に取り立ての電話が来てから、10日前後が経過しているからです。つまり、返済期日を10日以上過ぎてしまっているためです。

勤務先への電話連絡されてしまう

携帯電話や自宅への電話、さらに催促状を無視すると、たとえ、申込時に勤務先への連絡を希望しないと伝えていたとしても勤務先に電話がかかってくる可能性があります。
もちろん、アコムを名乗ることは携帯電話や自宅への電話同様にありませんが、勤務先に借り入れしていることが発覚してしまう恐れも考えられます。

さらにアコムで滞納が長引くと電話や催促状の宛名がアコムに変わる

延滞が四か月以上になると、取り立ての方法もこれまでとは変化します。
例えば、電話での連絡、催促状の宛名が「ACサービスセンター」から「アコム」に変わります。なぜなら、滞納している期間が長いために、利用者にアコムに借入金の滞納があることを通告する必要があるためだと考えられます。

また、督促状の内容自体も「支払いがない場合は法的措置を取る」といったより厳しい内容となります。また、督促状の内容自体も「支払いがない場合は法的措置を取る」といったより厳しい内容となります。

裁判や差し押さえになることもある

再三の取り立てを無視して支払をしない、連絡をしない状態が継続していると裁判や差し押さえなどの法的措置が取られます。
まず、アコムが裁判所に支払催促を申し立てます。支払催促とは裁判所を通じて金銭を請求するものです。
アコムが裁判所に支払催促を申し立てた時点で裁判所からのアコム側の主張、出廷の日時が記載された書面が送付されてきます。
この書面を無視した場合には支払いをしない場合には財産を差し押さえるという内容の宣言が書かれた支払催促が送られてきます。さらに、に、利用者の財産を差し押さえて借入金を弁済してもらうために、借入金の一括請求をする場合があります。
そして、この支払催促が送られてきたときに何もしないでいるとアコムの主張が裁判所に全面的に認められ最終的に差し押さえとなります。
ただし、差し押さえでアコムが差し押さえる財産は給与のみです。利用者の預金や車、不動産などの財産を差し押さえることはありません。差し押さえができる給与の金額は民事執行法152条で定められた、給与の手取り分の4分の1までが限度です。
しかし、給与を差し押さえられるということは、少なくとも会社の経理や総務の担当者にアコムでの借り入れを滞納している事実を知られてしまうことになります。

もし、すぐに返済をすることが難しい場合には、このような法的手段を取られる前に、アコムと返済プランについて話しておくことをおすすめします。

滞納や遅滞をすることでブラックにリストに載ることもある

ブラックリストとは信用情報機関に金融事故情報が登録されることです。
信用情報機関とは信用情報というクレジットやローンを組んだ履歴などを管理している機関を指します。
また、金融事故とは、ローンやクレジットカードの返済で通常どおりに返済が終わってないものを言います。金融事故は延滞の他にも債務整理や代位弁済、強制解約もその中に含まれます。

ブラックリストに載ってしまうとどんな影響が出てくるのでしょうか。
新たなにキャッシングをすることや追加融資を受けることができない、新規でのクレジットカードの契約ができない、クレジットカードの契約更新ができない、自動車のローンや住宅ローンが組めないなどのお金に関わる部分で影響が出るでしょう。

かりに、キャッシングやクレジットカードの利用ができなくなると日常生活で非常に不便になりますし、自動車ローン・住宅ローンが組めないとなると自動車や住宅の購入時に支払い方法が限定されてしまいます。

もし、ブラックリストに載ってしまうと、返済してから最短でも5年は情報が残り続けますから、長期間に亘って生活に大きな影響が出ることは避けられません。

キャッシングカード(ローンカード)が利用停止になることもある

アコムで延滞した場合、遅延損害金が発生したり、ブラックリストに載ったり、裁判や差し押さえされる可能性もありますが、それ以外にも悪影響が生じます。アコムでの信用が著しく低下することで追加融資を受けたり、金利を下げてもらったりすることが困難になります。

アコムで延滞した場合、遅延損害金が発生したり、ブラックリストに載ったり、裁判や差し押さえされる可能性もありますが、それ以外にも悪影響が生じます。アコムでの信用が著しく低下することで追加融資を受けたり、金利を下げてもらったりすることが困難になるでしょう。
また、アコムでの支払いを延滞することでアコムのキャッシングカードの利用停止措置がとられることがあります。
アコムは、利用者の信用度を利用実績(借入状況や返済状況)信用情報、属性情報という3つの情報をポイントで算定し管理しています。もし返済期日に遅れた場合には、利用実績のポイントが下がります。

長期の延滞や繰り返しの延滞の場合には、それごとにポイントが下がっていきます。このようにポイントが下がっていくと利用限度額の増額ができなくなり、アコムからキャッシングカードの利用を停止されてしまう恐れがあります。
ひとたび、キャッシングカードが利用停止になると、利用限度額に余裕があっても追加融資を受けることができません。

アコムで滞納してしまった場合の具体的な対応策

もし、アコムで支払いの期日に間に合わず滞納してしまった場合、このまま何もしないままですと、先ほど述べたように様々な悪影響が出てきます。アコムでの返済を滞納してしまいそうな場合、もしくは滞納してしまっている場合、どのように対応したらいいのでしょうか。

申込時に双方で決めた返済日に借入金の返済が難しい場合には、早めにアコムに連絡し、支払いの延期、支払額の減額の申請または毎月の返済日の変更を相談することを強くおすすめします。
なぜなら、アコムに上記いずれかの方法を相談することによって、条件によっては、電話での催促が止まります。また毎月の支払い日を変更することで、支払い金を滞納している状態から脱することもできるからです。つまり、何もしないで借入金を滞納したままにしているよりは、状況は好転するでしょう。
それでは、支払いを滞納してしまった場合の対応策を各項目別にみていきましょう。

アコムに支払いの延期の相談をしてみる

どうしても支払いが支払いを延期したいと考えているのでしたら、まず、アコムの担当者にお金が入る時期とその理由を伝えてみましょう。相談内容次第で次回の給料日まで待ってくれることが多いです。事前にアコムに連絡し、支払い予定日を設定しておけば、支払い予定日までは電話での催促の連絡がくることはありません。
ただし、期日を過ぎて延滞している事実には変わりありませんので、年率20.0%の遅延損害金が発生してしまいます。

必ず支払い予定日決めてからアコムに連絡する

アコムでは支払延期の手続き方法は3つあります。
アコムのコールセンターに連絡するか、アコムプッシュホンサービス24(音声自動応答)またはホームページで設定するかの3通りです。これら3通りの支払い延期の手続きをする際には、必ず支払い予定日を決めてからアコムに連絡するようにしてください。

アコムのコールセンターに連絡する

アコムのコールセンターに電話をかけ、オペレーターと話をして支払予定日を決めます。

アコムプッシュホンサービスで支払い予定日を設定する

アコムプッシュホンサービス24に電話をし、音声ガイダンスに従って操作し、支払い予定日を設定してください。

ホームページから返済予定日を設定する

アコムのホームページから会員ページにログインし、お知らせ一覧の中のページにある「お支払期日について」を選んで、支払い予定日を設定します

アコムのコールセンターを利用した場合には、支払い延期についてお願いや相談ができます。最大で30日くらいは待ってもらえるようです。例えば、翌月の給与日に借入金の支払いがしたいなど、支払い延期の相談や支払期日から10日を超える支払いの延長が必要な場合には、アコムコールセンターに連絡してみることをおすすめいたします。

一方、ホームページやアコムプッシュホンサービスを利用する場合には、原則、支払期日から最大10日までの支払い延長のみとなります。

支払額の減額をアコムの担当者に相談する

「今回は返済額を支払うのは難しい」という場合には、減額してもらえる可能性があります。前回返済日の翌日以降に発生した利息と支払時の手数料、今回の返済で最低でも払わないといけない金額を足した金額を1,000円単位で切り上げて支払うこととなります。
もっとも、減額してもらえる具体的な金額や減額された際に、支払う金額については
借り入れの状況や金額によって大幅に異なります。減額についての詳しい金額については、直接アコムのコールセンターに連絡してみるのがいいでしょう。

支払額減額の手続き方法

返済期日は迫る前にアコムのコールセンターに連絡し、「支払額を減額してほしい」と相談しましょう。なお、返済期日を過ぎてからだと支払い額ができないことが多いので注意してください。

毎月の返済日の変更

転職などで給料日が変わったのにも関わらず、返済日の変更手続きをしないままにしてしまい、結果として延滞になってしまうこともあります。
この場合には、返済日を一時的に延長するのではなく、毎月の返済日を変更する手続きをおこなって、毎月の返済日を変更することで滞納を防ぐことができますよ。
ちなみに、毎月の返済日の変更は、店舗・自動契約機(むじんくん)または電話で行うことができます。

支払のめどが立たずアコムの借り入れ金を延滞・滞納しそうになったら

支払いのめどが立たたないなどの理由で、直接アコムに連絡して支払い期限日の延長などのお願いするのが難しい場合には、日本貸金業協会や法律の専門家など外部の専門機関に相談してみることをおすすめいたします。

日本貸金業協会に相談してみる

過去に何度も支払いが遅滞し、アコムに直接連絡したくない人の場合、日本貸金業協会に電話してみるのはどうでしょうか。
日本貸金業協会とは、日本貸金業協会は、貸金業者で構成されている内閣総理大臣に認可された自主規制機関です。全国に支部があり、協会員は都道府県の区域に設けられた支部に属しています。
貸金業を営む消費者金融、事業者金融業者、信販会社、クレジットカード会社などが所属しており、アコム、アイフル、プロミスなどの大手消費者金融から、中小の消費者金融業者までの多くが日本貸金業協会に登録しています。

日本貸金業協会に相談すると、アコムが提示している返済期日を延ばしたり返済額を減額したりする方法を提案してくれます。
法律の専門家への相談を提案されるケースが多く無料で利用できる法律相談所の紹介もしてくれます。

司法書士や弁護士などの法律の専門家に債務整理してもらう

支払のめどがたっておらず、返済日の延期や変更または減額の相談をしても返済の見込みが立たない場合には、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することをおすすめします。弁護士や司法書士などの法律の専門家は、利用者の借入状況などにもよりますが、債務整理の手助けをしてくれます。

債務整理とは、借入金の減額や免除を行う手続きです。大きくわけて任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあります。
債務整理の方法として一般的に借金の減額ができ、整理後も財産の維持ができるという点から任意整理を選択する方が多いようです

任意整理とは債権者と交渉で借金の返済額や借金自体の金額を変える手続きです。弁護士や司法書士といった法律の専門家が、アコムと交渉してくれます。
あくまでも、任意整理は借金の返済方法を変更する手続きなので、借金の支払いが減額や免除されるわけではありません。また、5年程度は信用情報機関に事故情報として載ってしまいます。つまり、ブラックリストに載ってしまうわけです。

よって、債務整理などの債務整理をする際には、債務整理のメリット・デメリットをよく検討し、法律の専門家に相談した上で、債務整理をするかどうかを判断するのが得策のようです。