プロミスカードロの即日融資可能な方法や時間帯

大手消費者金融プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)のカードローンでは、申込日当日に融資を受けることができる即日融資が可能です。
しかし、申し込み方法や時間、曜日などで即日融資可能な条件が変わってくることも確かです。
特に、WEB申込・WEB契約と店頭窓口や自動契約機に来店してローカードを発行してもらう方法では即日融資ができる時間などの条件が大きく変わってきます。
ここではプロミスでの即日融資がギリギリ間に合うリミットの時間がいつぐらいになるのかを中心に解説をしていきます。

プロミスカードローンの特徴
プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント
  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK



プロミスで即日融資可能な申込方法

まず、即日融資可能な申込方法をみていくことにしましょう。プロミスカードローンで即日融資可能な申込方法は下記の方法です。

  • WEB申し込み後、WEB契約または来店契約
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)または自動契約機(無人契約機)で申し込み・契約
  • 電話で申し込み後WEB契約・店頭窓口または自動契約機(無人契約機)で契約

ちなみに、上記の方法で、店頭窓口や自動契約機(無人契約機)に来店不要な申し込み方法は、下記の2つの方法になります。

  • WEBでの申し込み・契約
  • 電話での申し込みしてWEBでの契約




プロミスには4通りの申し込み方法があります。WEBから申し込む方法、プロミスコールから申し込む方法、郵送で申し込む方法、店舗に来店して申し込む方法です。このうち、郵送で申し込む方法は時間がかかり即日融資は不可能です。
即日融資が可能である申込方法はがあるのは、WEBから申し込む方法、プロミスコールから申し込む方法、店舗に来店して申し込む方法です。

WEB申込は24時間365日受け付け可能

WEBから申し込む方法では、パソコン、スマートフォン、携帯電話を使って、24時間365日受付を行っているプロミスの公式サイトから申し込みます。この時、カンタン入力とフル入力を選ぶことができます。カンタン入力はフル入力と比べて記入する項目が少ないですが、審査に必要となる項目について後から電話でたずねられることになります。いずれの場合も入力時に、WEB契約か来店契約かを選びます。WEB契約では必要書類をスキャナー、携帯電話のカメラなどで取り込んでネット経由で送信することになります。一方、来店を選んだ場合は必要書類を持って自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)から審査・契約・カード発行を行うことになります。WEB申込み時の「希望連絡時間」は9:00~21:00となっています。

電話での申込

プロミスコールから申し込む方法では、フリーダイヤル0120-24-0365(女性専用ダイヤル0120-86-2634)に電話をし、氏名・生年月日などの審査に必要な項目を伝えます。内容確認、審査の後に契約可能額を聞くことができます。そこから来店契約か郵送契約を選ぶことができますが、郵送契約では時間がかかるため即日融資は不可能です。必要書類を持って自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)から審査・契約・カード発行を行うことになります。

店舗(店頭窓口・自動契約機)での申込

来店して申し込む方法では、運転免許証などの必要書類を持って直接自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)から審査・契約・カード発行を行います。

プロミスでの申込から融資までの流れ

プロミスカードローンの申し込みから融資までの流れは以下の通りです。

  1. 申し込み審査
  2. 契約(WEB契約
  3. 融資(借入)




つまり、上記の流れを申し込み当日中に完了すれば即日融資は可能ということになります。

プロミスでは運転免許証などの本人確認書類が必要

プロミスの申込・審査・契約における必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」です。本人確認書類は、「運転免許証」かそれがない場合は、「パスポート」か「健康保険証+住民票など」のいずれかが必要です。

収入証明書が必要な場合もある

収入証明書は借入希望額が50万円を超える場合、借入希望額と他社からの借入額の合計が100万円を超える場合に必要になります。収入証明書として使えるのは、源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)となっています。

プロミスカードローンの審査基準

プロミスに申込可能な条件は20歳から69歳までで安定した収入があることとなっています。また、プロミスでは申込時に申込者が申告した勤務先が正しいかどうかを確認する在籍確認を行います。
在籍確認というのは担当者が会社に電話をして、申込者が会社に在籍しているかどうかを確かめるというものです。また、信用情報に延滞、強制解約、債務整理などの事故情報が記載されていないということも重要です。その他に年齢、勤務先、年収、勤続年数、家族構成などの「属性」と呼ばれるものが総合的に審査されます。

プロミスでの申し込み後、キャッシング審査に通過し、プロミスとの契約を完了すると、プロミスから融資を受けることが可能となります。プロミスの審査基準については、「プロミスカードローンの審査基準」で詳しく解説しています。

プロミスでの借り入れ方法(融資方法)はATM利用と振込融資の2通り

プロミスで融資を受ける方法には、「ローンカードを使って窓口、プロミスATM、提携ATMから借りる方法」と「インターネットや電話を使って指定口座に振り込んでもらう方法」の2通りがあります。
ローンカードを使ってお客様サービスプラザ(店頭窓口)、プロミスATM、提携ATMから借りる方法は、申し込み方法で最終的に来店をしてカードを発行した場合に使えるキャッシング方法です。お客様サービスプラザは平日の10:00~18:00まで利用できますが、土日祝日休みの店舗が多いです。(一部店舗は、土日営業)プロミスの店頭窓口や自動契約機とATMの営業時間について、下の図にまとめましたので参考にしてみてください。

店舗・ATM 利用可能な時間
プロミス店頭窓口(お客様サービスプラザ) 平日10:00~18:00(※店舗により営業時間、休日が異なります。)
自動契約機(無人契約機) 年中無休9:00~22:00(年末年始は除く)
プロミス自社ATM 年中無休7:00~24:00(年末年始は除く)

プロミスの自動契約機は、土日祝日を含む終日9:00~22:00、プロミスATMも、土日祝日を含む終日7:00~24:00まで利用することができます。提携ATMは提携先によって時間は異なるのですが、たとえばセブン銀行では24時間利用可能となっています。(ただし、毎週月曜日の0時~7時はメンテナンスのため、全ての提携ATMが使えなくなります)プロミスATMと三井住友銀行提携ATMの手数料は無料ですが、その他の提携ATMでは1万円以下108円、1万円超216円の手数料がかかってきますので気を付けるようにしましょう。

振込でのキャッシングを受ける方法

振込でのキャッシングとはインターネットや電話を使って指定口座に振り込んでもらう方法です。パソコン、スマートフォン、携帯電話からプロミスインターネット会員サービスにログインして指定口座に24時間・手数料無料で振り込むことができます。
ただ、利用している銀行によっては時間や曜日によって振り込みが翌営業日になってしまい、即日振込ができないことがあるので気を付けましょう。電話ではプロミスコール(0120-24-0365)から24時間通話無料で振込キャッシングが可能です。
また三井住友VISAプリペイドの会員であれば、プロミスインターネット会員サービスにログインして振込キャッシングによって三井住友VISAプリペイドにチャージすることが可能になっています。

プロミスで即日融可能な時間帯とはト

プロミスでの借り入れ方法は先ほど述べたように、次の2種類の借り入れ手段があります。

  • ローンカードを利用してATMからお金を引き出す方法
  • 振込でのキャッシングを受ける方法

上記2つの借り入れ方法では、即日融資可能な時間が異なりますので、借り入れ方法別に即日融資可能な時間について解説していきます。

来店して契約を行い受け取ったローンカードで融資を受ける場合は20時まで

まずは、来店して契約を行いローンカードを利用してATMからお金を引き出す方法について解説したします。

ATMを利用するためにはローンカードが必要

自動契約機を使う方法と、お客様サービスプラザ(店頭窓口)で審査・契約を行う方法があり、それぞれ受付時間が異なっています。
自動契約機の受付時間は全日9:00~22:00となっています。お客様サービスプラザ(店頭窓口)の受付時間は平日10:00~18:00です。審査時間は最短30分で余裕を持って1時間程度と見積もると即日融資可能なタイムリミットは下の表のようになります。

ただし、プロミスの審査結果の回答時間帯が、9:00~21;00のため、自動契約機でローンカードを受取場合でも即日融資が可能な時間帯は、20:00ごろまでとなります。

受付時間 即日融資申し込みのリミット
自動契約機を利用 全日9:00~22:00 20:00ごろ(審査結果の回答時間が21:00のため)
お客様サービスプラザを利用 平日10:00~18:00 17:00ごろ(基本的に土日祝日は即日融資不可 一部店舗は土日も営業)

振込キャッシングを利用する場合は平日の14時まで

WEBから申し込み・審査・契約を行い、カードなしで契約を完了する場合は必然的に振込キャッシングを利用することになります。WEB申し込みから審査完了(契約)まで最短30分ですが、余裕を持って1時間必要だと見積もってみます。インターネット、電話、三井住友VISAプリペイドのどの方法でもリミットは変わりません。

曜日 受付時間 振込実施時間 即日融資申し込みのリミット
平日 00:00~9:00 当日9:30 13:50ごろ
9:00~14:50 受付完了から10秒程度後
14:50~24:00 翌営業日9:30頃 不可
土日祝日 00:00~24:00 翌営業日9:30頃 不可

三井住友銀行・ジャパンネット銀行を利用する場合は土日も含めて終日24時間受付すぐに振込融資可能

利用している金融機関が三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合は「瞬フリ」サービスを利用することができ、全日24時間受付完了からすぐにに振り込みが行われます。この場合のリミットは、WEB申込み時の「審査結果の回答時間」が9:00~21:00となっているので、20:00ごろということになります。

もちろん、来店申し込み・契約・カード発行を行った場合でも振込キャッシングによる融資を受けることは可能です。来店申込をして振込キャッシングによる融資受ける場合、即日融資の申込時間のリミットは上の表と同様です。

即日融資のリミットは自動契約機を利用して申し込む場合は20:00がギリギリのラインということになります。確実に即日融資を受けたい場合には余裕を持って申し込みを行うようにしましょう。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間