アコムとバンクイックの審査通過率や金利・限度額などを比較 

アコムは大手消費者金融業者として高い知名度を持っており、一方バンクイッックは三菱東京UFJ銀行のカードローンとして有名です。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属しており、バンクイックの保証会社にもなってます。両社には深いつながりがあります。

ここでは大手消費者金融の代表格であるアコムのカードローンと、銀行系カードローンとして人気が高い三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックについて審査通過率や金利・限度額などを比較してみました。

アコムとバンクイックの詳細情報や特徴

アコムのカードローンは消費者金融系カードローンで、バンクイックは銀行カードローンです。大きな違いとしては、アコムのカードローンには総量規制(後述)が適用され、バンクイックは総量規制対象外であることです。
また、申し込み可能な年齢はアコムが20歳以上69歳以下であるのに対して、バンクイックは満20歳以上65歳未満となっています。
下の表がアコムとバンクイックの詳細情報を比較した表です。

アコムカードローンとバンクイックの比較
アコム バンクイック
利用可能な年齢 20歳以上69歳以下 満20歳以上65歳未満
新規貸付率(審査通過率) 48% 未公開ながらアコムより厳しいと考えられる。
利用限度額 1万円~800万円 10万円~500万円
金利 3.0%~18.0% 1.8%~14.6%
在籍確認 あり(なしになる可能性がある方法がある) あり
無利息サービス 30日間金利0円サービス なし
即日融資 可能 可能
提携先ATMなど セブン銀行、ローソンATM、イーネット、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行など 三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イーネット
提携先ATM手数料 1万円以下108円、1万円超206円 無料
返済方法 店頭窓口・ATM、提携先ATM、インターネット返済 ATM、提携先ATM、自動引き落とし、振込み
返済日 35日ごと返済と毎月の指定日返済が選べる。口座振替の締日は毎月6日 35日ごと返済と毎月の指定日返済が選べる

アコムとバンクイックの審査通過率の比較

アコムの新規貸付率は約48%となっています。新規貸付率というのは新規カードローン申込者のうち、審査を通過した人の割合のことです。これは他の大手消費者金融業者と大きく変わらない数字になっています。

バンクイックのデータは公表されていませんが、口コミなどから考えるとアコムより厳しい通過率になっていることが予測できます。バンクイックの保証会社はアコムであり、アコムの審査基準などのノウハウを共有していることが考えられます。
バンクイックのほうが厳しいと考えられる理由は、銀行カードローンというブランドだからではなく、純粋にアコムに比べて上限金利が低いためです。

アコム、バンクイックともに条件としている「安定した収入がある」を十分満たしているのであれば、金利が低くなる可能性のあるバンクイックに申し込むことが賢明でしょう。

なお、アコムの審査基準については、「アコムの審査基準と審査に落ちた場合の対応」で詳しく解説しています。

アコムとバンクイックの利用限度額や金利の比較

次にアコムとバンクイックの利用限度額と金利を比較してみましょう。

利用限度額の比較

アコムの利用限度額は、1万円~800万円になっており、バンクイックの利用限度額は10万円~500万円になっています。
アコムは大手消費者金融の中では利用限度額の上限が高く、バンクイックは銀行カードローンの中では利用限度額の上限が低いです。
アコムの場合、借入総額が年収の3分の1までに制限される「総量規制」の対象になっています。例えば年収300万円の限度額の上限は100万円までです。これは他社借入とも合算しますので、他社借入がある場合はその分だけ限度額の上限が差し引かれることになります。
バンクイックは銀行カードローンですので、総量規制対象外となっています。限度額上限の500万円の枠が与えられるのに、その3倍の年収1500万円が必要ということにはなりません。ただし、借り過ぎには注意するようにしましょう。

アコムとバンクイックの金利の比較

アコムの金利は3.0%~18.0%、バンクイックの金利は1.8%~14.6%になっています。バンクイックは下図のように利用限度額によって金利幅が変動します。

バンクイックでの利用限度額と借入利率(金利)の関係
利用限度額 500万円以下400万円超 400万円以下300万円超 300万円以下200万円超 200万円以下100万円超 100万円以下10万円超
借入利率(金利) 1.8〜6.1% 6.1〜7.6% 7.6〜10.6% 10.6〜13.6% 13.6〜14.6%

バンクイックのほうが上下ともにアコムよりもよい金利条件で借入ができる可能性があります。
なお、アコムの金利については「アコムの金利と利息」で詳しく解説しています。

アコムとバンクイックの在籍確認の比較

アコムでもバンクイックでもキャッシング審査に際して在籍確認が行われます。在籍確認は安定した収入があり、返済能力があるかどうかを見るために絶対に必要なことだからです。在籍確認は担当者が職場に電話をかけるという形で行われます。
電話をかける際、アコムの場合は担当者の個人名を名乗り、バンクイックの場合は三菱東京UFJ銀行を名乗ります。バンクイックも申し込み前に事前に相談することで個人名でかけてもらうことができます。

どちらとも、どうしても電話での在籍確認のできない場合には、給与明細や会社名の記載された健康保険証、雇用契約の写しなどといった在籍確認の代わりとなる必要用意し、担当者に相談することで在籍確認のための職場へ電話される可能性を下げることができます。

ただ、それでも電話確認が必要になってしまうケースもありますので、担当者とよく相談するようにしましょう。
なお、アコムの在籍確認の流れなどについては、「アコムでの審査時に行われる在籍確認の電話の内容やタイミング」で詳しく解説しております。

アコムとバンクイックの無利息期間サービスの比較

アコムには30日間金利0円サービスという無利息サービスがあります。契約日の翌日から30日間金利が0円になるというサービスです。借入日の翌日からではないので気を付けてください。30日間金利0円サービスの対象条件は、「アコムの契約がはじめてであること」「35日ごと返済を選択していること」の二つです。
バンクイックには無利息サービスはありません。30日間金利0円サービスの範囲内で借入を行うのであれば、支払う利息総額はアコムほうがバンクイックよりも少ない場合があります。

アコムとバンクイックの融資までのスピードの比較

アコム、バンクイックともに即日融資が可能です。
共に申込から審査完了までの最短時間が30分程度となっています。
即日融資が可能かどうかは、審査方法、借入方法、曜日、利用金融機関などによって条件が変わってきます。

アコムでの即日融資可能な借入方法は複数ある

アコムで即日融資が可能な借入方法は以下の3つになります。

  • 振込融資を利用した場合
  • 初めての借入の特例の場合
  • 自動契約機でローンカードを発行する場合

アコム振込を利用した借入の場合

金融機関名 曜日 振込時間のリミット 融資申込時間のリミット
ゆうちょ銀行 月~金 14:00 13:00ごろ
土日祝日 即日は不可能
銀行・信用金庫 月~金 14:30 13:30ごろ
土日祝日 即日は不可能
楽天銀行 全日 23:50 20:00ごろ

アコムでのはじめての借入の特例

一部金融機関でのはじめての借入に関しては例外規定があります。

金融機関口座(本人名義に限る) 受付日時 融資申込時間のリミット
三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行 平日の18:00まで 平日の17:00ごろ

上の表からわかるように三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の場合には初回の借入に限り、平日の18時までに受付をした場合に限り、即日での銀行振込での融資が可能となります。

ローンカードを発行してATMから融資を受ける場合

むじんくんでローンカードを発行し、提携ATMで借入を行う場合は、むじんくんの営業時間が年中無休8:00~22:00となっているので、21:00頃に申込めば間に合う計算になります。

バンクイックで即日融資を受けるにはカードの発行が必須

バンクイックには、インターネット、テレビ窓口、電話の3通りの申込み方法があります。即日融資が受けたいのであれば、どの申込み方法を使っても最終的にテレビ窓口に行って審査を受け、カードを受け取る方法を使うことになります。

バンクイックの自動契約機であるテレビ窓口の営業時間は、平日が9:00~20:00、土曜祝日が10:00~18:00、日曜が10:00~17:00となっています。即日融資を受けるためには、営業終了時間の1時間~1時間半前には申し込みをしておかないと間に合いません。

バンクイックを利用して口座振込での即日融資を希望する場合は、土日祝日は即日は無理で、平日は14:00が振込みのリミットの時間となっています。

提携先ATMなど借りやすさの比較

提携先ATMのつかいやすさはアコムに軍配が上がる

アコムの提携先ATMは、セブン銀行、ローソンATM、イーネット、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、ゼロバンク、北海道銀行、北陸銀行、東京スター銀行、八十二銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾンです。また、アコムには全国各地に店舗ATM(むじんくん)があり借入、返済がしやすいと言えます。
一方、バンクイックは、セブン銀行、ローソンATM、イーネットなどコンビニ系ATMを使って借入・返済ができます。もちろん、三菱東京UFJ銀行のATMも利用できます。
提携先ATMを使う時の手数料ですが、アコムの場合は「1万円以下108円」「1万円超216円」となっているのに対し、バンクイックは無料となっています。
当然のことながら、アコムの場合アコムのATMからの手数料は無料ですし、バンクイックも三菱東京UFJ銀行のATMも手数料無料です。

返済方法や返済日などの比較

アコムの場合、35日ごとの返済と、毎月指定日の返済の2通りを選ぶことができます。口座振替にした場合の毎月の自動引き落とし日は6日になっています。
バンクイックの場合も35日ごとの返済と、毎月指定日の返済のどちらかを選ぶことができます。口座振替にした場合も指定日を選ぶことができます。

ここまで、アコムとバンクイック2つのカードローンを比較してきました。休日の銀行振込融資や無利息期間サービス期間の有無などの利便性ではアコムが、金利の低さについてはバンクイックをおすすめいたします。アコムとバンクイックどちらを利用するかで迷っている方は、キャッシング利用時にどのようなことを重要視するかで選んでみてはいかがでしょうか。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間