プロミスでの申し込みや審査時には保証人不要である

銀行などの金融機関お金を借りる際には、保証人や連帯保証人が必要だという話をよく聞くと思います。
大手消費者金融であるプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)でお金を借りる際にも保証人(連帯保証人)や担保が必要なのかと思う方と多いのではないでしょうか。

結論からいいますと、プロミスでキャッシングを利用する場合には、保証人や担保は不要です。

それでは、どうしてプロミスが保証人不要で申し込み可能なのか、また、プロミスでの申し込みに必要なものは何があるのかについて解説いたします。

プロミスは保証人や担保は不要で借り入れ可能

プロミスを利用する際に、利用者は保証人を立てる必要がありません。
つまり、プロミスから融資を受ける際には保証人または連帯保証人は不要です。
現在ではプロミスだけなく大手消費者金融の多くが保証人(連帯保証人)や担保は必要ありません。

消費者金融の多くが保証人や担保が不要な理由

なぜなら、プロミスなどの大手消費者金融は、個人を対象に小口の融資を無担保で貸し付けるという業態です。そのため比較的借りやすいように、保証人や担保を必要とせず、お金が必要な時に小口の融資をすぐに受けられることが、カードローン会社の特徴であるからです。

利用条件をみたしていれば保証人不要で申し込み可能

プロミスを利用する際の条件は、公式ホームページなどにも記載されているように20歳以上69歳以下で安定した収入と返済能力が持っていれば問題ありません。

つまり、利用条件さえ満たしていれば、正社員でなくアルバイトやパート・派遣社員や契約社員でも申し込み可能です。

ただし、プロミスから融資を受けるには、申込時の審査に通過することが必要となります。

プロミスではでは申し込み前に融資可能かどうかの目安を判断できる

プロミスでは、公式ホームページ内に「お借入シュミレーション」という、事前におおまかな融資の可否を判断することが可能です。 この「お借入診断」を利用して、プロミスに申込前に他社借入があっても融資可能かどうかを診断してみるのもいいでしょう。 このお借入診断は、「年収・年齢と借入額」から融資可能かどうかを判断しているだけですので、住所、氏名といった個人情報を入れることもなく安心して融資可能かどうかを判断してくれます。 診断結果は、下記の2通りです

「融資可能です」
「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

ただし「融資可能です」表示された場合でも、あくまで融資の目安ですので実際の審査結果と異なることもあります。

プロミスでは申し込み・審査・契約時に本人確認書類が必要

保証人が不要で申し込みやすいプロミスのカードローンですが、それでは申込みの際に必要な書類にはなにがあるでしょうか。

プロミスで有効な本人確認書類とは運転免許証などの本人確認書類

プロミスでキャッシングを申し込みする際に必要になる本人確認書類は以下になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

健康保険証やパスポートも本人確認書類として使用できますが、住民基本台帳カード(写真付きマイナンバーカード)や下記の書類が必要な場合もあります。
また、外国籍の方がプロミスカードローンに申し込む際には永住権を認めた「特別永住者証明書」もしくは「在留カード」の提出が求められます。

  • 公共料金の領収書
    (電気・水道・ガス・固定電話・NHKなどの領収書)携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書

上記にあげた書類は発行日または領収日付から6か月以内の最新のものが有効となります。
6か月より過去の書類の場合には有効な書類として認められませんので注意してください

収入証明書が必要な場合もある

通常、プロミスのキャッシング申し込みでは収入証明書は不要ですが、次の場合には提出しなければなりません。

  • 50万円を超える借入れ希望の場合
  • 借入希望額と、他社借入額との合計が100万円を超える場合

貸金業法に「総量規制」のルールがあり、年収の3分の1を超える貸出しが禁じられています。そのため、消費者金融等の貸金業者には、一定の場合に年収を確認する義務が生じるのです。そのため、この確認は消費者金融各社に共通するルールとなっています。

「他社借入額」は、通常のローンの場合は「残高」ですが、カードローンの場合は「限度額」となりますのでご注意ください。いつでもすぐに借り入れられる額の合計が、すなわち「他社借入額」です。

銀行カードローンは貸金業法によるものではないので、この借入額は申告する必要はありません。いっぽう、クレジットカードの「キャッシング枠」については貸金業法に基づいていますので、申告が必要です。
また、収入証明書が不要の場合であっても、他社借入額の申告はきちんとしましょう。虚偽内容に基づく申込みがありますと、結局は審査に落ちてしまいます。審査の際には、申込者の個人信用情報を確認されますので、虚偽の申告をして申し込んでもいいことはありません。
プロミスで収入証明書として認められるものは次の書類のいずれかです。消費者金融各社により、認められる書類に若干の違いがありますのでご注意ください。いずれも最新のものが必要です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書(直近2か月。それに加えて1年分の賞与明細書)

プロミスでの申し込み方法と必要書類の送り方

本人確認書類と収入証明書は、どうやって提出すればよいでしょうか。店頭窓口の申込みの場合は、運転免許証などの本人確認書類を提示すればいいわけですが、申込方法は、全体としては珍しいものです。
「プロミス」カードローンの申込み方法は下記
プロミスでは、下記の申し込み方法があります。

  • WEB
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • 郵送

WEB契約か自動契約機での契約で書類の送付方法がことなる

Webで申し込む場合は、パソコンの他にもスマートフォンからでも可能です。
審査通過後は、自動契約機に出向いて契約を完結させる方法と、ローン用カードを必要とせず、Webで完結する方法とがあります。書類については、その写真を撮って、「アプリでのアップロード」「Eメールで送信」などの手段で提出するのが標準的な方法です。ローンカードを受け取りに自動契約機に行く場合なら、提出書類は持っていけば、すぐスキャンして提出できます。

また、自動契約機でカードローンを申し込む場合は、本人確認書類を機械にスキャンする(かざす)だけで簡単です。電話で申し込む場合も、審査の内容は変わりません。必要書類はFaxでの送信も可能ですので、コンビニからも提出できます。

プロミスの申し込み方法によってメリット・デメリットがある

各申し込み方法別にメリット・デメリットを下の図にまとめましたので、参考にしてみてください。

各申し込み別メリット・デメリット
申し込み方法 メリット デメリット
WEB 365日・24時間申込可能。 担当者に不明点や質問がある場合には電話で聞く必要がある。
電話 365日・24時間申込可能、電話で融資の質問や相談ができる。 電話での申し込み内容を口頭で伝えるため、ネットの比べて申し込みに時間がかかる。
店頭窓口 プロミスの担当者と直接相談しながら、融資の申し込みができる。 店頭窓口の数が圧倒的に少ない。営業時間が、平日の9時~18時(一部19時)と短い。
自動契約機 店頭窓口に比べ、営業時間が土日祝日含め営業時間が8時~22時と長く、プロミスの担当者と電話相談しながら、融資の申し込みができる。 審査時間を自動契約機内で待たされる可能性もある。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間