プロミスの審査は水商売の人でも通るのか

キャバ嬢やホストなど水商売をしている方は、消費者金融や銀行カードローンなど金融機関でお金を借りる際には審査に通りにくいといわれています。

また、マンションやアパートの賃貸契約や住宅ローン・自動車ローンなど各種ローンの審査にも水商売は不利だと言われています。

しかし、水商売の方でもカードローンを利用している方は少なくありません。

会社員や公務員よりも借入時の審査に通りにくいのは事実ですが、安定した収入があり、運転免許証などの契約に必要な書類を準備して、

ここでは、水商売の人がプロミスカードローンのに通りやすくなる方法や水商売をしている方の審査時の在籍確認のポイントについて解説いたします。

プロミスカードローンは水商売の方でも利用できる

プロミスカードローンの申し込み条件は「安定した収入」と「年齢が20歳以上69歳以下」であることの2つです。

つまり、安定した収入さえあれば、主婦や学生でもプロミスカードローンを利用できます。また、パートやアルバイト、派遣社員などの雇用形態や給与形態も固定給でも歩合給であっても問題なく利用できます。
ただし、上記の条件をクリアしているからといって、必ずしも審査が通るわけではありません。
プロミスでは、キャッシング審査の際に務先情報や住宅情報、家族構成など、申込者の属性審査して融資するかどうか、利用限度額をいくらに設定するか決めます。
プロミスでの審査の流れや審査基準については、「プロミスの審査の流れと審査基準」で詳しく解説しております。

水商売の人がプロミスの審査に不利だとされる理由

水商売の人は収入が安定していない

水商売の人は、プロミスに限らず消費者金融や銀行カードローンの審査に不利だといわれています。
その理由は、金融機関に収入が安定していないとみられるためです。
キャバクラ嬢やホステス・ホストの方の中には、月収数百万円、それより多い方では年収数千万円の方も少なくありません
このような水商売の方の場合、一般の会社員や公務員より年収が多いですが、収入が不安定あることには変わりありません。また、年収よりも交際費などで出費がかさんでしまうこともあるようです。プロミスなどの消費者金融や銀行などが利用者にお金を貸す場合、申込者に返済能力があるかどうかを判断します。

収入が少なくても月々決まった金額を返済できると判断されれば審査に通りやすく、逆に収入が高くても月々決まった金額を返済できないと判断した場合には審査に通りつらくなります。

それでは、水商売の方がプロミスの審査に通るためにはどのような対策をしたらいいのでしょうか。

収入証明書を提出することで水商売でも審査に通りやすくなる

プロミスでは、希望利用限度額が50万円を超える場合、もしくは他社借入額とプロミスとの希望限度額が100万円を超える場合には、申し込み・契約時に収入証明書の提出を求めています。

収入証明書とは、源泉徴収票や給与明細書、所得証明書などの書類です。

プロミスではこれらの収入証明書は、50万円以下の借り入れの場合には不要ですが、水商売の方は収入が不安定とみなされてしまうために、申し込み・審査時に収入証明書を提出しておくと、プロミスの担当者が申込者の年収を把握することができて審査に有利になることがあります。

収入証明書の提出方法は、プロミスの店頭窓口で申し込む場合はその場で提出し、インターネットやむじんくん(自動契約機)などで申し込む場合は写真データを送付します。プロミスカードローンの申し込み方法については、「プロミスカードローンの申し込みの流れや方法」で、プロミスで必要な収入証明書の詳細については、「プロミスで収入証明書が必要な場合」で詳しくしています。

プロミスではキャッシング審査時に在籍確認がある

プロミスではキャッシングの借り入れ審査の際に「在籍確認」を必ず行います。
在籍確認とは、申込者の勤務先(お店)に電話をかけ、本当にその勤務先に在籍しているかどうかを確認するもので、通常審査の終盤に行われる場合が多いです。

それでは、水商売の方がスムーズに在籍確認を完了させるためにはどうしたらいいのでしょうか。
水商売をしている方の場合、次にあげるポイントが在籍確認をスムーズに完了させるポイントになります。

  • 在籍確認の電話の時間帯を夜にしてもらう
  • 源氏名での在籍確認を希望する場合は事前にプロミスに連絡しておく
  • 水商売と昼間の仕事両方している場合には申し込み時に連絡に使いやすい勤務先を記載する

在籍確認の電話の時間帯を夜にしてもらう

在籍確認ではキャバクラ嬢なら勤務しているキャバクラに、ホストなら勤務しているホストクラブにプロミスの担当者から電話がかかってきます。
その際に、プロミスの担当者は「プロミス」の社名を名乗らずに個人名で電話をしてくれるので周囲の人にバレることもないでしょう。
水商売をしている方の場合、昼間はお店が空いていないことが多いので、申し込み前に事前または、申し込み完了のメールが届いた際に、電話で在籍確認を夜にしてほしい旨を伝えましょう。

源氏名での在籍確認も対応している

水商売の場合には源氏名で仕事をされている場合もあると思います。プロミスでは源氏名での在籍確認も対応しています。源氏名での在籍確認を依頼したい場合には、事前にプロミスに電話をして「源氏名」での在籍確認したい旨を伝えるだけで問題ありません。

昼間の仕事も場合にはどちらの勤務先のみに在籍確認の電話がかかってくる

水商売以外に昼間の仕事をしている方も多いと思います。その際には、水商売をしている勤務先と昼間のお仕事両方の勤務先を記載すれば、問題ありません。このように勤務先が複数ある場合には、どちらか1つだけの勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。

申込者が不在や休みの場合でも在籍確認は完了する

申込者本人が電話に出られなかった場合でも、
お店に在籍していることを確認できれば在籍確認は完了となります。
例えば「◯◯さんはいらっしゃいますか?」というプロミスの審査担当者からの質問に対し、
「今日はお休みです」
「22時に出勤します」
とお店の方が答えたような場合は、その時点で在籍確認は完了です。

上記のように、申込者が非番の日でも問題なく在籍確認を完了させる、自分で電話に出ずとも在籍をしっかり確認できるように、プロミスの担当者とあらかじめ相談しておきましょう。

水商売だからといってアリバイ会社の利用は禁物

アリバイ会社とは無職の方があたかも会社に在籍しているかのように見せかける会社のことです。
アリバイ会社でインターネット検索するとそのようなサービスを展開されている企業がすぐに出てきます。
このアリバイ会社でのサービスは本人確認書類や収入証明書等を虚偽の書類の作成もしており、悪質な場合は詐欺などの刑事事件に発展するケースもあるようです。

アリバイ会社利用してプロミスでお金を借りるのは不可能

アリバイ会社は依頼をすれば、在籍確認までも対応してくれます。無職の方などが今すぐお金が欲しいという方が、アリバイ会社を利用することが多いようです。

しかし、これらのアリバイ会社の情報をプロミスをはじめ消費者金融業者はリストとして保有しています。

これらのアリバイ会社とされている会社名で、申し込みをした場合には。アリバイ会社とみなされますので、審査はまず通りません。

また、リストに無い会社でうまくすり抜けられたとしても、リストは随時更新されていきますので、アリバイ会社の利用がすぐにバレると考えてください。プロミスをはじめ消費者金融でキャシングの申し込みをする場合には、このようなアリバイ会社を利用することは絶対にやめましょう。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間