アコムの仮審査と本審査に通るためのポイント

アコムをはじめとする大手消費者金融の審査では、申込者の申し込み情報をコンピューターで点数可していく「仮審査」と仮審査通過後に担当者が融資できるかどうかを判断する「本審査」があります。そして、アコムから融資を受けるためには、まず仮審査に通過後、本審査にも通過する必要があります。

それでは、どのようにしたらアコムの審査を通ることができるのでしょうか。

ここでは、アコムの仮審査と本審査に通るためのポイントについて解説いたします。

アコムでは申し込み完了後に自動与信システムによる仮審査を行う

与信審査とは、申込者の申し込み内容から返済能力や信用度を審査することであり、与信審査を突破しないと仮審査に通過することはできません。
また、与信審査で活用されるのが自動与信システムと呼ばれるものであり、コンピューターによる審査が行われます。
消費者金融会社によって自動与信システムの内容に違いはありますが、アコムを含め多くの消費者金融業者では過去の顧客データを元に属性を切り分けて点数化(属性スコアリング)するものです。この属性スコアリングの点数が高ければ高いほど信用度も高く、利用限度額も高くなるわけです。

属性システムで点数化される項目は申込者の個人情報や他社借り入れ状況など

属性システムで点数化される項目は、申込者の「年収」「勤続年数」「他社借入件数」などであり、これらの点数が基準値以上なら仮審査に通過できます。
自動与信システムによる仮審査は、安定した収入があり、過去に「長期延滞や自己破産などの金融事故」を起こしていなければ通過できる考えていいでしょう

本審査ではアコム担当者によって審査が行われる

コンピューターによる自動与信システム(属性スコアリング)による仮審査に通ったら、アコム担当者の手によって行われる本審査へと進みます。
本審査では、申込時に申告された内容と運転免許証やパスポートなど本人確認書類に間違いがないのかを確認します。
申込内容と本人確認書類の相違や記載の誤り・漏れがなければ無事に審査通過となり、アコムでの契約が可能となります。

本審査の終盤で在籍確認がある

申込者が申告した勤務先で本当に働いているかをアコムの担当者が確認する「在籍確認」の電話連絡は、この本審査の最終段階として行われます。

在籍確認では申込者の勤務先にアコムの担当者が電話をする

在籍確認の電話は、初めてアコムなどの消費者金融を利用する方には抵抗があるかと思いますが、アコムの審査担当者は、「アコム」の社名を名乗らずに「個人名」で申込者の勤務先に在籍確認の電話をしますので安心してください。
実際はカードローンを利用した人でも、在籍確認の電話に気が付かずに在籍確認が完了していたケースがほとんどです。

申込者本人が在籍確認の電話に出た場合には、申込者本人とい確認できればこれで、在籍確認は完了となります。

また、申込者本人が不在の場合には、申込者の勤務先の人が、申込者が勤務先に在籍してことを確認できれば、在籍確認は完了です。

もし、本人が不在の際に勤務先の従業員が「今はいない」や「休んでいる」と返答した場合には不在理由や休みなのか休職中なのかを判断できないためにアコムの担当者は具体的な不在や休みの理由を尋ねることになります。

アコム申し込み時に審査に通るか心配なら3秒診断をしてみる

アコムではインターネット限定の診断サービスととして「3秒診断」という、インターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスもあります。
この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。
アコムのホームページには「3秒診断」というネット限定で診断ができるサービスがあります。このサービスは必要な事項を入力するだけで、アコムからの融資が可能かどうの目安判断してくれるものです。

アコムの3秒診断の診断方法

3秒診断では、住所、氏名といった個人を特定するものを入力することがありません。
3秒診断に入力する情報は下記の4つとなります。

  • 年齢
  • 他社の借り入れ状況

上記に記載されている「他社の借り入れ状況」とは貸金業者からの借り入れのことです。ですから、他社消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れ件数と合計金額を入力すればいいわけです。
3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

ただし、3秒診断で「ご融資可能と思われます」と表示がなされても審査に落ちることはありますので注意しましょう。3秒診断はあくまでも融資可能かどうかを判断してくれる1つの目安と考えておくとよいでしょう。

仮審査には通ったが本審査に落ちてしまう場合

それではアコムの仮審査に通って本審査に落ちてしまう場合にはどのようなことが考えられるのでしょうか。仮審査に通って本審査に落ちてしまう場合には、主に下記のような項目が該当します

  • 申込時に虚偽の記載や記入漏れ・記入ミスがあった
  • 在籍確認がきちんと完了されなかった
  • 仮審査での属性スコアが低かった

申し込み内容に虚偽や誤りなどがあった

申し込み内容に虚偽記載や誤りまたは記入漏れなどがあるとアコムの本審査に落ちてしまいます。
申し込み後の仮審査の時点で、勤務先や年収などの個人情報や他社借り入れ件数や他社借り入れ金額などに虚偽記載や誤りがあった場合です。
「アコムの審査にどうしても通りたい」といって年収や勤続年数など実際よりも大きく申告したりするのは絶対にやめましょう。また、申し込み時に間違えて申告してしまった場合には
申し込み内容の記載の誤りに気づいた時点でアコムの担当者にすぐに連絡するようにしましょう。

在籍確認がきちんと完了されなかった

アコムでの審査時に在籍確認できない、もしくは、申し込み時に申告した勤務先を休職していた場合や、既に退職していた場合などは在籍確認がなされたとはみなされないため本審査に落ちてしまうことになります。

アコムでは、在籍確認の電話をするのが難しいには担当者の判断で、会社名のある健康保険証や給与明細書などの書類提出で在籍確認の電話をしたとみなしてくれることもあるので、どうしても在籍確認の電話が難しい場合には事前にアコムの担当者に電話で相談してみてはいかがでしょうか。

仮審査での属性スコアが低かった

先ほども解説いたしましたが、アコムでの仮審査は、過去の顧客データを元に属性を切り分けて点数化(属性スコアリング)するものです。
他社での借り入れ件数や借り入れ金額が多い場合など、申し込み時の仮審査をギリギリで通過した場合などは、アコムの担当者の判断で、収入証明書が不要であっても提出を求められることがあります。その際に、収入証明書が提出できないまたは、収入証明書の記載されている収入が少ない場合には審査に落ちてしまう場合もあります。

アコムの審査に通るためのポイント

それでは、アコムの仮審査・本審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。アコムの仮審査や本審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。
アコムでの主な審査基準は下記の2つです。

  • 年収や勤続年数や雇用形態などの個人情報(属性スコアリング)
  • 他社借り入れ件数や他社借り入れ金額や金融事故の有無(信用情報)

上記の2つの項目に明確な基準があるわけではなく、あくまでも各項目を総合的に判断しています。つまり、1つでも審査基準をみなしていない項目があると審査には通りません。もちろん、年収200万円以上、勤続年数も1年を超えており、正社員であり。持ち家に住んでおり、他社借り入れ件数や借り入れ金額も0円というのがアコムでの審査を有利にすすめるには理想的だと思います。

利用限度額を少なめにして必要な分だけ借りる

たとえアルバイトやパートであっても、また持ち家でなく借家でも、他社借り入れ件数や金額があっても、借入希望額(利用限度額)を「10万円以下の少額融資」に設定することで審査に通りやすくなります。そのため、アコムでの審査を受ける際には、お金が必要な分だけを希望限度額とするようにしましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間