アコムとレイクの利用限度額・金利・無利息期間などの比較

キャッシングを利用する際に、「消費者金融のカードローンにするか、または銀行カードローンにするか」迷うことがあるかと思います。

一般的に比較的金利が低い銀行カードローン、または申し込みから審査、融資までの時間が短い消費者金融カードローン、双方にメリットがあります。

そこで、ここでは大手消費者金融のアコムと、2008年に銀行カードローンに生まれ変わった新生銀行のレイクとで、利用限度額や金利、無利息期間などを比較してみました。

アコム・レイクの特徴や魅力そして、2社の違いを掘り下げてみたいと思います。

アコムとレイクの大きな違いは総量規制の対象かどうか

アコムレイクの最も大きな違いは、「総量規制の対象」になるかどうかです。消費者金融のアコムは総量規制の対象で、レイクは総量規制の対象外になります。
総量規制とは、貸金業法で定められている、融資額の規制のことをいいます。
消費者金融、信販会社、クレジット会社からの融資は「利用者の年収の3分の1まで」に制限され、それを超える貸付をした場合は禁止されています。

例えば、年収300万円の人がアコムから借りられるお金は最大100万円ですが、レイクにはその制限がありません。審査結果によっては、100万円以上の借り入れも可能です。ただし、総量規制がないからといって審査が甘かったり、年収の3分の1を超える金額を必ずしも借りられるとは限らないので注意しましょう。

消費者金融 アコム レイク
金利(実質年率) 3.0~18.0% 4.5~18.0%
利用借入限度額 1~800万円 1~500万円
審査時間 最短30分 最短30分
即日融資 最短1時間 最短1時間
無利息期間 契約日の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間
5万円分まで契約日の翌日から180日間
返済日 35日ごとの返済・毎月払い 毎月払い
初回の最少返済額 9,000円(30万円借入れの場合) 7,000円(30万円借入れの場合)

アコムとレイクの金利・限度額の比較

アコムとレイクの金利と利用限度額から細かくみていくことにしましょう。

アコム レイク
利用限度額 1~800万円 1~500万円

金利(実質年率) 3.0~18.0% 4.5~18.0%

アコムの金利は3.0%~18.0%、利用限度額は800万円です。
一方で、レイクの金利は4.5%~18.0%、利用限度額は500万円です。
アコムとレイクの金利はほぼ変わりませんが、利用限度額はアコムの方が金額が高いです。

ただし、アコムカードローンは総量規制の対象のため、アコムから800万円の融資を受けるには、他社借入が0円だとしても年収2400万円以上ないと融資を受けられません。

そのため、両者の金利と利用限度額については、ほぼ同等だと考えてもいいでしょう。

ただ、アコムは総量規制の対象になりますので、800万円を融資してもらうには年収が2,400万円も必要になるため、最高限度額が設定される可能性はほとんどありません。ですから、両社の融資条件に関しては「ほぼ同じ」と考えて良いでしょう。

アコムとレイクの無利息期間サービスの比較

次に、アコムとレイクの無利息期間サービスを比較してみましょう。

アコム・レイクの無利息サービスの内容は下記の通りです。(両社初回契約のみ)

アコム:初回契約に限り契約日の翌日から30日間の無利息
レイク:初回契約に限り契約日の翌日から30日間の無利息 もしくは、5万円分まで180日間の無利息

アコムとレイクの無利息期間は、いずれも「契約日の翌日から30日間の無利息サービス」です。つまり、両社とも無利息サービスを受ける際には、契約後すぐに融資を受けないと無利息期間が減ってしまいますので注意が必要です。

レイクに5万円までは180日間無利息サービスがある

レイクには「30日間の無利息期間」と「5万円分まで180日間の無利息サービス」のいずれかを契約時に選択できます。

レイクの180日間無利息は、借入額のうち、5万円分までが無利息になる特殊なサービスです。

たとえば10万円を借りた場合、180日間は借入額の10万円から無利息の5万円を差し引いた、5万円に利息がかかる仕組みです(※ 200万円以上の契約の場合、5万円分無利息サービスは使えません。30日間無利息期間は適用可能です)。

アコムとレイクの30日間無利息を使った場合の利息総額

この2つの無利息期間がある場合「どっちの方がお得なの?」と思いますよね。以下、もちろん、借入額や月々にいくら返すかによって、どちらがお得かは100%言い切れませんが、以下参考までに、10万円の借入を月々1万円ずつ返済する場合、どちらのほうがお得になるのか計算しました。

まず、アコムとレイクの30日間無利息サービスを利用した場合の利息総額を計算した結果、利息総額は7,306円になりました。

レイクの5万円分180日間無利息を使った場合の利息総額
借入額10万円のケースにおいては、アコムよりも、レイクの180日間無利息サービスを利用したほうが利息総額を節約することが可能です。

申し込みから審査、融資までのスピードを比較

アコムとレイクの審査スピード(融資スピード)を比較してみましょう。
アコム・レイクともに最短即日融資に対応しており、全国に自動契約機(無人契約機)を保有しているところまでは共通していますが、

アコムには土日祝日は在籍確認を後回しにして、先に融資してくれるメリットがあります。

アコムでは三菱東京UFJ銀行やセブン銀行と提携し、全国に提携ATMが多いというメリットもあります。

アコムとレイクの融資スピードに差はありませんが、提携先ATMの多さなどを考えると細かい対応面ではアコムに軍配があがるでしょう。

なお、アコムの審査の流れについては「アコムカードローンの審査の流れ」で、アコムの審査基準については、「アコムカードローンの審査基準と審査に落ちた人の対応策」で詳しく解説しております。

アコムとレイクの返済額や返済方法に関しての比較

アコムとレイクの返済について、返済方式、返済方法、返済日の3つの面から比較してみましょう。

返済方式からみた最少返済額はレイクの方が安い

アコムの返済は、借入後、毎月の返済額が再計算される元利定額残高スライドリボルビング方式を採用しています。

一方、レイクの返済方式は、残高に応じて返済額が変動する残高スライドリボルビング方式です。

例えば30万円借り入れた場合、
アコムは月々の最低返済額は14,000円に固定されます。
追加融資を受けた場合に限り、最低返済額を再計算します。一方でレイクは、借入残高によって返済額が変動します。
初月の最低返済額は7,000円になり、残高が200,000円を切った時に最低返済額が5,000円、100,000円を切った時に3,000円と返済額がスライドしていく仕組みです。

レイクのほうが月々の返済額は安いですが、最低返済額だけを支払い続けると返済期間が長くなり、結果として利息総額が増えてしまうデメリットがあります。

そのため、アコム・レイクいずれのキャッシングを利用する場合でも、お金に余裕のある際には、追加入金や一括返済などをして早めに返済したほうが、利息総額を節約できますのでおすすめです。なお、アコムの一括返済については、「アコムからの借金を一括返済・全額返済する方法とメリット」で詳しく解説しております。

返済期間が長くなるとしても月々の返済額が少ないレイクを取るか、月々の返済額は高くても短期間で完済できるアコムを取るか、じっくり考えてください。

返済方法はアコム・レイクともに同様

アコムとレイクの返済方法は共通していて、両社ともにインターネット、専用ATM、提携ATM、口座振替、銀行振込から選べます。
しかし、レイクの場合提携ATMの利用手数料が無料になりますので、セブン銀行などのコンビニから気軽に返済しやすいという利点があります。

返済期日は35日ごとの返済があるアコムが便利

アコムとレイクの返済日は、特定の日を指定ことが可能です。
また、口座振替での返済日をみるとアコムの口座振替日は毎月6日、レイクは毎月14日か毎月27日から選択することが可能です。

その日が金融機関の定休日ならば翌営業日に引き落としされます。
また、アコムは「35日ごと返済」という変則的な返済も指定できますので、収入がやや不定期な人にとってはアコムのほうが便利です。(アコムの無利息期間サービスを利用される際には35日ごとの返済にすることが、無利息期間サービス適応の条件となります。)

アコムとレイクどちらが優れているではなく、使いやすさを選ぶのであればアコム、10万円程度の少額融資を希望しているのであれば180日間無利息サービスが利用できるレイクと、キャッシング利用時にどのような点を重視したいのかで選んでみてはいかがでしょうか。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間