賃貸契約での入居審査にプロミスの借入は影響するのか

アパートやマンションを探していていざ契約するタイミングで、アパートやマンションを管理している保証会社よりアパートやマンションに入居するための審査があることをご存知でしょうか。

実際ご自身でアパートやマンションを契約された方は流れを把握されているとは思いますがアパートやマンションを賃貸契約する際、保証人が必要なケースがあります。
しかし、アパートやマンションの賃貸契約するために保証人を設定するのは面倒という観点から代わりに保証人となる保証会社というものがあります。
保証料を毎月支払うことで、保証人となってくれるというサービスです。

保証人になるとは例えば家賃が滞納した際立て替えてくれ、その後保証会社から請求が来るという流れのため契約者に支払い能力があるか。アパートやマンションの保証会社が賃貸契約を結ぶ際に不動産業者との間に立ってカードローン会社へ借入申込をする際に行われる審査と同様のことが行われます。

では、この賃貸契約前の審査ですが、プロミスを含む消費者金融での借り入れがあった場合、この審査に通らなくなってしまうのでしょうか。ここでは、アパートやマンションの賃貸契約の審査の際に、プロミスでの借入が影響するかどうかについて詳しく解説いたします。

マンションやアパートの入居審査ではどのようなことをするのか

賃貸の入居審査とは、消費者金融からの借り入れ同様、賃貸物件も不動産業者から物件を借りるため、今後不動産業者の大事な物件に住む方がきちんと支払いができるか、トラブルを起こさない人かといった信用に足る人かを審査する必要があります。これを入居審査と言います。不動産業者や大家はできる限りトラブルを避けたいものです。
入居審査は下記の2つのパターンが存在します。

  • 不動産業者が審査する場合
  • 不動産業者と保証会社の審査がある場合

それでは、上記2つのパターンを詳しくみていくことにしましょう。

不動産業者が審査する場合

不動産業者が審査する場合は、賃貸物件の管理会社や個人大家が対応します。
詳細な審査基準はありませんが、大まかな審査基準は下記の通りです。

  • 安定した収入があり、毎月の家賃を滞りなく支払えるか
  • 正社員か、派遣社員かなどの安定した職に就いているか
  • クレジットカード等の滞納履歴があるか
  • 見た目や心象が悪いかどうか

基本的に家賃の支払い能力があるかということと、近隣住民とトラブルを起こさないか、またはトラブルを起こしそうな見た目をしていないかと見ることが多いようです。
そのため、不動産業者が審査する場合はプロミスや他の消費者金融での借り入れは影響しないと考えていいでしょう。

なぜなら、マンションやアパートの賃貸申込者の消費者金融などでの借入状況は信用情報機関で信用情報を参照しなければ判明しません。これらの情報は信用情報機関に加盟しなければ参照ができませんので、不動産業者が直接確認することはできないからです。

信用情報機関とは消費者金融各社が加盟する会社で、利用者の債務状況を管理することを目的としています。
CIC(シーアイシー)、JICC(日本信用情報機構)、全銀協(全国銀行個人信用情報センター)が主な信用情報機関となります。

不動産業者と保証会社の審査がある場合

保証人として保証会社を利用する場合は保証会社の審査が入ります。
重複するかもしれませんが不動産業者が審査する場合と同様の項目を基本的に見られます。ただし、見た目に関しては判断がつかないので不動産業者がNG判定をしない限りは審査の対象とはなりません。

また、保証会社の中には申込者の信用情報を信用情報機関に確認する場合もあります。
明確な基準はありませんが、やはり消費者金融への返済を長期間滞納した、自己破産や債務整理をした等のいわゆるブラックリストに載っている場合、審査は通らないと考えてください。

保証会社が間に入る場合は、このように消費者金融申込時に行われる審査と同様の審査が行われると考えてもいいでしょう。そのため、複数の消費者金融からの借入をしている、また消費者金融での借入額が多い場合には、保証会社によりますが、審査に落ちてしまうこともあるようなので注意しましょう。

プロミスからの借入が賃貸契約の入居審査に影響するのか

プロミスや他の消費者金融から借入しているからすぐにアパートやマンションの入居審査に落ちてしまうということはありません。
消費者金融からの借入は借金ですし、イメージとしてもあまりよく思わない方も多いと思いますが、それならば車のローンをしている方も同じように借金をしています。このような人が審査落ちしたというのは考えづらいです。
入居審査はそういったイメージの悪い借金を抱えているからという理由で審査落ちすることはありません。消費者金融から借入があるからと言って賃貸契約ができないということには絶対に繋がらないことを覚えてください。

信用情報に傷がある場合には賃貸の審査に影響が出る

上でも解説しましたが、入居審査では支払い能力があるか、信用情報機関にブラックリストとして登録されているか。ということを重視して審査します。保証会社がプロミスのような信用情報機関に加盟している会社であれば個人の債務状況も見られますが、返済不可能な破産を余儀なくされているレベルの借入をしていない限りは審査は落ちることは無いと考えてください。滞納をした等の履歴が残っている場合は審査に落ちる可能性があります。

入居審査には明確な基準というものがありません。賃貸契約前に審査する会社がそれぞれ独自の基準で審査されていますが、下記の項目に該当していないようであれば、たとえプロミスをはじめとする消費者金融で借入があっても問題はありません。

借入件数は多くないか 

1~2社程度であれば問題ないことが多いです。カードローン借入の場合3社以上のカードローン会社から借入をしている場合、審査が通りにくくなることが事例としてあるため、同様の基準を持っておいた方がいいという観点です。

借入金額は多くないか

年収の2割程度であれば落ちる可能性は少ないです。こちらもカードローン借入の場合と比較しておりますが、プロミスを含む貸金業者ではカ総量規制という法律があり、利用者の年収の3分の1を超える個人への貸付は原則として禁止されています。このため既にプロミスを含めて年収の3割以上借入がある場合、借入金額が多いとみなされるようです。

債務整理をしていないか

 
任意整理や自己破産等の債務整理はいわゆるブラックリストとなります。登録から7年~10年程度は信用情報機関に登録されるため注意してください。

これらをしっかりと把握しておけば、たとえプロミスなどの消費者金融での借入があっても、アパートやマンションの入居審査には通るでしょう。また、この他に不動産業者や管理している大家の入居条件があれば契約前にチェックすることをお勧めします。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間