無職でもプロミスでお金を借りる事ができるのか

プロミスは、大手消費者金融のカードローンの中でも人気が高く保証人や担保も不要のため借りやすいカードローンと言って良いと思います。

しかし、プロミスカードローンを無職の人でも利用することができるのでしょうか

ここでは「無職でもプロミスでお金を借りられるのか」もし、プロミスを利用できない場合にはどのように対応したらいいのかについて詳しく解説いたします。

無職の人はプロミスを利用できない

収入の低い人ほど、お金に困っているとしても無理はありません。
そのため、次の就職が決まるまでの生活費などのつなぎ資金として借り入れをしたくなることもあるはずです。
しかし、消費者金融などの貸金業者にとって、個人への融資(貸付)はビジネスとして行うものです。当然のことですが、返済できる能力のない人には融資はしてくれません。
つまり、無職の人にはお金を貸してくれないということです。
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の大手消費者金融のプロミスも、無職の人にはお金を貸してくれません。

プロミスの申し込み条件は

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

この申し込み条件はプロミスの公式ホームページなどに記載されています。

つまり、無職の人がプロミスでカードローンを申し込んだとしてもすぐに審査に落ちてしまいます。それではどのような人が「無職」として扱われるのでしょうか。詳しくみていくことにしましょう。

無職とは安定した収入がない人のことである

プロミスをはじめとする消費者金融業者のキャッシング審査において「無職」として扱われるのは、次の場合です。

  • 現在職についていなく収入もない
  • 専業主婦・専業主夫
  • 失業保険を受給中の求職者
  • 会社を休職中で、健康保険から傷病手当金を受けている人
  • 育児休業中で、雇用保険から育児休業基本給付金を受けている人

上記であてはまる人にはプロミスをはじめとする消費者金融業者では「無職」として扱われます。下記のような方の場合には、安定した収入があるとみなされます。

  • 勤めには出ていないが、アパートを持っていて家賃収入が定期的にある人
  • 会社には勤めていないが、自営業・フリーランサーとして仕事を持っている人
  • 21歳の大学生だが、アルバイト収入がある
  • アフィリエイト収入のある専業主婦
  • 定職はなく、老齢年金を受給中の人

ただし、「定職はなく、老齢年金を受給中の人」のように年金や生活保護などの国や地方公共団体からの補助金を受け取っている人は、補助金だけの収入の場合には安定した収入とはみなされません。アルバイトなどをして他に収入がある場合にはプロミスカードローンを利用できます。

安定した収入とはどのような収入をいうのか

それでは、プロミスのいう「安定した収入」とはどのような収入をいうのかをみていくことにしましょう。
先ほど申し上げた通りプロミスカードローンの申し込み条件は「20歳~69歳で安定した収入と返済能力を有する方」と公式ホームページに記載されております。
それでは「安定した収入」というのはどのような収入なのでしょうか。
安定した収入というのは、主に下記の4つが該当します。

  • 給与収入
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 投資による収入

それでは順にみていくこととしましょう。

会社員やパート・アルバイトなどは給与収入

会社に勤務してお給料をもらっている場合が該当します。この際、正社員、派遣社員やアルバイト、パートなどの勤務形態や固定給、歩合給などの給与形態も問いません。

自営業者や個人事業主は事業収入

事業収入とは自営業などで、個人事業主として事業を行っている際の収入です。また、インターネットでのアフィリエイト収入も事業収入として認められています。

不動産収入

不動産収入とは土地や建物から得られる収入のことです。マンションやアパートなどの賃貸収入もこの中に含まれます。

投資による収入

投資による収入とは株や投資信託またはFXなどの投資によって得られた収入といいます。
上記の収入があることと、これらの収入が原則として月1回以上あることがプロミスの申し込み条件となります。つまり、職についていなくても月に1回以上、事業収入や不動産収入がある場合には「安定した収入」があるとみなされ、プロミスを利用できるということになります。
(プロミスカードローンの申し込みについては、「プロミスカードローンの申し込みの流れ」で詳しく解説しております。」
また、プロミスでは主に下記の3つが収入として認められておりません。

  • 生活保護費・年金などの国や地方公共団体から補助金など
  • ギャンブルで得たお金
  • 他人からもらったお小遣いや仕送り

上記の3つの場合、金額の多寡にかかわらずプロミスでは収入とはみなされませんので注意が必要です。
先ほども述べましたが、年金生活者の場合は、年金の他に収入がないと無職をみなされてしまいますので、注意してください。

プロミスは総量規制の対象ローンのため年収の3分の1を超える借り入れはできない

総量規制とは、プロミスやプロミス、プロミスなどの消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合には、利用者は年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。この規制は、借りすぎによる多重債務から利用者を守るために貸金業法と法律に定められたものです。
例えば、年収300万円の人が、他の消費者金融業者から60万円借り入れている状態でプロミスのカードローンの申し込みをした場合、借入金の総額が100万円となりますので、プロミスで借りられる上限額は40万ということになります。
つまり、無職で収入が0円の場合には、貸金業者から借り入れできる金額も0円ということになります。
プロミスの総量規制については、「プロミスカードローンは総量規制の対象」で詳しく解説しております。

安定した収入があるだけでは申込時の審査には通らない

上記であげた給与による収入や事業収入など安定した収入がある人であれば、「無職」扱いにはなりません。
その場合、プロミスのカードローンを申し込めば、融資を受けられる可能性があります。
ただしこの要件を満たしただけで、審査に通るわけではありません。審査落ちするのはどのようなケースでしょうか。

  • 年齢や申し込み条件を満たしていない
  • 長期滞納などの金融事故の記録がある
  • 他社借入件数や借入金額が多い
  • 収入が100万円未満である
  • 収入が安定していない
  • 勤続年数が短い
  • 在籍確認がとれない
  • 申込内容に虚偽がある

年齢や申し込み条件を満たしていない

20歳未満や、70歳以上の人は、カードローン申込みができません。運転免許証など本人確認書類を提出しますので、年齢を偽ることは不可能です。
・借入額が「総量規制」を超えるとき
消費者金融他社も含めた借入総額が、年収の3分の1を超えていますと、それ以上の借入れはできません。規制を超える貸出しは貸金業法違反になりますので、貸してもらえることはありません。
また、借入れ希望額を含めた借入れ総額が、年収の3分の1を超えてしまう場合も、希望額全額の借入れはできません。

長期滞納などの金融事故の記録がある

3か月以上のローン延滞があった場合、その事実は事故情報として個人信用情報機関に登録されます。事故情報が残っている人については、新たな審査を通過するのは大変難しくなります。
なお、他社消費者金融での借入金を延滞を完済していない場合は、プロミスでの借入は「難しい」ではなくて「論外」となります。

他社借入件数や借入金額が多い

借入総額が「総量規制」を超えていないとしても、借入れ件数自体が多いと、これも審査に通らない原因となります。
特に3件以上の借り入れがあると要注意です。「プロミス」の場合、他社借り入れが5件あると審査に通らないとされています。
この他社借入れには、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。キャッシング枠の金利は消費者金融と変わりませんので、新たな借り入れをせずそちらを使うこともご検討ください。
また、クレジットカードのキャッシング枠で、使っておらずその予定のないものがありましたら、カード会社に電話して解約することをお勧めします。その分、新たな融資の際の審査には有利になります。

年収が100万円未満である

無職でないとしても、収入があまりにも低いと審査に通りません。借りられたとしても、「10万円」の限度額という場合も多いようです。
そもそも、「総量規制」ルールがある以上、年収180万円の人が、3分の1の60万円以上を借りられることはあり得ません。

収入が安定していない

たとえ正社員で収入が多くても、安定していない場合、審査にあたってマイナスに働きます。
給与の大部分が歩合制である場合など、月々の収入が一定しないと、審査にあたっては不利です。貸す側としては、毎月確実に返済してもらわないとならない以上、収入の少ない月を基準にして審査せざるを得ないためです。また、ホステスやホストなど水商売の場合も収入が安定しないとみなされ、プロミスの審査に不利になる場合があります。

勤続年数が短い

会社に勤めていても、勤続して1年未満の場合、審査にあたっては不利になります。
在籍年数の短い人については、「すぐ辞めて収入が不安定になる可能性がある」と判断されてしまいます。
審査というものは、一度に大量におこなわれます。そうなりますと審査方法もパターン化されてしまうのはやむを得ないことです。
もちろん、入社直後で生活が不安定だからこそ借り入れが必要な場合もあるでしょう。1年も待てなくて無理はありませんが、カードローンを申し込むのは、できるだけ入社時から時間が経過していたほうが有利です。

在籍確認がとれない

プロミスの審査においては、原則として申込者の職場に在籍確認の電話があります。消費者金融では基本的に、申込者の勤務先に審査担当者の「個人名」で在籍確認の電話が入ります。「プロミス」という会社名は決して名乗りません。

電話の内容は、「○○さんはいらっしゃいますか」というだけですので、心配する必要はありません。申込者本人がいれば電話を替わってもらい終了しますし、自動契約機で申込中のため不在だとしても、申込者が留守にしている(つまり在籍はしている)ことがわかればそれで終了です。

申込者の勤務先で、電話に出た人が「退社しています」と言ってしまったりすると、審査に落ちてしまうことがあります。注意しましょう。
プロミスカードローンの在籍確認については、「プロミスでの在籍確認のタイミングと電話の内容」で詳しく解説しています。

申込内容に虚偽がある

悪気がなくても、申込み時にについつい他社の借入金額を少なく、一方年収を多く申告してしまうこともあるでしょう。

他社借入額のほうは、個人信用情報機関に照会すれば、すぐわかることです。ごまかしても何のメリットもありません。
注意しなければならないのは、カードローンの場合「借入額」とはローンの残高ではなくて、いつでも借入れの可能な上限である「限度額」だということです。そこを間違えますと、ごまかすつもりなどなくても虚偽の申請をしたことになってしまいます。

年収については、審査を有利にするために少々上の数字を書いてしまうことがあるかもしれません。
通常、50万円以下の借入れの場合は収入証明書の提出が求められませんのでなおさらです。
消費者金融には、利用者の膨大なデータがあるため、申込者が現在勤務している会社であれば、通常年収はどのくらいだというのはプロミス側も把握しているのです。おかしな数字が記載されていれば、それは虚偽ということになるのです。
虚偽の申請をするような人は信用できない人であり、審査に通らないのも当然です。

なお、プロミスの審査基準については、「プロミスの審査の流れと審査基準」で詳しく解説しています。

現在無職の方がプロミスを利用できるようにするには

安定した収入を得る

無職で無収入場合、プロミスなどの大手消費者金融ではお金を借り入れることはできません。よって、収入を得るために正社員なくアルバイトでもいいので、安定した収入を得る必要があります。

プロミスカードローンは安定した収入があればアルバイトでもパートでも利用可能

就職といっても正社員である必要はなくパートやアルバイトや派遣社員でも問題ありません。プロミスでのパート・アルバイトの審査については、「アルバイト・パートでもプロミスで借り入れできる」で詳しく解説しています。もし、プロミスをはじめとする消費者金融からお金を借りるのであれば、職をみつけてから申し込みするようにしましょう。

お金を借りる以外でお金を得る方法

どうしてもお金がない場合には、お金を借りるだけでなくお金を得るという手段もあります。特に無職の方などはお金を借りる前に、まずお金を得る方法を検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイトなどで収入を得る

銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りずにお金を得るには、アルバイトなどでもいいので収入を得ることが近道です。
また、アルバイトをすることによってプロミスをはじめとする消費者金融カードローンを利用できるようになりますので、
もし現在何も仕事をしていないようでしたらまず短期間でもいいのでアルバイトをしてみることをおすすめします。

家に眠っているものを業者に買い取ってもらう

家にあるさまざまな物品を売るってみることもお金を得る方法の1つです。
時計・貴金属やブランド品、また本、DVDなどオークションやリサイクルショップまたは買取専門店で売ることができます。また、着物や切手、古銭なども専門の買取業者に売ることができますので、インターネットなどでどんなもの売れるのかの情報を収集してみるのもいいでしょう。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間