プロミスの自動契約機を利用した申し込み・審査から借入までの流れ

プロミスのキャッシングは、店頭窓口(お客様サービスプラザ)での申し込みや契約も可能ですが、「対面での借り入れはやりづらい」「消費者金融の店頭窓口に入るのが恥ずかしい」「近くにプロミスの店頭窓口がない」など、初めてのキャッシングだとさすがに家族や周囲の人に申し込み方法や契約方法を聞くわけにかないので困ってしまいます。

そこで便利なのが、プロミスの自動契約機(無人契約機)です。プロミスの自動契約機は駅に近いビルの中や国道沿いにありますし、三井住友銀行内のATMコーナーにあるローン契約機でも申し込み手続きが可能です。

しかし、プロミスの自動契約機での手続きの流れがわからなくて不安な方も多いかと思います。ここでは、プロミスの自動契約機での申し込み・審査・契約まで、わかりやすく解説いたします。

プロミスのローンカードをすぐに手に入れたい場合は自動契約機での申込がおすすめ

それではまず、プロミスカードローンの申し込み方法をみていくことにしましょう。
プロミスカードローンには5つの申し込み方法があります。

  • WEB申し込み
    (スマートフォンアプリを含む)
  • 電話
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 無人契約機(三井住友ATMのローン契約機)
  • 郵送




上記のようにさまざまな申込方法があると、どの方法でプロミスカードローンに申し込めばいいのか悩むと思います。

プロミスでの自動契約機での申し込みや契約をおすすめする人

下記のようなことに該当する場合には自動契約機(無人契約機)での申し込み・契約をおすすめいたします。

  • プロミス担当者と直接話すのは避けたい
  • できるだけ早くローンカードを手に入れたい
  • 提携先金融機関やコンビニATMで借り入れしたい
  • 店頭窓口まで遠いまたは、仕事などで時間がないので営業時間に間に合わない
    (プロミスの店頭窓口については、「プロミスでの店頭窓口での申し込み方法や審査」で詳しく解説しています。)

プロミスカードローンの自動契約機での申し込みの流れ

プロミスの自動契約機での申し込みから借り入れまでの一連の流れは以下の通りです。
(三井住友銀行ATMのローン契約機でも同じです。)

  1. 申し込み
  2. キャッシング審査
  3. 審査完了
  4. 契約・カード発行
  5. 手続き完了

プロミスでの自動契約機を利用しての申し込みから融資を受けるまでのステップは思っていたより少ないと思います。
プロミスに限らず大手消費者金融業者の自動契約機は必要に合わせて銀行のATMのように画面に案内が表示されるので、落ち着いて操作・申し込み書類の記入等をすれば、初めてのキャッシングでも手間取ることはほとんどありません。
それでは、プロミスでの自動契約機での申し込みの場合にはどのような書類が必要になるのでしょうか。見ていくことにしましょう。

プロミスカードローンの申し込みに必要な書類

プロミスカードローンでは契約時に下記の本人確認書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート+住民票
  • 健康保険証+住民票

上記3種類の書類のうち、どれか。運転免許証があれば、それだけでOK。なければ、パスポートか健康保険証と住民票の組み合わせのいずれかが必要になります。自動契約機を利用する場合には、来店する前に、以下の必要書類を用意して、持参してプロミスの自動契約機へ出向くにようにしましょう。

プロミスカードローンの申し込み時に収入証明書が必要な場合もある

プロミスの公式ホームページでは、収入証明書よる申込者の年収が確認が必要なケースとして、以下の2点をあげています。

  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
  • プロミスにおいて希望利用限度額が50万円を超える契約を行う場合

例をあげてこの2つのケースを説明します。

他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

プロミス以外の消費者金融業者、例えばA社から30万円、B社から50万円、合計70万円借りているけれども、今回プロミスから50万円借りたいという場合です。プロミスでの契約が成立すると合計で、120万円となります。
A社借入額30万円+B社借入額50万円+プロミス希望借入額50万円=合計借入予定額120万円
このようなケースが他社を含めた借入総額が100万円を超える場合に該当します。

プロミスにおいて希望利用限度額が50万円を超える契約を行う場合

プロミスで50万円以上のキャッシングを希望している場合、もしくは、プロミスでの限度額が50万円を超える金額にしたいという場合などがプロミスにおいて50万円を超える契約を行うケースに該当します。

最寄りの自動契約機を探すにはどうしたらいいのか

最寄りのプロミスの自動契約機の所在地や三井住友銀行ATMがわからないときは、プロミスのホームページで調べられます。
プロミス公式ページトップメニューの「店舗・ATM」から検索ページを開くと、最寄りの自動契約機を探すことができます。

自動契約機での実際の申し込みから借入までの手続き

ここからは、プロミスの自動契約機または三井住友銀行内のローン契約機でのキャッシング申し込み手続きを、実際に体験するように細かく見ていきましょう。実際のプロミスでの自動契約機を利用した申し込みからローンカード発行までの流れは次の通りです

  1. 運転免許証などの必要書類を持って自動契約機へ来店
  2. 申し込みの開始
  3. 審査の開始
  4. 契約とカード発行手続き
  5. 契約完了・ローンカード発行




それでは、各項目を詳しくみていくことにしましょう。

運転免許証などの必要書類を持って自動契約機へ来。

必要書類を用意して、自動契約機に行きます。
プロミスの自動契約コーナーは完全に個室になっているので、手続きの様子やオペレーターとの会話が外からはわかりません。三井住友銀行内のローン契約コーナーはATMの一角にパーティションで仕切られた空間なので、手続きの様子はわからないものの、オペレーターとの会話は外に漏れてしまいますね。どちらも内側から施錠できるので安心です。

申し込みの開始

まず、自動契約機の画面に「三井住友銀行」・「プロミス」と2つのボタンが表示されているので、「プロミス」ボタンをタッチします。
その後、申込者本人の氏名と生年月日を入力し、本人確認書類(必要な場合は収入証明書類も)を備え付けのスキャナーで読み込みます。
本人確認書類の読み込みが完了すると、申込書が発行されるので、必要事項を誤字脱字・誤りのないように記入します。

借り入れ審査の開始

氏名や住所などの個人情報を記入した申込書を備え付けのスキャナーで読み込ませるとプロミスでのキャッシング審査が開始されます。審査中、情報を元に信用情報などもを審査し、申込者が申請した勤務先への在籍確認の電話もこの際になされます。審査が完了すると、審査結果が画面に表示され、審査に通過した場合には備え付けの電話でスタッフから利用等に関する注意点の説明や本人確認を受ける。
その後、自動契約機の画面で金利・利用限度額・返済期日などを確認して、「同意」ボタンをタッチします。

プロミスとの契約とローンカード発行

契約書が発行されるので、内容を確認して署名し、備え付けのスキャナーで読み込むと、プロミスのローンカードが発行されます。
プロミスのローンカードが発行されるとATMでの借り入れが可能になります。

最寄りの自動契約機を探すにはどうしたらいいのか

最寄りのプロミスの自動契約機の所在地や三井住友銀行ATMがわからないときは、プロミスのホームページで調べられます。
プロミス公式ページトップメニューの「店舗・ATM」から検索ページを開くと、最寄りの自動契約機を探すことができます。

プロミスの契約後のローンカードを利用しての借入

無事にプロミスのカードが発行されたら、すぐに借り入れ金を引き出したいと思います。
プロミスの自動契約機なら、隣接して設置されているプロミスATMが利用できます。(利用時間は7:00~24:00 ※ATMにより営業時間・休日が異なります。)
また、三井住友銀行のATMも利用できます。(利用時間は9:00?21:00)どちらも借り入れ・返済の手数料は無料です。
利用手数料はかかりますが、ゆうちょ銀行やコンビニなどの提携ATMも利用できます。プロミスで利用できるATMのは下記になります。

プロミスで利用できる提携先ATM
提携銀行ATM 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、広島銀行、八十二銀行
提携コンビニATM セブン銀行、ローソンATM、イーネットATM(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート)

なお、親和銀行、広島銀行、八十二銀行はキャッシングのみ利用可能です。

各ATMの借り入れ営業時間
ATMの種類 営業時間 手数料
プロミスATM 7:00~24:00 無料
提携ATM 三井住友銀行 店舗により異なる 無料
その他銀行 店舗により異なる 1万円まで108円・1万円超216円
コンビニ 24時間営業 1万円まで108円・1万円超217円

自動契約機を利用する際に注意すること

自動契約機(無人契約機)を利用する際の注意点を下記にまとめましたので、参考にしていただければと思います。

  • 事前に申し込みを済ませておく
  • 必要書類を必ず持参して店舗に出向く
  • 店舗内に出入りの際には注意する
  • 即日融資ができないこともある
  • 申し込みの際に申告した内容を聞かれる

自動契約機に出向く前にインターネットなどで事前に申し込みを済ませておく

自動契約機(無人契約機)では申し込みから契約・ローンカード発行までが可能ですが、自動契約機(無人契約機)に行って審査の結果、融資ができないと言われてしまう可能性もあります。事前に申し込みをして、仮審査に通過しておけばそこで融資の可否が判明するので無駄足になりません。

必要書類を必ず持参して自動契約機に出向く

自動契約機(無人契約機)に出向く際には、本人確認書類などの必要書類を忘れないようにしましょう。たとえ、仮審査に通過していたとしても自動契約機(無人契約機)に出向く際に本人確認書類を忘れてしまうと、プロミスとの契約ができませんので注意してください。

店舗内に出入りの際には注意する

自動契約機の多くは駅前や国道沿いなどに設置されている場合が多いです。
手続き中に誰か入ってきたらと心配になる方も多いかもしれませんが、ドアは自動ロックがかかりますし。扉は曇りガラスになっていますので外から顔が見えることはないので安心してください。
ただし、自動契約機(無人契約機)に出入りする場合には、家族や職場の人など知り合いに見らないようにしましょう。どうしても、知り合いにみられるのが不安な場合は自宅や職場から離れた自動契約機(無人契約機)を利用するといいでしょう・
なお、プロミスの自動契約機(無人契約機)はプロミスの公式ホームページ「店舗・ATM検索」ページより検索できます。

即日融資ができないこともある

自動契約機(無人契約機)での営業時間内に契約をすませても、その日のうちに借り入れができない(即日融資ができない)場合があります。
その日のうちに借り入れまで済ませたい場合(即日融資希望の場合)には、なるべく早い時間に契約まで済ませておきましょう。(目安は申込日当日の20時までには契約を完了させる。)
なお、プロミスの即日融資については、「プロミスで即日融資をスムーズに受ける申し込み方法や注意点」で詳しく解説しています。

申し込みの際申告した内容と同じことを質問される

自動契約機内でプロミスの担当オペレーターと会話をする際、「他社借入件数・他社借入金額」や「勤務先」または「年収」など申込時に申告した内容を質問されることがあります。
ここで、申込時に入力した情報と食い違いがないようにしないといけません。
食い違いがあった場合には、最悪の場合審査に落ちてしまうこともありますが、記入ミスや記入漏れの場合には、オペレーターとの会話の際に修正しておきましょう。

自動契約機に出向かなくても申込・審査・契約・借り入れまで可能

インターネットや電話での申し込みでは、申し込みから審査・契約そして、借り入れまで来店することなく手続きすることが可能となります。
この場合、ローンカードは後日郵送にて自宅に送付されます。(後日、店舗に出向いてローンカードを受け取ることも可能)また、上記の方法で当日中の融資(即日融資)を希望する場合には、原則平日の14時までに契約手続きを完了して融資の申し込みまで済ませておくことが必要です。
(来店しない場合の融資は通常振込で行われます。)

なお、三井住友銀行やジャパンネット銀行を利用してのプロミスでの振込融資を利用する場合、融資時間は24時間365日ほぼ即時で融資がなされます。そのため、来店不要での申し込みの際は三井住友銀行またはジャパンネット銀行を利用するのと大変便利です。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間